1. TOP
  2. 暮らし
  3. 役に立つ雑学
  4. ユニクロのワイヤレスブラが臭い!ニオイを消す洗濯のコツ

ユニクロのワイヤレスブラが臭い!ニオイを消す洗濯のコツ

 2022/06/06 役に立つ雑学
この記事は約 6 分で読めます。 122 Views

ユニクロのワイヤレスブラが臭いと、1日気分が悪くなりますよね。
実は、毎日ちゃんと洗っても、臭くなる理由がワイヤレスブラにはあります。

  • 隣のあの人に臭いがバレてる?
  • 何となく周りに嫌な顔をされた
ワイヤレスブラの臭いが原因かも?とビクビクして過ごすのは嫌ですよね。
自分に自信をもって過ごすため、正しいワイヤレスブラの洗い方をチェックしてみてください。

ユニクロのワイヤレスブラが臭い理由とは?


「結局、ユニクロのワイヤレスブラが臭い理由って?」
それは、皮脂の蓄積による原因です。

パットの部分に皮脂がたまるから

ユニクロのワイヤレスブラに関係なく、ブラには皮脂がたまっていきます。

女性の場合は、生理前になると皮脂の分泌量が多くなりませんか?

私は乾燥肌タイプなのですが、生理前になると胸周りの皮脂が多くなることが多いですね。
毎日ちゃんと洗っていても、生理前は胸周りの垢が多くなる感じ。

それだけ、胸周辺は皮脂の分泌が多いということなんでしょうね。
だから、毎日ブラをつけているだけで、パット部分に皮脂が蓄積していきます。

皮脂がたまるとその部分に雑菌が繁殖して臭いんです!
ユニクロのワイヤレスブラが臭い理由は、毎日の洗濯で皮脂が落ちていないから。

1度や2度くらいではブラは臭くなりませんが、臭うならかなり前から皮脂が落ちていないのです。

ワイヤレスブラの皮脂が落ちていない理由は、

  • 洗濯機の使い方が悪い
  • 洗剤の使い方が悪い
  • ぬるま湯で洗っていない

などの原因があります。

きちんと皮脂が落ちていないと、繊維の間に皮脂がたまっていく結果に。
本来なら毎日の洗濯でしっかり皮脂を落とすべきですが、臭いが出てきたらもう通常の洗濯では落とすことができません。

化学繊維は皮脂が蓄積しやすい

ユニクロのワイヤレスブラが臭くなる理由の2つめは、化学繊維だからです。
ポリエステルやナイロン素材の衣類は、皮脂が付着しやすくなっています。

では、ユニクロのワイヤレスブラの素材を見ていきましょうか。

  • ナイロン78%
  • ポリウレタン22%

カップの裏側もポリエステル・ポリウレタンを使っています。

化学繊維の衣類が臭いやすいかどうかは、スポーツブラで考えてみてください。
「汗をかくから臭いんでしょ?」と考えてしまいますが、本当は皮脂の蓄積で臭いんです。

また、化学繊維を使ったブラはお湯で洗うことができないのも問題です。
皮脂はお湯で落ちやすくなるので、毎日水で洗っていると皮脂がたまっていき通常の洗濯では臭いを除去できなくなりますよ。

ユニクロのワイヤレスブラが臭いときの洗濯のコツ


「皮脂汚れが原因なのはわかったけど、どうやって洗うと臭いが落ちる?」
毎日の洗濯で皮脂汚れを落とすようにするか、最悪の場合は酸素系漂白剤につけ置きするしかありません。

では、ユニクロ公式が公表する、ワイヤレスブラの洗い方を見ていきましょうか。

  • オシャレ着洗いの中性洗剤を使う
  • 40度のぬるま湯で洗う
  • 洗ったら5~10分つけ置きする

このように、型崩れを防ぐため優しく手洗いするのが基本なんだそうです。

でも、この洗い方にいくつか問題があるのですが、気が付きました?

まずは、中性洗剤で洗えば生地は傷めないのですが、その代わり皮脂は落ちにくくなります。
ぬるま湯で洗うので皮脂は多少落ちますが、中性洗剤を使っている以上、ブラに皮脂汚れが残っているかもしれません。

では、どうやって洗うのか?
具体的に皮脂汚れを落とす洗い方を紹介していきますね。

石鹸で手洗いする

ユニクロのワイヤレスブラに付着した皮脂を落とすなら、石鹸で洗う方法がおすすめ。
皮脂は酸性の汚れなので、アルカリ性が強いもので洗うと皮脂を落としやすくなります。

中性洗剤はその名前のとおり、中性ですよね。
一方で、石鹸はアルカリ性なので皮脂汚れに強く、普通の洗濯洗剤や中性洗剤と比べてもずっと洗浄力が高いのです。

石鹸を使ってワイヤレスブラを洗えば、キツイ汚れもすっきりするはず。
手荒れの心配もなく、お風呂に入るときブラを持ち込んで石鹸で手洗いすると手間がありませんよ。

毎回の洗濯方法を工夫する

「毎回、お風呂でブラを手洗いするのは面倒です!」
こんな人は、洗濯機に任せるといいですね。

皮脂汚れが蓄積する前に、毎日の洗濯でしっかり皮脂汚れを落とせば臭いは出ませんよ。

  • ブラがゆったり動くくらい水の量を多くする
  • 洗濯洗剤を先に入れてよく溶かす

毎日の洗濯でブラの皮脂汚れが落ちない理由は、洗濯物の詰め込み過ぎが原因です。
また、洗濯洗剤がよく溶けていない場合でも、皮脂汚れが落ちにくいので注意したいですね。

使う洗剤は、アルカリのpHが大きいものを選びましょう。
中性洗剤ではなく粉せっけんまたは粉洗剤がおすすめ。

液体洗剤は中性に近いものが多いので、粉タイプを選んでくださいね。
粉せっけんや粉洗剤は水で溶け残ることがあるため、洗濯前によく溶かすと洗浄力がアップしますよ。

酸素系漂白剤でつけ置き

すでにユニクロのワイヤレスブラが臭いなら、酸素系漂白剤でつけ置き。
1回ちゃんとつけ置きすれば、数回の着用しても臭わなくなります。

酸素系漂白剤の頻度は、数回のこともありますし、1か月大丈夫なことも。
臭いが発生してきたら皮脂が蓄積しているので、つけ置きすればいいですね。

  • 30~40度のぬるま湯を用意する
  • 酸素系漂白剤の分量を量る
  • 1~2時間くらいつけ置き

お風呂のお湯は40度前後なので、残り湯を使ってもOKです。
酸素系漂白剤を入れるときに最低でも30度が必要ですが、ずっと保温する必要はありません。

また、酸素系漂白剤は、商品に書かれている分量を守ること。
量が少ないと臭いを落とす効果が低くなってしまうからです。

毎日の洗濯で酸素系漂白剤を入れる

洗濯のときに酸素系漂白剤を入れる方法は、臭くなっていない段階の予防策です。
あくまでも予防策で、毎日酸素系漂白剤を入れても臭くなることがあります。

洗濯に酸素系漂白剤を入れて臭くなるのは、ぬるま湯じゃないからですね。
また、つけ置き用の濃さでもないので、臭いを落とす効果は低くなってしまいます。

毎日の洗濯に酸素系漂白剤を入れるより、定期的にぬるま湯でつけ置きがおすすめ。
「漂白剤を洗濯で使っているから大丈夫」と思ってしましますが、実際には皮脂汚れが落ちていないことがあるので注意したいですね。

ユニクロのワイヤレスブラが臭いときはつけ置がおすすめ


化学繊維のユニクロワイヤレスブラは、皮脂がたまりやすい性質があります。
サラッとした着心地を実現してくれますが、通常の洗濯では皮脂が落ちにくいので注意したいですね。

臭いが発生したら、ぬるま湯と酸素系漂白剤でつけ置きが基本。
毎日の洗濯では、洗濯機の水を多めにして、粉洗剤をよく溶かして洗うと臭い予防になりますよ。

「定期的なつけ置きは面倒です!」
そんな人は、防臭スプレーを使って臭い予防をするといいですね。

参考までに、私が使っている防臭スプレーのリンクを貼っておきますね。

リンク:ヌーラの公式サイトに行くならクリック

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

ママ104の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ママ104の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

mika

この人が書いた記事  記事一覧

  • オニヤンマの虫よけはスズメバチや蚊に効果なし?山で効果検証してみた

  • 人参を冷凍するとふにゃふにゃ!正しい保存方法と解凍方法

  • ポテロングがまずい!美味しくなる食べ方を紹介

  • うずらの卵の賞味期限は14日~2年!日持ちさせる保存方法

関連記事

  • Tシャツの臭いにはオキシクリーン!洗濯のつけ置きのやり方

  • 自転車を安く買う方法5選!1万円代なら通販サイト?ホームセンター?

  • クロックスが臭い原因とは?ニオイを取る対処方法

  • ユニクロのブラトップが臭い理由とは?ニオイを落とす洗濯のコツ

  • 日傘は何時まで使う?紫外線の強さで使い分けるのがおすすめ

  • ブラジャーの真ん中が臭い原因とは?ニオイを減らす予防と解消法