妊娠

妊娠に関する記事のまとめページです。これから妊娠を希望する方や、妊娠した方が知っておきたい情報を掲載しています。

妊娠中の運動

妊婦のジョギング・ランニングを避けたい3つの理由

最近はジョギングブームもあって、毎日のジョギングを日課にしている人も増えていますね。一度ジョギングにハマると、脳によい作...
妊娠中の食べ物

妊婦がサーモンを食べてはいけない5つの理由

妊婦がサーモンを食べないほうがよい理由を解説しています。なぜ妊婦はサーモンを食べてはいけないのでしょうか?もし妊婦がサーモンを食べてしまったら、どうなってしまうのか解説しています。妊婦でサーモンが食べたくなったらチェックしてみましょう。
不妊治療

黄体依存症【ハルバン症候群】とは?

黄体依存症だと診断されたら、黄体依存症の詳細をチェックしてみましょう。高温期が長くなっている方も、黄体依存症の可能性があります。黄体依存症の症状や、対策方法を解説しているページです。黄体依存症を改善してみたい方もチェックしてみてください。
不妊治療

枯死卵の原因とは?赤ちゃんが育たないは続くのか?

枯死卵と診断されてしまった方は、枯死卵の詳細を確認しておきましょう。なぜ枯死卵になってしまうのか原因を知らなければなりません。枯死卵になる原因や、枯死卵を改善することができるのか解説していきます。枯死卵と言われたらチェックしてみましょう。
妊娠後期

妊娠中はあぐらの姿勢が楽!

妊娠後期になるとお腹が大きくなるため、横座りも辛いし、かといっていつも椅子に座れるとは限らない・・・。妊娠中はどのような...
妊婦の悩み

妊娠中ヴィックスヴェポラップは使える?

妊娠中に風邪をひいてしまうと、できるだけ市販の薬は避けたいと思うでしょう。病院に行って薬を貰ってくるのが一番確実なのでし...
妊婦の悩み

妄想妊娠とは?

妄想妊娠という症状を聞いたことがありますか?妄想妊娠とは妊娠していないのに、妊娠していると勘違いしてしまうものです。なぜ妄想妊娠になってしまうのか、事例を交えて解説しています。もしかして妄想妊娠かも?と思ったらチェックしてみましょう。
流産

流産後のすぐの妊娠は大丈夫?

流産してしまいその後すぐに妊娠すると、子どもに障害が出やすい、そのような噂があります。流産は女性の体や心にも大きなダメージを与えてしまうため、すぐに妊娠するのはよくないという考えから生まれたようです。しかし、実際にどのくらいの割合で、流産後すぐに妊娠して障害が出やすいのか気になる方も多いのではないでしょうか? 流産後の妊娠で障害が出る確率と、流産後の妊娠で適切な時期を紹介します。
妊娠中の食べ物

妊娠中の寿司ネタ「生タコ」なら食べられる6つの理由

妊娠中に「お寿司が食べたい」「生魚が食べたい」と思う方も多いでしょう。しかし、妊娠中は魚介類に含まれる水銀に注意するよう...
妊娠中の食べ物

妊婦でも飲める栄養ドリンク5選!もう迷わない風邪・疲労時の栄養の摂り方

妊婦でも飲める栄養ドリンクを5つ紹介します。妊婦が栄養ドリンクを飲むときには、どんなことに注意すべきか解説しています。おすすめの栄養ドリンクを比較しながら、妊娠中の疲れや風邪対策をしてみてください。
妊婦の悩み

マタニティブルーの診断・セルフチェックをしてみよう

マタニティ―ブルーを自分でセルフチェックする方法を解説しています。どんな症状があればマタニティブルーなのか、ひとつずつチェックしてみましょう。簡単な内容でチェックできますから、マタニティ―ブルーを疑う方はチェックしてみてください。
妊娠後期

妊婦と爪の関係!爪のトラブル3つ紹介します

妊娠中に起こりすい爪のトラブルについてまとめてみました。お腹が大きくて爪が切れない!赤ちゃんに栄養を取られて爪がボロボロ...
妊婦の悩み

妊娠中の正しい座り方!

妊婦の座り方を場所別に解説しています。私自身妊娠中に楽だった座り方を実践していました。どんな座り方が妊婦にとって楽なのか知りたい方は、チェックしてみてください。妊婦の座り方に注意して、快適な妊娠生活を過ごしてみましょう。
妊娠中の食べ物

妊娠中でも食べていい寿司ネタ!刺身や生魚でもこれならOKネタ厳選10個

妊婦が食べていい寿司ネタを10個紹介します。妊婦がお寿司の量を制限したいのは、水銀や食中毒リスクがあるためです。それぞれの寿司ネタの水銀量を紹介していますから、妊娠中にお寿司が食べたくなったら参考にしてみてください。妊婦でも食べられる寿司ネタは多数あるのです。
妊娠中の食べ物

妊娠中の空腹感が辛い!対策12個

妊娠中に空腹感が辛い!と思ったら、12種類の対策で乗り切ってみましょう。妊娠中の空腹感は、血糖値を味方につけるのが鍵となります。妊娠中はどうしても空腹感が強くなりやすいため、たくさん食べなくても耐えられる空腹感対策がおススメです。