1. TOP
  2. 暮らし
  3. 食べ物
  4. 冷凍枝豆は体に悪いことはない!美味しくて食べ過ぎちゃう人向け

冷凍枝豆は体に悪いことはない!美味しくて食べ過ぎちゃう人向け

食べ物
この記事は約 5 分で読めます。 172 Views

「冷凍枝豆は食べ過ぎても大丈夫?」
枝豆が好きな人は、体に悪いのか気になりますよね。

この記事では

  • 冷凍枝豆と生の枝豆に違いはなし
  • 枝豆自体が体にいいものである理由
  • 食べすぎるときの注意点
これらの情報がわかります。

おやつ・おつまみに冷凍枝豆を食べすぎてしまう人は、参考にしてくださいね。

冷凍枝豆は体に悪いことがない理由


冷凍の枝豆・生の枝豆は、栄養に大きな違いはありません。
体に悪いような気がするのは、たんなる思い込みの可能性があります。

冷凍と生の枝豆に大きな違いはなし

冷凍枝豆は、収穫したばかりの枝豆を茹でて急速冷凍したものです。
業務用の冷凍庫は低温のため、茹でた枝豆の風味や栄養を損なわずに冷凍できます。

このような理由から、冷凍と生の枝豆の栄養に違いはありません。
生の枝豆だと収穫してから茹でるまでの時間が長くなれば、栄養がどんどん落ちていくことになります。

ただし、生の枝豆は独特の風味がありますね。
収穫したての生の枝豆を茹でて食べると、風味が強く感じられるため、冷凍枝豆にはない美味しさを感じることがあります。

ビタミンAの過剰摂取は危険だが枝豆はOK

冷凍枝豆に限らず、枝豆にはビタミンAが多く含まれています。
妊娠中はビタミンAの過剰摂取に注意するよういわれるため、冷凍枝豆の食べすぎ=危険という誤解がうまれたのかもしれません。

ただし、枝豆に含まれるビタミンAは、βカロチンです。
βカロチンとして体にとりこむと、必要な分だけがビタミンAへと変換されるため安心。

ビタミンAの過剰摂取が危険なのは、ウナギなど動物性食品に含まれるビタミンAのこと。
動物性食品のビタミンAはレチノールいわれるもので、体内に蓄積されます。

野菜に少ないビタミンB群の摂取になる

枝豆にはビタミンB群が豊富に含まれているため、おすすめ食品です。
ビタミンB1とビタミンB2の含有量が多く、エネルギーをつくる際に使われます。

枝豆がおすすめなのは、疲れやすい人・夏バテしやすい人です。
糖質・脂質・たんぱく質を分解してエネルギーにかえやすくなり、必要なエネルギーが得られて疲労回復対策に役立ちますよ!

ビタミンB群は動物性食品に多いのですが、野菜だけを食べる人はビタミンB群が不足する恐れがあります。
そこで食べたいのが、枝豆というわけです。

美味しくて冷凍枝豆を食べすぎてしまう人の注意点


生の枝豆だと収穫できるシーズンが限られているため、食べ過ぎる心配はないですね。
でも、冷凍枝豆は年中出回っているため、ほんらい摂取する時期以外にも大量に食べることができるので、食べ方に注意しましょう。

イソフラボンのとりすぎには注意する

枝豆のような大豆食品には、イソフラボンが含まれています。
過剰摂取しても体外に排出されますが、枝豆を毎日大量に食べる場合注意したいですね。

ちなみに、1日のイソフラボン摂取量は、40~50mgが理想的。
これ以上食品から摂取しても不要な分は排出されるので、サプリで摂取する場合のみ注意が必要です。

また、大豆と比べて枝豆のイソフラボンはかなり少なくなっています。
注意したいのは、サプリでイソフラボンを摂取している人で、枝豆や大豆食品を食べるときはサプリを飲むのを中止するといいですね。

塩分のとりすぎに注意する

生の枝豆と冷凍枝豆の大きな違いといえば、塩分量です。
冷凍枝豆はすでに塩が加えられているので、そのままだと塩分量を調節できません。

塩分を控えている人は、冷凍枝豆より生の枝豆のほうが安心ですね。

また、塩分を減らしたいときは、冷凍枝豆を解凍しさやから豆を取り出して茹でます。
簡単な塩抜き方法として、水にさらす・ぬるま湯につける方法もおすすめです。

ほかにも、冷凍枝豆はどんな塩を使っているかわからない問題もあります。
海水100%の塩など塩の質にこだわりたい人は、冷凍枝豆の塩抜きをしてから、自分で海水100%の塩を加えるといいですね。

中国産の枝豆が気になるなら国産のものがおすすめ

以前、ニュースなどで中国産野菜の残留農薬量が話題となりました。
その内容が頭に残っている人は、中国産の枝豆は危険だと考えてしまうかもしれません。

ニュースになったのは、一部の中国産野菜だけ。
今は対策もきちんとされており、国内基準の野菜しか輸入しないはずなので、一概に中国産の枝豆だから危険だとはいえませんよ。

どうしても心配という人は、国産の枝豆を選ぶといいですね。
小さな子どもに枝豆を食べさせるときは、安全を考慮して国産を選ぶでもいいでしょう。

冷凍枝豆は塩分にだけ注意がおすすめ


冷凍枝豆は365日毎日食べることができるので、ほんらい食べる時期以外にも大量に食べられてしまうのが問題です。
野菜は旬のものをとると、体に必要な栄養が補給できるようになっているから。

とはいっても、冷凍枝豆は体にいい食品に変わりはありません。

唯一注意したいのは、塩分のとりすぎくらいでしょうか。
冷凍枝豆を水にさらしてから食べれば、冷凍枝豆を大量に食べても問題ありませんよ!

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

ママ104の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ママ104の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

mika

この人が書いた記事  記事一覧

  • オニヤンマの虫よけはスズメバチや蚊に効果なし?山で効果検証してみた

  • 人参を冷凍するとふにゃふにゃ!正しい保存方法と解凍方法

  • ポテロングがまずい!美味しくなる食べ方を紹介

  • うずらの卵の賞味期限は14日~2年!日持ちさせる保存方法

関連記事

  • 「一晩おく」「一晩寝かせる」の料理用語は何時間なの?

  • 買い物がめんどくさい理由7つ!行きたくないときの対策8選

  • 古いお茶の葉が出てきたら試したい!賞味期限切れお茶の再利用方法

  • 一人暮らしはご飯めんどくさい!自炊ほぼなしで食事を楽にする方法10選

  • ポッカレモンやレモン果汁はカビる!見分け方とおすすめ保存方法

  • パンを食べると眠くなる!食後の眠気の原因と対処法3選