1. TOP
  2. 暮らし
  3. 雨水タンクのデメリットとは?設置で後悔しないために
本ページはプロモーションが含まれています。

雨水タンクのデメリットとは?設置で後悔しないために

暮らし
この記事は約 9 分で読めます。 124 Views

水をもらうため何時間も並ぶ必要があった、という災害のニュースを見るたびに、「水の備えが必要かも?」と私は感じてしまいます。そんな中で、雨水タンクに目を向けたんです。

節水や環境保護の観点からも魅力的だし、何より災害時の水の確保という安心感を得られるかもしれないと思ったからです。でも、実際に導入を考え始めると、思わぬデメリットもあることに気づかされました。

例えば、設置にかかる費用やスペース、意外と面倒なメンテナンスのことなど、知っておかなければならないことがたくさんあります。

この記事を読むことで、雨水タンクのデメリットをしっかり理解し、それでもなお、賢く活用する方法をご紹介します。みなさんが後悔することなく、雨水タンクを取り入れることができるようになればと思っています。

雨水タンクのデメリットとは?


雨水タンクを家に置こうかなと思った時、水を大切に使うことや、もしもの時のためにというメリットがすぐに頭に浮かびますよね。でも、その前にちょっと待ってください。意外と知らないデメリットもあるんです。

ここでは、雨水タンクを置く上での気をつけたいポイントをわかりやすくお話ししていきますから、後で「あれ、こんなはずじゃ…」と後悔しないように、しっかりとチェックしておきましょう。

初期投資と維持費用がかかる

雨水タンクを設置するとき、初期投資にはタンクの購入費用や設置工事費がかかります。


たとえば、一般的な家庭用タンクでは数万円からというケースが多いですよね。楽天で一番人気の雨水タンクは、デザインはオシャレだけど値段は4万円程度なんです。

また、維持費用としては、タンク内の水を清潔に保つためのボウフラ予防薬剤の費用などが考えられます。

これらの費用は、雨水タンクを長く、効果的に使うためには避けられないものですが、しっかりと計画を立てれば、雨水タンクのメリットを享受しつつ、コストを抑えることも可能ですよ。

設置スペースを検討しなければならない

雨水タンクを設置するとき、意外と頭を悩ませるのがそのスペースです。

特に、庭が狭いお家では、どこにどれくらいの大きさのタンクを置くか、じっくり考えなければなりません。

タンクが大きすぎると、庭の利用スペースが狭くなってしまいますし、小さすぎると必要な量の雨水を確保できないかもしれません。ですので、設置する前に、タンクのサイズや形状、設置場所をよく検討したいですね。


玄関横におけるコンパクトサイズの雨水タンクなら、庭がない家庭でも設置できそうですね。

メンテナンスの頻度と手間がかかる

雨水タンクを持っていると、メンテナンスの頻度とその手間がけっこう大変なんですよ。

特に、タンクの中を定期的に掃除しないと、ボウフラがわくこともあるし、藻が生えることもあります。また、冬場は凍結しないように注意が必要ですし、夏場は蒸発を防ぐための対策も考えないといけません。

このように、雨水タンクをきれいで安全に保つためには、ちょっとしたコツがいるんです。それに、意外と時間も取られますから、設置を考えている方は、このメンテナンスの点もよく考慮してくださいね。

使用できるシーンに限界があり

雨水タンクを使うとき、使える場面にはちょっとした限界があります。

例えば、タンクにたまった雨水は、庭の水やりや車を洗うくらいなら大丈夫ですが、飲用水として使うには向いていません。また、長期間の保存が必要な場合や、特定の機械に使う水としては、その質が求められることもありますよね。

また、もっとも重要なのは、「水が欲しいときに雨水が得られない」ということ。雨水タンクは、雨水に頼る以上、雨が長期間降らないと活用はできません。

このように、雨水タンクの水を使えるシーンは限られているので、導入前にどんな用途で使いたいのか、しっかりと考えておく必要があります。

雨水タンクデメリットを克服する賢い利用法


雨水タンクの導入を検討する際には、デメリットが気になるところですよね。でも、心配ご無用です。ここでは、そんなデメリットを賢く乗り越え、雨水タンクを上手に活用するための方法をご紹介します。

コストを抑えるアイデアやメンテナンスの手間を減らすコツ、さらには限られたスペースでも大丈夫な工夫まで、実用的な情報を盛りだくさんでお届けします。この項目を読めば、雨水タンクをもっと身近に感じていただけるはずです。

コストを抑える工夫

雨水タンクのデメリットに対して、コストを抑える工夫はとても重要です。

初期投資をできるだけ低く抑えるために、補助金や助成金の情報をしっかり調べてみましょう。自治体によっては、雨水タンクの設置支援をしている場合があります。


また、タンクのサイズや材質を選ぶときも、必要以上に大きいものや高価なものを選ばないようにしましょう。小サイズの雨水タンクなら、1万円でも購入可能です。

維持費用を抑えるためには、定期的なメンテナンスを自分でできる部分は自分で行うなど、工夫することがポイントですよ。

限りあるスペースの有効活用

スペースが限られている場所で雨水タンクを設置する際には、いくつかの工夫が必要です。

例えば、縦型のタンクを選ぶと、地面に占める面積を減らせますよ。また、複数の小さなタンクを使ってスペースを有効活用する方法もあります。

これらの工夫で、限られたスペースでも雨水タンクを設置してみましょう。

メンテナンス効率を上げるアドバイス

雨水タンクのメンテナンスは、少しの工夫でぐっと楽になります。

まず、タンクのフィルターを定期的にチェックして、葉っぱやゴミが溜まらないようにしましょう。

次に、タンクの底に溜まった泥や沈殿物は、たまにはしっかりと取り除く必要があります。この作業は年に1回くらいが目安です。

また、雨水タンクの蓋をしっかりと閉めておくことで、虫の侵入を防ぎ、水の汚染も防げます。これらの小さな注意点を守ると、メンテナンスの手間を大きく減らすことができますよ。

活用範囲を広げるアイデア

雨水タンクの活用範囲を広げるためには、ちょっとしたアイデアが役立ちます。

たとえば、庭の植物だけでなく、家庭でのさまざまな用途に雨水を使ってみませんか。洗車や窓ふき、外の掃除など、雨水を使えば節水にもつながります。

また、雨水を利用してガーデニングの楽しみを広げることもできますよ。さらに、雨水タンクを装飾的な要素として庭のデザインに取り入れと、見た目にも楽しめるスペースを作れるためおすすめです。

雨水タンクを導入する前に考えたいこと


雨水タンクを家に取り入れようかなと考えたとき、ちょっと立ち止まってみませんか?節水やエコには魅力的だけど、設置する前に確認しておきたいことがいくつかあります。

例えば、本当に自分の家に必要か、維持管理は大丈夫か、どれくらいのサイズがいいかなど、後で「あればよかった」と後悔しないように、このセクションでじっくり考えてみましょう。

本当のメリットを見極める

雨水タンクを設置する前に、その本当のメリットをしっかり見極めることが大切です。

節水や環境保護の観点から雨水タンクは魅力的に思えますが、自分の生活スタイルや家の状況に本当に合っているかを考えてみましょう。

例えば、雨水の利用目的は何か、設置にかかるコストとメンテナンスの手間を考えたときに、長期的に見てメリットはあるかなど、具体的なシナリオを想定してみることが重要です。

環境への貢献と節水の実現

雨水タンクを設置すと、環境への貢献と節水を実現できることは大きなメリットですよね。この行動は、限りある水資源を大切に使うという意識を高め、地球上の水循環システムを支える助けとなります。

しかし、雨水タンクを導入する前に、そのメリットが自分の生活や環境にどのように影響を与えるかを理解しておきたいですね。雨水の活用は、庭の水やりや家庭用の清掃水として直接利用するだけでなく、地域の水環境保全にもつながります。

災害時の備えとしての価値

雨水タンクを災害時の備えとして考えたとき、その価値は計り知れません。私も、北海道の地震と大停電を経験したので、「備えることが大切」だと思っています。

ペットボトル水を備蓄する方法もありますが、完全ではないですよね。トイレの水や食器を洗うなど、飲み水以外に使える飲料水は雨水タンクで備蓄が最適だと思います。

しかし、そのためには、タンクの水質管理や、適切な量の水を確保しておく必要があります。雨水タンクを災害時の備えとして最大限に活用するためには、事前の準備と計画を立てたいですね。

補助金や助成金の活用法

雨水タンクを設置する際には、補助金や助成金の活用を検討すると良いでしょう。

多くの自治体では、環境保護や節水を目的とした雨水タンクの設置を支援するために、補助金や助成金の制度を設けています。残念ながら私が住む北海道では、雨水タンクの補助金や助成金はないみたいですが、他の地域はあるかもしれませんよ。

これらを利用することで、初期投資の負担を軽減できる可能性があります。助成金の申請条件や利用方法は自治体によって異なるため、事前にしっかりと確認し、計画的に進めてみましょう。

雨水タンクのデメリットでよくある質問

雨水タンクを自作するメリットは何ですか?

自作の雨水タンクはコストを抑えつつ、庭やバルコニーに合わせたおしゃれなデザインを実現できる点が魅力です。また、DIYによる満足感や環境への貢献も大きなメリットと言えます。

雨水タンク設置でよくある後悔とは何ですか?

後悔の原因としては、期待したほどの水量が確保できない、メンテナンスの手間が想定以上に大きい、設置スペースの問題や見た目の不満が挙げられます。これらを避けるためには、事前のしっかりとした計画が必要です。

雨水タンクでボウフラ対策はどうすればいいですか?

ボウフラの発生を防ぐためには、タンクの蓋をしっかり閉じて外部からのアクセスを遮断する、定期的に水を使い切るか交換する、ボウフラの発生を防ぐための薬剤を使用するなどの対策が有効です。

雨水タンクのデメリットを理解したうえで賢く活用しよう

この記事では、雨水タンクの導入に関してよく考えなければならないデメリットと、それらを克服するための賢い利用法について詳しく解説しました。

  • 初期投資と維持費用がかかること
  • 設置スペースの制約
  • メンテナンスの頻度と手間
  • 使用できるシーンに限界がある

これらのポイントを理解し、計画的に対処しながら雨水タンクのメリットを最大限に活かしつつ、デメリットを最小限に抑えたいですね。この記事を通じて、雨水タンクの導入を検討している皆さんが、より良い判断を下すお手伝いができれば幸いです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

ママ104の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ママ104の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ファンデーションが服につかない対策7選!首回りの汚れを防ごう

  • ミュールシングをしていないブランドを選びたい

  • 命の母で変わる?40・50代女性のリアルな口コミと効果

  • ミニマリストは日焼け止めを断捨離したほうがいい?おすすめ商品を紹介

  • ヘアリセッターのデメリットとは?

  • ラインの電話が鳴るけど出れないときの対処法4選