これからママになる人のための情報サイト「ママ104」

その疲れや貧血もしかしたら塩分不足かもしれませんよ?

塩分をまったく摂らないとどうなる?
人の塩分濃度は海水と同等にたもたれているといいますから、体内に塩分がなくなると様々な不調を感じ始めます。最近は高血圧などで塩分を制限する人がいたり、ダイエットのために塩分を極端に減らす人もいたりするのですが、実は塩分がないと筋肉や神経などにも影響をもたらしてしまうことがわかっています。人の体は最低限の塩分は必要にできているため、ダイエット中で塩分が不足している時などは塩をなめるなど対処したほうがよいのです。

立ちくらみは塩分が少ないせいかもしれない

よく子供などでも立ちくらみ、フラフラしやすい、朝起きられない、めまいがすると訴えている場合がありますが、もしかしたら塩分が足りていないのかもしれません。

朝食を抜く子供がいたら、一日に必要な塩分の量が満たされず、家庭でも味付けを薄くしていると適量となりません。また、スポーツをする子供は余計に汗と一緒に塩分が流れやすいため、意識して塩分を摂取させる必要があるのです。

うちの子供もサッカーをしていてフラフラしやすい、貧血を起こす、朝起きられないという症状があったのですが、サッカーではかなり汗もかくため毎日塩分が不足していたのかもしれません。だからといって食事全体の味を濃くするわけにもいかず、塩を振りかけたおやつなどを利用したりしていました。

冷え性や便秘など女性特有の症状は塩分不足?

a0055_000910
冷えがひどい人は特に塩分を意識してとる必要があります。塩分は体温を上げる働きがあるため、そういった体質の人は必要以上に塩分制限をしないほうが良いのです。冷え性、低血圧などの症状がある人は塩分が足りていない可能性があります。

実は塩分は控えるようにいわれますが、不足することでも体に影響を及ぼすものなのです。次にあげるような症状がある方は、塩分が不足していると認識し積極的に摂るようにしましょう。味噌汁を毎日飲むだけでも適度な塩分摂取に繋がります。

・めまいがする
・フラフラしやすい
・貧血を起こしやすい
・体がだるい
・朝起きられない
・こむらがえりをよく起こす
・やる気が起きない
・睡眠過剰

どの症状もうつ病とも似ているため、精神疾患になったのでは?と感じることもあります。実は栄養をしっかりと摂っていればうつ病のような病気にはならないものです。栄養不足のひとつとして塩分が足りないケースも見られています。

うつ病が増えているのは?

a0001_012480
近年では非常にうつ病が増えているといわれていますね。コレってもしかしたら塩分がただ足りていないだけなのかもしれません。仕事でよく汗をかくひと、スポーツをする人などは同じ塩分量では足りていません。

スポンサードリンク

特に子供の場合は習い事で小さい頃からスポーツをやらす人も多く、激しい運動にも関わらず塩分が足りていないケースもあるのです。親が高血圧や健康に気を使っている人、ダイエット中などの場合は塩分を減らしがちです。

塩分は高血圧の人に関しては制限しなければなりませんが、一般の人はそれ程考える必要はありません。逆に現代人は塩分が不足していることが原因となって、うつ病になっている人もいたりするのです。毎日パン食という場合では注意が必要かもしれませんね。日本食も適度に摂らないと塩分は不足してしまいます。

塩分摂取はミネラル分が多い天然塩

塩分が問題となる場合ではインスタント食品やカップラーメンなど、加工された食品を多く摂取している場合です。食事を手作りして普通に塩を振り掛ける程度では、塩分過剰にはならないのではないでしょうか。また、塩分過剰となりやすい加工食品には精製された塩が多く使われています。

精製された塩にはミネラル分が不足しており、体の機能を整えにくくなっています。天然塩を摂取するようになれば、塩分だけでなく同時にミネラルも補給できるようになって体のバランスが整ってきます。

実は自律神経も塩分不足の可能性があります。最近自律神経失調症だという人よく聞きますよね。体温調節ができない、冷えすぎてしまうなど・・・どれも塩分不足が原因だとはあまり思わないのです。

ダイエット中は塩分不足になりやすい

a0002_005570
女性の場合はダイエット中によって塩分不足に陥ってしまうことがあります。健康や美容によいとしてスムージーダイエットをしていると、カリウムの量が増えて塩分が排泄されやすくなるため、塩分不足が出てきます。

また、置き換えダイエットにも塩分が少ないものが多いようですから、長期間ダイエットを繰り返していると塩分不足になっている可能性も。酵素断食とか、クレンズダイエット、レモネードダイエットなどでも塩分は不足してしまいます。

ダイエット後にうつっぽくなったという話はよく聞きますが、もしかしたら塩分が足りていないのかも?と思うと良いですね。

まとめ

塩分不足がまさか精神に影響したり、疲れやすさなどに関係しているとは思わなかった人が多いのでは?塩分を摂る場合はミネラルが多い天然塩を利用しましょう。精製されていない塩分を使って手作り料理を楽しめば、それ程塩分過多にはならないものです。逆に現代人の不調の原因は塩分不足という可能性もあるため注意してみて下さいね。

関連記事

Sponsored Link

最近の投稿

  1. ソロストーブを自作
  2. 月経前症候群
  3. 大人が着るカットソー
  4. ADSLからフレッツ光に乗り換え
  5. トランポリンの効果
  6. ニトリグラスセット
  7. 更年期と動悸
  8. 冷えとり健康法
  9. グルタチオン
  10. 漏水の返金