1. TOP
  2. 暮らし
  3. 役に立つ雑学
  4. ワセリンのみで肌はどう変わる?実感できる効果3選!

ワセリンのみで肌はどう変わる?実感できる効果3選!

役に立つ雑学
この記事は約 6 分で読めます。 32 Views

「ワセリンのみのスキンケアって本当にいいの?」
「もともと肌質が良い人じゃないの?」

ワセリンのみは、保湿だけのケアです。
もともと肌質がいい(過剰なケアで肌を痛めていない)人は、ワセリンのみに変えると、短期間で肌がきれいになる効果を実感しやすくなります。

でも、過剰なケアをしてきた人は、ワセリンのみですぐ綺麗になれません!

私は究極のシンプルケアを実践しているアラフィフ。
水洗顔+何もつけない方法で「乾燥なし」です。

肌本来の働きがあれば何もつけなくて大丈夫でも、最初はワセリンのみのケアがおすすめ。
これから肌断食を考えている人向けに、ワセリンのみの方法を紹介したいと思います。

ワセリンのみでいい理由


肌のケアが必要な理由を見直すと、ワセリンのみでいい理由がわかります。

肌の水分を蒸発させないことが大切だから

毎日女性が肌ケアする理由は、水分+油分を補うためですよね。

若いころは水分も皮脂も十分にあるので、肌ケアは必要ないくらいです。
でも、私と同じアラフィフになると、皮脂の量が減ってきて乾燥することがあるので、油分を補うためワセリンのみを塗るといいのです。

もともと皮脂の量が足りていれば、天然の油分で肌の水分は蒸発しません。
年齢的に皮脂が足りない人は、ワセリンのみで油分を補ってあげるといいですね。

美容成分は角質層をふやかすだけ

肌ケアは水分+油分を補うためにありますが、「美容成分がたくさん入っていれば綺麗になれる」と考えるのは少しまったほうがいいかも。

その理由は、美容成分は角質層をふやかすだけだから。
皮膚のごく表面だけ「潤った気分になる」だけで、肌の内側に美容成分は浸透しません。

ナノ化された美容成分を使い美顔器で浸透率を上げれば違うかもしれませんが、一般のケアでは肌のバリア機能で内部に入り込まないようになっています。
肌にとって美容成分も異物でしかないので、「浸透」ばかりに気を取られていると、肌がボロボロになる恐れがあります。

ワセリンのみで肌はどう変わる?効果やメリット3選


では、ワセリンのみで肌はどのように変わるのでしょうか?

私自身はワセリンさえも使わないケアで、肌トラブルは一切ありません。
肌断食初心者は、いきなりだと肌の回復に時間がかかるので、ワセリンのみのケアがおすすめです。

シンプルな成分で肌本来の働きが戻る

肌が過剰に乾燥する人、敏感になっている人は過剰ケアに注意したいですね。
なぜ肌が乾燥するのか、考えていますか?

過剰に肌が乾燥する理由は、ケアによる刺激が大きいといえます。
肌が弱い私は、自分の汗でもダメージがかかるくらいで、肌が汗で濡れていて摩擦がかかると、一気に肌はボロボロになりますね。

スキンケアの水分で肌がふやける→摩擦でダメージ。
毎日よかれと思っているケアで、肌のダメージをつくっている原因に。

肌はふやけると、一気にダメージがかかりやすいので注意が必要です。
表面部分が乱れると肌のバリア機能が落ちるため、過度の乾燥や刺激を感じるようになります。

脂浮きが少なくなる

肌の皮脂の量が多くなる原因は、肌の水分不足にあります。
水分が足りないから皮脂を多く出して、水分の蒸発を防ぐわけですね。

そんなときにワセリンのみを肌に付けると、油分が多くなり水分蒸発が少なくなります。
結果的に、肌からの皮脂の量が減る効果を実感しやすいですよ!

時間やお金の節約になる

ワセリンのみを肌に付けると、時間やお金の節約に。
1か月1万円のケア代をかけていたなら、ワセリンのみで1,000円前後まで費用を少なくできます。

毎月9,000円も浮いたら、肌ケアではなく趣味やオシャレにお金が使えるように。
ワセリンはシンプルケアなので、毎日の時間の節約にもなりますよ!

  • お金がない
  • 時間がない

こんな悩みがある人ほど、無駄なお金や時間を消費しているのです。

ワセリンのみの場合の素朴な疑問


ワセリンのみでも大丈夫なことがわかっても、肌断食がはじめてだと不安も多いですよね。
どんな人にもワセリンのみのケアが向いているわけではないため、最初に確認しておきましょう。

肌が黒ずんでしまう?

ワセリンは、油分を補うだけのシンプルなケアです。
油分のみの少ない成分だけで使われているので、皮膚科で出ることがあるくらい。

シンプルな内容だからこそ、肌が黒ずむ心配はしなくて大丈夫です。
そもそも、肌が黒ずむ原因は、摩擦が大きいのでケアは関係ありません。

ワセリンを塗るときの洗顔方法とは?

ワセリンのみのケアにするときは、洗顔方法も見直してくださいね!
洗顔で天然の皮脂を過剰に奪っているから、急いでケアしないと肌がバリバリになるのです。

強い洗顔で皮脂を奪う→人工の水分と油分を補う。
これって変じゃありません?

美肌になりたいなら、もともと自分がもつ皮脂を奪わなければいいだけ。
過剰な洗顔をしているから、肌が乾燥している、皮脂が多くなっていることを見直さなければなりません。

ワセリンのみの洗顔方法は

  • コットンに化粧水をつけて拭くだけ
  • 水洗顔だけ

どちらかの方法がおすすめ。

人の皮脂ほど優れたものはなく、皮脂と同じものは作れません。
洗顔で皮脂をはぎ取ってしまうより、化粧水で拭き取るまたは水洗顔がおすすめ。

私の場合は、夜も朝も水洗顔のみです。
水で落ちない「毛穴の汚れ」って本当にあるのでしょうか?

また、洗顔と同じく注意が必要なのは、クレンジングです。
落ちないメイクをオフできるくらい強力なので、洗顔よりも過剰に自分の皮脂を落としてしまうので、クレンジングは使わないほうが肌は綺麗になります。

ワセリンのみにしたいなら、水や化粧水で拭き取るだけで落ちるメイクをしたいですね。
女性の多くが乾燥肌で、ワセリンのみのケアができないのは、皮脂を奪いすぎるクレンジングの影響が強いからです。

ワセリンだけはどんな人に向いている?

ワセリンは油なので、もともと肌質がいい人に向いています。
肌質がいいとは

  • 肌の摩擦が少ない
  • 過剰に皮脂を奪っていない

過剰なケアや洗顔で肌が痛んでいる人は、まず肌の表面を回復するところからです。
肌の表面が乱れている状態では、ワセリンのみのケアで物足りないと感じるはず。

肌の表面を整えるには

  • 肌がふやけている状態で刺激を与えない
  • 洗顔やクレンジングを止める

これらの対策がおすすめです。

肌に塗るものはワセリンだけでいい!

ワセリンのみのケアは、現代女性には難易度が高いのかもしれません。
肌の表面が乱れている人でも、じっくり取り組むことで肌は回復できるはず。

  • 睡眠をしっかりとること
  • 肌に必要なたんぱく質をとること

これらの対策も試してみてくださいね。

ワセリンのみのケアに慣れたら、次は肌断食にも挑戦できます!

私はアラフィフ女性で、10年以上水洗顔+何もつけないケアですが、肌がかなり弱い私にとっては、この方法が一番合っているみたいです。

シンプルケアに変えて肌本来の力を取り戻したい人は、ワセリンのみに変える方法に挑戦してみてくださいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

ママ104の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ママ104の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

mika

この人が書いた記事  記事一覧

  • ぬか漬けに入れてはいけないもの5選!ぬか床管理の注意点

  • 休日に寝て終るのがNGの理由!おすすめの対策6選

  • ベビーインカーがむかつく理由3選!ママにおすすめの対策

  • 入学祝いのお返しは祖父母にする?相場やおすすめ品2選

関連記事

  • みんなiPhoneで気持ち悪い!理由8選!私がAndroidを選ぶ理由

  • ダイソーの重曹で足の臭い対策!おすすめのやり方

  • Tシャツが臭いときは熱湯×重曹がおすすめ!ニオイを消す対策

  • 臭くならないスリッパ5選

  • ステーキナイフの切り方

  • 大学の学生証に使う証明写真は私服でOK!おすすめの服装