1. TOP
  2. 暮らし
  3. ダイエットおすすめ
  4. 1週間でOKのささみダイエット!痩せるやり方とレシピを紹介

1週間でOKのささみダイエット!痩せるやり方とレシピを紹介

ダイエットおすすめ
この記事は約 6 分で読めます。 256 Views

「あと1週間までに痩せたい」
そんな人には、1週間ささみダイエットがおすすめ。

1週間ささみダイエットは結論からいうと

  • 1週間だけささみを食べ続ける
  • 低糖質・高たんぱくがポイント
  • 1週間でマイナス3kgも可能

1週間で痩せたい人は、ささみダイエットの方法をチェックしてみてくださいね。

ささみダイエットはなぜ1週間で痩せるのか?


まずは、なぜ1週間ささみダイエットが痩せるのか、その理由から見ていきましょう。

ささみは低糖質食品

鶏のささみは、1本あたりの糖質量は0gです。
糖質がほぼ含まれていないため、究極の糖質制限ダイエットになります。

では、なぜ糖質制限をすると痩せるのでしょうか?
それは、極端に糖質の摂取量を減らすと、ケトン体が発生するため。

ケトン体は飢餓状態になったときに発生するもので、体脂肪をどんどんエネルギーとして使ってくれる優れものなんですよ!

体脂肪は体にとって重要な備蓄エネルギーのため通常は使いません。
ただし、体が飢餓状態になれば命を維持できなくなるため、体脂肪を燃やしてエネルギーにするわけですね。

これが簡単な糖質制限ダイエットで痩せる仕組みです。

たんぱく質が多く満足感が高い

さらに、ささみは高たんぱく質で満足感が高いメリットもあります。
では、なぜ高たんぱく質食品は満足感が高いのでしょうか?

試しに、ゆで卵を10個食べようとしてみてください。
多くの人は、2~3個食べたところで食欲がなくなり、10個食べることはできないはず。

このように、高たんぱく質の食品は、食欲を抑える働きがあります。
ささみも1本あたり25gのたんぱく質が含まれているため、少ない数でも満足感が高く食べすぎ防止になりますよ!

1週間でOKのささみダイエットのやり方とは?


ささみダイエットのやり方は、とにかく1週間ささみを食べ続けるだけ。
1週間という期限つきダイエットなので、栄養バランスは特に考えません。

1週間ささみと茹でた野菜を一緒に食べる

1週間のメニューは、茹でたささみと野菜だけ。
主食の代わりにささみを食べるダイエット方法もありますが、糖質を摂取してしまうとケトン体が発生しないためおすすめできません。

野菜にも糖質は含まれているため、1週間ささみと野菜だけを食べ続けます。
2~3日くらいするとケトン体が発生しだし、体脂肪を優先して燃焼するようになりますよ!

1日ささみ10本くらいが目安

1食あたりのささみの量は2~3本くらい、1日10本を目安にしましょう。
ささみ1本のカロリーは60キロカロリーなので、1日10本食べても600キロカロリーで済みます。

ダイエットで痩せるには、摂取カロリー<消費カロリーにすることが大切。
脂肪を1kg減らすにはマイナス7,200キロカロリーが必要になります。

成人女性の1日の摂取カロリーは2,000キロカロリーくらい。
1日ささみ10本と野菜で1,000キロカロリー摂取だと仮定すると、1日あたりマイナス1,000キロカロリーとなり、1週間で約1kgの脂肪が減る計算です。

また、1週間ささみダイエットは糖質制限のため、体の水分も抜けやすくなります。
人によっては、1週間で1~3kgを痩せることは可能です。

ささみダイエットの1週間レシピ


1週間ささみと野菜だけを食べるシンプルなダイエットですが、毎日同じささみだと飽きてしまう可能性がありますね!
毎日味を変えて、食事を楽しめるレシピを紹介します。

ささみにポン酢とネギをかける

茹でたささみの味付けは、ポン酢がおすすめ。
ポン酢は糖質や塩分の量を減らせるため、ダイエットに向いている調味料です。
さらに味を変えるため、刻んだネギや大根おろしをかけても美味しいですよ!

トマト缶と野菜と一緒に煮込む

ささみはトマト煮込みと相性が抜群。
たくさんの野菜とトマト缶を一緒に煮込んで、味付けはコンソメと塩コショウのみ。
野菜をたっぷりと食べられて満足感が高くなります。

棒々鶏

茹でたささみ、刻んだキュウリを混ぜ合わせて棒々鶏を作りましょう。
棒々鶏のタレは、以下の調味料を混ぜ合わせてください。

  • 味噌 大さじ1
  • しょうゆ 大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • お酢 大さじ1
  • 豆板醤 小さじ1
  • すりごま 大さじ2

砂糖を加えると糖質制限ダイエットしている意味がなくなるため、甘みはみりんのみ。
お酢とごま風味で美味しく食べられますよ!

1週間ささみダイエットの注意点

ささみと野菜を1週間食べ続けるダイエットは、栄養バランス的にNG。
短期間だからこそ栄養バランスを気をしていないため注意してくださいね。

1週間限定でやること

極端な糖質制限は、筋肉も減少しやすくNG。
筋肉はスタイルアップや代謝アップに役立つため、ダイエット中はできるだけ減らしたくないものです。

私も、過去に極端な糖質制限を繰り返してきたのですが、明らかに足腰が弱りました。
1週間ささみダイエットは、短期間だけにするようにしてください。

また、1週間ささみダイエットで体重が減っても、水分減少も考慮しましょう。
脂肪が減る量は1kg程度なので、むくみ解消としておすすめです!

ソースの糖質に注意する

1週間ささみダイエットは、糖質制限をする方法です。
ささみにかけるソースに糖質が多いと、ケトン体が発生しにくくなります。
味付けするなら、塩コショウなどシンプルなものやポン酢などがおすすめ。

ささみダイエットのまとめ

1週間の短期間ダイエットをしたいなら、ささみダイエットはおすすめです。
難しい食べ方はなく、茹でたささみと野菜を一緒に食べるだけ。

ただし、痩せたいからといって、野菜抜きにするのは避けてくださいね。
たんぱく質だけだと便の出が悪くなりやすく、糖質制限も極端になりやすいからです。

1週間ささみダイエットは、次のようなときに活用してみましょう。

  • 体重測定が1週間後にある
  • 来週水着を着る予定がある

大幅な減量は必要ないけど、むくみを解消して見た目をスッキリさせたいときにおすすめです!
無理なダイエットにならないよう注意して取り入れましょうね。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

ママ104の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ママ104の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

mika

この人が書いた記事  記事一覧

  • オニヤンマの虫よけはスズメバチや蚊に効果なし?山で効果検証してみた

  • 人参を冷凍するとふにゃふにゃ!正しい保存方法と解凍方法

  • ポテロングがまずい!美味しくなる食べ方を紹介

  • うずらの卵の賞味期限は14日~2年!日持ちさせる保存方法

関連記事

  • コスミックエンザイムをの糖質について

  • ダイエット中の朝食にパンは太る?でもパンを食べたい人の対策5選

  • サイリウムで痩せた?オオバコダイエットのやり方

  • 寝る前のゆで卵で太りにくい対策に!おすすめの理由3選

  • 仕事ができる人は筋肉を鍛える理由とは?

  • 筋肉がつく仕組みをおさらい!