1. TOP
  2. 暮らし
  3. 吸水ショーツやめた人が次に選ぶべき生理用品とは
本ページはプロモーションが含まれています。

吸水ショーツやめた人が次に選ぶべき生理用品とは

 2024/03/15 暮らし
この記事は約 9 分で読めます。 50 Views

この記事では、吸水ショーツをやめた人の声を紹介しています。

  • 臭いが気になる
  • 漏れそう
  • お手入れが面倒
といったネガティブな声が見つかりました。

「吸水ショーツをやめたい」と思っている人のほとんどは、この3つの悩みがあるのではないでしょうか。

この記事では、臭いや漏れが気にならない代替策を紹介しています。布ナプキン・月経カップを使う対策から、吸水量の多い吸水ショーツも紹介していますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

吸水ショーツをやめた理由


吸水ショーツを利用した人の口コミでは、「汚れが落ちない」「布ナプキンのほうが良い」「ニオイが気になる」「濡れた感じが嫌」という声があります。実際に、吸水ショーツをやめたかは不明ですが、デメリットであることは間違いありません。

吸水ショーツをやめた理由:汚れが落ちない

吸水ショーツを買って使用したのですが、表面より下の吸水部分の血は水洗いだけで取れるのですが、表面の血の塊?跡が水洗いでも生理用洗剤を使っても酵素系漂白剤を使っても取れません。
浸け置きも何回もしました。
引用:Yahoo!知恵袋

吸水ショーツは、布ナプキンと同様に洗う必要があります。経血が付着するので、ぬるま湯だけで洗うと汚れが落ちないので、アルカリ剤でのつけ置きが必要ですよ。

お風呂に入ったとき吸水ショーツも持ち込んで、湯船に入る時間を利用してつけ置きするのが一般的です。完全に汚れを落としたいときは、一晩つけ置きが必要なので、面倒な理由から吸水ショーツをやめてしまう人もいるのではないでしょうか。

吸水ショーツをやめた理由:布ナプキンのほうが良い

布ナプキンは散々叩かれてたのに、吸水ショーツにアンチが現れないのはなぜですか?
吸水ショーツは黒い生地のものが多く汚れがとれているかわかりにくいですが、布ナプキンは白いものが多いしハンカチタイプなら乾きも早く吸水ショーツよりずっと衛生的だと思うのですが
引用:Yahoo!知恵袋

実は、私は布ナプキン派なんです。布ナプキンは、手持ちのショーツにつけられるのと、ショーツが汚れにくいメリットがあります。

吸水ショーツと比べて、布ナプキンは厚みがあるので、吸水力の高さで安心ですね。ショーツを汚したくない人や、吸水量を調節したい人には、布ナプキンをおすすめします。

吸水ショーツをやめた理由:臭いが気になる

吸水ショーツの洗濯方法について
最近生理用の吸水ショーツを使いはじめましたが、洗濯機で洗ってから乾いたあともにおいが気になります。使用後すぐ経血を洗面器で押し洗いして、押しても水が透明になるまで洗ったらアルカリウォッシュにつけ置きをして、さらに押し洗いしてから洗濯機にかけています。
引用:Yahoo!知恵袋

吸水ショーツに経血が残っていると、乾いたあとに臭いが残る可能性があります。毎回手洗いするのは慣れたら面倒ではありませんが、手間をかけられないなら、吸水ショーツは向いていないかもしれませんね。

吸水ショーツをやめた理由:漏れることがある

23歳女です。先日、生理中に吸水ショーツを履いていました。その上に白いズボンを履いていました。経血が多い日だったので、ちゃんと吸水してくれるか、心配でした。 漏れてないか心配だったので、何回もトイレに行って見ていましたが、ある時、鏡を見たら、私の股のところが赤くなっていました。白いズボンだったので、とても、目立っていました。家の中だったので、よかったですが、外だったら、恥ずかしかったなと思いました。
引用:Yahoo!知恵袋

吸水ショーツの最大のデメリットは、漏れでしょう。私も漏れるような気がして、吸水ショーツに手が出ていません。

量が多い日は、紙ナプキン・タンポンなどを組み合わせる必要があります。経血の量が多い日は、吸水ショーツに注意が必要ですね。

吸水ショーツをやめた理由:濡れた感じが嫌

吸水型サニタリーショーツを使っている人いませんか?
先日ユニクロで買ってきて、今回3日目以降に履いてみました。
一日中替えなくてよいのは楽でいいと思ったのですが、トイレの時に粘液状のものをペーパーで拭き取ってから履いてもちょっと濡れている感触で嫌な感じでした。
引用:Yahoo!知恵袋

吸水ショーツは経血を吸いますが、ある程度は布の表面に残ります。濡れていると履いたときヒヤッとした感触があるので、嫌な人はダメかもしれません。

しかし、布ナプキンも濡れているのは同じです。オーガニックコットンなど肌に優しい素材のものを選べば冷たい感じはないのですが、吸水ショーツのほとんどは化繊なので冷たさはクリアできないかもしれません。

吸水ショーツを続ける理由


吸水ショーツをやめた人もいる一方で、吸水ショーツの使い心地の良さを感じて、使い続ける人もいるようですよ。「快適」「尿漏れに対応できる」「月経カップと組み合わせると最強」という声がありました。

快適に過ごせる

快適かどうかは感じ方に個人差があるので何とも言えませんが…
少なくとも私は紙ナプキンよりは快適です。
タンポンには劣ります。でもタンポンもちょっとズレると不快だしなぁ…と思うと、吸水ショーツの方が快適かな。
引用:Yahoo!知恵袋

女性なら、紙ナプキンの不快感はわかりますよね。私は肌が弱いほうなので、紙ナプキンが肌に擦れる感じが嫌で、布ナプキンに変えました。

紙ナプキンで肌が痛くなってしまう人は、吸水ショーツも試してみるといいですね。ユニクロ・しまむら・GUなどプチプラブランドでも吸水ショーツは売られているので、ダメ元で買ってみるといいと思います。

尿漏れにも対応できる

あと、これ重要ですけど、尿漏れにすごく効きます。尿は血よりサラサラしてますから、吸水の本領発揮ですね。
吸水ショーツは、手軽にはける分、洗濯が重要です。匂いをさせないためにも。
引用:Yahoo!知恵袋

私が吸水ショーツに興味を持った理由は、「尿漏れに対応できる」からです。意外と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

年齢を重ねるごとにトイレがすごく近くなりました。外出先で漏れたことはありませんが、「間に合わないかも?」と思うと余計に膀胱が収縮するみたいで、吸水ショーツは精神安定剤代わりに興味があります。

月経カップと組み合わせられる

使っていますー快適です。お風呂入るときに桶で一緒につけ置きして、出るときに洗濯機にいれれば手入れも楽ですよー!ですが、多い日は一緒に月経カップを使用しています!神コンビです
引用:Yahoo!知恵鵜袋

吸水ショーツをやめた人のおすすめ選択肢


吸水ショーツのデメリットが気になる人に、おすすめの対策を紹介します。「布ナプキンを使う」「月経カップを使う」「別のブランドを試す」の3つの対策がありますよ。

オーガニックコットンの布ナプキンを使う

吸水量が多い吸水ショーツは、お値段が高いものが多いですよね。しかし、生理用の布ナプキンは、夜用でもリーズナブルな料金のものが多いので、量が多いタイプを選びたいときは布ナプキンがおすすめです。

私は布ナプキン愛用者ですが、昼用でも漏れた経験は一度もありません。布ナプキンは、尿漏れにも対応できますよ。

月経カップを使う

月経カップは、膣にカップを入れて経血を受け止める生理用品です。海外では主流なようですが、日本では膣に入れる方法が受け入れられないので、月経カップを使っている人は少ないかもしれません。

タンポンと違って月経カップは繰り返し使えます。タンポンを使い慣れており、ゴミを減らすエコに興味がある人に、月経カップは人気がありますよ。

別の吸水ショーツブランドに乗り換える

ユニクロ・GU・しまむらでも吸水ショーツは売られていますが、大容量には対応していないようです。

  • ユニクロ:15~40mlまで
  • GU:15~40mlまで
  • しまむら:40mlまで

20mlの経血はヤクルト2本分なので、40mlは普通の日~やや多い日くらいまで対応できます。しかし、一般的な経血の量は1回20~140mlまでなので、量が多い人だと漏れてしまうかもしれません。

一方で、吸水ショーツ専門のブランドだと、150mlのナイト用も売られています。日中用でも、120ml前後の吸水量なので、断然安心感が違いますよ。

吸水量の多い吸水ショーツブランドは、累計15万枚販売した【Be-A〈ベア〉】が有名です。

吸水ショーツやめたに関するよくある質問

本当に吸水ショーツをやめたほうがいいのか判断するため、次のよくある質問もチェックしてみましょう。

Q: 吸水ショーツを使用すると臭いがすると聞きましたが、なぜですか?

A: 吸水ショーツの臭いは、主に経血が長時間ショーツ内に留まることで、細菌が繁殖しやすくなるために発生します。定期的な洗濯と適切な乾燥が重要です。

Q: 吸水ショーツに経血のかたまりが残ることがありますが、どう処理すれば良いですか?

A: 経血のかたまりがある場合、トイレで排出した後にトイレットペーパー等で軽く拭き取り、洗濯前に冷水で手洗いすることをおすすめします。

Q: 吸水ショーツはどれくらいの頻度で履き替えるべきですか?

A: 吸水ショーツは、経血の量や個人の感覚にもよりますが、一日に一度は履き替えることを推奨します。特に多い日は数回交換すると衛生的です。

Q: 吸水ショーツの使用をやめたいと思っています。代替となる快適な生理用品はありますか?

A: 吸水ショーツの代わりに、オーガニックコットン製のナプキンや生理用カップ、再利用可能な布ナプキンなど、さまざまな選択肢があります。肌触りや使い心地、環境への配慮など、個人の好みに合わせて選んでみてください。

Q: 吸水ショーツを正しく洗う方法を教えてください。

A: 吸水ショーツはまず冷水で手洗いしてから、洗濯機で洗うことが推奨されます。洗濯機を使用する際は、他の衣類と分けて洗濯ネットに入れ、中性洗剤を使用し、高温の水や乾燥機の使用は避けましょう。日陰での自然乾燥が最適です。

吸水ショーツをやめたいと思ったら別の方法を考えてみよう

実際に吸水ショーツを使った人の中には

  • 臭いが気になる
  • 漏れる
  • お手入れが面倒
というネガティブな声があることがわかりました。

しかし、もしかしたら正しい使い方できていなかったり、量が多いタイプを選んでいなかったりしたのかもしれません。

吸水ショーツは手洗いが必要ですが、慣れれば簡単ですよ。どうしても吸水ショーツが自分に合わないと感じたら、布ナプキン・月経カップも試してみてください。

また、漏れが気になるときは、吸水ショーツ専用ブランドがおすすめです。似たような商品は給水量が足りないことが多いので、「少しお値段が張るな?」と感じるかもしれませんが、吸水量が多い専用ブランドもチェックしてみてくださいね。

<<超吸収型サニタリーショーツ Be-A〈ベア〉詳細はこちら

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

ママ104の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ママ104の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • アラジンのトースター2枚焼きの口コミ!実際に買って試してみた

  • DIYで木製コンポストを手作り!作り方と価格について

  • 法則型のための適職探し完全ガイド

  • ユニクロのブラトップが臭い理由とは?ニオイを落とす洗濯のコツ

  • ブランデリってなぜ安いの?怪しい通販サイトなの?

  • 100均フェイスタオルを使った雑巾の作り方!ミシンなしでOK幼稚園・保育園用に