1. TOP
  2. 暮らし
  3. 防水スプレー白くなった靴の簡単な戻し方と予防策
本ページはプロモーションが含まれています。

防水スプレー白くなった靴の簡単な戻し方と予防策

暮らし
この記事は約 12 分で読めます。 302 Views

新しい靴を手に入れる喜びは格別ですよね。

しかし、雨の日でも安心して履けるようにと、防水スプレーを使ったはずが、気づけば靴が白く変色してしまっている。そんな経験、ありませんか?

私も最初は戸惑いました。大切にしていた靴が、ある日突然、見違えるように白くなってしまったんです。

でも、諦める必要はありません。実は、白くなってしまった靴を元の状態に戻す方法があるんです。そして、そうならないための予防策も。

この記事では、防水スプレーで白くなった靴を簡単に元に戻す方法と、その予防策について、実体験をもとに紹介します。読むことで、あなたの大切な靴を守る知識が身につき、今後同じようなトラブルに直面したときも、冷静に対処できるようになるでしょう。

防水スプレーで白くなった靴を元に戻す方法


靴に防水スプレーを使ったら、思いがけず白くなってしまった経験は、靴を大切にする多くの人が直面する問題です。このような状況は、特に新しい靴やお気に入りの一足に起こると、がっかりしてしまいますよね。

しかし、心配は無用です。実は、家にあるものを使って、簡単に靴を元の状態に戻すことができるんです。ここでは、手軽に試せる靴の白変色を解消する方法と、防水スプレーを使う際のポイントを紹介します。

スエード靴のシミを落とす方法

ここでは、そんなスエード靴のシミを簡単に落とす方法をお教えしますね。


まずは、靴の表面のほこりや汚れを、スエード専用のブラシでそっと払いましょう。この時、力を入れすぎないように気をつけてくださいね。スエードはデリケートな素材なので、優しく扱ってあげることが大切です。


次に、スエード用のクリーナーを使います。市販されているスエード専用クリーナーを、柔らかい布に少し取って、まずは目立たない部分で試してみてください。大丈夫そうだったら、シミがある部分にも同じように優しく塗り込んでいきます。

クリーナーが乾いたら、もう一度ブラシで靴をブラッシング。この時、毛の流れに沿ってブラッシングすると、毛並みがきれいに整いますよ。

ここで大事なポイントは、以下の通りです。

  • スエード専用のアイテムを使うこと。
  • 強くこすりすぎないようにすること。

シミがなかなか落ちない時は、プロのクリーニングに出すのも一つの手です。

レザー靴のシミ除去テクニック

ここでは、レザー靴のシミを効果的に除去するテクニックをご紹介します。

まず、シミを落とす前に、靴を乾燥させることが重要です。湿った状態で処理を始めると、かえってシミが広がる可能性があります。完全に乾いたら、次のステップに進みましょう。


シミ除去の準備

  • 柔らかい布を用意します。
  • レザー専用のクリーナーを準備します。
シミ除去の手順

  • 柔らかい布にレザークリーナーを少量取ります。
  • シミがある部分を軽くたたくようにしてクリーナーを塗ります。
  • シミが薄くなるまで、優しくクリーニングします。
  • シミが目立たなくなったら、乾いた布で余分なクリーナーを拭き取ります。

ポイント
シミを強くこすると、レザーが傷つく可能性があるので注意してください。シミが完全には落ちない場合は、専門のクリーニングサービスを利用することを検討してください。

合成素材靴のシミ対策

こちらでは、合成素材靴のシミを効果的に対処する方法をご紹介します。

合成素材は、水や汚れに強い特性を持っていますが、防水スプレーの成分が表面に残ることで白いシミが発生することがあります。このようなシミを取り除くには、以下のステップをお試しください。

乾燥させる

シミがある部分を自然乾燥させます。合成素材は水分を含むとシミが広がる可能性があるため、乾燥は必須です。

軽く拭き取る

乾いた柔らかい布で、シミ部分を軽く拭き取ります。この時、強くこすりすぎないように注意してください。

専用クリーナーを使用


市販されている合成素材用クリーナーを使用します。少量を布に取り、シミ部分を優しく拭き取ります。

再度乾燥させる

クリーナーを使用した後は、再度完全に乾燥させます。これにより、クリーナーの成分が靴に残らず、シミが再発するのを防ぎます。

防水スプレーで白くなったのはなぜ?


あなたが防水スプレーを使った後、靴が白くなってしまったことに驚いたかもしれません。この現象は、なぜ起こるのでしょうか?

実は、防水スプレーが靴の表面に均一に広がらず、特定の成分(主に防水を担う化学物質)が固まってしまうことが原因です。ここでは、防水スプレーが靴を白くするメカニズムと、それが起こりやすい条件について、簡単に解説します。

防水スプレーが白くなる化学反応

防水スプレーを使った後に靴が白くなってしまうのは、ちょっとした化学反応が原因なんです。

防水スプレーには、水を弾くための特別な化学物質が含まれています。これが空気中の湿度や靴の素材と反応して、時には白い粉っぽい残り物として靴の表面に出てくることがあるんです。

特に、スプレーを均等に吹きかけられなかったり、ちょっと使いすぎちゃったりすると、この現象は起きやすくなります。

素材別反応の違いと理由

防水スプレーを使った後に靴が白くなる現象は、靴の素材によって反応が異なるために起こります。では、なぜ同じ防水スプレーでも素材によって反応が違うのでしょうか?

ここでは、靴の主要な素材ごとに、防水スプレーが白くなる理由とその反応の違いを掘り下げてみましょう。

レザー(本革)

レザーは天然の油分を含んでおり、防水スプレーの化学物質がこれと反応して白い膜を作ることがあります。通気性があるため、スプレーが内部に浸透しやすく、乾燥する際に白く固まることがあります。

スエード

スエードの起毛した表面は、スプレーの粒子を捕捉しやすく、均一に広がりにくいため、白く見えやすいです。水分と反応しやすい性質があり、スプレーが原因で水分を含んだ際に白く変色することがあります。

合成素材

合成素材は表面が滑らかで、防水スプレーが均等に広がりにくいため、部分的に白くなることがあります。一部の合成素材は、スプレーの化学物質と反応しやすく、白い残留物が残りやすいです。

素材別防水スプレーで白くならない対策方法


靴の素材はさまざまで、それぞれに合った防水スプレーの使い方があります。スエード、レザー、ナイロンなど、お気に入りの靴を長持ちさせるためには、素材に応じた対策が必要です。ここでは、靴の素材ごとに防水スプレーを使っても白くならないようにする方法を紹介します。

スエード素材への対応策

まず、スエード素材はデリケートなので、防水スプレーを使う前には必ず、素材が完全に乾いていることを確認してください。湿っていると、スプレーが均等に広がらず、白くなりやすくなってしまいます。

スプレーをかける前に、スエードブラシで靴全体の汚れやほこりを優しく取り除きます。防水スプレーは、靴から20〜30cm離れた位置から薄く均一に吹きかけるのがコツです。

スプレー後は、靴を自然な形で乾燥させてください。直射日光や暖房器具の近くでの乾燥は避けましょう。乾燥後、スエードブラシで軽くブラッシングして、毛並みを整えます。

レザー素材への対応策

レザー素材に適した防水スプレーの選び方と使い方を知っていれば、問題を未然に防ぐことができますよ。レザー靴を守るためには、以下のポイントを押さえておくと良いでしょう。

レザー素材に優しい防水スプレーを選ぶ


レザー専用の防水スプレーを選びましょう。一般的なスプレーと比べて、レザーを傷めにくい成分で作られています。

靴の表面を清潔に保つ

スプレーを使う前に、靴をきれいにしておくことが大切です。汚れやほこりがあると、スプレーが均等に行き渡らず、シミの原因になります。

適切な距離からスプレーする

靴から20〜30cm離れた位置からスプレーを吹きかけます。近すぎると液だれの原因になり、遠すぎると効果が薄れます。

均一に塗布する

スプレーは薄く均一に行き渡るようにしましょう。部分的にかけすぎると、そこだけ白くなることがあります。

十分に乾燥させる

スプレー後は、靴をよく乾かします。乾燥不足はシミの原因になるので、室内の風通しの良い場所で自然乾燥させましょう。

合成素材への対応策

合成素材は、水や汚れに強い特性を持っていますが、防水スプレーの成分が表面に残ることで白いシミが発生することがあります。そんな時のための対応策を見ていきましょう。

合成素材靴の清掃

使用前には、靴をきれいにしておくことが大切です。柔らかい布で表面の汚れを優しく拭き取りましょう。

スプレーの距離を守る

靴から20〜30cmの距離を保ってスプレーを吹きかけます。これにより、スプレーが均一に広がり、シミの発生を防ぎます。

薄く均一に塗布する

一箇所に集中してスプレーをかけすぎないように注意しましょう。薄く均一に塗布することがポイントです。

十分に乾燥させる

スプレー後は、靴をしっかりと乾燥させます。直射日光を避け、風通しの良い場所で自然乾燥させるのがおすすめです。

防水スプレーの正しい選び方と使い方

防水スプレーを選ぶとき、ただ単に「防水」と書かれているからといって、それがあなたの靴に最適だとは限りません。靴の素材や使用環境によって、最適な防水スプレーは異なります。ここでは、靴を守るために正しい防水スプレーの選び方と、その使い方について解説します。

フッ素系とシリコン系の違い

防水スプレーを選ぶときに、フッ素系とシリコン系があるって知っていますか?これら二つのタイプは、それぞれ異なる特性を持っていて、靴の素材によってどちらを選ぶべきかが変わってきます。

今回は、フッ素系とシリコン系の違いについて、わかりやすく解説していきますね。

フッ素系防水スプレー

フッ素系は、撥水力が非常に高いです。水や汚れを弾く力が強く、靴を長時間濡れから守ってくれます。透明性が高く、素材の色を変えにくいので、色あせが心配な革靴やスエードに適しています。

通気性を損なわず、靴内の湿度を逃がすので、蒸れにくいのも特徴です。

シリコン系防水スプレー

シリコン系は、撥水力に加えて、柔軟性を靴に与える効果があります。これにより、靴が硬くなるのを防ぎます。水分をしっかりと弾くので、雨の日でも安心して使えるのが魅力ですが、フッ素系に比べると撥水力はやや劣ります。

素材によっては、少しツヤを出すことがあるので、マットな仕上がりを好む場合は注意が必要です。

防水スプレーの距離と量の重要性

防水スプレーを使うとき、ただ適当にシュッとかければいいと思っていませんか?実は、スプレーの距離と量が、靴を守る上でとっても重要なんですよ。

間違った使い方をすると、せっかくの靴が白くなってしまったり、防水効果が十分に得られなかったりすることも。ここでは、防水スプレーを最大限に活かすための距離と量のコツをお教えします。

スプレーの距離

靴から20〜30cm離れた場所からスプレーを吹きかけるのが理想的です。近すぎると液滴が大きくなり、白い斑点の原因に。遠すぎると、スプレーが靴に届かず効果が薄れます。

スプレーの量

全体に薄く均一にスプレーをかけることが大切です。一箇所に集中してしまうと、そこだけ白くなる原因になります。全体に軽くスプレーした後、乾かしてから必要に応じて重ねづけをします。

乾燥時間を守る

スプレー後は、しっかりと乾燥させましょう。乾燥時間は商品によって異なりますが、一般的には数時間を目安にします。急いで乾かそうと直射日光やヒーターを使うと、素材を傷める原因にもなりますので、自然乾燥がベストです。

防水スプレー使用前の準備

防水スプレーを使う前の準備、ちゃんとしていますか?実は、この準備作業が防水効果を最大限に引き出すカギになるんですよ。せっかくの防水スプレーも、準備が不十分だとその効果を十分に発揮できないことがあります。

ここでは、防水スプレーを使う前にやっておきたい準備について、ポイントをお教えします。

靴の表面をきれいにする

靴の汚れやほこりは、防水スプレーの効果を妨げる原因になります。柔らかいブラシや布を使って、靴の表面を丁寧にきれいにしましょう。

靴が完全に乾いていることを確認する

湿った靴にスプレーを使うと、均一にスプレーが行き渡らず、白いシミの原因になることがあります。使用前には、靴が完全に乾いていることを確認してください。

テストスプレーをする

靴の目立たない部分で、スプレーが靴の素材に合っているかテストしてみましょう。特に色落ちや変色が心配な場合には、このステップが重要です。

使用する場所を選ぶ

防水スプレーは換気の良い屋外で使用するのが理想的です。室内で使用する場合は、窓を開けて十分に換気をしてください。

防水スプレー白くなったに関するよくある質問

Q1: 防水スプレーをナイロン素材の靴に使ったら白くなってしまったのですが、どうしてですか?

A1: ナイロン素材は防水スプレーの成分を均一に吸収しにくいことがあり、特にスプレーが集中してしまった部分では白い残留物が目立つことがあります。これは、スプレーの成分が乾燥する際に表面に残るためです。使用する際は、薄く均一にスプレーすることが大切です。

Q2: 防水スプレーをかけすぎた靴はドライヤーで乾かすと直りますか?

A2: ドライヤーでの乾燥はおすすめできません。熱によって靴の素材が傷む可能性がありますし、スプレーの成分が靴に定着してしまうことも。かけすぎた場合は、自然乾燥をさせた上で、柔らかいブラシや布で優しく表面を拭き取るのが良いでしょう。

Q3: 防水スプレーを使わない方がいい素材はありますか?

A3: はい、特にエナメルや特殊な加工を施した素材、非常にデリケートな素材の靴は、防水スプレーを使う前に注意が必要です。これらの素材は、スプレーの化学成分によって変色したり、表面が傷んだりすることがあります。使用する際は、必ず目立たない部分でテストをしてから全体に使用するようにしましょう。

防水スプレー白くなったときの原因と対処法のまとめ

この記事では、防水スプレーを使った後に靴が白くなってしまったときの対処法と、そうならないための予防策についてお話ししました。

ここで改めて、大切なポイントを振り返ってみましょう。

靴の素材に合った防水スプレーを選ぶことが大切です。特に、レザーやスエード、ナイロンなど素材によって適したスプレーが異なります。

スプレーを使用する前には、靴をきれいにして、完全に乾かしておくことが重要です。これにより、スプレーが均一に広がりやすくなります。

スプレーは、靴から20〜30cm離れた位置から薄く均一に吹きかけるのがコツです。適量を守り、乾燥後には必要に応じて軽くブラッシングして仕上げましょう。

この記事を通じて、防水スプレーの正しい使い方を知ることで、靴を長持ちさせることができます。また、万が一靴が白くなってしまった場合でも、適切な対処法を試すことで、見た目を回復させることが可能です。

最後に、靴は私たちの大切な足元を支えるパートナーです。日々のお手入れを怠らず、長く愛用していきましょう。この記事が、皆さんの靴との良い関係を築くお手伝いになれば幸いです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

ママ104の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ママ104の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • Huluの無料期間を1ヶ月にする裏技があった!?Amazon経由のやり方

  • ミニマリストはバスマットが必要?断捨離すべき理由としない理由

  • ぶら下がり健康器は効果なし?デメリットを集めてみた

  • Tシャツの臭いにはオキシクリーン!洗濯のつけ置きのやり方

  • クロックスが臭い原因とは?ニオイを取る対処方法

  • あなたも法則型女性?性格パターンの見極め方