1. TOP
  2. WEBライター
  3. Webライターやめとけ?成功への道を実体験から解説
本ページはプロモーションが含まれています。

Webライターやめとけ?成功への道を実体験から解説

 2024/02/24 WEBライター
この記事は約 15 分で読めます。 94 Views

Webライターとしてのキャリアをスタートさせた当初、私も「Webライターやめとけ」という声に何度も出会いました。最初はその言葉に不安を感じ、自分の選択に自信が持てなくなることも少なくありませんでした。

しかし、実際にこの道を歩み始めてみると、予想外の発見と成長が待っていたんです。確かに、Webライターとして成功する道は一筋縄ではいかない部分もありますが、それを乗り越えた先には大きなやりがいと可能性が広がっていました。

この記事では、そんな「Webライターやめとけ」という言葉に対する私の実体験をもとに、成功への道を解説していきます。初心者が直面する挑戦や、その解決策、さらにはWebライターとして成長するための具体的な方法について、私の経験を交えながらお話しします。

この記事を読むことで、Webライターとしてのキャリアを考える上での不安を和らげ、成功への一歩を踏み出すためのヒントを得られますよ。

Contents

Webライターを「やめとけ」と言う人と実際に稼いでいる人の声


ここでは、Webライターを「やめとけ」と言う人たちが持つ声と、それに対する実際の事実を明らかにしていきます。

Webライターは「やめとけ」の背後にある真実

Webライターをクラウドワークスから始めるのはやめとけ

クラウドワークスなどのアウトソーシング系サイトからライターを始めるのは、かなりのハードモードになるんですよね。
しかも、初心者だと質問者さんの言われている通り、テストライティングで落ちることが多いし、採用されても原稿料は激安。本当は編集プロダクションなどにいったん就職し、そこでキャリアを積んでから独立するとクラウドワークスの激安案件のお世話にならずに仕事を得られる可能性が高いのですが……。
引用:Yahoo!知恵袋

Webライターは体調を崩しても作業しなければならないからやめとけ

フリーの編集者兼ライタ―です。ウェブメディアと雑誌・新聞の紙媒体、両方やっています。
体調を崩しても締切が迫っていた机にかじりついて作業しています(苦笑)。ただし、本当にどうしようもない場合はその旨を伝えて締切を延ばしてもらいます。
引用:Yahoo!知恵袋

Webライターの打ち合わせはお金にならないからやめとけ

Webライターってクライアントと打ち合わせの時間はお金が発生しないものなのでしょうか?
お金が発生しないのにアホらしいって正直思います。
引用:Yahoo!知恵袋

執筆速度が遅いWebライターはやめとけ

Webライターの執筆速度について質問です。
2000~3000文字程度の執筆を1日5~6記事書ける人ってどんな書き方をしてるんでしょうか?
早く書けるコツと言われている情報収集やキーワードリサーチサイトなどは使っています。初期よりはスピードアップしましたが大量には書けません。
単純に経験でしょうか?
引用:Yahoo!知恵袋

Webライターは単価が低いからやめとけ

そもそもまともなライターは1文字1円案件なんか受けない。当然断る。
しかし世の中にはそういうクソ条件でも「いつか昇給になるなら」と、ありもしない希望にすがってコツコツやって搾取されまくる学生さん主婦さんも大勢いるという…。
引用:Yahoo!知恵袋

Webライター初心者は数日かかるからやめとけ

私はここ最近、クラウドワークスでwebライターを始めたばかりの者です。
1記事できあがるまで、いくら頑張っても3日はかかってしまいます。
自分には向いてないのかな、と、たまに弱気になることがあります。
引用:Yahoo!知恵袋

クラウドワークスのWebライター単価が下がっているからやめとけ

今、クラウドワークス内のライティング単価はどんどん下がっており、1文字1円でもけっこうな品質の記事を納品してくるライターさんはいくらでもいますよ。
先日、当方が1.5円で募集をかけたところ、クラウドワークスの「プロ」認定を受けている方や、ライティング部門の上位10位内に入るようなスキルの人も50人以上応募してきましたので。
引用:Yahoo!知恵袋

Webライターはランクが低いからやめとけ

ライターの中にもランクがあり、WEBライターはその中でも下の方です。
そしてWEBライターの中にもランクがあり、こちらはとてもシビアです。
多くは素人底辺ライターどまりで、いつまでも上にいけないでずっと底辺のままか、仕事がなく消えていきます。
で、底辺ライターの収入はというと、月収数百円よくて数千円という人が大半です。それだけ仕事が少なく底辺同士で取り合いになっています。
引用:Yahoo!知恵袋

実際に稼いでいるWebライターの声

Webライター一年半で月収22は稼いでる方でしょうか?
意欲もなく、ただ日本語を書いてるだけです。
好きな音楽かけてボーっと文字打ってるだけです。
引用:Yahoo!知恵袋

Webライターの収入難易度
〜月3万▶慣れない作業で大変
〜月5万▶作業量増やして大変
〜月10万▶直接案件獲得が大変
月20万▶直接案件あればいける
〜月30万▶執筆だけだと過労で瀕死
〜月40万▶執筆だけでこの額はひと握り
月50万▶ディレクターになってハイブリッドに稼げばいける
引用:X

Webライターの仕事は本当に「やめとけ」なのか


Webライターの世界に足を踏み入れようとしているあなたが、ネットでよく目にする「Webライターやめとけ」という言葉。この言葉が示す通り、確かにWebライターとしての道は簡単ではありません。

次の項目では、具体的に「何がやめとけ」なのか詳しく解説します。

Webライターとしての現実を直視する

Webライターとして成功するためには、まず現実を直視することが重要です。多くの人が「webライターやめとけ」と検索する背景には、この仕事が抱える困難や挑戦に対する不安があります。

低単価の案件が多い

特に初心者は低単価の案件からスタートすることが多いです。時給換算にすると、300円や500円程度の仕事もあるため、「バイトしたほうが稼げる」と言う現状があります。

案件の獲得競争が激しい

多くのWebライターが同じ案件に応募するため、案件を獲得することが容易ではありません。近年では、外出自粛の影響により在宅ワークが注目されるようになり、ますますWebライターの仕事獲得が難しくなっています。

クライアントの要求が厳しい

高品質のコンテンツを求められることが多く、納期も厳しく設定されることがあります。また、指示書をチェックする時間や、細かい修正時間は報酬には含まれないため、Webライター初心者は時給単価が下がるデメリットに注意したいですね。

初心者が直面する最大の壁とは

Webライターとしての道を歩み始めた多くの初心者が直面する最大の壁、それは「案件の獲得」と「低単価の脱却」です。この壁は、多くの人が「webライターやめとけ」と検索する理由の核心に触れています。

案件の獲得に苦労する理由

多くのWebライターが同じ案件に応募するため、特に初心者は目立つのが難しい現状があります。また、実績がないと、クライアントに能力をアピールするのが難しくなります。

低単価の脱却が難しい理由

Webライターの仕事は、SEO知識や専門性が高い記事を書ける能力が求められます。また、単価が高い案件を見つけるためには、市場のニーズを理解する必要がありますが、これらのスキル不足で低単価の脱却は難しくなります。

「Webライターやめとけ」と言われる理由


Webライターを目指す人がよく耳にする「Webライターやめとけ」という言葉。この言葉には、Webライターとしての道が決して平坦ではないという現実が込められています。

しかし、なぜそんな警告がされるのでしょうか?ここでは、その理由を深掘りしていきます。

やめとけ1:低単価での苦労とその克服方法

Webライターとしてのキャリアをスタートする際、多くの人が直面する最初の大きな壁が「低単価での仕事」です。この問題は、特に初心者にとって大きな挑戦となり、多くの場合、「Webライターやめとけ」という言葉の背後にある現実の一部です。

しかし、この壁を乗り越えることは決して不可能ではありません。

スキルアップ

特定の分野での専門知識やSEOライティングの技術を身につけることで、より高単価の案件を獲得できるようになります。SEOは書籍やYouTube動画で学べるほか、Webライター講座などで学ぶ方法がありますよ。

ポートフォリオの構築

質の高い記事を書き、それらをポートフォリオとしてまとめることで、将来的にクライアントを説得する材料となります。しかし、初心者はポートフォリオに記載する実績がまだないので、まずは記載できる実績作りから始めましょう。

ネットワーキング

SNSやライター向けのコミュニティに参加し、情報交換を行うことで、高単価の案件についての情報を得ましょう。また、高単価を獲得している人の声を目にすることで、「自分でも高単価にチャレンジできそう」という気持ちになるのでおすすめです。

直接契約を目指す

中間業者を介さずにクライアントとの直接契約では、より高い報酬を得ることが可能です。中でもこの対策は最も効果的な方法ですよ。

たとえば、オウンドメディア運営会社に直接営業をかける、チューチューバーに直接営業をかけるなどのやり方があります。

やめとけ2:納期プレッシャーとストレス管理

Webライターとして働く上で避けられないのが、納期のプレッシャーです。このプレッシャーは、特に案件が重なった時や、予想以上に時間がかかってしまった時に、大きなストレスとなり得ます。

しかし、適切なストレス管理と時間管理を行えば、このプレッシャーを乗り越えることが可能です。

タスク管理の徹底

仕事の優先順位をつけ、タスク管理ツールを使用して、各案件の進行状況を一目で確認できるようにしましょう。ダラダラと作業を続けるのではなく、時給換算で作業をすることです。

時間管理のスキル向上

パモドロテクニックやタイムブロッキングなど、時間管理のテクニックを活用し、効率的に作業を進める方法がおすすめです。

適切な休憩の取り入れ

長時間の作業には適切な休憩が必要。短い休憩をこまめに取り入れることで、集中力を維持できます。食事時間などを取り入れて、気分転換すると良いですね。

ストレス発散法の見つけ

仕事のストレスを発散するための趣味や運動など、自分に合った方法を見つけましょう。私は、Webライターの仕事で長時間座りっぱなしになるので、1日1回必ず20分以上散歩するようにしていますよ。

やめとけ3:ライバルの多さと差別化の重要性

Webライターとして活動を始めると、すぐに気づくのがライバルの多さです。インターネット上での情報の豊富さは、多くの人々がこの分野に飛び込む理由の一つですが、それは同時に競争が非常に激しいことを意味します。

この競争を生き抜くためには、自分自身を差別化することが重要です。

専門分野を持つ

特定の分野に特化することで、その分野の専門家として認識されるようになります。同じ分野のライティングをしていると、自然と知識が増えてきて、作業効率が良くなりますよ。

独自のスタイルを確立する

自分だけのライティングスタイルや視点を持つことで、読者に新鮮さを提供できます。硬い印象のビジネス文章だけでなく、体験談なども書けると、高単価の仕事獲得がしやすくなります。

品質を追求する

高品質のコンテンツを提供することで、クライアントや読者からの信頼を獲得します。誤字脱字チェックツールの活用や、チャットGPTによる校閲もおすすめです。

マーケティングスキルを磨く

自分自身や自分の作品を効果的に宣伝する方法を学びます。ブログを自分で運営して、商品を売る体験をすると、売れる記事が書けるようになります。

海外から案件を獲得する

日本でのWebライターの仕事は、低単価の仕事ほど飽和状態にあります。しかし、海外に目を向けてみると、ネイティブな日本語ができる日本人ライターを求める企業は多くありますよ。

Webライターとして成功するための秘訣


Webライターとしてのキャリアを成功させるためには、継続的なスキルアップが不可欠です。しかし、どのようにして効率的に学習し、どのスキルを優先すべきかを知ることは、多くの初心者にとって大きな課題かもしれませんね。

具体的な、Webライティングの学び方を紹介します。

自分の興味と市場の需要を照らし合わせる

自分が書きたいテーマや分野と、市場で求められているコンテンツの種類を理解することから始めます。Webだけの情報だと専門家としての知識が足りないので、書籍も情報源として活用すると良いですね。

基礎から応用へ段階的に学ぶ

SEOの基礎、文章構成の技術、特定分野の専門知識など、基本的なスキルからスタートし、徐々に応用技術へと進んでいきます。SEOは日々進化しているので、新しい情報収集が必要ですが、基礎の部分はあまり変わりません。

オンラインコースやセミナーを活用する

独学だけでなく、オンラインで提供されているコースやセミナーを利用して、専門家から直接学びます。Webライターとして高単価の仕事を獲得したいなら、学ぶための自己投資は必須ですよ。

実践を通じて学ぶ

学んだ知識を実際のライティングに活かし、フィードバックを得ることで、理解を深めます。クライアントから受ける修正をプラスに受け止めて、次につなげると良いですね。

Webライターの仕事を始める前に知っておくべきこと


Webライターとしての道を歩む前に、多くの人が「webライターやめとけ」という言葉に直面します。しかし、実際にこの仕事を始める前に知っておくべき重要なポイントがあります。

ここでは、Webライターになることを考えている方が、スタートラインに立つ前に把握しておくべき基本的な事実や準備についてお話しします。

ライティングスキルの基礎

Webライターとしてのキャリアをスタートする前に、ライティングスキルの基礎をしっかりと理解しておくことは非常に重要です。

良質なコンテンツを作成するためには、ただ文章を書けるだけでは不十分。読者の注意を引き、情報を効果的に伝えるための技術が求められます。

ライティングスキルの基礎には以下のようなポイントがあります。

ターゲットニーズを把握する

書く前に、誰に向けて書いているのかを明確にします。ターゲットの興味やニーズを把握することが重要です。

明瞭な構造を持つ

記事は、導入部、本文、結論の明確な構造を持つべきです。読者が情報を追いやすくなります。たとえば、「見出しを見るだけで内容がわかる」「H2タグの下にH3タグが2つ以上ある」など構造を理解している必要があります。

簡潔さを心がける

余計な言葉は削り、ポイントを簡潔に伝えます。読者の時間を尊重する姿勢が大切です。1分は極力短くして、中学生でも理解できる分を心がけることです。

Webライターとしての心構え

Webライターとして成功するためには、技術的なスキルだけでなく、適切な心構えも非常に重要です。この仕事を始める前に、自分自身が直面する可能性のある挑戦や困難に対して、正しい姿勢で臨むことが求められます。

ここでは、Webライターとして持つべき心構えについていくつかのポイントを紹介します。

忍耐力を持つこと

成功するまでには時間がかかることが多いです。短期間で結果を求めず、長い目で見る忍耐力が必要です。何度も修正を求められることもあるため、粘り強い性格だとWebライターに向いていますね。

学び続ける姿勢

Web業界は常に変化しています。最新のトレンドや技術を学び続ける姿勢が重要です。とくにSEOは変化が激しいので、自分でもブログを通して学ぶ姿勢が求められます。

柔軟性を持つこと

クライアントの要求や市場のニーズは変わります。柔軟に対応できる能力が求められます。たとえば、クライアントにより使う言葉が異なる、改行の指示が違うなどです。

自己管理能力

在宅での作業が多いため、自分自身の時間を効率的に管理する能力が不可欠です。いつも同じ作業を繰り返すことが苦にならないタイプに、Webライターは向いていますよ。

コミュニケーション能力

クライアントや他のライターとのコミュニケーションを通じて、仕事の質を高めましょう。

Webライターはやめとけに関するよくある質問

Q: Webライターに向いている人の特徴は何ですか?

A: Webライターに向いている人は、好奇心が旺盛で新しい知識を学ぶことに興味がある人、自己管理能力が高く締め切りを守れる人、そして複数のトピックに対して柔軟に対応できる柔軟性を持つ人です。また、SEOや特定分野の専門知識を身につける意欲がある人も成功しやすい傾向にあります。

Q: Webライターとして副業を始める際、初心者でも稼げるようになるまでの期間はどのくらいですか?

A: 初心者が稼げるようになるまでの期間は個人差がありますが、一般的には3ヶ月から6ヶ月の学習と実践を経て、基本的なスキルを身につけ、小さな案件から徐々に収入を得始めることが多いです。高収入を目指す場合は、継続的なスキルアップと実績の積み重ねが必要です。

Q: Webライターの仕事でよくある誤解とは何ですか?

A: Webライターの仕事に関するよくある誤解には、「誰でも簡単に高収入を得られる」というものがあります。実際には、高品質なコンテンツを提供するための専門知識、SEOスキル、そして市場のニーズを理解する能力が求められます。また、「すぐに稼げるようになる」という誤解もありますが、実際には時間をかけてスキルを磨き、信頼できるクライアントネットワークを構築する必要があります。

Q: Webライターの求人を探す際のポイントは何ですか?

A: Webライターの求人を探す際のポイントには、案件の詳細や報酬の明確さを確認すること、クライアントの評判や過去のプロジェクトをリサーチすること、そして自分のスキルや興味に合った仕事を選ぶことが挙げられます。また、初心者の場合は、サポート体制や学べる環境が整っている案件を選ぶと良いでしょう。

Q: Webライターとしての年収はどれくらいを期待できますか?

A: Webライターとしての年収は、スキルレベル、経験、取り組む案件の量や種類によって大きく異なります。副業として始める場合、年収は数十万円から数百万円の範囲で変動することが一般的です。フルタイムで専念し、高度なスキルを持つプロフェッショナルライターは、年収数百万円以上を稼ぐことも可能です。

【まとめ】Webライターの仕事・副業はきついけど、必ずいい経験となる

この記事では、「Webライターやめとけ」という検索キーワードに対して、実際にWebライターとして成功するための道筋を示しました。

Webライターに向いている人の特徴
好奇心旺盛で、新しい知識を学ぶことに興味がある人や、自己管理能力が高い人が成功しやすい。

スキルアップの重要性
SEO知識や特定分野の専門知識など、継続的な学習が不可欠。

情報収集能力
効率的な検索方法や信頼できる情報源の把握が、高品質な記事を書くために重要。

心構えとしての必要性
挑戦を恐れず、失敗を学びの機会と捉えるポジティブな姿勢が成功への鍵。

単価案件を獲得するテクニック
自分の価値を理解し、適切な案件選びと交渉が収入アップにつながる。

この記事を通じて、Webライターとしてのキャリアを考える際に、ただ「やめとけ」という声に流されるのではなく、自分自身で情報を収集し、判断することの大切さをお伝えしたいと思います。この記事が、あなたのWebライターとしての一歩を踏み出すための参考になれば幸いです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

ママ104の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ママ104の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 才ゼロの購入方法!インフォトップから買う方法を紹介

  • 初心者向け!クラウドソーシングおすすめサイトと成功の秘訣

  • ココナラで稼げるジャンル Webライターの口コミと攻略法

  • ランサーズの口コミ、実際のところは?成功の秘訣も大公開

  • ウェブライティングおすすめ本ランキング4選【現役ライターが解説!】

  • 【これ1冊でOK?】沈黙のWebライティングを読んだ私の口コミ