1. TOP
  2. 食べ物
  3. 機内食まずいと感じる理由と楽しむためのコツ
本ページはプロモーションが含まれています。

機内食まずいと感じる理由と楽しむためのコツ

 2024/01/19 食べ物
この記事は約 13 分で読めます。 154 Views

旅の楽しみの一つである機内食。しかし、多くの旅行者がその品質について「まずい」と感じることがあります。

では、なぜ多くの人が機内食をまずいと感じるのでしょうか?実は、この背後には様々な理由があります。

飛行中の特殊な環境は味覚に影響を及ぼし、普段とは異なる食体験をもたらします。また、航空会社による食事の質の違いも一因です。しかし、機内食を楽しむためのコツがあるのも事実です。

適切な航空会社の選択、機内での食事の工夫、さらには持ち込み可能な代替食品の活用など、少しの準備と知識で、機内食をもっと楽しめますよ。

この記事では、機内食が不味く感じる主な要因とそれを克服するための実践的な方法を詳しく掘り下げます。さらに、美味しいと評判の航空会社の機内食や、飛行体験を豊かにする食文化の背景にも光を当てます。

機内食がまずいと感じる主な要因


ここでは、機内食がまずいと感じる主な理由と、それを改善する方法について詳しく解説します。

機内環境が味覚に与える影響

機内環境は私たちの味覚に意外な影響を与えます。

飛行機内では、気圧が低く、空気が乾燥しているため、味覚が鈍くなりがちです。特に、高度が高くなるほど、味覚への影響は大きくなります。

これは、舌の味蕾(みらい)が通常よりも感じにくくなるためです。また、機内の乾燥した空気は、嗅覚にも影響を及ぼし、食事の風味を低下させます。

さらに、機内の騒音も味覚に影響を与えることが研究によって示されています。騒音が大きいほど、特に甘味や塩味の感じ方が変わることがあります。

コーネル大学の研究によると、機内の騒音が味覚に影響を与えることが確認されています。

この研究では、飛行機のキャビン内のような騒音環境(85デシベルに達することもある)では、甘味が抑制され、うま味が強調されることが明らかにされました。特に、うま味が豊富な食品(例:トマトジュース)が、このような状況でより魅力的に感じられることが指摘されています。

長時間保存と温め直しの影響

機内食がまずいと感じられる一因として、長時間の保存と温め直しがあります。

航空会社は効率と安全性を考慮して、多くの機内食を事前に調理し、冷凍または冷蔵で保存します。飛行中にこれらの食事を再加熱することで、食品の新鮮さや食感が失われることがあります。

再加熱により、特に湿度が高い食品は乾燥しやすく、その結果、食事の味が落ちることがあるのは、仕方がないことかもしれません。

機内食を美味しく感じるためのコツ


ここでは、機内食を惜しく感じるためのコツを具体的に解説し、次のフライトで機内食をより楽しむための方法を提供します。

事前に食事の質を調べる

機内食の質を事前に調べることは、飛行体験を向上させる重要なステップですよ。

航空会社によって提供される機内食の種類、質、そしてメニューは大きく異なります。事前にこれらの情報を把握することで、期待に合った食事を選ぶことが可能になり、機内食の満足度を高められるでしょう。

効果的な事前調査のためのポイントは以下の通りです。

  • 航空会社の公式ウェブサイトや機内誌で提供されるメニュー情報をチェックする。
  • オンラインの旅行フォーラムやレビューサイトを利用して、他の乗客の評価や感想を参考にする。
  • 特定のダイエット要件(ベジタリアン、ハラールなど)に対応しているかを確認する。

機内での水分補給の重要性

機内での水分補給は、飛行中の体調維持と機内食を美味しく感じるために非常に重要です。

機内の低い湿度と気圧は体から水分を奪い、乾燥を引き起こすため、こまめな水分補給が必要になります。適切な水分補給は、口内の乾燥を防ぎ、味覚を正常に保つのに役立ちます。

また、水分不足は疲労感や頭痛の原因となることもあります。水分補給を最適化するためのポイントは以下の通りです。

  • 飛行中は定期的に水やジュースを飲む。
  • カフェインやアルコールは避ける(利尿作用があり、脱水を引き起こす可能性があるため)。
  • 機内で提供される飲料水以外にも、自分で水のボトルを持ち込む。

個人的な味の好みを考慮する

機内食を選ぶ際、自分の味の好みを考慮することは、飛行体験をより楽しむための重要な要素だと言えるでしょう。

個々の味覚は異なるため、一般的に評価が高いメニューでも、個人の好みに必ずしも合うとは限りません。事前にメニューの選択肢を確認し、自分の好みに合ったものを選ぶことが重要です。

特に、特定の食材や調理法に対する好みや嫌悪感がある場合、それを避ければ機内食の満足度を高められますよ。

機内食の好みを事前に調べたいときは、機内食の宅配食がおすすめ。ANAの機内食は、楽天市場でも人気です。

リンク:楽天市場でANAの機内食を見る

美味しいと評判の航空会社の機内食


ここでは、美味しい機内食で知られる航空会社と、それらの機内食の特徴を紹介します。次の旅行でどの航空会社を選ぶべきか、美味しい食事を楽しみたい方にぴったりの情報をお届けします。

高評価を受ける航空会社の特徴

Sランク:エバー
Aランク:JAL、エールフランス、シンガポール、ターキッシュ、スイス
Bランク:ANA、キャセイ、タイ国際
Cランク:フィン、スカンジナビア、ルフトハンザ、オーストリア
引用:Yahoo!知恵袋

機内食が美味しく感じられないのは機内の気圧と乾燥によって味覚が鈍るのが原因と言われています。
従って、濃い味付けのカレーなどは美味しく頂けます。
また、ボーイング787のような最新機材は複合素材の多用によって気圧も湿度も地上に近い環境を実現していますから機内食も美味しく頂けます。
引用:Yahoo!知恵袋

やはりJALです。
マイナーですがスリランカ航空のチキンカレーは絶品でした。
シンガポール航空は他社とそれほど変わりません。
引用:Yahoo!知恵袋

個人的に一番(往路復路とも)美味しいと思うのは「エミレーツ」です
次点で、日本発の「JAL」と「エールフランス」でしょうか
JAL、エールフランスとも海外発の機内食は塩味(食事)/甘味(デザート)が強く、美味しいと感じたことはありません
引用:Yahoo!知恵袋

タイ航空やスリランカ航空のチキンカレーは美味しかったです。
機内は気圧の関係で味覚が劣りますから味の濃い料理でなければ美味しく感じられません。
引用:Yahoo!知恵袋

ソウル線以外で乗ったのは北京、香港、バンコク線でした。
いずれも「エコノミーでこんなに美味しい機内食があるのか・・・」
と感動しました。
引用:Yahoo!知恵袋

おすすめの機内食メニュー

機内食の選び方と代替食品のアイデア


ここでは、機内食の賢い選び方と、機内持ち込み可能な代替食品の提案について探求します。これらの情報を活用して、次のフライトをより楽しむための準備をしましょう。

個別のニーズに合った機内食の選び方

以下に、個別のニーズに合った機内食の選び方の具体的な例をいくつかご紹介します。

アレルギーや制限食がある場合

アレルギーや制限食がある場合は、事前に航空会社に連絡し、対応可能な機内食があるかどうかを確認しましょう。航空会社によっては、アレルギー食やベジタリアン食、ハラルフードなどの制限食を提供しています。

たとえば、卵アレルギーがある場合、卵を含むメニューは避けましょう。また、ベジタリアンの場合は、肉や魚を含むメニューは避けるなどです。

フライト時間が長い場合

フライト時間が長い場合、お腹が空いてしまう可能性があります。また、フライト中に体調を崩すことも考えられるため、軽食やおやつを用意しておくと安心です。

たとえば、長時間のフライトの場合、朝食と昼食の両方が提供される場合もあります。そのため、朝食の前に軽食を用意しておくと、フライト中にお腹が空きすぎてしまうことを防ぐことができます。

早めに食事を済ませたい場合

機内食は提供時間が限られている場合があるため、早めに食事を済ませたい場合は、早めの予約をしておきましょう。

たとえば、早朝のフライトの場合、機内食は午前中に提供される場合があります。そのため、早めに食事を済ませたい場合は、前日の夕食を早めに済ませておきましょう。

このように、個別のニーズに合った機内食を選ぶためには、事前にしっかりと準備することが大切です。アレルギーや制限食がある場合は、航空会社に連絡して対応可能な機内食があるかどうかを確認しましょう。

また、フライト時間やメニューを確認して、自分の好みやニーズに合ったものを選びましょう。

持ち込み可能な代替食品の提案

機内食が不満足な場合、持ち込み可能な代替食品を用意することは、長時間のフライトを快適に過ごすための有効な手段です。

持ち込み食品は、味の好みや特定の食事制限に合わせてカスタマイズできるため、機内食に代わる満足のいく食事となり得ます。しかし、持ち込み可能な食品は航空会社や国際法規によって制限されていることに注意が必要です。

持ち込み可能な代替食品の提案は以下の通りです。

  • 非液体のスナックやバー、ナッツ、ドライフルーツなど。
  • サンドイッチやラップ、サラダなどの軽食。
  • 個包装された食品で、開封後も短時間で消費できるもの。
  • 手作りのおにぎり、炊き込みご飯で味が濃いもの。

機内食の文化的背景と飛行体験

ここでは、機内食が持つ文化的背景と、それがどのようにして飛行体験を豊かにするかを掘り下げます。旅行者として、これらの情報を知ると、次のフライトで新たな発見を楽しめるでしょう。

各国の航空会社の機内食の特色

各国の航空会社は、それぞれの国の文化や食文化を反映した機内食を提供しています。以下に、いくつかの例をご紹介します。

日本航空

日本航空は、和食を重視した機内食を提供しています。たとえば、寿司や天ぷら、蕎麦などのメニューが提供されています。また、季節感を大切にしたメニューも提供されています。

全日本空輸

全日本空輸は、日本航空と同様に、和食を重視した機内食を提供しています。また、洋食や中華料理などのメニューも提供されています。

エールフランス

エールフランスは、フランス料理を重視した機内食を提供しています。たとえば、鴨のローストやフォアグラ、キャビアなどのメニューが提供されています。また、ワインやシャンパンなどのアルコール飲料も豊富に用意されています。

ルフトハンザドイツ航空

ルフトハンザドイツ航空は、ドイツ料理を重視した機内食を提供しています。たとえば、ソーセージやシュニッツェル、ビールなどのメニューが提供されています。

シンガポール航空

シンガポール航空は、多民族国家であるシンガポールの食文化を反映した機内食を提供しています。たとえば、中華料理やインド料理、タイ料理などのメニューが提供されています。また、さまざまな国のワインやシャンパンなどのアルコール飲料も用意されています。

このように、各国の航空会社は、それぞれの国の文化や食文化を反映した機内食を提供することで、乗客に特別な体験を提供しています。

機内食を楽しむための心構え

機内食を楽しむための心構えは、飛行体験の一部としてその価値を最大限に引き出す鍵です。

機内食は単なる食事以上のものであり、旅の思い出や文化的体験の一部となり得ます。このため、開放的で冒険的な心構えで臨むことが重要です。

また、飛行機特有の環境下での食事であることを理解し、現実的な期待を持つことも大切です。機内食を楽しむための心構えとして以下のポイントが挙げられます。

  • 新しい味や食文化に対して好奇心を持ち、積極的に異なるメニューを試す。
  • 機内の特殊な環境が味覚に与える影響を理解し、それに対する柔軟な期待を持つ。
  • 機内食を単なる食事ではなく、その国や文化の一端を体験する機会と捉える。

機内食まずいに関するよくある質問

Q: 機内食の味が良くないと評価される航空会社のランキングはありますか?

A: はい、いくつかの航空関連のウェブサイトやブログでは、ユーザー投稿に基づいた機内食の評価ランキングを提供しています。これらのランキングは、個人の意見や好みに基づくものであり、一般的な評価の指標として参考になります。ただし、機内食の質は日々改善されることが多いため、最新の情報を確認することが重要です。

Q: 機内食が不味いと感じる主な理由は何ですか?

A: 機内食が不味いと感じる主な理由の一つに、飛行機内の低気圧環境があります。この環境は味覚を鈍らせ、通常よりも塩辛いか甘い味付けが必要になることがあります。また、機内食は事前に大量に調理され、再加熱されるため、食材の鮮度や食感が落ちることも影響しています。

Q: 機内食を美味しく感じるためのコツはありますか?

A: 機内食を美味しく感じるためのコツとしては、まず水分補給をこまめに行い、口の中を潤すことが重要です。また、スパイシーな料理や味付けが強い料理を選ぶことで、味覚の鈍化を補うことができます。さらに、自分の好みや健康状態に合わせたメニューを選択することも効果的です。

機内食がまずい理由と対策のまとめ

この記事では、「機内食まずい」という問題に焦点を当て、飛行中の食事体験をより楽しむための様々なアプローチを探求しました。

飛行機の旅は単に移動するだけではなく、機内食を通して異なる文化や味を体験する機会です。次のフライトでは、これらのポイントを活かして、機内での食事時間をより楽しんでいただければ幸いです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

ママ104の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ママ104の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 業務スーパーイタリアンビスケットヘーゼルナッツ食べてみた

  • キャベツの酢漬けの日持ちは何日?おすすめの保存方法

  • スズキ刺身がまずい理由と美味しくするコツ

  • 朝ごはんが食べれない!原因と3つの対策を紹介

  • ポテロングがまずい!美味しくなる食べ方を紹介

  • 世界三大料理は誰が決めた?