1. TOP
  2. 暮らし
  3. 生き方
  4. ワンネスとは?意味をスピリチュアルで解説

ワンネスとは?意味をスピリチュアルで解説

生き方
この記事は約 9 分で読めます。 267 Views
幻想的な風景

おばんでした、mikaです。
今回は、ワンネスの意味を解説していきたいと思います。

スピリチュアルを学ぶと「ワンネス」という言葉がよく出てきますね。
何となく理解している人は多いと思いますけど、混乱してしまう場合もあります。

結論から言うと、「すべては1つだった」ということです。
1つと言われても、嫌な上司や考えが違う人と同じだとは思えませんよね。
いったいどういう意味なのか、詳しく解説していきたいと思います。

ワンネスとは?

ラベンダーと星
ワンネスとは、次のような意味があります。

  • すべての魂は同じ存在から分離したもの
  • 死後は融合してまた1つに戻る

宇宙にある大きなエネルギーから、すべての魂は分離しました。
大きなエネルギーは、「無限の存在」「神」などとも言われたりします。
宗教的な「神」とは違うもので、別名「アカシックレコード」ともいうものです。

「アカシックレコードならわかる」という方も多いかもしれませんね。
私たち魂1つずつが経験した情報は、アカシックレコードに記録されていきます。
この「記録される」現象は、死後に魂がアカシックレコードに戻っていくことを意味します。

アカシックレコードの概念は、シュタイナーやユングも提唱していました。
つまり、私たち魂は、死後はみなワンネスになれるのです。
今現在であわてる必要はなく、概念だけ理解しておけばよく、死後のお楽しみにしておきましょう。

スピリチュアルでのワンネスとは?

木が紅葉している様子
スピリチュアルでのワンネスを理解するためには、無限の存在が何なのか?なぜ私たち魂が分かれてきたのかを知る必要があります。

無限の存在は宇宙でたった1つの存在

私たちのいる宇宙には、たった1つの無限の存在がいます。
「1人」というより、情報が詰まったエネルギーの塊だと思っておきましょう

最近の研究で、「脳と宇宙の行動が似ている」という発表がありました。
天体物理学者フランコ・バッツァ准教授と脳神経外科医アルベルト・フェレッティ准教授の研究チームが、発表したとのことです。

次の画像を比べてみると、確かに似ている部分があります。
左が宇宙の物質分布で、右が小脳の神経体の分布です。
宇宙と脳は似ている
画像出典:https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/11/post-95038.php

研究結果から私が想像したのは、「宇宙は誰かの脳ではないか?」ということです。
私たちの脳内にも宇宙が広がっていて、生き物がいるのかもしれない・・・。
なんというか、メインブラックの世界を連想させますね。

話を戻して、無限の存在に戻りますね。
無限の存在は誰かで、宇宙はその人の脳であることは、証明されたわけではありません。
しかし、「誰かの脳」だと想像すると、理解しやすいと思います。

無限の存在が「何なのか?」は、私たちの想像の域を超えてしまっています。
スピリチュアルで言われていることといったら、

  • 宇宙に、たった1つの存在であること
  • 私たち魂の情報を取り入れている
ことです。

ここからは、スピリチュアル的な妄想だと思って、聞いてみてください。

無限の存在は、この宇宙空間に1つしかないので、学びを深められません。
そして、無限の存在は、愛そのものです。
無条件の愛しかないので善悪がなく、愛と悪を比較できず、学びを深めることができません。

だからこそ、さらに学びを深めるため、分離させてそれぞれ学ばせようとしました。
その分離した存在が、私たち魂一人ひとりです。

私たち魂が分離する仕組み

次に、私たち魂が無限の存在から分離する仕組みを解説していきますね。

まずは、宇宙に、たった1つの無限のエネルギーから、分離させます。
すると大きな塊ができて、これをグループソウルと呼びます。
無限の存在にはすべてのデータが詰まっているのですが、分離するときにデータの一部をメモリーカードのようなものに入れてきます。

無限の存在のデータは膨大なため、すべてのデータは持ち出せないんですね。
メモリーカードのデータは限られているので、一部だけ持ってきます。

グループソウルの情報量も、それなりに多いものです。
地球のように物質社会では、波動を下げる必要があって、波動を下げると持ち出せるデータ量が限られてきます。

だから、グループソウルの中からさらに分離させて、たった1つの魂として地球に誕生してきます。
結果的に、私たち魂は、少しの情報しか持ち出せていません。
「地球に生まれてきた理由を忘れている」のも、無限の存在から持ち出した情報が少ないためです。

情報が少ないと、人生で間違った方向に進む可能性があります。
そのサポート役なのがグループソウルで、1つの魂よりも情報量が多いため、私たち魂を手助けできます。

「ハイヤーセルフから声が聞こえる」というのは、グループソウルが持っている情報を引き出しただけに過ぎません。
インターネット回線のように、私たち魂とグループソウルが繋がっていて、回線を使って情報をダウンロードするのと同じです。

赤ちゃんはワンネスに近い

スポーツしている画像
地球に生まれてきたばかりの赤ちゃんは、グループソウルから情報をダウンロードするのが得意です。
なぜかというと、「しなければならない」という地球の常識がまだないからです。

グループソウルから引き出した情報は、無限の存在の情報の一部にすぎません。
その情報の中に、ナポレオンの情報や、ダヴィンチの情報があるかもしれません。
前世の記憶を持つ子どもは、グループソウルの情報を引き出しているためです。

その子どもの前世というより、詳細に情報をダウンロードしているといえます。

人は大人になるにつれて、自我が芽生えて特定の考えを持ち、社会のルールを学んで常識の影響を受けるようになります。
すると、グループソウルから情報を引き出せることを忘れてしまうのです。

やがて、どんどん大人はワンネスから遠ざかっていきます。
自我による思い込みや、常識を手放すかは、その人次第です。
地球特有の考えを手放せば手放すほど、グループソウルから情報を引き出せるようになり、ワンネスに近づいていけます。

ここで、勘違いしたくないのは、魂の学びを深める修行をするため、ワンネスから遠ざかっているわけではないことです。
この地球には、私たちがワンネスになるのを嫌がる存在がいます。
私たちを支配したい存在がいて、ワンネスを思い出してしまうと、コントロールできなくなるためです。

「ワンネスになりたい」と本人が強く願えば、支配したい存在も、私たちがワンネスを思い出すのを止めることはできません。
昔はワンネスを覚えている人もいたのですが、現代の刷り込みで私たち魂は、ワンネスを忘れている人が多くなっています。

愛に満ちた本来の私たちに戻るのがワンネス

では、ワンネスになるにはどうしたらいいのでしょうか。
無限の存在は「愛」なので、愛に満ちた本来の私たちに戻る意味があります。

地球は、魂の修行の場所ではありません。
無限の存在は、私たち魂が苦しい試練を乗り越えて、魂が成長するのを望んでいるわけではないのです。
なぜかというと、無限の存在にとって善悪の区別がないためです。

ただ、私たちは、愛に戻ろうとすればいいだけです。
愛に戻るとは、私たちに悪影響を与える自我というフィルターを手放して、地球で刷り込まれた悪い思い込みをなくす意味があります。

無限の存在から降り注ぐ光は愛なのですが、私たちの自我というフィルターにかけられると、独自の考えが反映されていきます。
自我はある意味個性にもなるのですが、愛から離れた自我があると、どんどん愛から離れていってしまうのです。

つまり、愛から離れた考えを手放すと、ワンネスに近づけます。

愛から離れた悪い考えは、私たちを支配したい存在が植え付けてきました。

  • 辛い思いをしないと成長できない
  • 我慢して生きなければならない
  • 頑張って成長を目指さないといけない
などの考え方です。

2000年代に入ってからは、ワンネスに近づきたい人が増えてきました。
苦しみを手放して、「ただワクワクすることをすればいいんだ」と気づいた人から次元上昇していき、ワンネスに近づいているようです。

死後はワンネスを思い出す

ワンネスは、慌てなくても誰もが死後に思い出すことです。
地球で生きているうちに思い出せなくても、問題はありません。

死後に現実社会に執着があれば、地縛霊となりますが、いつかは手放せます。
宇宙に行ってからも、時間をかけてゆっくりワンネスを思い出すことは可能です。

ここからは、私の単なる妄想として聞いていただけたら幸いです。

私たちを支配する存在は、「ワンネス」に戻りたくないと考えているのだとか。
ワンネスは、私たち魂が無限の存在に吸収されてしまうためです。
「自分がいなくなっちゃう」と恐れているようで、必要以上に現実社会に執着している存在がいるようです。

だから、魂を蘇らせる儀式が注目されているのだとか。
死んで魂になっても、また蘇ってくるなんて、ちょっと怖いですね。
私自身は、ワンネスで愛そのものとなるのは恐れていません。
無限の存在に吸収されると、すべての魂の情報がわかるので、愛そのものでいられるようですよ。

まとめ

ワンネスとは?を最後にまとめますね。

  • 私たちは無限の存在から分離したもの
  • 無限の存在は学びを深めるため分離させた
  • 自我や悪い刷り込みでワンネスじゃなくなる
  • 愛に満ちた本来の姿に戻るとワンネスになる

ワンネスとは、愛に満ちた本来の私たちの姿に戻ることをいいます。
地球で暮らすうちに、自我が形成されていき、愛から離れた生き方をしてしまいます。
悪い思い込みは、少しずつ手放していけばいいだけです。

地球は、魂の修行の場じゃないです。
分離して情報を忘れていますが、自分が「愛を選びたい」と思えばワンネスになれます。
でも、悪い刷り込みはなかなか手放せなくて厄介ですよね。

私も、少しずつですが、ワンネスを目指していきたいと思います。

この記事は、動画でも見ることができます↓↓↓

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

Middle lifeの注目記事を受け取ろう

幻想的な風景

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Middle lifeの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

mika

この人が書いた記事  記事一覧

  • GESARA/NESARAゲサラ・ネサラとベーシックインカムを歓迎する理由

  • 成功者はなぜ神社に行くのか?だからあなたの願いは叶わない

  • 集合無意識とは?無意識をコントロールされるとヤバい理由

  • 鏡の法則とは?恋愛や人間関係に活かす実践法を紹介します

関連記事

  • 言霊は効果がある?効果がないと感じる人が試したいこと

  • 人生辛いことばかりの方へ!

  • 時間は存在しない?時間の概念をスピリチュアルで解説

  • 鏡の法則とは?恋愛や人間関係に活かす実践法を紹介します

  • 不機嫌な人の対処法とは?スピリチュアルで対策しよう

  • 今を生きるとは?スピリチュアルで解説