1. TOP
  2. 暮らし
  3. 生き方
  4. 徳を積む意味とは?スピリチュアルで徳を積む生き方と方法

徳を積む意味とは?スピリチュアルで徳を積む生き方と方法

生き方
この記事は約 8 分で読めます。 104 Views
徳を積む

こんにちは、mikaです。
今回は、「徳を積む」がテーマです。

私は、スピリチュアルや心理学の本を、月に10冊は読んでいます。
幅広い分野から知識を得ているため、客観的な判断ができるのが特徴です。
多数の本を読むことなく、サクッと理解したい方は参考にしてみてください。

「徳を積む」の詳しい理由を、順番に解説していきますね。

徳を積む意味とは?

徳を積む意味とは?
まずは、「徳を積む」の言葉の意味から理解してみましょう。
パッと言葉を聞いても、難しい言葉に聞こえてしまいますよね。

徳を積む反対語

「徳を積む」の反対語は、宗教的にいえば「業を積む」です。
仏教的に「業」は悪い行いのことをいいます。

普通の言葉でいうと、次のような言葉です。

  • 悪い行いを重ねる
  • 罪を重ねる

「積む」とは、何度も繰り返す意味があります。

徳を積む英語

「徳を積む」を英語で表すと「Accumulate virtue」です。
直訳すると「美徳を蓄積する」という意味があります。

スピリチュアルでの徳を積む生き方とは?

スピリチュアルでの徳を積む生き方とは?
次は、徳を積む意味をスピリチュアル的に解説していきたいと思います。

徳を積むは仏教的な意味がある

もともと「徳を積む」という言葉は、仏教的な考え方です。
良い行いをすれば、後々巡りに巡って自分に良いことが返ってくると考えるわけですね。
もしかしたら、感覚的に理解できている人も多いかもしれません。

一方でスピリチュアル的な考えでは、「徳を積む」と考えません。
なぜなら、宇宙の法則はすごくシンプルで、自分が考えたものがそのまま現実になるためです。

例えば、家族のために料理を作る場合で考えてみましょう。
主婦が毎日家族のために料理を作るのは、次のような理由からですね。

  • 家族に美味しいと言ってほしい
  • 嬉しそうな顔を見たい
  • 自分も美味しいものが食べたい

などです。

理由はどうであれ、よくよく考えると自分の利益ばかりですよね。
でも、本当はそれでいいんです。

家族に美味しいと言って欲しいのは、料理を褒められたいからです。
嬉しそうな顔を見たいのは自分も嬉しくなるためで、最後は単純に自分が美味しいものを食べたい欲求を満たすためです。

スピリチュアルでは、自分が嬉しいことを素直にやるのがいいと考えます。
自分の気持ちに素直だと、地球に生まれてきた目的に沿っていると考えるためです。

バシャールも「変えられるのは自分だけ」、「相手を変えられない」と言っていました。
相手を幸せにしようと考えるのではなく、自分が幸せだから相手にも幸せのおすそ分けをしてあげようという考え方がおすすめです。

「自分を犠牲にしてでも相手に尽くす」と聞くと素晴らしいのですが、よく考えてみると、自分の気持ちに素直になっていないことがわかります。
相手の気持ちの前に、自分の気持ちがあることを忘れたくはないですね。

徳を積むは無意識で実行するもの

徳を積むは無意識で実行するもの
仏教的な「徳を積む」を実践するなら、無意識レベルまで落とし込まないとダメです。
人がまったく見返りを期待しないで、人のために行動するなら、無意識での行動が必要なためです。

たとえば、私の場合無意識に人を助ける機会があります。
私の住んでいる場所は雪国で、冬になると除雪が追い付かなくて、普通の道路でも車が埋まっている姿を見かけるんですね。
そんなとき、私は見返りを求める気持ちがまったくなく、無意識で相手を助けます。

なぜ助けるのかというと、車が埋まったら助けるのが常識としてあるためです。

  • 埋まっている車を助けないと自分が通れない
  • 過去に自分も助けてもらった経験がある

この2点から、無意識に助ける行動に出ます。

助けないと自分が通れないという自分の利益もありますが、過去に自分が助けてもらった経験から、当たり前に他人を助ける気持ちが出てくるのです。

人が「徳を積む」ときは、過去の経験から基づくものが少なくありません。
誰かに助けてもらえる環境が当たり前にある人は、見返りも求めず誰かのための行動をしようとします。

海外の人の話で「日本でお財布を落とすと100%返ってくる」と言われるのも、日本人は自然と助け合いの精神が根付いているからではないでしょうか。
もともと日本人は農耕民族で、人を助けるのは当たり前で、やってもらったらお返しする精神があります。

「徳を積む」は、見返りを求めないものに価値があるのです。
つまり、過去に誰かに助けてもらった経験がない人は、誰かが見ていなくても良い行いをしようとは考えないはずですよね。
「徳を積む」の前に、誰かに助けてもらった経験が必要だと、私は考えています。

私は親にかけてもらった愛情と同じくらい、自分の子どもに無条件で奉仕ができます。
直接子どもから何か恩返ししてもらえなくても、親からもらった愛を子どもに受け渡すだけで十分だと考えますね。

愛はそうやって、無限にループしているのではないでしょうか。
「徳を積もう」と意識するのではなく、周りに助けてもらったことを、また違う人に返すという考えでいいんじゃないかと思います。

日本人は徳が高い

以前紹介した、デヴィッド・R・ホーキンズの書籍で、日本人の波動の高さが紹介されています。
現代人の多くはレベルが200ですが、日本人のレベルは200より高いのだとか。

人の感情によっても、レベルが変わるそうです。
徳を積む場合は、平和や喜びを感じるもので、300~400レベルくらいあるのかもしれません。

日本人は、自分を犠牲にしても周りの人に喜んでもらいたい人は多いですよね。

徳を積む方法

徳を積む方法
最後に、徳を積む方法を紹介したいと思います。
いろいろな方法がありますが、どれを選ぶかは自分の心に従うのがおすすめです。
本当に自分が嬉しい徳の積み方を選んでみてくださいね。

徳を積む仕事をする

人のためになる仕事だったら、どんな仕事でも徳を積めます。

  • 誰かに喜んでもらいたい
  • 買った人が幸せになって欲しい

など、心から消費者のためを思って作られたものもありますよね。

自分の利益より、相手の喜びを優先するとき、徳を積める仕事になります。
現代のように利益優先の社会ではなく、以前の社会では、徳を積む仕事はいっぱいあったと思います。
誰かが喜ぶだから結果的に利益が得られる形が、本来の商売かもしれませんね。

寄付で徳を積む

裕福な人が寄付をするのも、徳を積むためだそうです。
元ZOZOタウンの前澤社長が人にお金を配るのも、徳を積む目的かもしれませんね。

寄付はやってみるとわかるのですが、自分がすごく気持ちいいのです。
自分が嬉しくなり、満足感が高いからこそ、多くの人は寄付をしています。

寄付は、お金がないとできないわけではないです。
コンビニに置いてある募金箱に、小銭を入れるだけでも徳を積むことはできます。

掃除で徳を積む

家族に喜んでもらいたい想いで掃除をすれば、徳を積んだといえます。
女性にスピリチュアル的な人が多いのも、普段の生活から人のために行動できるためです。

掃除をして徳を積むとしても、嫌々やっていたのでは意味がありません。
毎日文句を言いながら掃除をしている人は、徳を積めないため注意したいですね。

家庭で掃除する担当じゃなくても、徳を積む機会はたくさんあります。

  • ホテルを出るとき整える
  • 外に落ちているごみを拾う
  • 公共のトイレをきれいに使う

などの行為です。

海外の人の話で「日本人は部屋をきれいに使ってくれる」と聞いたとき、すごく嬉しい気持ちになったのを覚えています。
自分ひとりの行動でも、海外から見た日本人のランクが上がったような気分になると、純粋に嬉しいですよね。

「徳を積む」はそんな単純な感情からの行動でもいいと思います。

子育てで徳を積む

子育てで徳を積む
子育ては自己犠牲の想いを育てやすいので、徳を積む行為だと思います。

子どもに愛情をかければ、返ってくるものも大きく徳を積みやすいと思います。
愛情が返ってくるだけでなく、子どもから学ぶ面も大きいですしね。
子どもがいなくても、ペットに愛情をかけるだけで、徳を積めるのでおすすめです。

恋愛で徳を積む

恋愛面でも、相手の喜ぶ顔を見たくて行動しやすいですね。
ただし、自分が愛されたい想いが強く、見返りを求めやすいことも多いので注意が必要です。

恋愛面では、自分が「愛されたい」想いばかりを相手にぶつけるとうまくいきません。
「ちょうだい」ばかりだと相手が重荷に感じてしまい、離れていく場合も多いように思います。

スピリチュアル的にいうと、執着するとうまくいきません。
相手に執着するということは、執着しないといけない現実を引き寄せるからです。

まとめ

最後に、徳を積む意味をまとめます。

  • 自分が気持ちいいことをしよう
  • もらった愛を誰かに渡そう

この2点が重要だと思います。

「徳を積む」と聞くと、難しい行為だと考えてしまいますよね。
誰かの役に立って自分も幸せになりたいと考えるなら、素直に自分が気持ちいいことをしましょう。
そして、自分が受けた愛を誰かに渡すつもりでいると、徳を積みやすいと思います。

この記事は、音声読み上げが利用できます↓↓↓

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

Middle lifeの注目記事を受け取ろう

徳を積む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Middle lifeの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

mika

この人が書いた記事  記事一覧

  • ワンネスとは?意味をスピリチュアルで解説

  • 願い事を叶える方法2選!2つの方法を試してみよう

  • 今を生きるとは?スピリチュアルで解説

  • 夢を叶える方法は言語化すること

関連記事

  • 言霊は効果がある?効果がないと感じる人が試したいこと

  • 人生の目的とは?スピリチュアルで目的を見つけよう

  • 生まれてきた理由とは?スピリチュアルで解説

  • 夢を叶える方法は言語化すること

  • 怒っている人の対処方法とは?スピリチュアルから解説

  • 間違えた人生を歩んでいるときの3つのサイン