1. TOP
  2. 子育て
  3. 赤ちゃんタイツはいつから履かせる?おすすめの履かせ方と注意点

赤ちゃんタイツはいつから履かせる?おすすめの履かせ方と注意点

子育て
この記事は約 5 分で読めます。 30 Views

「赤ちゃんにタイツを履かせたい」
「でも、赤ちゃん用タイツはいつから?」

ベビー用タイツの販売は、70cmサイズからのことが多いようです。
赤ちゃんが70cmサイズの大きさになれば、赤ちゃん用タイツを履かせてOK。

しかし、赤ちゃんにタイツを履かせるときは、いくつかの注意点があります。
「サイズが合うから赤ちゃんにタイツを履かせる」のではなく、状況に応じていつからタイツを履かせるか使い分けてみてくださいね!

赤ちゃんタイツはいつから履かせる?


タイツを赤ちゃんに履かせるなら、いつからOKなのでしょうか。
販売されている赤ちゃん用タイツのサイズ展開が参考になります。

70cmサイズが履けるようになったら


楽天市場のベビー用「タイツランキング」では、70cmからの商品が多いようです。
ただし、赤ちゃん用タイツの人気は高くないのか、商品数は多くありませんでした。

たとえば、楽天市場ランキング1位の商品を見てみると、フリーサイズの販売です。
70cm~90cmのフリーサイズで、70cmサイズの赤ちゃんから対応できるようです。

ちなみに70cmサイズは、生後6か月~1歳くらいまで。

  • ハイハイができる
  • つかまり立ちができる

ベビー服の70cmが着られるようになると、赤ちゃんはよく動きます。
そのため、ベビー服の70cmはハイハイやつかまり立ちの邪魔にならず、ママがオムツ交換しやすい工夫がされているものが多いよう。

ワンピースを着れるようになってから

赤ちゃんにいつからタイツを履かせるか迷ったら、服装で選ぶのがおすすめ。
ワンピースを着られる年齢になったら、タイツを履かせても脱ぎ着がしやすくおすすめ。
また、お出かけ用のドレスに、赤ちゃん用タイツを合わせるママも多いようです。

赤ちゃんタイツの履かせ方と注意点


生後6か月以降になったら、赤ちゃん用タイツを履かせることができます。
しかし、どんなシーンで赤ちゃんにタイツを履かせたらいいのかは気になりますよね。
事前に履かせ方や注意点を確認しておくと、トラブルを防げるためおすすめです。

赤ちゃんがきつそうにしているなら注意

赤ちゃん用のタイツは大人用タイツと比べて、収縮性が高いものが多くなっています。
しかし、ピッタリサイズのタイツだと、赤ちゃんによってはお腹や足首がきつくなるかも。

サイズのきついタイツを赤ちゃんに履かせると

  • ウエストや足首にあとが付く
  • 赤ちゃんがお腹を苦しそうにする

きついタイツを履かせて焼き豚みたいなあとが付いたら、かわいそうですよね!

サイズが合っていないなら、

  • ウエストのゴムを入れ替える
  • 足首のゴムを2~3か所切る

これらの対応で赤ちゃんが苦しくなくなります。

外出時だけタイツを履かせる

赤ちゃん用タイツを履かせるなら、外出時の限られた時間だけがおすすめ。
体温調節は手のひらや足の裏でするといわれるため、室内では裸足がいいですね!

お出かけのときだけタイツを履かせるなら、それほど気にしなくてOKです。
1時間くらいのお出かけだと脱ぎ着が面倒ですが、1日お出かけするときは赤ちゃん用タイツを履かせるといいかもしれません。

室内なら温度調節ができますが、外出先はそうはいきませんよね。
「赤ちゃんが寒いかな?」と感じる日のお出かけは、赤ちゃんタイツがあると安心です。

また、外出のときにタイツを履かせると、赤ちゃんが自分で引っ張っても脱げません。
靴下だと赤ちゃんが自分で脱いでしまうので、タイツのほうがいいですね。

というか、赤ちゃんは自分で靴下を脱ぐのが楽しくなっちゃう。
履かせてもまたすぐに脱いでしまうなら、タイツのほうがママは安心ですよ。

肌着の上にタイツを着せる

よくある疑問では、「赤ちゃん用タイツは肌に直接履かせるか?」でしょう。
オーガニックコットンで肌触りのよいタイツもありますが、タイツの縫い目が赤ちゃんの肌に当たって刺激になるので、肌着の上にタイツを履かせたいですね!

順番としては、オムツ→肌着→タイツ→ロンパース。
肌に直接触れるところは、肌触りがいい肌着がいいですね。

赤ちゃんが汗をかいているならタイツを履かせない

タイツを履かせて赤ちゃんが汗をかいているようなら、脱がせるのがおすすめ。
たくさん動き回る年齢になると、厚着をすると暑い場合があります。

また、外出先の室内で気温が高いようなら、タイツを脱がせるといいですね!
赤ちゃんが顔を赤くしている、頭に汗をかいている場合は、赤ちゃんは暑がっています。

室内ではタイツは滑りやすいので裸足がいい

赤ちゃんにタイツを履かせるなら、室内は避けたほうがいいですね。
室内の床はフローリングなど滑りやすいものが多いので、赤ちゃんにタイツを履かせると滑って転ぶかもしれません。

室内で赤ちゃんの衣類の温度調節するなら、レギンスに靴下がおすすめ。
靴下だけ脱げるようにしておけば、状況に合わせて調節しやすいですね。

寒い日にタイツを履かせるとおすすめ

外出時にタイツを履かせるなら、寒い日を選びたいですね。
赤ちゃんは「足の裏で体温調節している」からといって、雪が降るような日でも赤ちゃんの足に何も履かせず真っ赤になっているのはかわいそう。

寒い日に、足が丸出しになるのは、さすがにやりすぎ。
抱っこ紐で赤ちゃんを連れていくなら、足が覆われていないのでタイツがいいですね。

外出時にタイツを履かせるか迷ったら、大人が普通に寒ければタイツがおすすめ。
赤ちゃんも寒い日は体が冷えてしまうので、足の保温のためタイツがあると安心です。

赤ちゃんタイツはいつから履かせるか迷ったら6か月以降がおすすめ


タイツをいつから履かせるか迷ったら

  • 外出時に履かせる
  • 生後6か月以降がおすすめ

室内でタイツを履かせると滑りやすいので、レギンス+靴下がいいですね。
赤ちゃんを抱っこして外に連れていくなら、脱げにくく保温性のあるタイツを選ぶといいと思います。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

ママ104の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ママ104の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

mika

この人が書いた記事  記事一覧

  • ぬか漬けに入れてはいけないもの5選!ぬか床管理の注意点

  • 休日に寝て終るのがNGの理由!おすすめの対策6選

  • ベビーインカーがむかつく理由3選!ママにおすすめの対策

  • 入学祝いのお返しは祖父母にする?相場やおすすめ品2選

関連記事

  • 保育園の服はどこで買う?安くておすすめのお店7選

  • ベルマークを集めたらどうなる?

  • バランスボールを勉強の椅子代わりに!

  • 息子の部屋が臭い理由とは?母ができるおすすめ対処法

  • 通知表の家庭からのコメントは何て書く?保護者欄の書き方

  • 授乳クッションの代用9選!先輩ママが代わりに使っていたもの