主婦が稼ぐ

働かない夫、働かせるには?

働かない夫にはどうやって働かせることができるのでしょうか?働かない夫の心理と、妻ができる対策をお伝えします。夫が働かないと生活費や教育費も足りなくなってしまいますから、対策方法を調べてみましょう。
主婦が稼ぐ

アフィリエイトの経費の割合は何%?

アフィリエイトの経費率について解説しています。アフィリエイトの経費率は何%までなら、税務署に目を付けられないか気になりますよね。アフィリエイトの収入が増えてきた方は、経費が増え過ぎないようチェックしておきましょう。
主婦が稼ぐ

50代主婦が起業するなんて無理だよね?と決めつけないで欲しい

「50代主婦で起業を目指す人が、何から始めたらよいのか解説しています。50代主婦で起業をしたいと思っても、失敗が怖くてなかなか前に進めない方もいるでしょう。そのような方は50代主婦がどんな起業の準備から取り組むべきかチェックしておきましょう。」
主婦が稼ぐ

【保育園問題】主婦が起業するのがいい7つの理由!

保育園問題を抱えているなら、主婦の起業がおススメです。ネット起業ならリスクがなく、保育園の審査も通りやすくなります。求職中で保育園の審査に通りにくい方は、思い切って主婦起業にチャレンジしてみましょう。
役に立つ雑学

イヤホンだけで目覚ましをかける対策を紹介!電車内や赤ちゃんがいる家庭におススメ

イヤホンだけ聞こえる目覚ましを知りたい方は、紹介するアプリやスマホ本体の設定を試してみてください。iPhoneのデフォルトではイヤホンと本体両方から、目覚ましが聞こえるようになっているため注意が必要です。赤ちゃんがいる家庭でもイヤホンだけ聞こえる目覚ましを活用してみましょう。
食べ物

缶コーヒーを温める方法3選!

缶コーヒーを自宅で温める方法を3種類解説しています。缶コーヒーを温めたいときは、かならず安全な方法でやりましょう。寒い時期にホットコーヒーを飲みたくなったら、缶コーヒーを温めてみませんか?
役に立つ雑学

臭くならないスリッパ5選

スリッパが臭い。そう感じる方はスリッパの素材に注目してみましょう。スリッパが臭いのは雑菌が繁殖しているからで、雑菌が繁殖しにくい素材に変えるのがポイントです。スリッパが臭い原因をスリッパの素材で解消してみましょう。
冠婚葬祭マナー

新聞のおくやみ欄に掲載する8つのルールとは?

新聞のおくやみ欄掲載には、8つのルールがあります。身内の方が亡くなりこれから新聞のおくやみ欄に掲載予定の方や、知り合いが亡くなったことを新聞のおくやみ欄から知った方も役立つ情報です。新聞のおくやみ欄のルールをチェックしたい方は、読み進めてみてください。
北海道

かまくらの作り方【画像付き解説】山を作ってから掘り出してみよう

かまくらの作り方を、画像付きで解説しているページです。雪山を作ってから、入り口からスコップで掘り出す方法を解説しています。人が入れる大きなかまくらを作ってみたい方は参考にしてみてください。かまくら作りの注意点も紹介しています。
食べ物

「牛乳が苦い」と感じたら、傷んでいる可能性があります

牛乳が苦いと思ったら、傷んでいると思いましょう。牛乳に書かれている賞味期限は、未開封のときのみに限定されています。開封後はすぐに傷んできますから、苦い味に変わってきたら捨てましょう。牛乳は苦い以外にも傷んでいるときに変化が現れます。
食べ物

世界三大料理は誰が決めた?

世界三大料理は、フランス料理、中国料理、トルコ料理だといわれています。なぜこの3国が世界三大料理だといわれているのか気になる方もいるでしょう。とくにトルコ料理は日本人になじみが深くなく知らない方もいます。世界三大料理の特徴を紹介しましょう。
食べ物

賞味期限切れの牛乳はホットケーキに使っていい?

牛乳の賞味期限切れはいつなのか解説しています。牛乳の賞味期限が切れてしまったときの使い道もあわせて紹介しているページです。何日まで飲めるのか、何日で雑菌が繁殖しているのか、明確なデータをもとに解説しています。
食べ物

牛乳を水筒に入れてはダメな6つの理由!持ち歩くときの対処方法について

牛乳を水筒に持って行くことは、水筒メーカーも推奨していません。あえて牛乳を水筒に入れて持って行きたいなら、いくつかの注意点があります。水筒の保冷機能にも左右されてしまうため、保冷機能が高い水筒もあわせて紹介します。
食べ物

低脂肪乳や低脂肪牛乳はなぜ安い?

牛乳の値段の違いを、低脂肪乳と低脂肪牛乳それぞれで説明しています。牛乳の種類によっても値段が違っているって知っていましたか?加工方法によっても値段が変わってくるのです。合わせて牛乳の原価と、販売価格が妥当なのかも紹介します。
住まいの使い方

セントラルヒーティングの費用は?10年間オール電化で住んでみた結果

セントラルヒーティングは費用が高いと感じている人もいるでしょう。そのとおりで1か月2~6万円の電気代がかかることもあるのです。だからこそセントラルヒーティングの費用を節約する対策が必要になります。費用が高いと感じる人の対策を紹介しましょう。