1. TOP
  2. 暮らし
  3. 生き方
  4. 怒っている人の対処方法とは?スピリチュアルから解説

怒っている人の対処方法とは?スピリチュアルから解説

生き方
この記事は約 6 分で読めます。 17 Views
怒っている人

こんにちは、mikaです。

今回は、人が怒っている人の対処法とは?のテーマでお伝えしていきます。
対処法は、怒っている人の心理を理解するといいですよ。

紹介している内容は、次のとおりです。

  • 人が怒るのは理由がある
  • 怒っている人に近づかない
  • 自分の内面にも目を向けよう

この3点の内容をお伝えしていきます。

人が怒る心理とは?

人が怒る心理とは?
まずは、人が怒る心理を理解してみましょう。
40代女性の場合、周りに次のように怒っていて困ることがありますよね。

  • 更年期なのかイライラする同僚
  • ママ友がいつも怒っている
  • 夫がいつも怒っている

「ホルモンのせい」で片づければ終わりですが、それだけが原因じゃないみたいです。
具体的に、人はどんな理由で怒るのか知っておきたいですね。

幼少期の間違った対応から

アドラー心理学では、幼少期の環境で人の生き方が決まるとされています。

たとえば、すぐ怒る人の場合、親の態度の結果かもしれません。
子ども同士だとすぐにケンカになるのは仕方がありませんね。
でも、子どもがケンカするたびに親が駆けつけていると、すぐに怒る人になってしまいます。

子どもは「ケンカをすれば親に注目される」と勘違いしてしまうんですね。
幼少期にできた考えは、そうそう簡単に変えられません。
子どもの頃は「親に注目されたい」思いでしたが、大人の場合は「周りに注目されたい」気持ちから怒るようになります。

自分を守る心理から

自分を守る心理から
また、幼少期で甘やかされた人も、怒りやすい人です。
親にわがままを言って認められても、大人になると周りから認められないんですね。
すると、「周りはみんな敵だ」と思ってしまいます。

被害者意識が強い人は、幼少期甘やかされた人です。
周りが全部敵だと考えるので、暴力・暴言など怒りとなって表れます。

劣等感の現れ

同じく、アドラー心理学では、怒りは劣等感の表れだとしています。

劣等感は、「自分はダメなんだ」「周りより劣っている」と感じることです。
普通なら、劣等感があるから頑張ろうとして、人は成長できるんですね。

でも、劣等感と向き合えない人は、ゆがんだ感情になりやすいのです。
「自分はダメな人間だ」と思いながらも、克服できない焦りがあります。
それでも劣等感が克服できないと、他人のせいにして、逆ギレ状態になるんですね。

怒っている人は、周りの人に怒っているのではなく、自分に対し怒っています。

さらに劣等感を克服できない感情は、「自分が優れた人間だ」と思う人もいます。
例えば、会社で認められない夫が、家に帰ると弱い妻や子どもに当たるなどですね。
支配しようとする人や、暴力をふるう人は、劣等感があります。

エネルギーバンパイヤの可能性

怒っている人をスピリチュアル的に見ると、単なるエネルギーバンパイヤかもしれません。

エネルギーバンパイヤとは、人からエネルギーを吸い取る人のことです。
なぜエネルギーを吸い取るのかというと、自分にエネルギーがないから。

例えば、弱いものイジメをしてスッキリした経験はありませんか?
むしゃくしゃしたときに、飼っているペットにちょっとイタズラしたら気持ちがスーッとなりますよね。
子どものとき、弟や妹に当たってスッキリした経験がある方も多いと思います。

誰でも、一度や二度くらいは、弱いものからエネルギーを吸い取った経験があるはずです。
エネルギーを吸い取ってスッとした経験が癖になると、怒る人になります。
意味があって怒っているのではなく、スッキリしたいだけです。

アドラー心理学の劣等感で、弱いものに当たる理由と同じです。
人によっては、人に当たると気持ちが軽くなるのが癖になり、エネルギーバンパイヤになります。

怒っている人の対処法をスピリチュアルで解決

怒っている人の対処法をスピリチュアルで解決
では、怒っている人がいたらどう対処すればいいか解説していきますね。

勇気づけが有効

アドラー心理学での解決法なら、勇気づけがいいです。
親のせいで間違った思考になっても、それ自体を責めても意味がないと考えます。
相手の問題を責めるより、勇気づけするといいとされています。

例えば、暴力をふるう相手を責めても、変わりませんよね。
責めれば責めるほど相手の怒りが大きくなって、ますます暴力がひどくなると思います。
でも、未来に目を向けると、人は変われるのです。

例えば、暴力をふるう夫には、「いつも仕事頑張っているね」と言ってあげます。
今の相手の現状を認める言葉をかけてあげだけで、暴力がなおる男性は多いですよ。

更年期でイライラしている同僚には、「いつも肌が綺麗だね」などと褒めます。
身体や心が変化してどうしようもできない気持ちがあるはずなので、年齢を感じさせない彼女の魅力を伝えてあげてくださいね。

ママ友がいつも怒っている場合は、「いい子だね」など彼女の子育てを褒めてみては?
子育て中の主婦の多くは、夫や世間に家事や育児をいくら頑張っても認めてもらえない葛藤があるものです。

怒っている人に近づかない離れる

スピリチュアル的に考えると、怒っている人に近づかない対処法もあります。
相手がエネルギーバンパイヤの場合、有効な対処法ですよ。

一緒にいるだけで疲れてしまい、エネルギーが吸い取られる感じがある人っていますね。
相手は、エネルギーバンパイヤの可能性があります。

怒る目的がエネルギーを吸い取ることなら、相手に近づかないのが一番。
でも、相手から離れられない場合もありますね。
会社の上司や同僚だと、避けるのではなく、必要最低限にとどめるのがいいです。

怒っている人は自分の写し鏡

怒っている人は自分の写し鏡
スピリチュアル的にいうと、怒っている相手は自分の状態だともいいます。
相手は自分の写し鏡だからです。

今の自分がどんな状況なのか知りたかったら、周りを見るといいです。
周りに怒っている人が多いなら、自分も誰かに怒っている可能性があります。

なぜ、写し鏡なのかというと、同じ波動を引き寄せるからなんですね。
怒っている人は波動が低いわけで、自分も波動が下がっていると判断できます。

相手を避けられない状態で、相手が気にならないなら大丈夫です。
気にならないのは、自分の波動と相手の波動が違うから。
高い場所から下を見ることはできても、下から天を見るのは難しいですよね。

自分の波動が高いなら、相手がどんなに怒っていても気にならないはずです。
「ふーん怒っているんだ、大変だね」くらに思えていたら、相手が怒っていても影響は受けていません。

まとめ

最後に、怒っている人の対処法をまとめますね。

  • 劣等感がある人には勇気づけを
  • エネルギーバンパイヤに近づかない
  • 自分の波動が高ければ相手は気にならない

この3点を覚えておいてくださいね。

相手から離れられるなら、関わらないようにしましょう。
離れられない相手なら、自分の波動を上げればいいのです。

この記事は、音声読み上げが利用できます↓↓↓

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

Middle lifeの注目記事を受け取ろう

怒っている人

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Middle lifeの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

mika

この人が書いた記事  記事一覧

  • 守護霊からのスピリチュアルメッセージの受け取り方

  • 不機嫌な人の対処法とは?スピリチュアルで対策しよう

  • 人生の目的とは?スピリチュアルで目的を見つけよう

  • 徳を積む意味とは?スピリチュアルで徳を積む生き方と方法

関連記事

  • 徳を積む意味とは?スピリチュアルで徳を積む生き方と方法

  • 人生辛いことばかりの方へ!

  • 不機嫌な人の対処法とは?スピリチュアルで対策しよう

  • 波動とは何ですか?物理やスピリチュアルでわかりやすく解説

  • 守護霊からのスピリチュアルメッセージの受け取り方

  • 日本人の幸福度ランキングが低い理由とは?スピリチュアルから解説