1. TOP
  2. 暮らし
  3. 生き方
  4. 間違えた人生を歩んでいるときの3つのサイン

間違えた人生を歩んでいるときの3つのサイン

生き方
この記事は約 7 分で読めます。 60 Views

おばんでした、mikaです。
今回は、間違えた人生を歩んでいるときのサインを紹介します。

楽しく生きたい、目的に沿って生きたいと考える方は、サインに注意してみましょう。
サインの種類を知っておくと、あなたの人生の軌道修正がしやすくなります。

では、具体的にどういったことなのか紹介しますね。

間違った生き方とは?

間違った生き方とは?
サインを紹介する前に、まずは間違った生き方を理解しましょう。

正しい生き方とは、自分の本当の気持ちに従って生きることです。
逆に間違った生き方とは、自分の本当の考えとは逆の生き方を選ぶことです。

宇宙の法則では、思考が現実になります。
ところが、私たちは世の中の常識に左右されていて、「しなければならない」という思い込みから、本当の自分の気持ちに従った生き方ができていない人が多くいます。

私たちの感情は、人生が正しいのか、間違っているかの物差しだといえます。

  • 嫌な感じがする→間違った人生
  • 毎日楽しい→正しい人生

このように、人生を正しく生きているのか、シンプルに考えてみましょう。

間違えた人生を歩んでいるときの3つのサイン

間違えた人生を歩んでいるときの3つのサイン
それでは、間違った人生を歩んでいるときの3つのサインを紹介しますね。

1・嫌な気持ちになる

「人生がうまくいっていない」「嫌なことばかり起こる」、そんなふうに感じるときは、たいてい自分が欲しくないものばかり考えています。

例えば、冬になると風邪がはやるため、「風邪をひきたくない」と考える場合があります。
本当の願いは「元気でいられる」ことなのに、あなたの思考は「風邪をひく」ことにフォーカスしてしまっているのです。

または、ダイエットしているなら「痩せて綺麗になりたい」願望があるはずです。
でも、あなたの思考は「これを食べたら太りそう」と思っていることがあります。
本当の希望を叶えるなら「痩せる自分」にフォーカスすべきなのに、太ることばかり思考してしまい、間違った人生を送ってしまうのです。

ようは、嫌な気持ちになっているときは、思考がマイナスの考えばかりになっています。
「思考は現実になる」のは宇宙の法則で決まっているので、起きて欲しくないことに考えを集中させるのではなく、成功して喜ぶ自分を考えるべきですよね。

2・事故にあう

事故にあうときも、同様に思考がマイナスになっています。

例えば、私の例で紹介しますね。
私は18歳から車を運転していますが、事故を起こす思考はまったくありません。
実際に20年以上車を運転し続けてきて、単独事故を起こしたのは1回だけです。

その1回も、不運により頭がパニックになって、峠の雪道で事故を起こしたものでした。
そのときも事故を起こすとは思っていませんでしたが、別の不運で頭がいっぱいで、運転に集中するどころじゃなかったのだと思います。

事故にあうときは、たいてい事故にあう考えがあるものです。

  • たまたま交通事故のニュースを見た
  • 自分の事故にあうのではないかと思う
  • 事故にあった後のことも想像してしまう

事故にあう恐怖で頭がいっぱいになっていれば、「思考は現実になる」わけですから、事故にあうのは当然なのですね。

3・体調が悪くなる

では、体調が悪くなるもマイナス思考が原因なのでしょうか?
そのとおりで、病気になるという思考がつくりだしています。

ニュースで「日本では2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡する」という情報を聞いたとき、「ああ、私もがんになるんだ」という思考になっていないでしょうか。

本当に健康になりたかったら、まだなってもいない病気の情報を手に入れるのではなく、自分が健康でいられる情報のみを取り入れるべきなのです。

間違えた人生でも軌道修正すればいい

間違えた人生でも軌道修正すればいい

  • 嫌なことばかり起こる
  • 事故にあって辛い目にあう
  • 病気になってしまう

どれも、自分のマイナスの思考がつくりだしたものです。

でも、悪い現実が起きたときこそ、見直すチャンスなのです。
悪いことばかり起きるときは、自分の口癖を細かくチェックしてみましょう。

  • 太っている自分を嫌だと思っている
  • 貧乏は嫌だからお金持ちになりたい
  • 病気にはなりたくないと思っている

このようなマイナスの思考はないでしょうか。

あなたが1日中考えていることが現実になるのだから、マイナス思考ばかりなら、そのとおりの人生になるだけです。

自分の間違った思考に気づけば、人生を変えられるチャンスだといえます。

太っている自分を変える

太っている自分を変えたいなら、痩せる食事や運動にフォーカスすべきです。
今の自分をいくら嘆いたところで、綺麗に痩せることはできませんね。

代わりに、太りにくい食事に注目してみましょう。
自分が続けられる楽しい運動法を見つけるのもおすすめです。

貧乏の自分を変える

「貧乏は嫌だな」と思っている自分がいるなら、お金がなくても豊かになれる生き方や、お金を得る方法にフォーカスすればいいのです。

病気になりたくない自分を変える

「病気になりたくない」と思っているなら、水や野菜など食材を見直しましょう。
健康になりたいと思っている人に限って、ジャンクフードばかりで、食に興味がなかったりします。

人生が間違っているときにやってはいけないこと

人生が間違っているときにやってはいけないこと
では、よくある間違いを紹介しますね。

  • 神様、お金をください
  • 神様、病気を治してください
  • 神様、恋人ができますように

など、自分ではなく他人に願ってしまう行為です。

神様に「お金をください」と願う行為は、あなたに現在お金がない意味を示します。
「病気を治してください」は、現在病気だと言っているのと同じですよね。
「恋人ができますように」は、恋人が今いないと言っているのです。

誰かにお願いする行為は、自分に何か不足していると言う行為と同じです。
宇宙の法則では願えば叶うのに、自分にその力がないと言っていることと同じになってしまうのです。

だから、私は神社でお願い事をしません。
願いを叶えたかったら、自分で願いを叶える思考になればいいことを理解しているためです。

まとめ

間違った人生に向かっているときのサインをまとめますね。

  • 間違った人生は嫌なことが起こる
  • 嫌なことが多い場合は思考を見直すとき
  • 自分が求めることだけ考えよう

間違った人生を送っているときは、嫌なことばかり起きます。
そりゃそうです、欲しくないことばかり考えているのですから。

嫌なことばかり起きているときは、思考がマイナスになっているか見直しましょう。
人生をうまくいかせたいなら、要らないものに思考を集中させるのではなく、欲しいものにフォーカスしましょうね。

私たちは日常生活で、思っているよりマイナス思考です。
私の場合「太りたくないな」とずっと思っていて、自分が嫌いで痩せることばかり考えていました。
ある日、太っている自分よりも、「変わりたい」という想いが強くなったとき、自然と体を動かすようになっていました。

それまでは無理なダイエットばかりでリバウンドを繰り返していたのに、プラス思考になったとたん、一生続けられる軽い運動に切り替える思考になったのです。

自分がマイナス思考であることは、意外と気づいていない人が多いようです。
間違った人生を歩んでいるときのサインを見つけたら、自分の思考はマイナスではないか考えてみてくださいね。

この記事は、音声読み上げが利用できます↓↓↓

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

Middle lifeの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Middle lifeの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

mika

この人が書いた記事  記事一覧

  • ワンネスとは?意味をスピリチュアルで解説

  • 願い事を叶える方法2選!2つの方法を試してみよう

  • 今を生きるとは?スピリチュアルで解説

  • 夢を叶える方法は言語化すること

関連記事

  • 不機嫌な人の対処法とは?スピリチュアルで対策しよう

  • 徳を積む意味とは?スピリチュアルで徳を積む生き方と方法

  • 今を生きるとは?スピリチュアルで解説

  • 日本人の幸福度ランキングが低い理由とは?スピリチュアルから解説

  • ゾロ目のエンジェルナンバーをよく見るときとは?

  • スピリチュアル的なお金の概念とは?根本的な考えを変えよう