1. TOP
  2. 暮らし
  3. 生き方
  4. 自分を許すとは?スピリチュアルから許す方法

自分を許すとは?スピリチュアルから許す方法

生き方
この記事は約 7 分で読めます。 27 Views
自分を許す

こんにちは、mikaです。

今回は、自分を許すのが重要な話をしたいと思います。
紹介している内容は、次のとおりです。

  • 自分を許す意味がわかる
  • 自分を許す方法がわかる
  • 自分を許す事例がわかる

この3点をお伝えしていきます。

自分を許せない人は多いですよね。
真面目なのはいいことですが、自分を許せないのはデメリットしかありません。

逆に、自分を許すことができると、問題の多くは解決しますよ。
なぜ自分を許すのが大切なのか、心理学とスピリチュアル面から解説していきますね。

自分を許すのが重要な理由とは?

自分を許すのが重要な理由とは?
自分を許す大切さを理解したいなら、論理的に理解してみましょう。

スピリチュアルだとハートで伝えることが多いと思うんですよ。
その領域に達している人ならハートでも理解できるかもしれません。
でも、多くの方は意味がわからないので、心理学でどういった意味なのか紹介しますね。

心理学でも効果が証明されている

アドラー心理学
私が自分を許すのを理解したのは、アドラー心理学からでした。
アドラーは名前くらい聞いたことがある方も多いですよね。

世の中に多数ある心理学の中でも、アドラー心理学はプラス思考なんです。
過去のネガティブな面に注目しないで、明るい未来にフォーカスします。
例えば「太って嫌な思いをしたから痩せる」ではなく、「痩せて可愛くなる」に注目することなどですね。

そして、アドラーは「人生に起きていることは自分が選択した」と考えます。
たとえネガティブな事実があっても、その人の考え方ひとつで世界が真逆になるからです。

さらにアドラーは、劣等感から人は成長すると考えました。
痩せなくても本人が「いいや」と思えば解決します。
ところが劣等感を克服しようとするのは、劣等感がその人を苦しめてしまうわけです。

人生が苦しくなるか、楽しくなるかは、その人の考え方が関係しているわけですね。
だからこそ「しなければならない」思い込みを少しずつ解消していく必要があると考えたのです。

幸せになりたいなら、自分の悪い思考を少しずつ変えていくのがいいですね。
思考を変えるといっても、過去の自分を悪く思うのはおすすめできません。
明るい未来に向けてプラス思考にしていくのが、アドラー心理学の考え方です。

潜在意識から変わることができる

アドラー心理学では、「これから何をしたいか?」を大切にしています。
毎日の行動は目的があるはずなのです。

ところが、目的自体をわかっていない場合が多くあります。
自分がどうなりたいのかわからず、行動してしまうんですね。
すると、本当の目的とは違う行動になってしまい、目的とは違う結果を生み出します。

自分を許せない、本当の目的は何なのでしょうか?
例えば痩せる例でいうと

「痩せて綺麗になりたい」
「痩せて自分に自信をもちたい」
など、プラスの目的があるはずです。

なのに、自分を許せないと、「痩せない自分はダメな人間」と思ってしまいます。
本当の目的は、自分をダメだと評価することではないですよね。
ダメな自分ばかりに目を向けても、潜在意識がダメな自分になる方法を選んでしまうのです。

結果的に、痩せない自分になる行動を、潜在意識が選んでしまいます。
自分を許せば、ダメな自分に目を向けなくて済みますね。

自分を許す方法

自分を許す方法
自分を許す意味がわかったら、次はやり方の確認です。
スピリチュアル観点から、自分を許すのは次のやり方です。

心を空にする

スピリチュアルでは、心をフラットにするといいと考えるようです。
世の中の成功者の多くが瞑想をするのも、心を空にする目的があるためです。

たいてい人生がうまくいかないときは、悪い思考になっています。
私も前までは、次のような考え方をしていました。

  • 真面目な自分がいい
  • 頑張らないといけない

完璧を目指せば目指すほど、人生はうまくいかない感じがします。
それよりも、悪い良いもないフラットな状態にしたほうが、うまく回りだす感じがありますね。

悪い思考になってしまう方は、意識的に心を空にする時間をつくってみてください。

過去の出来事を手放す

アドラーの心理学でもそうですけど、過去にこだわってプラスはないんですね。
逆に自分の首を絞めて、生きづらくしているだけです。

過去は過去で、もう変えられません。
変えられないものにフォーカスする意味はないんですね。
それよりも、明るい未来に視点を変えたほうがいじゃないですか。

痩せられない自分が過去にいても、「別にいいじゃないか」と考えればそれで終わりです。
過去に自分がどんなであっても、そんな自分でも許してあげましょう。

例えば痩せられない自分の過去を許すと、気持ちが前向きになり、楽しく痩せる思考に変わっていく自分がいることに気が付くのです。

自分を許す言葉を使う

自分を許せないのかわからないなら、他人をどう思っているか考えてみてください。
周りにどうしても許せない人がいるなら、自分も許せていないはずです。

他人を許せないのは、すごく真面目な性格だからですね。
人に厳しい人は、その前に自分にも厳しいはずで、自分を許せていません。
他人を許す前に自分を許すと、結果的にどちらも許すことになります。

許す言葉とは、「自分を許します」と言うだけです。
すると、「しなければいけない」と思っていた思考を手放せて、気が楽になります。

  • 真面目に働かないといけない
  • みんなに好かれる自分でないといけない
  • ミスはしてはいけない
などですね。

「しなければならない」考えは自分が思い込んでいただけなのです。
別にそうでなければならない理由もないわけで、許すと決めるだけで少しずつ手放すことができます。

自分を許すためにおすすめの本

自分を許すためにおすすめの本
自分を許すやり方がわかりにくい方は、本を参考にしてみてくださいね。
私が参考になった、1冊の本を紹介したいと思います。

その本は「ホ・オポノポノ ライフ」です。
まだ最初の部分しか読んでいませんが、私なりの解釈を紹介します。

ホ・オポノポノとは、ハワイに伝わる生き方です。
人には3つの自己と神聖なる存在があると考えます。

  • 表面意識(ウハネ)
  • 潜在意識(ウニヒピリ)
  • 超意識(アウマクア)
  • 神聖なる存在(宇宙)

スピリチュアルでいうと、超意識がハイヤーセルフ、神聖なる存在が無限の存在です。
そして、ホ・オポノポノでは、潜在意識の中には膨大な記憶が詰まっていると考えます。
記憶は、毎日の生活で私たちに影響を及ぼすので、クリーニングが必要です。

膨大な記憶は、この世が生まれた無機物や有機物すべての記憶です。
前世も含めて膨大な記憶で、人生の問題の原因だと考えます。
そして、問題の情報を消去することを、クリーニングといいます。

人は、日々の生活で潜在意識の膨大な情報がダウンロードされていて、問題に気付いたときクリーニングが必要だと考えるようです。

クリーニングは「ありがとう」などの言葉を使います。
または、「ブルーソーラーウォーター」を飲む方法などです。

まさに、ホ・オポノポノは、潜在意識の浄化ですね。
自分を許せない状況があるなら、試してみてもいいのではないでしょうか。

まとめ

最後に、自分を許す内容をまとめたいと思います。

  • 過去の自分を手放そう
  • 問題の多くは自分の思い込みから
  • 自分を許すと良い方向に進みだす

私も、自分を許せなかったときは、思考が狭くがんじがらめでした。
不幸にしていたのは、まさか自分の思い込みだとは知りませんでした。

幸せになりたいなら、過去を手放して、自分を許してあげてくださいね。
「しなければならない」を手放しても、実は悪いことはおきません。
むしろ、良い方向に回っているとさえ感じることができますよ。

この記事は、音声読み上げが利用できます↓↓↓

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

Middle lifeの注目記事を受け取ろう

自分を許す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Middle lifeの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

mika

この人が書いた記事  記事一覧

  • 守護霊からのスピリチュアルメッセージの受け取り方

  • 不機嫌な人の対処法とは?スピリチュアルで対策しよう

  • 人生の目的とは?スピリチュアルで目的を見つけよう

  • 徳を積む意味とは?スピリチュアルで徳を積む生き方と方法

関連記事

  • 人生の目的とは?スピリチュアルで目的を見つけよう

  • 怒っている人の対処方法とは?スピリチュアルから解説

  • 波動とは何ですか?物理やスピリチュアルでわかりやすく解説

  • 人生辛いことばかりの方へ!

  • 徳を積む意味とは?スピリチュアルで徳を積む生き方と方法

  • 不機嫌な人の対処法とは?スピリチュアルで対策しよう