「ふわっしゅは」赤ちゃんのいる家庭で口コミがいい理由

天然素材100%でできている洗濯洗剤「ふわっしゅ」を紹介します。
植物からつくられている洗浄成分のため、赤ちゃん肌に優しく、科学的なニオイもないです。
ついでに洗濯層の汚れも溜まりにくくなり、ママの仕事がひとつ減りますよ!

詳細をすぐ確認する方はバナーをクリック↓↓↓

赤ちゃんのこんな肌トラブルに悩んでいませんか?

ふわっしゅ赤ちゃん

赤ちゃんがいる家庭でおこる3つの肌トラブル

赤ちゃんがいる家庭では、赤ちゃんの肌トラブルが気になる方が多いようです。

・赤ちゃんがアトピーのため夜中に掻いてしまう
・スキンケアをしても肌が乾燥する
・赤ちゃんが何となく痒そうにしている

毎日ちゃんとスキンケアしていても、赤ちゃんの肌は弱くトラブルが出がちです。

その肌トラブル洗剤が原因かもしれません

ふわっしゅ

洗剤に含まれる化学物質が肌に影響を与える

赤ちゃんの肌トラブルの原因は、もしかしたら洗濯洗剤の影響かもしれません。
市販されている洗濯洗剤の多くは化学物質が含まれているため、肌に影響をおこしてしまうのです。
洗濯の際にちゃんとすすいでも、多少の化学物質は衣類に付着します。
落ちきれなかった化学物質が赤ちゃんの肌に付着して、肌トラブルの原因となっているかもしれないのです。

合成界面活性剤が肌に悪い理由

ふわっしゅ

ではどんな化学物質が赤ちゃんの肌に影響を与えているのでしょうか?
それは一般的な洗剤に含まれている「合成界面活性剤」です。

界面活性剤は水と油を混ぜるために洗濯洗剤に配合します。
衣類は皮脂やたんぱく質汚れが付着しているため、界面活性剤を使って剥がさないと汚れを落とすことはできません。
これは天然の界面活性剤も、合成の界面活性剤も同じ働きです。

しかし、石油からできている合成の界面活性剤は、洗浄力が強いのです。
皮脂を分解する能力が高いため、赤ちゃんに必要な皮脂まで奪う可能性があります。
赤ちゃんの皮脂は外界からのバリア機能をはたしているものです。
過剰に皮脂が取られた状態は、肌が乾燥するだけでなく、外界からの刺激にも弱くなります。

こうやって赤ちゃんアトピー肌や乾燥肌ができあがっていきます。

「ふわっしゅ」なら化学物質が含まれていない

ふわっしゅ赤ちゃん

肌に負担をかけやすい化学物質は使っていない

洗濯洗剤のふわっしゅは、化学物質を一切使っていません。
防腐剤、漂白剤、蛍光剤、安定剤など石油からつくられる成分を排除しています。

天然成分100%だから赤ちゃんにも安心

ふわっしゅは天然成分100%できているため、口に入れても安全な成分です。
食品または食品に準ずるものを使っているため、赤ちゃんの皮膚に直接触れても影響はありません。

主原料はたった4つだけのシンプル設計

ふわっしゅ

ふわっしゅはたった4つの原料でつくられたシンプル設計の洗濯洗剤です。

・ミネラル
・ハーブエキス(青森ヒバエキス・オレンジエキス)
・大豆レシチン
・EM発行物質

原料から見るとわかりますが、石けん系の洗剤ではありません。
純せっけんの洗濯石鹸も赤ちゃんに優しいのですが、石けん系の洗剤にはデメリットもあります。

・せっけん100%だと洗浄力が弱い
・酵素系漂白剤を入れると肌の影響が気になる
・泡立ててからでないと洗えない
・洗濯石けん特有のゴワゴワ感がある
・洗濯物が黄ばみやすい
・汚れが落ちないと洗濯物が臭う

赤ちゃんの肌のことを考えると洗濯石けんを選びたくなりますが、デメリットも多いです。
ふわっしゅは石けん以外の洗浄成分を使っています。

ふわっしゅは天然の界面活性剤を使っている

ふわっしゅの界面活性剤は、天然成分の大豆レシチンです。
大豆レシチンが汚れを浮かす役割を果たします。
不飽和脂肪酸の脂質の力で、衣類の汚れを落とす方法です。
さらにEM発酵液で汚れを分解します。

柔軟剤が不要でもふんわりする

ふわっしゅは化学物質特有の洗濯物がパリパリする影響もなければ、石けん系のゴワゴワもありません。
柔軟剤を使わなくてもふんわりと仕上がります。
市販の柔軟剤はニオイが付いているものが多く、おっぱいのニオイをかぎ分ける妨げになるため、避けなければなりません。
それに市販の柔軟剤は石油でつくられた合成成分で、赤ちゃんの肌に負担をかけます。

EM発酵物質で排水も汚さない

EM発酵物質は微生物の力を使った原料のことです。
洗濯物の汚れを分解するだけでなく、洗濯層の汚れも分解してくれます。
ふわっしゅを使い続けると「洗濯層の汚れが付かなくなった」という声も多いようです。
石けん系だと洗濯層にカビが発生して「ピロピロわかめ」ができてしまいまが、ふわっしゅのEM発酵物質なら汚れも分解します。

使用量が少ないため天然洗剤と比べてコスパがいい

ふわっしゅ

「天然原料でつくられた洗濯洗剤はお値段が高いのでは?」
このように思うかもしれません。
ふわっしゅは1本1ヶ月分で、1ヶ月2,289円のコストです。
市販の無添加石けんの洗剤や、オーガニック洗剤と比べても高くありません。

ふわっしゅは1回に使う洗剤の量が少ないため、思っているよりコスパがいいのです。

ふわっしゅの4つの成分を詳しく解説

ふわっしゅ赤ちゃん

天然の界面活性剤である大豆レシチン

大豆レシチンの界面活性剤は、天然成分で安全性が高いものです。
洗浄力を発揮しながら、皮膚の潤いにも役立っています。
大豆レシチンはたんぱく質ではないのでアレルギーはおこりにくい成分です。
万が一目に入っても刺激がありません。

EM発酵物質で汚れを分解する

EM発酵物質は善玉菌とよばれる微生物の集まりです。
自然界にも存在している微生物の力で、汚染物質を分解する力があります。
悪玉菌を減らす作用もあるため、ものが腐るのを防ぐ物質です。

抗菌効果がある青森ヒバでアトピーの原因を残さない

ふわっしゅは抗菌効果がある青森ヒバを加えています。
ハーブエキスを加えているため完全無香料ではありませんが、洗濯後はほぼ無臭です。
青森ヒバには抗菌効果があるため、洗濯物のニオイ対策になります。

アトピーの原因は雑菌やカビともいわれているのです。

ふわっしゅを使った人の口コミ

ふわっしゅ口コミ

アトピーの娘が身体を痒がる為、洗剤や調味料を切り替えている時に、ふわっしゅを知りました。
石けん洗剤を使っていましたが、石けんカスや洗濯槽の汚れ残り、すすぎ3~4回…はやっぱり毎日大変でした。 子ども衣類の汚れ落ち力は1番なんですけどね(^_^;)
ふわっしゅは、泡立ちが無いので落ちているのかなと不安になりましたが、干した後も汗臭さ等はないし、今のところ快適です。 ドロ汚れは落ちが悪いので、手洗いしてから、セスキ炭酸ソーダを混ぜてふわっしゅと洗っています。 しばらく使い続けてみようかと思います。

子供がアトピーのため、ずっと粉石鹸で洗濯していましたが、ふわっしゅが良いと聞き、使用してみました。
ほんの少量で汚れが落ちるので助かっています。粉石鹸のようにカスが残ることもないし、安心安全な成分なので毎日のお洗濯が楽しみになりました。

ふわっしゅを購入、使用しました。一歳になる娘が皮膚科でアトピーあるかもね?と言われてから、洗濯洗剤を色々試してきました。
しばらくは粉石鹸で落ち着いていたのですが、ある日なんだかちくちくする?!と感じ始めて、また探している中でふわっしゅに出会いました。 最初の感想はこれだけしか入れないの???でした。笑 ヒノキの香りがとても良く、しばらくお世話になりたいと思っています。

乳児と大人用を一緒に洗濯出来て重宝してます。 洗い上がりも特段問題ありません。ただそれ以上に驚いているのが、洗濯槽の汚れが取れる事です。 これまでも定期的に洗濯槽クリーナーで洗浄していたのですが、この洗剤で洗濯すると、それ以上に洗濯物に汚れが付いて来ました。 洗濯物への汚れの付着は、1ヶ月程使って来てようやく落ち着きました。 また普通の洗剤を使っていた時は、洗剤投入口にカビが生えたり、ぬめりが出たりと、狭い入り口の掃除も大変だったけど、この洗剤に変えてからは、意識して乾燥させなくてもカビる事もありません。

ふわしゅ公式サイトより

「ふわっしゅ」と「大人のふわっしゅ」の違いとは?

赤ちゃん用は抗菌成分を多すぎないように調節

ふわっしゅは赤ちゃん用と大人用の2種類があります。
どっちを選んだらよいのか迷う方もいるでしょう。
赤ちゃん用は抗菌成分を少なく調節しているため、デリケートな赤ちゃんの肌にも使うことができます。
少し大きくなってきたら、大人用のふわっしゅに切り替えてください。

ふわっしゅをお得に買う方法

ふわっしゅ

お得に買うなら定期購入がおススメ

ふわっしゅは10,000円以上の購入で送料が無料になります。
少しでもお得に買いたいなら、まとめ買いできる定期購入がおススメです。
初回より2回目が安く、2回目より3回目がお安くなります。
次回のお届け予定日を指定できるため、赤ちゃんがいる家庭でも買い物の心配をしなくて済ます。

ふわっしゅの洗剤で得られるメリット

・赤ちゃんの肌トラブルを心配しなくてもよくなります
・赤ちゃんが夜中に掻く心配をしなくてもよくなります
・夏になっても赤ちゃんの肌を思いっきり出すことができます
・じいじばあばに文句を言われる心配がなくなります

赤ちゃんの肌がカサカサだと、「じいじばあば」に何か言わるのか心配ですよね。
何よりも赤ちゃん自身の機嫌がよくなることが、ママにとって一番うれしいことかもしれませんね。

ボタン