ADSLが遅いときに試せる11つの方法

インターネット光
この記事は約8分で読めます。

「ADSLが遅い!」となったら、11つの対策を試してみてください。問題があれば対策方法で速度が速くなることがあります。

しかし、「やっぱりADSLでは遅い」となった人のための対策も合わせて解説します。

スポンサーリンク

ADSLが遅いときに試せる11つの方法

ADSL遅い

1・スピードテストで本当に遅いか確かめる

「ADSLが遅い」と感じたら、本当に速度が遅くなっているのか確かめましょう。インターネットのスピードテストは各社から提供されています。

スピードテスト
おすすめはNetflixが提供するスピードテストです。

光回線を使っていると「1Gbps」を謳っているところがありますが、実質的に出ている速度は800~900Mbps程度です。ADSLならプランによって3~20Mbps程度の幅になります。

たとえばYahoo!ADSLなら、8M・12M・26M・50Mのプランがあります。一番遅い8Mでも実質8Mbpsは出ないので、最大でも7Mbpsが限界です。

ADSLの場合で回線速度が1~2Mbpsしか出ていなければ、本当にADSLが遅いといえます。

2・NTT基地局からの距離を調べる

ADSLはNTTからの基地局の距離で速度が左右されます。つまり自宅からNTT基地局が離れていればいるほど、ADSLが遅い状況になります。

NTT基地局の情報は、NTTが公開しているので距離を調べましょう。

  • NTT東日本
  • NTT西日本

自宅がNTT基地局から離れていれば、何をしてもADSLの速度は遅いままです。逆にNTTの基地局が離れていなければ距離以外の問題を抱えているので、ADSLが遅い対策ができます。

  • 5M・・・3㎞以内
  • 12M・・・5km以内
  • 伝送損失・・・31デシベル以内

ADSLは遅い回線プランだとNTT基地局の距離に影響されやすくなります。NTT基地局から3㎞~5km以内に収まっているなら、12Mのプランに乗り換えるのもおすすめです。

3・モデムの電源を入れ直す

ADSLで使用しているモデムは、一度遅い設定になると電源を入れ直すまで、その設定が維持されます。そのため、ADSLのモデムはときどき電源を落として、数分経ってから電源を入れ直してください。

4・モジュラージャックの数を確認する

家庭で宅内有線LANをしている場合は、複数の部屋にモジュラージャックがあります。ADSLは分岐させるとロスが発生しやすくなるので、分岐させる数はできるだけ少なくさせましょう。

家庭内で複数のパソコンやスマホをネットに接続させる場合は、状況に合わせて無線LANで接続してください。宅内有線LANはガス、電気、水道の自動検針に繋がっていて、速度を落としていることもあります。

モジュラージャック

家庭内に複数のモジュラージャックがある場合は、1つからADSLモデムと電話を接続させます。1つのモジュラージャックでも間に分配器やスプリッタを付けることで、複数の機器を接続できるようになります。
出典:イー・アクセス

5・パソコンの性能をアップさせる

ADSLが遅い原因はネット回線の問題ではなく、パソコンやスマホの性能が影響している可能性もあります。パソコンやスマホの処理能力が悪い場合は、新しいものに買い替えるだけでADSLが遅い状況を改善できることがあります。

ずっと電源を入れっぱなしにしているパソコンやスマホがあるなら、一度電源を落としましょう。性能が悪い場合は、常駐しているアプリやソフトを起動させないようにするだけでも、処理能力がアップしやすいです。

6・ADSLケーブルを買い替える

ADSLはアナログ回線を使ってネットを接続しているので、ケーブルが劣化していると速度が出にくくなります。長く使っているADSLケーブルがあれば、新しいものに買い替えてみましょう。

プロバイダから提供されるADSLケーブルは劣化しにくいよう、太いものを使っていることが多いようです。細くて切れやすいタイプを使っている場合は、プロバイダから提供されているADSLケーブルがないか確かめてみてください。

ADSLケーブルはできるだけ短いものを使用すると、ノイズの影響を受けにくくなります。長いケーブルを使っているなら、短くするのもひとつの対策です。

7・モデムを新しいものに交換してもらう

長い間モデムを使っていると、モデム自体が劣化してしまいます。毎月支払っているADSL料金にはモデムレンタル料金も含まれているので、劣化すれば新しいものに交換してもらえます。

スポンサーリンク

使用しているADSLプロバイダに連絡して、モデムを交換できないか聞いてみてください。ADSLが遅くなったときモデムの電源を入れ直すと速くなる状況が続いているなら、モデムの不具合が考えられます。

8・家電製品から離す

ADSLはノイズに弱い性質があるので、モデムを消費電力の高い電化製品の近くに置かないようにしましょう。IHコンロなど消費電力が多い家電製品の近くにモデムを置いている場合は、離すようにします。

9・プロバイダに連絡して帯域調節をしてもらう

ADSLは帯域調節ができます。ADSLはノイズの影響を受けやすいため、帯域を調節してノイズの影響を受けにくくする方法です。しかし、帯域はノイズには強くなりますが、速度を落とすことになるので、回線の最大速度は出なくなります。

10・プロバイダの障害がないか確認する

あまり起きることではありませんが、プロバイダ側の障害でADSLが遅いことがあります。公式サイトに障害情報が公開されているので、確認するようにしましょう。

11・モデムを単独でコンセントにつなぐ

ADSLモデムは、コンセントに単独でつなぐようにします。モデム電源がタコ足配線になっていると、モデムの電力供給が不安定になるので避けましょう。

ADSLが遅い場合でも5Mbps以上なら十分


ADSLが遅いと思ったら、ネットを使うときに必要な回線速度を知りましょう。意外と高速の回線は必要としていません。

  • 1Mbps・・・多少ストレスを感じる程度
  • 2Mbps・・・重い画像がないサイトなら問題ない
  • 3Mbps・・・YouTubeやHuluを見るのに必要な速度
  • 5Mbps・・・ほどんどの場合ストレスがない速度

一般の人がインターネットを使う場合は、サイトの閲覧や動画の視聴目的がほとんどです。通常のサイトを見るための速度は2Mbps程度のため、ADSLの通信速度でも問題がありません。

ADSLが遅いと感じ始めるのは、YouTubeやHuluなどの動画を視聴するときです。その場合でも3Mbps以上が推奨速度となるので、ADSLだとときどき動画を読み込まなくなることがあります。

パソコン:下り速度 6Mbps以上を推奨
スマートフォン/タブレット:下り速度3Mbps以上を推奨
テレビ/ブルーレイプレーヤ/ゲーム機/メディアプレーヤー:下り速度 6Mbps以上を推奨
出典:Hulu

ADSLで動画を見る場合、ADSLの8Mプランだと遅いと感じることがあります。動画の視聴なら6Mbpsは欲しいので、状況に合わせて速いADSLプランに変えましょう。

やっぱりADSLが遅いときの対策

ADSLが遅い
ADSLが遅い状況で対策方法を試しても改善しないなら、次の3つのネット回線に見なおす必要があります。速いADSL、光、SoftBank Airの3つのプランです。

速いプランのADSLに見なおす

ADSLには8M、12M、30Mなどいくつかのプランが用意されています。8Mよりも12Mの回線速度が速いので、ADSLが遅い場合はプランの見直しが必要です。

ただし、ADSLは2025年を目安に無くなることが発表されているので、同じADSLの速いプランに見なおすのは現実的ではありません。2025年のADSL廃止を見込んで、ギリギリまで使う予定なら問題はないでしょう。

Yahoo!ADSL終了はいつ?今から乗り換えを検討しよう
Yahoo!ADSLが終了する時期と、乗り換え方法をまとめました。現在ADSLを使っている方は、どのネット回線に乗り換えるか迷っているのではないでしょうか。その家庭に合った乗り換え方法を紹介します。

光への乗り換えを検討する

ネット閲覧や動画の視聴程度なら光に変える必要はありませんが、通常以上の使い方をするなら光への乗り換えが必須です。

  • オンラインゲームをする
  • FXのデイトレをする

オンラインゲームやFXのデイトレは、1秒でも速く処理しなければなりません。光回線は1Gbps程度の速度が維持されるので、ADSLと比べて圧倒的に速さを感じられます。

ADSLは最高で50Mなのに対し、光は1Gbpsあります。1Gbpsとは1,000Mbpsのことです。光ケーブルはNTT基地局からの距離に影響されることがないので、幅広い家庭でも速度が出やすくなっています。

価格重視ならSoftBank Air

ADSLと同等の価格で乗り換えを検討するなら、SoftBank Airが選択肢に入ります。SoftBank Airの回線速度は、下り最大110Mbps以上は出ます。

一部の地域では962Mbps出ているところもありますが、200~500Mbpsを想定しておけば問題がないでしょう。下り最大110Mbps以上だとしても、確実にADSLより速くなります。

ADSLが遅いと感じたら乗り換えを考える時期

我が家でもADSLが遅いと感じたときに、11つの対策をいろいろと試しました。プロバイダに連絡してモデムを新しくすると、一時的に速くなったように思います。

しかし、ADSLの8Mプランで一番遅い回線だったため、どう頑張っても動画をスムーズに見ることはできないと感じました。結果的にADSLから光回線に乗り換えています。

ADSLは古いインターネット技術のため、ノイズが入りやすく速度が遅いのは仕方がないことです。光回線は価格が高くても、それだけの回線速度があります。

ADSLがやっぱり遅いとなったら、光回線やSoftBank Airへの乗り換え時期かもしれませんね。