妊娠早くわかる方法とは?妊娠早く知りたい人必見、受精したかわかる方法

妊娠1ヶ月

妊娠が早くわかる方法はないか?と思っている人もいますよね。
不妊治療をしている方、ベビまちさんなど。
赤ちゃんを望んでいる人にとっては、できるだけ早く妊娠を知りたいというのが本音でしょう。

 

妊娠が早くわかるためには、妊娠したときの症状でチェックする方法と、フライング検査で調べるやり方があります。
症状のみでははっきり妊娠しているとはいえませんから、検査薬も利用するのがおススメです。
妊娠を早くわかる方法を探している方は、読み進めてみてください。

妊娠の症状が出るのは排卵後

排卵日前後に受精すると妊娠した可能性がある状態で、妊娠の週数でいうと既に14日目(妊娠2週目)にはいっている状態です。
妊娠の週数は最終月経の開始日が0日となるため、生理開始から数えて14日に排卵がおこるタイプの人なら、受精日は生理開始から14日前後となります。

 

多くの女性では28日が生理周期となっているため、毎月安定した生理がきているなら、生理開始から14日くらいの日に受精していると考えておきましょう。

 

では、受精直後は妊娠したことがわかるか?
実は受精卵ができた直後というのはまだ子宮内に到達していません。
卵管で受精した後に、数日かけて子宮に降りていきます。
そのあと子宮に着床すると妊娠が成立したといえるのです。

 

つまり、受精直後はまだ妊娠とはいえない段階ですから、妊娠は医学的にもわかりません。
受精卵が着床しないとホルモンの量もあまり変化が見られず、本人が妊娠したと気が付くこともなければ、医学の力で判明されることもありません。

妊娠がわかるのはいつごろ?

はやい人では受精後~生理予定日くらいに何らかの変化を感じる人もいます。
なんとなくつわりっぽくて気持ちが悪い、熱っぽい?などです。

 

実際に私も妊娠した時には生理予定日前から何となく変化がみられていました。
いつもより気持ちが悪い感じ、だるい感じ、熱っぽいなど。
風邪でもひいたかなと思っていました。
妊娠の可能性もありましたし、つわりのようなものや胸の張りも強かったため妊娠したかも?と気が付いたのです。

妊娠したらわかる初期症状17つ

妊娠を早く知る
妊娠が早くわかる方法を求めているなら、妊娠超初期に現れる症状で判断してみましょう。
初期のころは次のような症状が出やすくなります。

1・着床出血がある

着床出血とは、受精卵が子宮内膜まで到達し、受精卵の絨毛(じゅうもう)が子宮壁を突き抜けるときにおこる出血のことです。
卵管で受精したときが受精で、7~10日かけて子宮まで下りていき、子宮に着床するときに出血を伴うことがあります。

 

着床出血はすべての人がおこるわけではなく、50人に1人くらいの割合です。
多くの方は着床時に出血することはなく、受精卵が子宮に着床したことさえ気が付きません。
出血した場合は少量の出血で、「おりものの色が少し変かな?」と思う程度です。

2・つわりが始まる方も

つわりが始まる時期は、受精卵が着床してからおこります。
早い人では生理予定日の前から、つわりが始まる方もいるようです。
妊娠超初期のつわりは、吐いてしまうほどではなく、吐き気や気持ち悪いような症状があります。

3・風邪のような症状

生理予定日前に風邪のような症状が出たら、妊娠を疑ってみてください。
風邪に似た症状とは、次のようなものです。

・微熱
・頭痛
・鼻水
・咳
・疲労感

妊娠超初期は高温期が続いている状態で、熱っぽい感じがします。
平熱より少し体温が高くなっているため、風邪をひいたように錯覚することもあるため注意してみましょう。

 

風邪をひいている感じがしても、本当の風邪ではないため薬を飲んでも症状がおさまるわけではありません。
妊娠超初期には薬の服用は避けたいため、妊娠の可能性がある方は「風邪かな?」と思っても、薬を飲まないでください。

4・めまいがある

妊娠すると女性ホルモンのバランスが変化した影響で自律神経が乱れて、めまいをともなう方がいます。
この症状も必ずおこるものではなく、個人差があるようです。

5・お腹の重いような痛み

受精卵が着床したころから、お腹に重いような痛みを感じる方がいます。
「いつもの生理前症候群とは違うかも?」
このように感じたら妊娠している可能性があります。
生理前症候群や生理とは少し違う鈍い痛みで、受精卵が着床したときにチクチクした痛みを感じる方もいるようです。

6・胸が張る

受精卵が着床したころから、すでにホルモンバランスは変化していて、胸の張りがわかります。
早い方では排卵直後から胸の張りを感じる方もいるようです。
生理前症候群との違いは、妊娠していると「胸の痛みが強い」「チリチリするような痛み」があります。

 

胸の張りは妊娠週数が進むにつれて強くなり、生理予定日を過ぎれば、明らかにいつもとは違う胸の張りだということがわかります。
出産後の授乳にそなえて乳腺や乳管が発達するためです。

7・乳頭の色が濃くなる

妊娠すると乳頭の色が濃く変化します。
妊娠超初期のころの乳頭の色の変化はわずかで、いつもと違うと感じるほど変化が大きくなるわけではありません。

 

乳頭の色が変化するのは、妊娠するとエストロゲンとプロゲステロンの分泌量が変化するためです。
産後に母乳を出すためで、2つのホルモンで乳腺を発達させ妊娠を継続させています。
これらのホルモンはメラニン色素を刺激し、妊娠中は乳頭だけでなく脇の黒ずみが気になる方もいるようです。

8・眠たくて仕方がない

妊娠すると眠くて仕方がなくなるのは、プロゲステロンの影響を受けているからです。
プロゲステロンは妊娠を継続させるために必要なホルモンで、体温を上昇させて受精卵の着床を促しています。

 

プロゲステロンの分泌量が多いと、体温が高くなり眠気が強くなります。
感覚としては生理前に眠気が強くなるのと似ていて、何時間寝ても物足りないと感じる感覚に近いです。

9・ニオイに敏感になる

ニオイに敏感になるのは、つわりが始まっている証拠です。
妊娠中にはエストロゲンも増えていて、エストロゲンにはニオイに敏感になる性質があるため、いつもは感じなかった臭いが不快になることもあります。

 

つわり中に「ご飯が炊けるニオイがダメ」という人もいるようです。
妊娠初期はホルモンが急激に変化することで自律神経が乱れ、胃腸の働きが変わり、嗅覚などの感覚器官も変化していきます。

10・よだれが出る

よだれがたくさん出るようになったら、妊娠のためにつわりが始まった可能性があります。
これは「よだれつわり」と呼ばれるもので、唾液の量が多くなるのが特徴です。

 

多少唾液が増えたと感じる人もいれば、何もしなくてもよだれが垂れるほど増える人もいます。
よだれが増える原因はよくわかっていませんが、妊娠により女性ホルモンのバランスが変化することと、自律神経が変わっていることが考えられているようです。

11・胃もたれがある

胃もたれもつわりの一種で、女性ホルモンのバランスが変化することで自律神経が変わり、その影響を受けていると考えられています。

 

とくに妊娠初期は流産を防ぐためにプロゲステロンの分泌量が増えて、このホルモンには子宮収縮を抑える作用があって、その影響で胃腸の働きも低下するためだと考えられるのです。
食べた物が上手く消化できなくなり、胃もたれや吐き気などを伴うようになります。

12・食欲が変わる

妊娠すると食事の好みが変わることはよくあります。
前はまったく食べられなかったものが食べられるようになる方や、特定の食品ばかりを好んで食べてしまう方もいるようです。

 

つわりが始まれば胃腸の働きが低下して、酸っぱいものを食べたくなる人は少なくありません。
急に柑橘系のフルーツが食べたくなったときや、サラダのようなさっぱりしたものしか食べられなくなった場合は、妊娠を疑ってみましょう。

 

私個人の味覚の変化では、妊娠初期に炭酸飲料が飲みたかったです。
ホルモンのせいで胃酸の分泌が低下して、炭酸の作用でさっぱりした気分になるからかもしれません。

13・トイレの回数が増える

妊娠超初期にトイレの回数が増えてしまうのは、プロゲステロンの影響だと考えられています。
プロゲステロンは妊娠を継続するホルモンで弛緩性があるため、子宮と近い膀胱にも影響を与えて、利尿作用をもたらすとされているからです。

 

とくに受精卵が着床後はプロゲステロンの量が増えていくため、生理予定日前にトイレが近かい感じる方は少なくありません。

14・便秘や下痢になる

便秘や下痢になるメカニズムも、プロゲステロンの影響だと考えられます。
子宮と近い場所にある腸も影響を受けて、人によっては便秘になりやすく、刺激を受けて下痢になってしまう方もいるようです。

 

出産が近くなるときは、ホルモンの影響で子宮が収縮するため、下痢になる方が増えます。
妊娠初期は子宮の収縮を抑える働きが強くなりますから、便秘になる方が多いのではないでしょうか。

15・おりものの量が増える

妊娠するとおりものの量や状態が変化します。
通常の生理前はおりものの量が減り、サラサラ状態です。
妊娠するとエストロゲンの影響を受けるため、おりものの量は増えて、水っぽく感じられます。

16・体毛が変化する

妊娠すると女性ホルモンの量が一気に増えていき、体毛の変化を感じる方もいます。
エストロゲンは美しい髪をつくるためのホルモンで、同時にプロゲステロンの分泌量も増えるため、一部の毛が濃くなったように感じられる方は少なくありません。

 

妊娠中に体毛の変化が現れやすいのが、お腹の毛です。
一時的に毛が濃くなるだけで、出産後はもとに戻るため心配する必要はありません。
毛を剃りたくなりますが、妊娠中は肌が敏感になるため、そっとしておくほうがよさそうです。

17・肌が荒れる

生理前になると肌荒れをおこす人がいるように、妊娠初期も肌に変化が出てくる人がいます。
どちらもプロゲステロンの分泌量が増えていて、皮脂の分泌量が増加して、ニキビや肌の脂っこさに悩まされる方は少なくありません。

 

妊娠中は免疫力も低下しやすく、いつも使っていたスキンケアが合わなくなる方もいます。
デリケート用のものや、無添加スキンケアに変えてお手入れしましょう。

妊娠が早くわかる検査薬の使い方

hCGホルモンが出る時期

a1180_010404

妊娠を早くわかりたい場合は、市販の妊娠検査薬を使うことになります。
検査薬ではhCGホルモンに反応させているため、hCGホルモンがいつから分泌はじめるのか、知る必要があるでしょう。

hCGホルモンが出る時期

妊娠検査薬で反応がでるのはhCGホルモンに反応しているためで、ホルモンが妊娠したらhCGホルモンの分泌量が増えます。
このホルモンは受精後すぐに出るものではなく、受精して子宮に着床してから出始めます。

 

受精から着床までは10日前後かかるため、最低でも排卵日から数えて10日後くらいにならないと妊娠している反応は出ません。
受精した日が排卵日前後だとしても排卵日から12日くらいを目安に妊娠検査薬を使うと、うっすらと出る人もいます。

 

できるだけ早く妊娠を知りたい方は、排卵日から10日前後で検査してみましょう。
妊娠していてもhCGホルモンの量が少ないと反応は薄いのですが、それでもかなりうっすらと陽性ラインが出る可能性もあります。

妊娠検査薬でわかるのは生理予定日後から

通常の妊娠検査薬で妊娠がわかるのは、生理予定日から1週間くらいを過ぎたころからです。
妊娠を早く知る方法を探している方には、フライング検査薬の使用がおススメです。

 

通常の妊娠検査薬は「生理予定日の1週間後から」なのに対し、フライング検査は「排卵日の12~14日目」に検査ができます。
フライング検査なら生理予定日前からでも検査が可能で、妊娠を早くわかる方法を探している方にピッタリでしょう。

フライング妊娠検査薬を選ぼう

フライング検査とは「早期妊娠検査薬」と呼ばれているもののことです。
通常の妊娠検査薬との違いは、妊娠したら出るhCGホルモンの感度の違いがあります。

・通常の妊娠検査薬 hCG 50mlU/L
・早期妊娠検査薬  hCG25mlU/L

一般的な妊娠検査薬はhCGが50mlU/Lにならないと陽性反応が出ない仕組みなのに対し、早期妊娠検査薬ならhCGが25mlU/Lでも陽性反応が出ます。

25mlU/Lは生理予定日1週間前くらいから出ている量で、分泌量には個人差があるため、確実に検査をするなら生理予定日2日前がおススメです。

フライング検査で陰性でも油断できない

妊娠したら出るホルモンのhCG分泌量は、個人差があるため、妊娠していても陰性反応が出ることがあります。
分泌量が十分になっていなければ、妊娠しても陰性となるため、生理が来なければ2回目の検査をしましょう。

不妊治療をしている方は疑似陽性になりやすい

不妊治療でhCG注射を打っていると、妊娠していなくても検査薬で陽性反応が出てしまうことがあります。
治療でhCG注射を使うのは、受精卵の着床を促すためです。

 

不妊治療をしている方はフライング検査をして陽性反応が出ても、そのあとに陰性となることもあるため、使う時期には注意してください。
注射を打ってから1週間くらいは影響が出やすくなるため、2回の検査を利用しましょう。

早期妊娠検査薬の選び方

早期妊娠検査薬は2つのタイプがあります。

・アナログタイプ
・デジタルタイプ

アナログタイプのリトマス試験紙のような形状の早期妊娠検査薬は、価格が安く何度も検査をしたい方に向いています。
デジタルタイプとはスティック状になっていて、判定結果もデジタルの「+」で表示されるためわかりやすいタイプです。
その代わり価格は高くなりますから、何度も検査する方には向いていません。

早期妊娠検査薬は数回使えるものが便利

フライング検査で早期妊娠検査薬を使うなら、正確性を重視して2回使えるものを選びましょう。
おすすめの商品は、次のようなものがあります。

チェックワンファスト

【第2類医薬品】チェックワン 2回用

【第2類医薬品】チェックワン 2回用

395円(12/15 17:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

生理予定日当日から検査ができる、早期妊娠検査薬です。
1回検査用と、2回検査用の2種類があります。
アナログ式で価格が安く、判定結果がしっかり残るタイプです。
尿をかける時間はわずか1分でよく、99%以上の正確さを売りにしています。

クリアブルーデジタル

【第2類医薬品】クリアブルー 2回用

【第2類医薬品】クリアブルー 2回用

408円(12/15 17:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

アメリカ製の早期妊娠検査薬で、デジタル式で表示がわかりやすくなっています。
生理予定日の4日前から測定できて、妊娠がはやくわかる方法を探している方におススメです。
陰性の場合は「Not Pregnant」、陽性の場合は「Pregnant」と表示されます。

ファーストレスポンス

アメリカ製のアナログ式、早期妊娠検査薬です。
日本での取り扱いが少なく購入しにくいのがデメリットですが、生理予定日の6日前から検査できるため、妊娠を早く知りたい方にメリットが高くなっています。

産婦人科で妊娠がわかるのは妊娠5~6週目から

妊娠が早くわかる方法
産婦人科の初診時期は、妊娠5週目くらいからです。
妊娠5週目とは、生理予定日から1週間後にあたります。
市販の妊娠検査薬でも陽性反応が出始めるころで、病院を受診するのにちょうどよい時期です。
超音波検査で胎嚢が見え始め、妊娠の診断が受けられます。

産婦人科では3つの検査をする

妊娠した場合、産婦人科では3つの検査があります。

・尿検査
・超音波検査
・内診

尿検査は市販の妊娠検査薬と同じ原理で、hCGの量で陽性反応が出るようになっています。

 

超音波検査では妊娠している兆候である胎嚢を確認します。
このころの赤ちゃんは胎芽と呼ばれていて、包み込んでいる袋が胎嚢です。
1cmくらいの黒い塊が見えたらそれが胎嚢で、妊娠が順調に進んでいることがわかります。

 

妊娠5週目でも胎嚢がまだ確認できないこともありますから、見えないからといって妊娠していないというわけではありません。
その場合は数日くらい間隔をおいて再び受診し、胎嚢が見てたときに「妊娠確定」となります。

 

その後も胎嚢が見えないときは、子宮外妊娠の可能性があるため注意が必要です。
卵管に受精卵が着床すると、成長とともに卵管を突き破って破裂します。
大出血をおこして母体の命の危険も及ぶため、妊娠したら胎嚢を確認することが大切です。

産婦人科の内診の検査とは?

初診時には内診があるため、初めての方は少しドキドキしてしまうかもしれません。
内診とは指を使って触診する方法と、膣鏡診といって専用器具を使って診察する方法があります。

 

子宮筋腫など異常を確かめるためでもあるため、怖がらずに受けましょう。
妊娠中は毎回検診で内診があるわけではないため、最初のうちに慣れておくことをおススメします。
内診では子宮の硬さや大きさなども調べているため、診察には必要なことです。

産婦人科を受診するときの服装

初診では内診があるため、スカートが適しています。
パンツスタイルだと、用意してあるスカートに履き替えて内診台に上がるところもあるようです。

 

スカートだと下着を脱ぐだけでよく、腹部がむき出しにならないメリットがあります。
パンツスタイルでもバスタオルで覆ってくれますが、スカートのほうが女性としては安心感があるでしょう。

 

初診では超音波検査もありますから、お腹を出しやすいスタイルがおススメです。
ワンピースだと上までめくらなければならず、「下着が丸出しになって恥ずかしい」と感じる方もいます。
セパレートなら上下分かれていて、内診も超音波検査もどちらも受けやすいでしょう。

妊娠が早くわかったら気を付けること

化学流産するリスクがある

実は早期に妊娠を知ることでダメージを受けることもあるのです。
それは化学流産を知ってしまうこと。

 

化学流産とはもともと育たない染色体異常のある受精卵が流れてしまうもので、多くの場合妊娠したことに気が付いておらず自然と流れてしまいます。
健康な男女でも化学流産は、普通に見られているものです。
人間の妊娠率はわずか20%程度だといわれていて、不完全な受精卵ができる割合は高いのです。

 

妊娠を早くわかる方法というのは、化学流産を知るキッカケにもなります。
妊娠を強く望む人ほど早くに検査したがるようですが、そのあと流産したとわかると悲しいですよね。
化学流産は健康な男女にも見られているとはいえ、やっぱり精神的なダメージはあります。

 

妊娠を早くわかる方法というのは、あまりにも早く妊娠を知ることで知らなくてもよいことまで知る可能性があることは覚えておきましょう。

まとめ

妊娠を早く知ることができるのは、排卵から10日くらいたってから。
フライング検査薬を使うと、生理予定日前から早く妊娠を知ることができます。
検査薬によっても調べられる時期が変わるため、知りたい時期に合わせて選んでみてください。