赤ちゃん用の洗剤は必要?大人と一緒に洗うなら1歳からがおススメ

赤ちゃん用洗剤必要 育児に関する情報

「赤ちゃん用の洗剤は必要?大人と一緒に洗ってもいい?」
これから赤ちゃんが生まれる家庭では、赤ちゃんへの負担を軽くしてあげたいですよね。

今回は、赤ちゃん用洗剤が必要なのか紹介します。
専用の洗剤は、無添加で無香料、洗浄力が弱いため赤ちゃんに優しいのです。

赤ちゃん専用の洗剤が必要かどうか見極めることができれば、出産の準備もスムーズになりますよ。

おススメの赤ちゃん洗剤をすぐ確認

赤ちゃん用の洗剤は必要なの?

赤ちゃん用洗剤必要

赤ちゃんの肌は敏感なため専用の洗剤が必要です

赤ちゃんの肌は薄いため、外界からの刺激に弱くなっています。
きめが細かく潤っているように見える赤ちゃんの肌も、角質層が小さいため乾燥しやすいのです。
大人用の洗剤に含まれている界面活性剤の影響を受けやすいため、赤ちゃん用の洗剤を用意してください。

「赤ちゃん用洗剤はいならい」という方もいますが、パパやママはもともと肌が強いタイプなら、肌荒れの辛さはわからないかもしれません。
私はもともとアトピー体質で何でも使えないため、「赤ちゃんにも同じ体質が遺伝しているかも?」と思い最初から赤ちゃん用洗剤を選びました。
「赤ちゃん用洗剤は高い」と思っているなら、大人でも使える無添加せっけんを選ぶことで、赤ちゃん用洗剤とすることもできます。

赤ちゃん用の洗剤は無添加のつくりが多い

赤ちゃん用洗剤は無添加のつくりが多いようです。
しかし、無添加=合成成分が入っていないとは違うため注意しましょう。
日本における「無添加」は定義があいまいで、合成界面活性剤が無添加、香料が無添加、蛍光増白剤が無添加の意味でも「無添加」の表示をしても問題はありません。
たった1種類の成分が無添加なだけで、無添加をうたっている商品もあるのです。

本当の無添加とは、合成界面活性剤も、合成香料も、蛍光増白剤も無添加なはずです。
無添加と判断しやすいのは石鹸系の洗剤で、天然原料の界面活性剤を使っています。
天然の界面活性剤とは、パーム油やココナッツ油などです。
石油系の成分が1つでも入っていれば、それは本当の無添加洗濯洗剤ではありません。

赤ちゃん用洗剤でも注意したい成分

赤ちゃん用洗剤必要
赤ちゃん用洗剤を選ぶ場合は、次の成分に注意が必要です。

合成界面活性剤

合成界面活性剤とは石油からつくられる界面活性剤のことです。
洗浄力が高いため市販の洗濯洗剤の多くが使用しています。
汚れを強く落とすということは、赤ちゃんの皮脂まで奪うものです。
肌が強い方は市販の洗濯洗剤でも影響はありませんが、皮膚が弱い赤ちゃんや敏感肌の方だとかぶれてしまう可能性があります。

蛍光増白剤

蛍光増白剤は洗濯物を真っ白に仕上げるための成分です。
洗濯石鹸で毎日洗っていると黄ばんでくるのですが、市販されている洗濯洗剤では黄ばみはおこりません。
蛍光増白剤は衣類を漂白するようなもので、きなり色の衣類に使うと徐々に色が抜けて真っ白になってしまいます。
赤ちゃんの肌に漂白成分は刺激が強いため避けましょう。

合成香料

合成香料も石油からつくられるものです。
最近は「柔軟剤のニオイで具合が悪くなる」という人もいますが、それは合成香料の強い香りによる影響からおきています。
赤ちゃんはママのおっぱいのニオイをかぎ分けているため、強いニオイの合成香料はよくありません。

合成の抗菌剤

赤ちゃんの衣類はばい菌を遠ざけるため除菌をしたくなるかもしれません。
しかし、強い成分で殺菌すれば、衣類に成分が残って赤ちゃんに影響を与える可能性があります。

赤ちゃん用洗剤を使っても大人と一緒に洗わない

赤ちゃん用洗剤必要

大人用衣類はホルムアルデヒドが付着しているため

大人用の衣類はホルムアルデヒドが付着している可能性があります。
衣類に使うホルムアルデヒドとは有機溶媒で、医薬用外劇物に指定されている物質です。
新築や新しい家具で問題となることがありますが、衣類にも縮みを防いだり張りを出したりするために使用しています。
ホルムアルデヒドは水に溶けやすく、洗濯水に混じって他の衣類に付着する恐れがあります。

新生児用衣類はホルムアルデヒドの基準がある

子どもや大人の衣類の場合は、ホルムアルデヒドは75μg/g以下までの基準です。
乳幼児用は生後24ヶ月の衣類では16μg/g以下と厳しく規制されています。
せっかくホルムアルデヒドの影響が少ない衣類を買っても、大人の衣類と一緒に洗ってしまうと、赤ちゃんの衣類のホルムアルデヒド量が多くなってしまう可能性があります。

赤ちゃんの衣類を最初に着せるときに余洗いするのも、洗うことでホルムアルデヒドの影響を減らせるためです。

大人の衣類と一緒に洗濯するのは1歳から

衣類のホルムアルデヒドの基準が生後24ヶ月まで厳しく制限されているため、赤ちゃんの衣類は大人用と一緒に洗うなら1歳からがおススメです。
生後1ヶ月から大人用衣類と一緒に洗う方もいるようですが、極力赤ちゃんへの影響を軽くしたいなら生後24ヶ月以降まで控えると安心でしょう。

大人用衣類と赤ちゃん用を一緒に洗う場合は、通常の洗剤を使う必要があります。
赤ちゃんの皮脂と比べて大人の皮脂は落としにくいためです。
一緒に洗うなら大人の衣類用としてより洗浄力が高い洗剤でなければなりません。
ママの肌が弱いなら「洗濯石鹸」や「大人用無添加洗剤」を選びましょう。

赤ちゃん用洗剤は1歳までの使用がおススメ

赤ちゃん用洗剤は何歳までという明確な基準がありません。
新生児の頃は赤ちゃん専用の洗剤を使って、少しずつ大人と同じ洗剤で様子を見るのがおススメです。
とくに肌トラブルがなければ、早い段階から大人用洗剤に切り替えることもできます。
多くのママは1歳くらいまで継続して赤ちゃん用洗剤を使うことが多いようです。

赤ちゃんの洗濯洗剤の選び方

赤ちゃん用洗剤必要

液体せっけんは洗剤が衣類に残りにくい

粉末状の洗濯石鹸も無添加のため赤ちゃんに使うことができます。
しかし、粉末石鹸は水に溶けにくく、別途よく泡立ててから洗濯物を入れないと、汚れ落ちが悪くなってしまいます。
ひと手間加えないで洗えば溶け残った石鹸が衣類に付着することになるでしょう。
赤ちゃん用の洗剤は断然液体タイプが多いのも納得です。
育児中のママは忙しく、液体洗剤のほうが溶け残りの心配をしなくて済みます。

ハーブもNG、無香料タイプを選ぶこと

市販の無添加洗濯洗剤はハーブの香りが付いているものがあります。
ハーブの香りは癒されるため、付いていたほうがいいと感じるかもしれません。
天然アロマを配合していれば赤ちゃんへの負担は少ないのですが、アロマであっても赤ちゃんの嗅覚を邪魔することに変わりがないのです。
赤ちゃん用の洗剤は無香料のものを選んでください。
赤ちゃん専用の洗剤を選べばほとんどが無香料のため、迷わなくてもいいでしょう。

アトピー肌の赤ちゃんに使う洗濯方法

赤ちゃん用洗剤必要

天日干しして衣類を殺菌する

赤ちゃんのアトピー肌は、衣類に残った雑菌でかぶれる可能性があります。
衣類を選択したら天日干しして、雑菌を取り除くようにしましょう。
ママが花粉症の場合は天日干しすることはできないため注意が必要です。

天然の殺菌成分が入った洗剤を使う

赤ちゃん用の洗剤には、天然の殺菌成分が含まれているものがあります。
アトピー肌は雑菌やカビの影響を受けやすいため、洗剤で取り除いてあげましょう。
除菌は酵素系漂白剤でできますが、アトピー肌の赤ちゃんの負担を軽くするために、天然の除菌成分入り洗剤がおススメです。

天然の除菌成分入り赤ちゃん用無添加洗剤は、ふわっしゅが有名です。
下記のページで詳しく紹介しているため、気になる方はチェックしてみてください。

ボタン

赤ちゃんにも使える洗濯洗剤11選

1・太陽油脂 パックスベビー洗濯せっけん

パックスベビー
https://shop.paxnaturon.com/products/detail.php?product_id=76
石油系の合成添加物は一切使っていない、純せっけんの赤ちゃん用の石鹸系洗剤です。
合成界面活性剤、リン酸塩、着色料、蛍光増白剤は使っていません。
使用している原料はマカダミアナッツ油などの植物性油脂です。

・純せっけん(35%脂肪酸カリウム)・ムクロジエキス
・無香料
・1.2L 864円(税込)

2・サラヤ ハッピーエレファント

サラヤ ハッピーエレファント
http://shop.saraya.com/smile/item/26032/
植物性成分100%の洗濯石鹸で、赤ちゃんにも安心して使うことができます。
天然酵母の発酵で生み出された「ソホロリピッド」とヤシノミ由来の植物性洗浄成分で洗える商品です。
石油系界面活性剤、蛍光増白剤、漂白剤、着色料、合成香料も使っていません。
RSPO認証パーム油の使用のため、地球や人権にも優しくなっています。
ラベンダー油やティーツリー油の香り付きのため、新生児の場合は注意が必要です。
防腐剤、安定剤、増粘剤、ph調整剤は使っています。

・界面活性剤(9.2%、アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム、アルキルボリグリコシド、ソホロースリピッド)、エタノール(防腐剤)、クエン酸塩(安定剤)、キサンタンガム(増粘剤)、ラベンダー油(香料)、ティーツリー油(香料)、pH調整剤
・天然アロマの香り
・800ml 720円(税込)

3・サラヤ アラウベビー洗濯用せっけん

サラヤ アラウベビー洗濯用せっけん
https://www.arau.jp/baby/products/ekitai.html
ホームセンターやドラッグストアでも買うことができる、無添加タイプの赤ちゃん用洗剤です。
柔軟剤いらずでもふっくらと仕上げます。
純せっけん分とアロエエキスだけのシンプル設計で、赤ちゃんにも負担がありません。
アラウシリーズは大人用洗剤、食器用洗剤、ハンドソープなどラインナップが豊富です。
ヤシから生まれた植物性の洗濯洗剤で、合成界面活性剤、蛍光剤、漂白剤、合成香料、着色料、保存料が含まれていません。
天然ハーブのラベンダーとスペアミントの香りがするため、新生児の場合は注意しましょう。
私もアラウシリーズの愛用者で、ハーブの香りは残り過ぎず癒されるため好きな洗剤です。

・純石けん分(30%脂肪酸カリウム)・アロエエキス
・天然アロマの香り
・720ml 400円(税抜)

4・宮本製作所 ベビーマグちゃん

宮本製作所 ベビーマグちゃん
https://magchan.com/products/detail.php?product_id=4
洗濯洗剤ではありませんが、洗剤要らずで洗濯できるため赤ちゃんがいる家庭に人気があります。
高純度のマグネシウムで洗濯物を洗うタイプです。
水の中に入れるとアルカリ性の水素水が発生して、洗剤要らずでも皮脂汚れやニオイも除去します。
1袋で300回使用がOKでエコなのも嬉しいですね。
洗濯と同時に除菌もできるため、アトピー肌向けにもおすすめです。

・ピュアマグネシウム70g
・無香料
・2,592円~7,776円

5・ピジョン 赤ちゃんの洗濯用洗剤 ピュア

ピジョン 赤ちゃんの洗濯用洗剤 ピュア
https://products.pigeon.co.jp/item/index.php?item_id=1623
赤ちゃん用品のピジョンから販売されている洗濯洗剤です。
100%植物洗浄成分で洗うため、赤ちゃんの肌にも負担がありません。
着色、香料、漂白剤、リン、蛍光剤が配合されていない無添加タイプです。
純石けんだけの製品ではなく、安定化剤、pH調整剤、金属封鎖剤は配合しています。
水に溶けやすくせっけん残りがなく、赤ちゃん特有の汚れにも対応しています。

・界面活性剤〔7.6% ポリオキシエチレンアルキルエーテル、純石けん分(脂肪酸カリウム)〕、安定化剤、pH調整剤、金属封鎖剤
・無香料
・800ml オープン価格(500円前後)

6・ミヨシ石鹸 ベビーの肌着洗いせっけん

ミヨシ石鹸 ベビーの肌着洗いせっけん
Amazon
ミヨシ石鹸は純せっけんと水だけのシンプルな洗剤のため、赤ちゃんにも使いやすいでしょう。
通常の無添加洗剤はスーパーやホームセンターでも売っていますが、ベビー用の取扱いは少ないようです。
洗剤だけでなく食器洗いや石鹸など幅広いラインナップがあります。
パッケージにくぼみがあるのは片手でも注ぎやすい工夫からです。

・純石けん分(30%脂肪酸カリウム)
・無香料
・800ml 580円(税抜)、詰め替え600ml 390円

7・まるは油脂 やさしくなりたい洗濯ハーブの香り粉石けん

まるは油脂 やさしくなりたい洗濯ハーブの香り粉石けん
http://nanairo-sekken.com/?pid=69086909
せっけんメーカーが販売する、ハーブの香りがする粉せっけんです。
サラサラでキメの細かい粉せっけんのため、石けん洗剤初心者でも扱いやすいでしょう。
水温が低めでも比較的溶けやすく、温水を使わなくてもいいのがメリットです。
純石けんのため、合成界面活性剤、合成香料、合成着色料、リン酸塩、エデト酸塩などは一体使っていません。
ラベンダー油配合のため、新生児に使う場合は注意してください。
長期間ラベンダーの香りが飛ばないよう、パッケージにチャックが付いています。

・純石けん分(70%、脂肪酸ナトリウム)、アルカリ剤(炭酸塩、珪酸塩)、ラベンダーオイル、ミントオイル
・アロマの香り
・1.8kg 1,200円(税抜)

8・シャボン玉 衣類用液体洗剤 スノールベビー

シャボン玉 衣類用液体洗剤 スノールベビー
https://www.shabon.com/shop/products/view/1615
純せっけん系の洗剤で、赤ちゃんにも安心して使うことができます。
天然油脂を釜炊きした昔ならではの製法で、1週かけて職人がせっけんをつくっています。
ふんわりと仕上がるため柔軟剤は使わなくても大丈夫です。
蛍光増白剤、香料、着色料、酸化防止剤、LASなどの合成界面活性剤は使っていない、無添加せっけんの洗剤です。
日本アトピー協会推奨品のため、赤ちゃんのアトピー肌にも使うことができます。

・純石けん分(30% 脂肪酸カリウム、脂肪酸ナトリウム)
・無香料
・1,000ml 1,004円(税込)

9・ネオナチュラル neobaby 善玉菌酵素 洗濯洗剤

ネオナチュラル neobaby 善玉菌酵素 洗濯洗剤
https://www.neo-natural.com/fs/life/c/nbo_senzai
ネオナチュラルは国産オーガニックコスメを販売するメーカーです。
赤ちゃん用の洗濯洗剤も売っています。
合成洗剤でもないせっけん系でもない第3のせっけんを開発しました。
乳酸菌、納豆菌、酵母菌の酵素の力で衣類の汚れを落とすタイプです。
せっけん成分は0.5%以下のため、石けんカスが衣類に残ってしまう心配がありません。
一般のものと比べて洗剤の量が少なくてよく、すすぎは1回でよいためエコです。
成分を見てみるとアロマによる香料があるようで、新生児の赤ちゃんには注意してあげてください。

・アルカリ剤(炭酸ナトリウム)、水軟化剤(クエン酸ナトリウム)、分散剤(硫酸ナトリウム)、再汚染防止剤(カルボキシメチルセルロース)、酵素、植物由来脂肪酸、善玉発酵菌由来酵素、香料(ラベンダー、ローマンカモミール、ボリジ)
・アロマによる香料
・1.2kg(約60回分)1,200円(税抜)

10・メイド・イン・アース アースの液体せっけん

メイド・イン・アース アースの液体せっけん
https://madeinearth-store.jp/category/564.html
純オーガニックコットン製品や布ナプキンを販売するメーカーです。
天然せっけんを使った洗剤は、洗濯から食器洗い用まで使うことができます。
植物成分100%のせっけんを使っているため、食器洗いや掃除に活用してもママの手荒れを防げるのがメリットです。
昔ながらの製法でココヤシオイルを釜で1日かけて炊いています。

・脂肪酸カリウム30%(純せっけん分)、純水70%
・無香料
・1.2L 3,240円(税込)

11・ライトウェーブ バジャン

ライトウェーブ バジャン
https://lightwave.shop-pro.jp/?pid=40621475
アトピーや敏感肌の方でも使える製品を販売するメーカーです。
洗剤は植物性も含んだ界面活性剤を使っていないため、洗浄中の水でメダカが泳げるほど安全なことがわかっています。
主成分は料理にも使える重曹で、重曹は口に入れても問題がない成分です。
漂白剤、蛍光漂白剤、柔軟剤、香料、リン酸塩も無添加です。
独自の技術により陰イオンを発生させてたんぱく質汚れも落とします。
すすぎは1回でよいため水道代節約にもなる洗剤です。
重曹はカビの繁殖を防ぐためにも役立つもので、アトピー肌の赤ちゃんにもおススメです。

・炭酸塩・重炭酸塩・けい酸塩・硫酸塩・分散剤・酵素・酵素安定化剤
・無香料
・1.2kg 1,480円(税抜)

市販の洗剤は赤ちゃんにも大丈夫?

赤ちゃん用洗剤必要

洗濯洗剤アリエールは赤ちゃんに使える?

アリエールは合成洗剤のため、新生児の赤ちゃんにはおススメできません。
赤ちゃんが大きくなって肌の様子が問題ないなら、アリエールに変えて様子をみても大丈夫です。

洗剤さらさは赤ちゃんに使える?

「無添加」と表示のあるさらさは、赤ちゃんがいる家庭でも人気のようです。
スーパーやホームセンターでもよく売られている洗剤のため、注目しているのではないでしょうか。
実は無添加となるのは「蛍光剤・漂白剤・着色料」の3つが無添加なだけです。
合成の界面活性剤を使っている洗剤のため、新生児の赤ちゃんにはおススメできません。
無添加と書かれているためせっけん系だと勘違いしている方も多いようです。
さらさを使いたい場合は赤ちゃんが大きくなってからで、肌に問題がないときです。

洗剤アタックは赤ちゃんに使える?

アタックも合成洗剤のため、新生児の頃に使うのは避けましょう。
酵素のパワーで汚れ落ちがしやすい洗剤のため、小学校や中学校など大きい子どもがいる家庭におススメです。
スポーツをやっている子どものユニフォーム洗いに役立ちます。

まとめ:赤ちゃんの洗剤は純せっけんを使うのがおススメ

無添加洗剤といっても、アロマの香りが付いているものや、独自の成分が加えられているものもあるようです。
純せっけんだけのシンプルな洗剤のほうが、赤ちゃんの肌には負担がありません。

・純せっけんのみの洗剤であること
・母乳育児中はアロマの香りも避ける
・家庭に合った価格を比較しよう
・アトピー肌には天然の除菌パワーがあるもの

これらを基準に選んでみてください。