Huluの通信料がかかる?スマホで視聴する場合の注意点

Hulu通信料 海外ドラマ

Huluはスマホでも視聴が可能ということで、これから見たいと考えているのではないでしょうか。
しかし、スマホを最近使い始めたばかりだと、「動画をどのくらい見ると通信制限がかかるのかわからない」ということにもなりかねません。
Huluのような動画配信サービスは、使用するデータ通信料が多いため、使用する用量は事前にチェックしておくことをおススメします。

スマホでHuluを見るときWi-Fiじゃなければ通料がかかる

注意したいのが、スマホでHuluを見るとき、家庭やコンビニなどのWi-Fiを使わないと、どんどんパケットが減ってしまいます。
スマホで動画を見るときの仕組みについて、一度確認しておきましょう。

スマホで動画をWi-Fiで見るとき

家庭で光やADSLなどを契約している場合、Wi-Fiで接続すると通信料がかかりません。
なぜなら光やADSLは通信量の制限がかからないためです。
そのため、スマホで動画サービスを使う場合は、多くの方が家でWi-Fiを使って視聴しています。
もちろん、コンビニなどにある無料のWi-Fiスポットを活用してもOKです。

スマホで動画をそのまま見るとき

スマホの契約にもよりますが、どの契約でも通信料の制限があります。
通信制限がかかるのは、6GB以上や、1GB以上などです。
どのくらいで通信制限がかかるかは、スマホの契約内容を確認してください。
ちなみに通信制限がかかると月末まで解除されることはできず、途中で解除するには別途料金を支払う必要があります。

 

だからこそ、スマホでHuluを見るときは、通信制限がかからない家庭や無料Wi-Fiスポットを活用しましょう。

Huluの通信料はどのくらい使うの?

家でHuluを見ることができるなら通信量について気にする必要はありません。
しかし、家庭に光やADSLの契約をしていないと、Wi-Fiそのものがないため通信量を気にしなければならなくなります。

 

Huluの動画の通信量は、動画の種類によってデータ量が異なります。
たくさんの動きが必要となる映画では、それだけデータ量が多いです。
また、Huluは画質も調節することができるため、その設定で通信量を節約することはできます。

たとえば、高画質の画像で映画を1時間見た場合、約1GBくらいの通信量を消費します。

1GB×6時間=約6GB

スマホの通信量の制限がかかるのは6GBなどと説明しましたが、Huluで高画質の動画を6時間見れば、6GBは超えてしまうのです。
6時間といえば、2時間の映画を3本見られることになります。
ドラマなら6本見れば通信制限がかかると覚えておきましょう。

 

スマホの場合Hulu以外の使用量がありますから、その方がスマホでネット閲覧、ゲームで遊ぶ、LINEを送る、LINEで電話をするなど、それぞれの消費量もプラスする必要があります。

Huluの画質を下げる方法

「1か月に6時間の動画視聴では足りない」このように感じる方は、画質を下げればもう少し長い時間視聴できる可能性があります。
Huluで変更できる画質は、最高・高・中・小の4タイプです。

Hulu通信料
画像出典:https://help.happyon.jp/
スマホでHuluの画質を変える場合は、右上にある歯車のマークをクリックし、「画質・通信量」で変更してください。
この欄を見ると「1GBで23分視聴可能」と書かれています。
画質を下げるとどのくらい見ることができるかの目安とできますから、参考にしてください。

 

ちなみにこのデータ量の違いは、動画ごとに違っています。
最高とは「フルHD画質」のことです。
以前Huluの画質は最高でもHD画質でしたが、さらに上回る画質になったことで、データ容量を多く消費している可能性があります。

 

フルHD画質はブルーレイと同等の画質といわれるレベルです。
ここまで高画質にこだわる必要がないと考えている方は、画質を下げましょう。

・推奨 約1.9GB
・最高 約1.8GB
・高 約1.08GB
・中 約0.68GB
・低 約0.21GB

中の画質でHuluを見たとすると

0.68GB×9時間=6.12GB

高画質のときと比べて、3時間長く見ることができるようになりました。
低ならもっとHuluを長時間見ることができます。

0.21GB×29時間=6.09GB

低まで下げれば1か月で29時間Huluが見られると仮定すると、海外ドラマを29本分です。
この程度なら通信制限を気にせず、好きなだけ見ることができるといえます。

スマホでHuluを見るときに通信料をかけない方法

パケット代をかけず、スマホの定額料金とHuluの料金だけで見るなら、次の2つの方法をおススメします。

家庭のWi-Fiに接続する

家に光回線やADSL回線があるなら、家にいるときだけはWi-Fiに接続してください。
ルーターにパスワードが記載されていますから、入力して接続します。
家庭でのインターネット回線は使い放題で、どれだけ使用しても通信制限はかかりません。

無料Wi-Fiスポットで接続する

コンビニ、ファーストフード店などには、無料で接続できるWi-Fiがあります。
「無料Wi-Fiで接続するとセキュリティが心配」
もしかしたらこのように考えているかもしれません。

 

Huluが2017年5月にリニューアルされたときに、全てのページがSSLに対応されました。
SSLとは暗号通信のことで、サイトのセキュリティが強化され、無料Wi-Fiスポットを使ってネット接続しても、クレジットカード情報などが暗号化され読み取れないということです。

 

無料Wi-Fiスポットは誰でも使えるため、スマホに入り込まれ、閲覧しているサイトの情報が盗み取られるリスクがあります。
そのためSSL対応のサイト「https」から始まるサイトのみを利用するようにしてください。

将来Huluはダウンロード視聴が可能になるかも?

2018年5月2日に発表された情報によると、米Huluでは動画をダウンロードして視聴できるコンテンツが利用できるようになるとのことです。
出典:https://www.hulu.com/press/hulu-surges-past-20-million-u-s-subscribers-and-announces-plans-to-offer-advertising-in-live-tv-this-quarter/

 

日本では正式発表されているわけではないため、動画をダウンロードできるサービスが開始される保証はありません。
しかし、スマホでHuluを見る視聴者が増えていけば、家で動画をダウンロードしておき、「外出先で通信量を気にせず見たい」という人も増加する可能性はありますよね。

 

現在、日本のHuluの動画をダウンロードする方法はありません。
他社の動画サービスでは、dTV、Netflix、U-NEXT、Amazonプライムビデオがダウンロードに対応しています。
Huluもこの流れに対応しないとはいいきれないでしょう。

 

現段階では、Wi-Fiに接続して通信料をかからなくするか、画質を下げるくらいの対処方法しかありません。
長時間Huluを見る方は、日本でもダウンロードができるよう要請してみてはどうでしょうか。