【ローソク出せ】北海道の札幌や函館の七夕、ローソクもらい。思い出のマーニーでも描かれる行事とは?

ローソク出せ 北海道 ライフ

「北海道では七夕の8月7日に『ローソク出せ』があるって聞いたけど、何?」
ほかの地域の人からすると、こう考えてしまいますよね。
ローソク出せは別名「ローソクもらい」とも呼ばれている七夕の行事です。

 

北海道で育った、どさんこの私が紹介しますね!

ローソク出せの始まりとは?

実は北海道生まれ、北海道育ちの私ですが、ローソク出せはやったことがないんです。
でも主人が子どものころは、町内会でローソク出せをやっていたそうなので、結構古くからおこなわれてきた行事のようですね。

 

調べてみると、もともとローソクを地域の人たちにもらいに行く行事のようです。
「ローソク出せ 出せよ~ 出さないとかっちゃくぞ」
と歌いながら町内を練り歩き、それぞれの家庭からローソクをもらってきます。

 

でも、子どもがローソクをもらっても全然嬉しくない。
ということで、今ではお菓子をくばるのが一般的になっています。

 

我が家がある町内会でも、毎年ローソク出せはやっていますね。
あくまでも町内会主催のため、町内によってはやっていないのです。
だから、北海道生まれ、北海道育ちの私は、一度もやったことがありません。

ローソク出せがおこなわれている地域とは?

ローソク出せ
調べてみると、函館、札幌、富良野、室蘭などでローソク出せの風習があることがわかりました。
地域によっては七夕の7月7日、または8月7日の開催です。

 

「ローソクもらい」は、子供たちが浴衣を着て提灯を持ち、夕暮れ時から夜にかけて近所の家々を回って歌を歌い、ローソクやお菓子を貰いあるくハロウィンに似た習わしである。富良野市や室蘭市、函館市(とその周辺の市町)では7月7日、その他の多くの地域では8月7日におこなわれ、七夕から盆にかけておこなわれる地域もある。現在も北海道各地でおこなわれているこの「ローソクもらい」は、古くから拓かれた函館や江差などの道南地方や、札幌市など家々の密集する地域でとくに顕著にみられる。

函館の古い習俗を記した安政2年(1855年)の『函館風俗書』(蛯子七左衛門著)には、七夕の習わしとして、子供たちがめいめいにガク灯籠を差し出して、柳に五色の短冊をつけて、笛や太鼓を鳴らし囃し立てて歩くようすが描かれている。ここではローソクを貰い集めることは記されていないが、灯籠を見せて歩く習わしは、「ねぶたッコ見てくれ」と練り歩く青森県のねぶたの習わしに似ている。
出典https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%82%AF%E3%82%82%E3%82%89%E3%81%84

 

ローソク出せの発祥は、どうやら青森のねぶた祭のようですね。
ねぶた祭ではローソクを使ってちょうちんを灯すため、そのために子どもたちが町内をまわって集めていたのでしょう。

でも何で8月7日が七夕なの?

ローソク出せ
子どものころから8月7日に七夕をやってきた私にとって、別に不思議でもなんでもありませんでした。
でも、よく考えてみると「なんで8月7日なの?」と思いますよね。

 

調べてみると、明治時代に旧暦から太陽暦に変わったことから、1か月ずれてしまいました。
北海道だけが8月7日なのかと思っていたら、意外にも多くの地域で開催されているようです。

 

北海道生まれの私は、たんに「北海道の夏は遅いから」「7月だとまだ寒いから」みたいに勝手に思っていました。
「7月だとまだ浴衣を着る時期じゃないよね~」
みたいな感じです。

 

七夕は本来秋の行事だったようで、季節を重視したのが北海道などの地域なのでしょう。

 

8月7日開催で有名なのが、北海道と仙台です。
ほかにも東北地方以外にも、東京都杉並区、大分県大分市などでも8月7日となっています。

 

七夕とはもともと中国から奈良時代に日本へ伝わった風習です。
牽牛星、織女星が1年に1度だけで会える日としても有名ですよね。
私たちは子どものころから七夕は親しんでいるようで、知らないことがたくさんあるようです。

北海道に住んでいたらお菓子をあげないとダメ?

昔は地域の人たちで子どもたちを育てるという感覚があったため、全部の家にまわっていたのかもしれません。
今では子どもがいない家庭にも配慮して、子どもがいる家庭のみまわるのが一般的です。

 

だから、すべての家庭が「ローソク出せがあるから、お菓子を用意しなきゃ」と待ち構えている必要はありません。
逆に用意していても、「子どもがいる家庭だけ」という決まりだと来てくれません。

 

お菓子は町内会費からも用意しているので、心配する必要はないと思います。
物騒な世の中でもあるため、全部の家庭にお菓子をもらいに行くことはできないのかもしれませんね。

 

お菓子を家庭にもらいに行くため、「北海道のハロウィン」とも呼ばれることがあります。
海外のハロウィンでは仮装しますが、北海道のローソク出せでは浴衣を着ます。
子どもだけで家庭におやつをもらいに行くことはなく、親が同伴するため安心ですね。

映画「思い出のマーニー」にも登場したローソク出せ

思いでのマーニーのローソク出せ
スタジオジブリの映画作品「思い出のマーニー」にもローソク出せの行事は出てきます。
この映画では北海道が舞台となっていて、主人公の佐々木杏奈が七夕まつりに参加するシーンで、ローソク出せが描かれていました。

 

「北海道のどこが舞台なのかな?」
こう思って調べてみたら、北海道の釧路でした。
沼のような湖のような景色は、釧路湿原だったようです。

「かっちゃくぞ」とはどんな意味?

ローソク出せ
ローソク出せで出てくる「かっちゃくぞ」とは「ひっかくぞ」という北海道の方言です。
普段から北海道の人が「かっちゃくぞ」と言っている様子はみかけることがありません。

 

ちなみにローソク出せでは、「噛みつくぞ」「食いつくぞ」「ひっかくぞ」などいろいろなバージョンがあります。
「ローソク出せ 出せよ~ 出さないとかっちゃくぞ」
このように歌うのは、札幌、遠軽町、室蘭、登別、旭川、歌志内、釧路、余市などの地域です。

 

函館では「ローソク頂戴な~」となっていて、歌う内容が異なっています。

 

ローソク出せの行事は、子どもたちにとって楽しみのひとつです。
きちんと歌えた子どもは「おやつがもらえる~」と頑張って歌います。
私は体験したことがないのですが、地域の行事として残るといいですね。