ブログ記事作成を在宅でやるなら!この人初心者だな?と思われないテクニックを磨け

ブログ記事作成を在宅で お金のこと

「在宅でブログ記事作成のお仕事があるって聞いたけど?」
このページに訪れた方は、在宅でのブログ記事作成のお仕事に興味がある方だと思います。

今ではクラウドソーシングを利用し、在宅でブログ記事作成のお仕事を受けやすくなりました。
「WEBライター」というと聞こえはいいのですが、実際にはクラウドワークスの様なサービスで、高額収入を得ている人の割合は少ないのです。

・ブログ記事作成で高額報酬
・ブログ記事作成でお小遣い程度

実際には、同じブログ記事作成のお仕事でも、このような報酬の違いが出てきてしまっています。

相手に「初心者WEBライター」だと思わせないテクニックを身につければ、お小遣い程度の収入で終わらず、正社員なみに稼ぐことは不可能ではありません。

主婦のWEBライターだとどうしても単価が低くなってしまうため、少しでも高いお仕事を獲得できるよう、記事作成のテクニックを磨いてみましょう。
私が実際に実践している方法を紹介します。

ブログ記事作成の在宅の仕事とは?

そもそもブログ記事作成のお仕事自体、詳しく知らない人もいると思います。
どんなお仕事なのか簡単に解説していきましょう。

SEOバックリンクに使う

最近はGoogleが上位する基準が変わってきていて、バックリンクサイトをつくる方法は主要ではなくなりました。
そのため、SEOのためバックリンク記事を外注する方法は、少なくなってきています。

バックリンクとは、検索順位を上げたいサイトに対し、衛星のように周りからリンクを付けるSEOの方法です。
自作自演リンクの方法で、バックリンクも自分が所有するサイトを使うため、そのバックリンク用の記事を外注に依頼します。

企業のまとめサイト(キュレーション)に使う

最近は、企業が運営するまとめサイト(キュレーションサイト)に記事を投稿する場合もあります。
「〇〇サイトの〇〇という記事は私の!」と宣伝することもできますし、大手企業の記事作成お手伝いをしていれば、WEBライターとしての自信も付くでしょう。

個人のアドセンスサイトに使う

単価の安いブログ記事作成のお仕事は、個人の方が依頼するケースが多くなっています。
ブログにアドセンスを貼って広告費を稼いでおり、記事を外注する方法です。
マニュアルがしっかりできていれば、外部の人に依頼してもしっかりとした記事が上がってきて、アドセンスブログの運営ができます。

在宅でのブログ記事作成12つのポイント

ブログ記事作成の在宅
これから在宅でブログ記事作成を始めるなら、周りの人と差をつけるために、次のようなテクニックを身につけておきましょう。
クラウドソーシングで単価の高いお仕事は競争率も高いため、ある程度の知識を知っておく必要があります。

1・指定したキーワードを含める

ブログ記事作成のお仕事は、「〇〇」という特定のキーワードで上位させるために依頼されています。
アドセンスブログ、キュレーションサイトなどは検索エンジンからの訪問がほとんどで、Googleの検索結果の上位に表示されないと、記事を依頼する意味がありません。

そのため、クライアントからは必ず、上げたいキーワードが指定されます。

今は詰め込み過ぎない程度

以前は記事内に狙ったキーワードを多数詰め込む方式でしたが、今はその方法は通用しなくなっています。
今はGoogleの基準が変わってきているため、狙うキーワードは含める必要があっても、詰め込むのは逆効果です。
クライアントによっても異なりますが、数回程度記事中に入れることが多くなっています。

2・内容の正確性を重視する

どんどんGoogleのアルゴリズムが変化しており、今は記事の正確性や専門性などが重視されるようになりました。

その代表的なものが、健康系アップデートです。
有名キュレーションサイトでは、主婦が書いたブログ記事が上位されていて、その専門性が問題となり、閉鎖に追い込まれてしまいました。

その後、Googleも対策に乗り出したようです。
健康記事など人の命に係わることは、医師や看護師など専門家が書いたものや、監修した記事でないと検索順位を上げない決まりとしました。

これによりブログ記事はどの分野でも、記事の正確性が問われるようになっています。
医師が書いた記事など、正確性がある内容を元にリライトしないと、WEBライターのプロとはいえないのです。

専門家の書いた記事を参考にすること

個人が書いたブログや、アフィリエイターが書いた記事は、参考にしないことです。
キュレーションサイトを参考に記事を書く場合は、医師など専門家監修でなければ、参考にしてはいけません。

・企業が書いた記事
・専門家執筆記事
・専門家監修記事
・公式サイト
・官公庁の公式サイト

このようなサイトの記事を元にリライトすることが大切です。

3・改行はクライアントの指示に従う

今はWEBサイトをスマホで見るケースがほとんどのため、スマホでの見やすさが重視されています。
改行を適度に入れることで、スマホで見やすいサイトになるのです。

しかし、改行のルールはクライアントによっても異なっているため、自分の常識に左右されないで、指示に従う必要があります。

「。」ごと改行するケース

句点ごとに改行すると文字が左寄せになり、文章の始まりがわかりやすいメリットがあります。
スマホで見ても、文章の始まりがわかりやすいのです。

段落ごと改行するケース

ある程度の文章をひと固まりとして、改行するケースもあります。
文章がだらだらと続いていると見づらいため、数行で改行するのです。

1文ごとに改行すると、パソコンで見たとき行間が広すぎて見づらくなります。
スマホだけでなく、パソコンでの見やすさも重視するなら、数行で改行することが望ましいです。

4・結論から先に書くようにする

検索エンジンを使って何かを調べるときは、「何かの問題解決法」を探しています。
必要な情報を求めて検索するため、回答がすぐに得られるサイトが求められるのです。

通常の文章では、起承転結が求められています。
しかし、WEBの場合は結論から先に書かなければなりません。
最初にダラダラと他のことが書かれていても、読む気にならないはずです。

PREP法を使う

PREP法とは、最初に結論から書くやり方のことです。
WEBではよく用いられているため、覚えておく必要があります。

P(POINT)結論
R(REASON)理由
E(EXAMPLE)具体例
P(POINT)結論

例えば「ショウガ ダイエット」と検索する人は、どんな回答を求めているのかリサーチしなければなりません。
なぜ痩せるのか?ダイエットのやり方は?など求める人によって、回答となるニーズは異なります。

質問に対して明確な回答がなければならないため、実際にキーワードを検索してみて、上位されているサイトが何の回答を提示しているのか確認しましょう。
その答えを最初に書き、具体的な理由や事例を示して、最後に再び結論でしめます。

5・1文をできるだけ短くする

文章は長くなるほど、素人にとって文章作成が難しくなります。
それに、文章を読んだ人にとっても、読みづらい文章になってしまうのです。

長文となると主語と述語があやふやとなり、何を言いたいのかわかりません。
「私はバナナが好きです。」
このように文章は短くしたほうが、相手に伝わりやすくなります。

WEBライターとして慣れてくると、「自分はデキる」と勘違いして長文を書きたくなるのですが、これは間違いです。
人に何かを伝えるのがWEBライターのお仕事で、自分の文章がデキることをアピール場所ではないのです。

6・主語と述語が合っているか確認する

長文になってくると、主語と述語が遠くなっていき、何を言いたいのかわからなくなります。

主語と述語を近づける

文章をできるだけ短くすれば、自然と主語と述語は近くなります。

7・「が」を接続詞代わりに使わない

これはよくある間違った使い方です。
有名な人が書いた書籍でも、「が」を接続詞代わりに使っているケースは少なくありません。

私も、最初は長文を書こうとして、「が」を接続詞のような使い方をしていました。
「が」という言葉は本来接続詞のような使い方をするのではなく、前半の文章と否定的な言葉をつなげるときに使うものです。

「が」を使って文章をつなげなければならないときは、そこでいったん切るようにすると、長文にならずに済みます。
文章のなかにたくさんの「が」の接続詞が出てくると、何を言いたいのか相手に伝わりづらいのです。

8・漢字はできるだけひらく

WEBの文章は読みやすさが重視されています。
「中学生でも読むことができる文章」が基準です。

専門用語や漢字をたくさん使ってしまうと、多くの人が読みやすい文章にはなりません。
パソコンで文章を作成していると、変換で難しい言葉が出てきてしまうため、ついつい使っていませんか?
カタカタ語など、その業界の人しか知らない言葉も、使わないほうがよいです。

漢字をひらくとは、「事→こと」「時→とき」「私達→私たち」「様々な→さまざまな」というように平仮名にすることです。
漢字ばかりとなってしまうと固い文章となるため、読みやすさを重視して、漢字はひらきましょう。

クライアントによって「固い文章」と指定されたときや、文字のルールが指定されたときは、それに従ってください。

9・「の」を連続しない

「私の物の重さの」このように「の」を連続させると、くどい文章になります。
「の」は使っても2回までです。

10・同じ言葉を繰り返さない

特定のことを解説する文章だと、その言葉が続いてしまうことがあります。
読んでいてもリズムが悪くなってしまうため、類義語に置き換えて使いましょう。

よくあるのが、語尾に同じ言葉が続いてしまう場合です。
「~ます。~ます。~ます。」のように語尾を続けるのではなく、「~ます。~です。~でしょう。」など語尾が続かないようにしましょう。

11・誤字脱字を減らす

WEBライターは、誤字脱字をできるだけ減らす努力が必要です。
自分でもWチェックを心がけて、何度か読み返し誤字脱字を無くす工夫をしましょう。

ワードを使って文字校正機能を使う

ワードを使うと、文字に誤字脱字の部分を、波線で示してくれる機能があります。
しかし、この機能は完璧ではなく、似たような漢字で波線が表示されないことも多いため、最終的には目視でチェックしてください。

文章を書きながらワードで文字を校正、書き終わったら最低でも2回は目視でチェックする、このような方法を実践する必要があります。
私は1回目の目視チェックで、文章の不自然さを確認するようにしていて、2回目の目視チェックで文章をざっと読んだときに誤字脱字を確認することが多いです。

12・接続詞を使い過ぎない

「しかし」「また」「それでも」のように文章の最初に接続詞を使ってしまいますが、否定が2回続いてしまい、結局何が言いたかったのかわからなくなってしまうことがあります。
接続詞はできるだけ使わないように文章を作成すると、スマートです。

その他注意したいこと

在宅でブログ記事作成
ブログ記事作成のお仕事では、画像を選ぶお仕事もあります。
「文章にあった画像を選んでおいてください」という指示の場合です。
画像はクライアントが契約している有料画像から選ぶ方法や、無料画像から選ぶなどのやり方があります。

画像は横長を選ぶ

文章に加える画像を選ぶときには、できるだけ横長のものを選びましょう。
縦長の画像は必要なとき以外は避けるのが無難です。

いろいろなブログ記事を見ていても、横長の画像を使っているサイトが多いことがわかると思います。
縦長の画像だと、スマホでみたときに画像の範囲が広くなってしまい、文章が読みづらくなってしまうのです。

パソコンで文章を読んだときも、必要以上に縦スクロールしなければならず、読むのが疲れるサイトになってしまいます。
「どうしてもこの画像でなければ説明できない」というときしか、縦長画像は使わないでください。

まとめ

在宅ワークでブロブ記事を作成する場合、たくさんのルールに従って記事を作成しなければなりません。
本の執筆作業とは異なり、WEB特有のルールもあるため、ぜひ覚えてみてください。
これ以外にも読みやすい文章の書き方ルールはたくさんあるのですが、一度に覚えようとしても無理があります。

今回紹介した方法を最低限でも覚えておけば、他のWEBライターとの差別化ができると思います。
言葉で読んで理解してもなかなか実践できないため、何度もブログ記事を作成しながら、なれるのが一番です。
たくさん作成して最低限必要なルールを習得してみましょう。