50代主婦が起業するなんて無理だよね?と決めつけないで欲しい

50代主婦起業 お金のこと

メルアド登録で 全員が1万円 をもらえます。
私もお小遣い稼ぎになりました。 レビュー記事 をチェック。


メルアド登録で 全員が1万円 をもらえます。
私もお小遣い稼ぎになりました。 レビュー記事 をチェック。


このページを訪れた方は、「50代主婦で起業を目指しているけど、失敗が怖い・・・」こんなふうに考えているのではないでしょうか?

確かに50代で主婦となると若い人みたいな起業のやり方はできなくなりますし、失敗が許されない年齢なだけあって、「起業したいけど失敗が怖い」という気持ちは出てきてしまいます。

でも50代主婦だからこその強みを生かせる起業のやり方もありますし、実績がないならコツコツと積み重ねていく方法もあるため、無理と決めつけないで欲しいです。

私は50代で起業を目指す主婦ではありませんが、もう若くはないことは一緒のため、この年齢が起業のために必要なことを書いていきたいと思います。
恐れずに起業を目指してみたい方は、読み進めてみてください。

50代主婦が起業する第一歩

50代主婦が起業に挑戦したい場合は、いきなりチャレンジすると失敗するリスクがあります。

今主婦業なら少し時間が取れるはずですから、本を読むことやセミナーに参加するなどの方法で、起業の知識を身に着けることから始めましょう。
社会勤めやパート勤務の主婦の方も、1日1時間くらいは時間をとれるはずなので、何かの時間を犠牲にしてでも学ぼうとする意識改革が必要です。

「時間がない・・・」なんて言わせませんよ。
女性ならドラマを見る時間、スイーツを楽しむ時間、買い物をする時間、無駄なネットサーフィンの時間などがあるはず。
どの時間を削れるか考えてみると、1日時間くらいは確保できるものです。

クラウドソーシングで実績を付ける

起業のことを手軽に学べて、経験も積むことができることから始めてみてください。
クラウドソーシングを利用した方法なら、単発で仕事がもらえて、自分のレベルがどのくらいなのか知るきっかけにもなります。

クラウドソーシングとは、仕事を依頼したい企業と、仕事を得たい人との間に仲介業者が入るのが特徴で、仲介業者に一定の手数料を支払います。
その代わり、自分で仕事をとってくる手間がなく、仕事をどんどん受けて経験を積むのには最適です。

私自身がWEBライターになったときにはクラウドソーシング自体がなかったので、クラウドソーシングは一度も使ったことがありません。
クラウドソーシングではなく、特定の企業と契約してしまうと、決まった単価の仕事しかもらうことができず、仕事内容も自分で選べないため、自分がレベルアップしても単価が変わることはないのです。

その点、クラウドソーシングなら自分で仕事が選べるため、初心者は単価の安い仕事を中心に取ってきて、自分のレベルが上がるにつれて高い単価に移行することができます。
自分が得意とする分野のお仕事も受けられるため、効率がとても良いのです。

クラウドソーシングなら主婦業を続けならでも単発のお仕事はもらうことができますね。
会社員やパートの方も、単発のお仕事をもらい休日にこなしてみると、「起業する職種で自分がどのくらい使える人間なのか客観的にわかる」ため便利ですよ。

起業セミナーに積極的に参加すること

起業セミナーに参加することも、50代主婦が起業に成功する第一歩となります。

マーケティングなどの知識もないのにいきなり事業を始めると、コンサルタントを雇わなければならず、結局費用がかさんでしまうのです。
今はネットを使って起業セミナーを受けられる時代となっているため、知識を学ぶために何個か受けたほうがいいと思います。

ネットワークビジネスの勧誘もあるため注意が必要

主婦向けの起業セミナーを開く会社のなかには、最後にネットワークビジネスの勧誘があるところもあるため注意してください。
それが狙いで、起業を成功させることが目的ではない場合もあります。

起業セミナーは役に立つものから、「こんなこと知っている」というくだらない内容の起業セミナーもあるため、中身を視聴して確かめることが重要です。
無料で濃い内容の情報を提供してくれる起業セミナーは、有料コースに申し込んでもさらにレベルアップした内容を届けてくれる可能性があります。

センターに報告された、40代女性の事例。SNS で見た起業塾の無料セミナーに行ったところ、100万円の講座の勧誘を受けた。高額なので遠慮したが、「ゼロから起業したいならバックアップします」と半ば強引に契約へと誘導された。後日、講座の内容を知らせるメールが来たが、毎月の交流会や動画の配信と書いてあるだけで、実のある講義やサポートはなかった。
https://news.yahoo.co.jp/feature/517

賢い主婦は、こんな悪徳業者の起業セミナーに引っかからないようにしてくださいね。
主婦が起業セミナーに足を運ぶには、家事や育児を後回しにしなければならず、貴重な時間を使って行っているのですから、絶対によい情報が得られる確証がなければ参加しないことです。

高額なお金をかけて代理店にならないこと

もうひとつ注意したいのが、代理店登録させるための起業セミナーというのもあります。
代理店形式やフランチャイズは、初期費用がかかるのがデメリットで、手数料が毎月かかるため、結局大きく儲けることはできません。

悪徳フランチャイズでは、最初だけチヤホヤしてきて、事業が行き詰っても一切アドバイスがない、というところもあります。
ただ、毎月のロイヤルティを回収するだけの存在のフランチャイズは、必要ありません!

セミナー代は数千円くらいから

起業セミナーは数千円程度くらいから受けることができます。
会場を借りての起業セミナーだと運営費もかかっているため、数万円~10万円など高額なケースが多いようです。
WEBセミナーで大人数の人が受けられる起業セミナーだと、数千円程度からでも情報を発信しているところがあります。

起業家の思考を学べて、人脈作りになる

起業セミナーは何のために受けるのか?
それは起業で成功している人の思考を盗むためや、人脈作りのためです。
月収20万円から抜け出したいと思うなら、周りに月収20万円以上稼いでいる人がいなければなりません。

よくいわれているのが
「周りの5人の平均年収が自分の年収になる」ということです。
サラリーマンを辞めて起業したいと思うなら、周りにサラリーマンしかいない状況をどうにかして変えなければなりません。

日本はサラリーマンを量産する教育しかしていないため、周りを見てみても一般的な年収の人しかいないと思います。
そのような人と付き合っていれば、一生月収100万円の人の思考にすることはできません。

起業セミナーでオフ会などを実施されているなら、人脈作りに起業セミナーに参加する意味があると思うことができます。
本気で起業に成功したいと思っているなら、近所の人たちと井戸端会議をやっていては、いつまで経っても起業に必要な思考は手に入れられません。

50代のメリット

50代主婦の起業は、この年齢だからこそのメリットもあります。

人脈や経験がある

起業すると最初は顧客を付けるが大変なため、人脈が広いとそれが有利に働きます。
主婦ならママ友にアピールすることで、口コミで広まっていく可能性もありますよね。

50代は若い人にはない人生経験があるのも魅力のひとつです。
包容力が出てくるのはこの年齢だからこそで、礼儀をわきまえているのも魅力のひとつとなります。

起業のやり方

起業のやり方には2種類の方法があるため、それぞれの特徴を理解しておきましょう。

自分で顧客を獲得する方法

自分で顧客を獲得する方法は、0からのスタートとなるため、宣伝費をそれなりかける必要があります。
起業といえば大抵はこの形が多いのではないでしょうか。

請負も起業の一種

起業といっても、ほかの企業から仕事をもらう請負の形でも、起業したといえます。
つまり個人事業主として働く方法です。

・営業があまり得意ではない
・マーケティングノウハウがない
・技術系の仕事に集中したい

などの例では、請負の形で働く起業の形もあります。

50代主婦が起業するときの問題点

50代主婦起業
50代主婦は育児もひと段落して、主婦業から起業に挑戦する方も出てきます。
この年齢には次のような仕事の問題がおこりやすく、その理由から起業を目指す人も多いようです。

50代主婦だと仕事がみつからない

50代に限らず40代主婦も仕事がなかなかみつかりません。
社会が求める女性の年齢は20代や30代で、40代や50代はあまり求められていないからです。

雇う人の年齢が上がれば給料の額をアップしなければならず、中小企業などは経費を少しでも節約したいため、結局はパートさんを雇うことが多いようです。
50代でも全く仕事がないというわけではなく、工場、レジなど時給が安いパート勤務はみつけることができます。

会社を首になったら行くところがない

50代女性が現在仕事を持っていたとして、首になったら次仕事をみつけるのが大変です。
それだったら自分で事業を始めよう!という人がいてもおかしくはないでしょう。

起業に失敗は許されない

50代主婦の起業だと、余計に失敗は許されないと感じやすいのではないでしょうか。
人生の中盤をすぎているわけで、若いときのように「失敗しても何度でもやり直せる」という考え方ができないため、結局その考え方が焦りを招き、自分の首を絞めていることがあります。

失敗して当たり前と考える

起業した会社で成功する割合は、ほんの数%しかいないといわれています。
1年で40%の企業しか生き残ることができず、10年後はたった6%の割合しかないといわれているようです。

起業はほとんどのケースで失敗するわけで、最初から「絶対に失敗にしない」と考えるのは間違えです。
成功した起業家は失敗を経験してもそれを失敗とは考えず、間違った部分を知るチャンスだと考える前向きさが必要となってきます。

起業が失敗するケースで一番多いのは

・初期費用をかけすぎて資金が回らなくなる
・事業計画が適当で計画性がない
・流行りに手を出して流行りが終わり事業も終了

この3つのケースです。

初期費用をかけなければならない起業は、それだけ真剣に事業計画を立てて、周りの人と違う視点でやらなければ失敗してしまう可能性があります。
50代主婦が起業する場合は、後がないと思うなら、なおさら初期費用をかけない起業を選ぶのがおススメです。

パソコンが使えない

ネットで起業するとなると初期費用が少ないのがメリットです。
しかし、ネットでの起業には最低限パソコンスキルが必要となり、「今までパソコンを使ったことがないから」と考えてしまい、最初の一歩さえも踏み出せない人が多いようです。

私も最初からパソコンスキルがあったわけでもなく、タイピングもタイピングソフトで練習して初めて上手くなりました。
「パソコンスキルがないから諦める」のではなく、「パソコンは使っているうちに慣れていく」ものです。

WEBサイトを閲覧できて、メールが打てて、LINEでメッセージのやり取りができれば、十分パソコンスキルがあるといえます。
しかし、パソコンを持っていないというのは、最低ラインにも立っていないため、中古でもよいのでパソコンとネット環境を整備することはやらなければなりません。

まとめ

50代主婦が起業に挑戦するなら、失敗がないよう知識や経験を積み重ねるのがおススメです。
・クラウドソーシングで仕事をもらう
・起業セミナーに参加する
・書籍を読んで知識をとり入れる
このような準備を経てから起業したほうが、失敗は少なくなると思います。

個人的に0スタートから大きく成長できる人は稀な存在で、最初の準備期間を設けて成功できる人や、主婦という立場を利用しコツコツ起業しながら勉強を続けられる人が成功できるのではないでしょうか。
実績が少ない人がクラウドソーシングで自信を付ける方法は、おススメです。