大学の冬休み期間は何日~何日まで?今から確認したい大学のスケジュールについて

大学の冬休み ライフ

「大学の冬休み期間はいつまで?」
このような疑問をお持ちではないでしょうか。

結論からいってしまうと、大学の冬休みは非常にすくないです。
私立大学だと社会人と同じくらいの休みしかありません。
つまり12月29日~1月4日くらいまでということです。

なぜなら、大学は前期と後期で分かれていて、その節目に長い休みを設けるようになっているからです。
中学や高校の感覚で考えていると、大学の冬休みは非常に短く、損した気分になるかもしれません。

このページでは、大学別の冬休み期間の詳細と、なぜ大学の冬休みは短いのか解説しています。
具体的な情報を知りたい方は、このまま読み進めていってください。

大学の冬休み期間は何日~何日まで?

大学の冬休みは何日くらいあるのか、詳しく解説していきます。

1週間あるかないかくらい

大学の冬休みはたった1週間くらいしかありません。
初めて冬休みを経験される方は、このことに驚くのではないでしょうか。

春休みを長くしなければならない関係上短い

大学の授業は1年を前期と後期にわけています。
中学や高校のように、1学期、2学期、3学期と3つに分けているわけではありません。
前期と後期それぞれで必要な単位を取らなければ進級はできず、前期から後期にかけておこなわれる授業もあります。

授業料も前期と後期の2回が支払い日となり、中学や高校のように毎月授業料を支払う方法とは異なるため、保護者の方もその仕組みに慣れる必要があります。
入学時に前期分を前払い、秋に後期分を前払いしなければなりません。

このように大学は前期と後期の2つに分かれているため、冬休みはまだ後期に属しています。
まだ後期の途中のため長い休みを設けることはできず、冬休みは年末年始の休み程度しかとられていません。

国立大は12月24日~1月4日まで

私立大と国立大とでは、大学の冬休み期間に違いがあります。
国立大は冬休み期間が少し長いようで、12月24日~1月4日など少し長い期間が設けられています。
大学によっては年始の始まり日がもう少し後の場合もあるようです。

私立大は会社勤めの休みと変わらない

私立大に通う予定なら、冬休みは非常に少ないと考えておく必要があります。

12月29日~1月4日は確実に休み

私立大は社会人の年末年始の休み程度しかありません。
家族みんなで大体同じくらいの休みとなるため、保護者としては管理しやすいと感じるかもしれません。
大学生にとっては休みが非常に少なく、冬休みを利用して旅行の計画は立てにくいと感じるでしょう。
大学生は成人している人も多く、大人の一員ですから、年末年始は一般社会の休みしか得られないのは当然のことだといえます。

研究室に配属していれば始まりはもう少し遅い

大学で研究室に所属している場合は教授の手伝いなどの関係や、研究の内容によっては、冬休みの始まりはもう少し遅くなることがあります。
研究室は3年生や4年生になって入る人が多く、大学の1年生では関係がありません。
1年生や2年生から入れないというわけではなく、多くの人が3年や4年から入るという意味です。

大学院生は始まりがもう少し遅い

大学を卒業し、院生になった生徒も、冬休みの始まり日は遅くなる傾向があります。
院生になる理由は、4年生の大学の授業だけでは学び足りないと思うからで、より専門的な知識を身に着ける意向で進むのです。
理系だと院生に進まなければより専門的な知識を習得できない分野もあります。

研究室に入り研究を進めていくことになるため、大学院生も冬休みが始まる時期が遅くなります。
大学院生のイメージが付かないという方は、漫画「動物のお医者さん」を読むとわかりやすいのではないでしょうか。
札幌市の北海道大学にある、獣医学部を舞台に話が進んでいきます。

院生の代表的な人物が「菱沼聖子」です。
日々研究をやっていて、仕込みがあるときは大学の休日でも学校に来ていることがあります。
大学生活や大学院の過ごし方がわかりやすい漫画のため、大学の休日に興味がある方は、一度読んでみると良いと思います。

愛蔵版 動物のお医者さん 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)

愛蔵版 動物のお医者さん 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)

佐々木倫子
905円(09/24 22:57時点)
発売日:2013/10/04
Amazonの情報を掲載しています

卒論発表が迫っていれば冬休みはない

大学生活最後の締めくくりとして、卒論発表があります。
卒論のテーマ決めは夏ごろからで、翌年には卒論発表があるのです。
冬休みと卒論発表の時期が重なってしまえば、当然冬休みはありません。

卒論の締め切りは学部によっても異なっており、12月末というところもあれば、2月末までというところもあります。
12月末が締め切りとなる学部では、それまでに卒論を仕上げて添削しなければならず、冬休みはつぶれると思っていたほうがよいです。

理系の大学院では正月も実験

理系の大学では、どうしても研究が必要となってくるため、年末年始は実験でほとんど実家に帰ることができなかった、というケースもあります。
1年生や2年生では影響はありませんが、4年生や院生の場合は注意が必要です。

大学別の冬休み期間

大学の冬休み期間
具体的な大学名を挙げて、冬休みの期間を紹介します。
自分が通う大学と近いところを探してみましょう。

弘前大学(平成29年)

夏休み 8月4日~10月1日
冬休み 12月27日~1月8日
出典:http://www.hirosaki-u.ac.jp/information/schoollife/calendar.html

専修大学(平成29年)

夏休み 8月7日~9月20日
冬休み 12月26日~1月5日
春休み 1月30日~3月31日

専修大学 (平成30年)

夏休み 7月31日~8月6日
冬休み 12月26日~1月6日
春休み 1月30日~3月31日
出典:https://www.senshu-u.ac.jp/campuslife/gakujireki/

群馬大学(平成29年)

夏休み 8月5日~9月30日
冬休み 12月26日~1月4日
出典:http://www.gunma-u.ac.jp/outline/out004/g2198

山形大学(平成29年)

夏休み 8月5日~9月30日
冬休み 12月25日~1月10日
春休み 2月20日~入学式の日まで
出典:https://www.yamagata-u.ac.jp/jp/life/lesson/calendar/

明治学院大学(平成29年)

夏休み 8月1日~9月20日
冬休み 12月26日~1月8日
出典:https://www.meijigakuin.ac.jp/about/brief/calendar/index.html

佐賀大学(平成29年)

夏休み 8月8日~9月30日
冬休み 12月26日~1月8日
出典:http://www.sc.admin.saga-u.ac.jp/gakunen_reki_h29_1.pdf

大学ごとの冬休み期間は、各大学の公式サイトにて確認ができます。
検索エンジンを使って、「〇〇大学 冬休み」で検索してみましょう。
上記大学の冬休み期間を見てもわかる通り、国立大では冬休み期間が長めとなっているようです。
私立大は会社員と同じく短い期間の可能性が高いでしょう。

大学の夏休みと春休みは長い

大学の冬休み
大学の冬休みはかなり短いのですが、夏休みと春休みはとても長いです。

夏休み8月上旬~9月下旬まで

中学や高校の夏休みの感覚でいうと、とても長い夏休みだと感じられます。
大学の夏休みはとても長く、この時期に旅行をする方も少なくありません。

春休み1月下旬~4月上旬まで

春休みはもっとも長くなります。
保護者の立場でいうと、「2か月近くも休んでいるのに高い授業料を払わなければならない」となってしまうのです。
学生にとっては休みが長く嬉しいとは思いますが、ダラダラと遊んでばかりいては、何のために大学まで行かせてもらっているのかわからなくなってしまいます。

卒論発表や大学入試のため長くとっている

春休みは、4年生の卒論発表の時期となり、講義の時間を取っている暇がありません。
新しく入学してくる学生のために、大学入試の準備もありますから、学生たちは長い休みとなります。

大学の休み期間はなぜこんなに長いのか?

大学の休み期間は、なぜこんなに長いのか気になる方もいるでしょう。

半期15回

大学設置基準第21条によると、大学の単位は「1単位=45時間」と定義されています。
この内訳は「授業が15時間~30時間」です。
つまり、1単位とは授業を最低でも15時間受ける必要があります。
この基準は大学によって異なっているようで、15~30時間で大学が定める授業数に対し1単位です。

さらに大学では半期15回を採用しているところが多くなっています。
この内訳には、定期試験の期間を含めてはならないとあります。
半期15回という決まりができてからは、大学側は時間を満たす必要性が出てきてしまい、半期の途中である冬休みは短くならざるを得なく、春や夏休みは長くなる傾向があるようです。
出典:文部科学省
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/daigaku/04052801/003.htm
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/015/attach/1316477.htm

教授にとってまとまった研究期間が取れる貴重な時期

夏休みや春休みが長期にわたるのは、教授にとってもメリットがあることです。
教授は大学内で研究をしていることが少なくありません。
学生が休みとなる夏休みや春休みは、講義がお休みとなるため、教授にとっても貴重な研究期間となります。
講師によっては他にアルバイトや、本業を持っている人もいますから、長期休みがあることはメリットがあるのです。

学生にとってもアルバイトで稼げる時期

学生にとっても夏休みや春休みが長期間あるのは、メリットがあります。
大学生はアルバイトして生活費を稼いでいる人は少なくありません。
普段にアルバイトをやりすぎると、学業に支障が出てしまう可能性もありますから、夏休みなどを利用して短期バイトをしたほうがいいのです。
夏ならリゾートバイトもありますから、大学生にとって良い稼ぎ時となります。

どんなリゾートバイトがあるのか気になる方は、リゾートバイト専用サイトでチェックしてみてください。
リゾートバイトならアルファリゾート!

自動車免許を取得するのに向いている

春休みのように休みが長くなる時期では、自動車免許取得にも良い時期です。
この時期は高校生も集まる時期のため、混みあっている可能性があります。
大学生なら長期休みとなるため、高校生とかぶらない時期があってメリットが高いです。
高校を卒業してから免許を取りたい方は、春休みや夏休みを利用し、集中的に自動車学校に通うのもおススメします。

合宿免許の検索は、こちらのサイトが便利です。
【免許合宿のユーアイ】

貴重な冬休みを無駄にしないために

大学に入って初めての冬休みを迎える大学1年生に冬休みの予定について尋ねたところ、「アルバイト」が約半数、「帰省」が約4割に上った。また、「まだ予定を立てていない」学生も2割弱いた。「その他」では、「勉強」「部活・サークル活動」「自動車免許を取る」といった答えが多く見受けられた。
出典:http://journal.rikunabi.com/p/student/souken/8045.html

大学生の冬休みは短いため、アルバイトや帰省という声が多いようです。
私立大の場合は現実的に1週間くらいしか休みがありませんから、実家に帰るくらいしかできない可能性があります。
どのような過ごし方をするべきか迷っている方は、リンク先の情報も確認してみてください。

まとめ

大学の冬休みはとても短く、高校生の方のなかには驚いた方もいるでしょう。
保護者の立場としても、大学の冬休みの長さは覚えておく必要があります。
その代わり、夏休みや春休みは、たっぷりの休みが確保されていますから、旅行やバイトなどを計画している方は、この時期に集中して取り入れましょう。
大学は計画も自分で立てることが求められるようになります。
大人の一歩へと進むために、遊んでばかりではなく、有意義な休日にしてみてください。