妊娠超初期症状では寒気が起こるけど○○と間違えやすい

妊娠1ヶ月

メルアド登録で 全員が1万円 をもらえます。
私もお小遣い稼ぎになりました。 レビュー記事 をチェック。


メルアド登録で 全員が1万円 をもらえます。
私もお小遣い稼ぎになりました。 レビュー記事 をチェック。


妊娠超初期症状の1つに、寒気があります。
これは妊娠により体温が上昇するためで、しばらくの間は体温が上がったままとなるため寒気や熱っぽさ、だるさなどを感じることが多くなっています。

 

妊娠超初期症状とは生理予定日くらいまでのことをいいますが、受精卵ができた時点で体は変化しているため、何らかの症状を感じる人もいるようです。
どのような仕組みで、妊娠超初期症状で寒気がおこるのか紹介します。

妊娠超初期の寒気の症状とは?

妊娠超初期になると、寒気を感じる方は少なくありません。
実際にどんな症状がおこるのでしょうか?

風邪のような寒気

妊娠超初期の寒気は、「風邪ひいたかな?」と思うような症状がおこることがあります。
風邪のような寒気と、鼻水や咳などの症状が出る方もいるようです。
妊娠超初期は風邪と妊娠の区別はつきにくいため、妊娠の可能性がある方は、風邪だと思っても市販の風邪薬や鎮痛薬は飲まないことをおススメします。

めまいがある寒気

妊娠超初期は自律神経の乱れにより、めまいをともなう寒気を感じる方がいます。
この時期に女性ホルモンのバランスが変化するためです。
女性ホルモンは脳にある視床下部からの指令でコントロールされていて、近くに自律神経を整える部分もあるため、影響を受けやすくなっています。

 

妊娠超初期は貧血により、めまいをともなう寒気を感じる方もいるようです。
ママの血液量が多くなり、血液が薄まった状態となって、妊娠超初期に貧血となる方がいます。

生理予定日を過ぎても続く寒気

妊娠超初期に寒気がする場合で、生理予定日を過ぎても寒気が続くなら、妊娠している可能性があります。
普段なら生理予定日になると体温を上げる黄体ホルモンの分泌が低下するため、体温はすっと下がるのです。

吐き気をともなう寒気

妊娠超初期から吐き気や胃のむかつきを感じる人がいます。
さらに寒気を伴う症状があれば、妊娠を疑いましょう。

ゾクゾクした寒気

妊娠超初期の寒気とは、風邪で熱が上がってきたときのような、ゾクゾクとした寒気と表現する方もいます。

寒気とほてりを感じる

妊娠すれば女性ホルモンのバランスが変わるため、ほてりを感じる方もいます。
これも自律神経の乱れからくるものです。
更年期障害でも女性ホルモンのバランスが変わりほてりますが、妊娠超初期も寒気とほてりを同時に感じる方もいます。

手足など先端が冷えて寒気を感じる

自律神経が乱れていれば、手足などの末端が冷えてきます。
交感神経が優位になれば血管が収縮し、全身への血流が妨げられるからです。
いつもは冷えを感じないのに、手足の冷えがある場合は、女性ホルモンのバランスが変わっているということです。

妊娠超初期の寒気の原因とは?

妊娠超初期寒気
妊娠超初期に感じる寒気の原因は、4種類考えられます。

黄体ホルモンによる影響

黄体ホルモンは通常でも、排卵日~生理予定日まで分泌されています。
体温を上昇させ受精卵を着床させるための環境をつくりだすホルモンです。
子宮内膜を充実させて、妊娠しやすくしています。

 

さらに妊娠すると、黄体ホルモンが分泌し続けます。
黄体ホルモンは体温を上昇させるホルモンのため、妊娠超初期に熱っぽさや、寒気を感じるわけです。
受精卵の着床を促すために必要で、安定期に入るまで高温期は続きます。

 

体温が上昇する時期は、排卵~妊娠15週目くらいです。
人によっては15週以前に体温が下がってくる方もいれば、16週以降もしばらく高温期が続く場合もあります。
16週に入るときっかり体温が下がるわけではなく、多少個人差があるものです。

つわりの一種としておこる寒気

人によってはつわりの影響で、妊娠超初期に寒気がおこる方もいます。
体の熱を生み出す元となるのが食事をすることで、つわりがあるとエネルギーが不足して体温調節が上手くできず、寒気を感じるのです。

貧血による寒気

妊娠中はママの血流が増加して、血液が薄められた状態となり貧血になる方は少なくありません。
貧血になると酸素を運ぶ成分が不足して酸素が少なくなり、体温が低下して寒気を感じます。

 

妊娠初期の貧血は鉄分不足による原因も考えられるため、食事で補うようにしましょう。
中期や後期になるとさらに貧血がひどくなる方もいますから、今のうちに対策しておくことをおススメします。

血行不良や冷え性による寒気

妊娠超初期は卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌量が増加し、いつもとホルモンバランスが変わって、一時的に自律神経失調症となる方は少なくありません。

 

女性ホルモンのバランスが崩れると自律神経が乱れるのは、ホルモンも自律神経も調節をおこなっているのが、脳の視床下部だからです。
自律神経は体温や心拍数、血圧数などを調節しています。
私たちが意識しないでも体の機能が正常になるのは、自律神経のおかげなのです。

 

ところが、自律神経が乱れてしまうと、体温の調節力ができなくなって、妊娠超初期に寒気や冷えなどを感じやすくなります。
とくに交感神経が優位になると、血管が収縮して血流が悪くなり、末端部分の冷えを感じるようになるのです。

 

更年期の女性が自律神経失調症になるのも、ホルモンバランスからきています。
妊娠中はずっと自律神経の乱れが続くことは少なく、初期の頃にホルモンバランスの変化に体が慣れておらず、一時的なものだと考えておきましょう。

妊娠したときの寒気はいつからいつまで?

妊娠超初期の寒気
基礎体温をつけていると女性の体温は常に一定ではなく、高温期と低温期にわかれていることがわかります。
朝一番に寝床で婦人体温計を用いて体温を測ると、毎日の体温変化がわるでしょう。
基礎体温は妊娠したときの寒気がいつから始まるかの目安ともなるため、妊娠を希望される方は毎日測ることをおススメします。

 

婦人体温計は、一般の体温計より目盛りが細かく分かれています。
毎日体温を測定するとわずかな体温の変化もわかりやすく、グラフ化すると高温期と低温期がはっきりと区別できるようになっているわけです。

 

生理から排卵までが低温期、排卵~生理が始まるまでが高温期となります。
通常でも排卵後はいつもより体温は高めになっていて、生理前症候群がある人は体温の変化やホルモンの影響によって体調が変わるため、体の変化に気が付いているはずです。

 

妊娠したときの寒気は、排卵後の高温期に入ってから続きます。
卵子とが排卵日前後に出会うと、体温はしばらくの間高温期を維持し続けるでしょう。
普段は体温が36度台の人が37度近くまで上昇するため、体温を測らなくてもなんとなく熱っぽい感じる方や、寒気を感じる人もいます。

 

でも普段36度台の人が37度近くまで体温が上がれば、普通は風邪かな?と思いますよね。
寒気もするため本当に風邪のひきはじめのような症状が出るため注意してみてください。
私も妊娠超初期に寒気、微熱、熱っぽさ、だるさ、鼻水などが出ていたため、本当に風邪だと思っていました。
その後本格的な妊娠症状が出て、妊娠に気が付いたのです。

そもそも妊娠超初期とはいつのこと?

妊娠超初期症状は妊娠0週目からのことをいいます。
0週目というのは受精した瞬間のときのことではないのです。

 

生理周期は前回の生理から数えているため、妊娠0週は厳密にはまだ妊娠はしていません。
妊娠0週目から2週目まではまだ排卵もしてないため、実際には妊娠していないわけです。
前回の生理から数えることで、妊娠の予定日を数えやすくなっています。

 

受精日は排卵があった日前後となりますから、すでに妊娠2週目くらいとなります。
つまり妊娠超初期症状とは妊娠2週目から4週目くらい(排卵日~生理前)に出る症状ということです。
子宮に着床するのは3週目~4週目くらいのため、早い人ではこの頃に妊娠初期症状を実感する人もいます。

風邪なのか妊娠なのか区別がつかない

妊娠超初期の寒気
妊娠超初期と風邪は、区別がつかないため幾つかの問題があります。

 

普段仕事をしている方が風邪のような症状を感じ、熱っぽさがあれば解熱剤を使わないでしょうか?
私なら仕事に行くために、鎮痛剤を飲んで熱を下げようとします。

 

ところが風邪ではなく、妊娠超初期だったら?
妊娠の可能性がある方なら、少し寒気を感じたと思います。
市販の鎮痛薬には妊娠中に「禁忌」となるものもあるため注意が必要です。

 

たとえばアスピリンは、市販薬ではバファリンなどが当てはまります。
日本成人先天性心疾患学会の情報によると、アスピリンによる奇形の関係性はないとされているそうです。
分娩を遅らせるリスクがあるため、妊娠後期に服用は避けてください。
出典:http://www.jsachd.org/faq/2012/04/post-166.html

 

イブプロフェンを含む鎮痛薬は、ナロンエースやイブなどがあります。
NHK健康チャンネルによる情報では、イブプロフェンやロキソプロフェンは妊娠中に注意が必要な薬だということです。
これらは非ステロイド性消炎鎮痛薬・NSAIDsで、妊娠後期に大量に服用することは避けなければなりません。
胎児の心不全や胎児水腫がおこる恐れがあるとのことです。
出典:https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_427.html

 

妊娠超初期の寒気で風邪薬を飲んでしまうリスクも知っておく必要があります。
聖路加国際病院女性総合診療部医長の「妊娠中の薬物投与」によると、妊娠4週未満の薬の服用は、影響を受けた場合受精卵が着床せず流産する可能性があるそうです。
風邪薬で「投与しないことが望ましい」となっているのが去痰剤のムコダインとなっています。
風邪薬を使う場合は、第一世代なら妊娠超初期でも問題ないとのことです。
出典:http://www.kyorin-pharm.co.jp/prodinfo/useful/doctorsalon/upload_docs/120356-1-28.pdf

 

妊娠の可能性がある方は、できるだけ薬を使わないことが一番でしょう。
風邪なのか?妊娠超初期なのか区別がつかなくて困っている方は、吐き気、胸の張り、お腹のチクチクした痛みがないか考えてみてください。
妊娠超初期にはこれらの症状がおこりやすく、ひとつの目安とすることができます。

生理前の寒気は妊娠している可能性も

妊娠超初期の寒気
すでに説明したとおり、生理前に寒気がある場合は、妊娠の可能性があります。
生理前とは排卵日~生理日までのことで、受精するのは排卵日前後のため、生理前に寒気があれば妊娠の可能性があるでしょう。

 

ただし、妊娠していないときも生理前まで高温期が続くため、生理前の体温上昇なのか、妊娠超初期の体温の上昇なのか区別はつきにくくなっています。
妊娠の可能性がある方は、体温の変化や寒気だけでなく、ほかの症状もないか考えてみてください。

妊娠超初期症状は生理前症候群とも似ている

妊娠超初期におこる寒気は、生理前症候群ともよく似ていてとても紛らわしいです。
私も生理前になると寒気、熱っぽさ、胸の痛み、だるさ、眠気があります。
時には吐き気もおこるタイプのため、妊娠しているのか?それとも生理前なのか区別が付きにくく困ることもありました。

 

妊娠していれば生理予定日から1週間くらい過ぎるとつわりもおきてくるため気が付くとは思いますが、それ以前では生理前か妊娠かは殆どの方は区別がつかないのではないでしょうか。
「もしかしたら今回は妊娠している?」と思っていたら、生理がきたなんてことも私は経験しています。

 

私の経験上その違いといえば、本当に妊娠している際には症状が少しだけ強いことくらいでした。
たとえば胸の張りも強く、吐き気も酷くなりやすい症状です。
寒気については生理前も体温が高くなるため区別がつきにくいと思います。
妊娠しているかの目安は寒気だけでなく、つわりのような症状があるかで判断してみてください。

生理前の寒気は生理前症候群?

生理前は高温期で、いつもより体温が上がっているため、寒気を感じる方は少なくありません。
黄体ホルモンの分泌量が増加し、このホルモンの影響で体温が上昇します。
人によっては37度近くの体温となり、ちょうど風邪をひいたときの微熱と似ているのです。

 

この生理前になると、体の不調が出やすいものを、生理前症候群といいます。
生理が始まる2週間くらいから寒気を感じ、胸が張って、イライラや落ち込みなど気分の変化を感じる方もいるようです。

 

生理前症候群の症状がひどくなりやすい方は次のようなものです。

・ストレスを感じることが多い
・生活習慣が乱れている

などの問題が多くなっています。
とくにストレスを感じやすい方は、生理前になるとホルモンバランスの影響を受けやすいため注意が必要です。

 

生理前症候群がある方は、将来更年期障害の症状もひどくなりやすく、今のうちに改善しておきましょう。
実はホルモンバランスの乱れに黄体ホルモンの影響だけでなく、卵胞ホルモンの問題があることはあまり知られていないようです。
現代は環境ホルモンなどによりホルモンかく乱物質を取り込む機会が増えていて、卵胞ホルモンが過剰になっている方は少なくありません。

 

生理周期の後半になれば、黄体ホルモンと卵胞ホルモンの分泌量が増加するのですが、これらのバランスが乱れることで、生理前症候群になると考えられています。
ストレスを解消することはもちろんですが、環境ホルモンをできるだけ避ける工夫もしてみてください。

妊娠超初期の寒気対策

妊娠超初期の寒気
妊娠超初期に寒気がするのは、体温が上昇しているため仕方がないことです。
この時期は薬も飲むことができませんから、次のような寒気対策をしましょう。

規則正しい生活をする

女性ホルモンのバランスが変化して自律神経失調症になっている場合は、規則正しい生活を心がけましょう。
規則正しい生活とは早寝早起きのことです。
さらに食事も1日3食バランスよく食べるようにしましょう。

 

スマホの使用も長時間避けるのが無難でしょう。
なぜなら整体師の間では、「ストレートネックが自律神経失調症の原因だ」と指摘する方もいるからです。
首は太い神経が通っている重要なところで、スマホを長時間見てうつむいた姿勢を続けているため、神経が圧迫されて自律神経になるとされています。

体を温める食材を活用する

妊娠超初期で寒気を感じる場合は、体を温める食材を活用しましょう。
根菜類のように地中になる野菜は、体を温める性質があります。
夏野菜や果物などは、体を冷やす性質があるため、しばらくはお休みです。

 

生姜湯やシナモンを使った料理なども、体を温めることができます。
シナモンはスイーツに使われることが多いのですが、白砂糖は体を冷やす性質あるため食べ過ぎに注意が必要です。
食事としてシナモンを活用する場合は、チキンのスパイスとして利用してみてください。

温かい飲み物を飲む

温かい飲み物は妊娠超初期の寒気を解消する方法として、手っ取り早いでしょう。
寒気がすると思ったら、温かい飲み物をゆっくりと飲んでみてください。
体を温める飲み物としては、ルイボスティー、生姜湯、ココア、ゆず湯などがあります。
みそ汁の塩分は体を温めるために必要なもののため、適度に摂取しましょう。

 

寒い地方で塩分が多い食事をするのも、冷えから体を守るための知恵です。
ただし、妊娠中に塩分過多となると妊娠高血圧症候群のリスクがあるため、ほどほどの量にしておきましょう。

夏でも寒気対策

たまたま妊娠超初期が夏と重なる方もいるでしょう。
暑いから寒気対策が不要と思っていると、どんどん体は冷えてしまいます。
今はどこでも空調で室温が調節されているため、思わぬところで体は冷えているものです。

 

夏野菜や、アイスクリームなどの食べ物も、体を冷やす作用があります。
寒気がするなと思ったら、冷たいものばかりを飲まないで、ホットティーを味わいましょう。

服装に気を付ける

妊娠超初期で体温が上がっているときは、誰でも寒気を感じるものです。
そんなときは体を温める服装をすると、寒気も和らぎます。
太い血管に近い部分を直接温めると、厚着しなくても体が冷えにくくなります。

 

妊婦さんは腹巻を付けて、お腹を温めるようにしてください。
夏でも付けられる綿素材の腹巻を用意しておくと、汗をかいても吸い取ってくれます。

ゆっくりと入浴する

寒気を感じたらゆっくり入浴をして、体を直接温めるのも対策となります。
入浴すると副交感神経が優位となりやすく、血管が拡張して全身に血液が巡るのです。
お風呂からあがってダラダラしていると体が冷えてしまいますから、入浴後は体が冷えないうちに布団に入るようにしましょう。

 

家事を済ませてからお風呂に入るようにすれば、支度を終えたらすぐに布団に入ることができます。
寒い季節には布団に湯たんぽを入れて、直接体を温める方法もおススメです。
布団の中が暑くなれば足でけって自然と押し出すため、温度調節がしやすくなります。

腎盂炎からくる寒気

最後に予備知識として、腎盂炎からの寒気について紹介します。
生理前でもなく、妊娠している可能性もないのに寒気がくる場合は、腎盂炎を疑ってみてください。

 

腎盂炎とは、膀胱炎の症状が進むとおこる病気です。
膀胱炎は残尿感や痛みを伴う病気で、女性に多くなっています。
トイレに行っても尿が残っている感じがして、痛みを伴う病気です。
腎盂炎は炎症が腎盂まで及んだもので、発熱や倦怠感、寒気などがあります。

 

「膀胱炎になんてなっていないけど?」
という方でも注意が必要です。
何度も膀胱炎を繰り返して慢性に移行していると、膀胱炎になっても痛みや残尿感などの自覚症状が弱くなってしまいます。

 

本人が膀胱炎になったことに気が付かず、腎盂炎になっている可能性もあります。
膀胱炎の改善は、水分をしっかりとって尿をたくさんすることです。
尿と一緒に細菌も流れていくため、トイレを我慢しないようにしましょう。

まとめ

妊娠超初期症状で寒気がおこる人も多いようですが、生理前症候群とも症状が似ているためわかりにくいのです。
妊娠の予定がある方や、妊娠する可能性が高い方は、常に体調の変化に気をとめておくとよいですね。
早めに妊娠を知ることができれば、薬・アルコール・タバコなど赤ちゃんに影響があるものを避けることができるため安心できると思います。
妊娠超初期で寒気が出たら、寒気対策もぜひ実践してみてください。