妊娠 8ヶ月安静にしたら仕事に行っていいよ!ってどの程度?

未分類

妊娠8ヶ月目以降になると、安静が必要といわれてしまうことがあります。子宮口が開いていると早産の可能性もあるため、張り止めの薬などを処方してもらい安静が求められるのです。でもその安静ってどのくらい?治ったら仕事に行ってもいいよっていうけど、どの程度?っ迷ってしまいますよね。
具体的にはどのくらい安静にしたほうが良いのかまとめました。

私も妊娠8ヶ月くらいに安静が必要だった

実は私も妊娠後期に安静を医師から言い渡されました。

何となく恥骨の辺りが痛い?みたいな違和感や、おりものが多いとは思っていたのですが、検診までまったく分かりませんでした。子宮口が開いてきているといわれて、薬を処方され安静が必要だといわれました。

この安静は動いて良いとか、家事をして良いという事ではなかったみたいで、寝ているのが基本だったみたい。

動いていいわけじゃないからね!と念を押さえれていました。

実際にどうしたか?100%家事をしないで寝ている、自分の世話も家族に任せるということができなかったため、最低限の家事はしていました。それ以外は寝ていましたけどね。

結果的には薬が効いたのか子宮口も開かなくなったみたいで、おりものも減りました。どうやら早産の問題は絶対安静じゃなくても免れたみたいです。

安静の度合いは医師によって違う

a1180_010410
でも私と同じ状況でも、多少動いて良いというわけではない場合もあるみたいです。医師によっても考え方が多少異なっており、中程度でも絶対安静をいう人もいれば、ある程度寝ていることという基準がある医師もいます。

妊婦さん本人はなかなか分かりにくいため、必ず医師の指示は従ってくださいね。私も安静が必要だったのに、多少家事をしてしまっていて不安でした。幸い薬も効いたみたいで大丈夫だったのですが、もしかしたら絶対安静で入院していたかもしれないのです。

医師の指示が守れないと入院になる

絶対安静の指示があっても守れない人は入院となることもあります。家にいると主婦はどうしても100%寝てることができないことくらいは医師も知っているはず。

男性が家事を分担してくれる時代になったとは言え、100%任せられるほどではありません。食事はお弁当で済ませることはできても、洗濯や食器のあと片付けなど最低限のことはしなければならないこともありますよね。

もし医師の言いつけが守れないなら、絶対安静を維持するために入院させられてしまいます。また家庭での安静や薬での治療が難しいと判断された時にも、途中から入院に切り替わることもあります。

絶対安静ってどれくらい?

絶対安静
本当に絶対安静が必要なときには、トイレ・食事・シャワー以外は寝ていなければなりません。家族のお世話をするなんてとんでもない。逆に食事やら洗濯やらやってもらわないといけません。

人によっては薬が効かず、1ヶ月や2ヶ月入院して点滴を続ける人もいるみたいです。私の場合は運がよかっただけのため、安静を言われたらできるだけ寝ているようにしてくださいね。

でもずっと寝ていると安産に繋がらないし、それでも動くと早産になりやすいし・・・妊婦って大変です。

安静を脱した後の仕事は?

安静がいわれた後もできるだけハードな仕事はしないほうがよいみたいです。重いものを持ったり、力仕事などは避けるべきです。

デスクワークなら軽い仕事ではあるのですが、長時間座っていると腰などにも負担がかかりやすいため、休み休みやってくださいね。

どのくらいの仕事までがOKかは医師に聞いてみましょう。少しでもおりものが増えたり、痛みを感じるようなら医師の診断を受けてください。

まとめ

妊娠後期にみられる絶対安静。どのくらい?と気になったら医師に聞くのが一番です。子宮口がそのまま開いていると、絶対安静の入院となることもあるため注意してくださいね。