屋根塗装の相場を無料で調べよう

この記事は約3分で読めます。

下記事にもあるように、DIYで屋根を塗装した経験があります。


40万円くらいかかるところを、2万円程度で済ませてしまいました。
しかし、自分で屋根塗装をするのは、あくまでも応急処置という考え方で、業者のような完璧な塗装を目指したわけではありません。
屋根塗装をDIYでやってみよう!そう考えた方は、無料見積もりサイトを利用し、屋根塗装の価格の相場を調べてみたほうがいいと思います。

自分で屋根塗装をするのはデメリットもあるためです。
時間=お金ですし、自分でやるとやっぱり耐久性はかなり落ちます。
我が家みたいに応急処置ではないなら、見積もりを取って業者に依頼する方法も検討してみてください。

[1b]

外壁塗装一括見積申込プロモーション
匿名で無料見積もりができるため、やっておいて損がありません。
・業者に匿名で依頼できる
・外壁や屋根の塗装見積もり
・外壁や屋根の張替え見積もり
・クーリングオフ代行で安心

日本外壁塗装相談センターを仲介して、匿名で業者に無料見積もりができるサイトです。
塗装や張替え工事は悪徳業者も多く、素人では価格を比較できません。
無料の見積もりサイトは、価格を調べる目的での利用もOKです。
工事を依頼するときに注意したいことが書かれている小冊子をもらうことができます。

評価[star5.0]
価格見積もり無料
対応地域全国300社
スポンサーリンク

屋根をDIYでやるときのデメリット

1・高所恐怖症の人だとできない

自分で屋根に登ったことはありますか?
私は女性ですが、とっても怖かったです。
古いアパートの屋根を「とりあえず数年持てば」という意味で応急処置をしたかったので、がんばって屋根に登りました。
高所恐怖症の人は絶対に登ることはできません。

外壁にむき出しのハシゴが付いているのですが、本当に怖いです。
登るときは壁だけを見つめるようにしながら登りました。
一番の難所が、ハシゴから屋根に移るときです。
ハシゴの上をまたぐような形で、周りに何も覆うものがないため、とっても怖かったです。

降りるときはさらに怖いので、登ったはいいけど、降りれない。
こんな人もいるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

2・作業できる時期が限られている

屋根の塗装は1日では無理ですから、気温や天候を考えなければなりません。
休日に屋根を塗装しようと思っても、急に雨が降ってしまえば中止しなければなりませんね。
夏にやると屋根の上はかなり暑いです。
寒い時期にやるとなると、寒さ対策も必要でしょう。

3・数人での作業が必須

屋根の塗装をDIYでやるときは、必ず数人で作業してください。
急斜面の屋根の場合は、命綱を付けましょう。
一人で作業をしていて、屋根から落ちてしまったら、すぐに対処することはできません。
我が家は、夫、息子、私と3人でやりました。
男手は必ず必要となりますから、作業要員を確保してください。

4・見えないところは塗り残さなければならない

屋根のふちなど、手が届かないところは自分で塗装するわけにもいきません。
身を乗り出してわきに塗るわけにもいきませんからね。
自分で屋根を塗装するとなると、見える部分だけしか塗ることができず、結局完璧な作業ができないのです。

屋根塗装は業者に任せるのが一番

我が家ではあと数年しかアパートが持たないから、その間もてばいい。
このような考え方だったため、自分で屋根を塗装しました。
しかし、業者に依頼すればきっちり仕上げてくれますから、数年で塗装がはげるなんてことはありません。

DIYでやった屋根はその後、2年くらいで塗装の一部がはげてきました。
素人でやると下地もちゃんとしていませんし、そんなものです。
緊急のとき以外は業者に依頼し、10年保障を付けてもらったほうがいいのではないでしょうか。
安いタイプの塗装でも5年は保障してくれますから、お得なのです。
価格だけ知りたいという方は、無料見積もりで相場を比較してみてください。