これからママになる人のための情報サイト「ママ104」

出産

無痛分娩のいきみ

無痛分娩のいきみってわからない!そんな人が見るまとめ

痛みに弱い人だと陣痛の痛みに耐えられるかわからないため、無痛分娩を選択する方もいるでしょう。でも、マタニティ雑誌や育児書などを見てみると、「無痛分娩はいきみ感がわからなくなる」と書かれていることがあります。 そんな情報を読むとますます無痛陣痛のいきみに対し、不安を感じてしまうのではないでしょうか。…

会陰切開の局所麻酔

会陰切開の局所麻酔について!痛みは何秒くらいで無くなるのか?麻酔が効かない人必見

出産時に裂けるのを防ぐため、会陰切開をすることがあります。しかし、局所麻酔の針をさすときの痛みが気になってしまったり、麻酔は何秒くらいで効くのか気になる方もいるはず、もともと麻酔が効きにくい体質の方だと、お産時の会陰切開で局所麻酔がほとんど効かないと考えるだけで不安ですよね。 会陰切開の局所麻酔に…

後産出ない

後産が出ないときどのくらいで出る?痛いという声もある後産について

出産をこれから控えている人が気になるのが、後産が出ないときはどうするのか?どのくらいで出てくるのか?痛いのは本当?ということではないでしょうか。後産はなかなか終わらず、胎盤を引っ張り出すという声もあるため、気になっている方も多いはずです。 後産が出ないときの対処方法や、どのくらいで出るのか、痛いと…

アクティブバース

アクティブバースとは?自由なお産方法がとっても楽だった!

最近はアクティブバースという言葉を聞くことがあります。これは妊婦さんが自由なスタイルで出産することで、最も楽だと感じる姿勢で産めるため妊婦さんにとっても負担がありません。東京など都心部でも取り入れる産院は増えてきているようですから、お産の痛みをやわらげたい方はチェックしてみましょう。 アクティブバ…

帝王切開が怖い

帝王切開が怖い人必見!麻酔~手術までの手順を見直してみよう

帝王切開は誰でも行われる可能性があるのに、あまり意識していない方が多いように思います。今では6人に1人が帝王切開だともいわれており、それほど特別なものでは無いのです。帝王切開はママや赤ちゃんを守るために必要なことですから、妊娠中の方はどのようなケースで手術が必要となるのか、そして手術の手順をチェック…

ラマーズ法

「ラマーズ法」これを読むだけですべてわかる!自宅でマスターする方法

ラマーズ法は「ヒッヒッフー」の呼吸でも知られており、呼吸のやり方を言葉にしたもので、短く吸って長く息を吐くリラックス法です。無痛分娩のひとつともいわれており、完全に痛みを軽減させることはできませんが、何もしないときよりお産が軽くなると考えられています。多くの産院でも取り入れていますから、どんな方法な…

陣痛促進剤のリスクとは?「安全に出産するため」に覚えておきたいこと

妊娠中に問題があると陣痛促進剤が使われることがあります。これは母体を守るために仕方が無いことで、正常な出産が難しいときに補助的に使用されています。でも陣痛促進剤での副作用やリスクは無いの?と疑問を持っている方も多いと思います。妊娠中に使う陣痛促進剤の基礎知識、そして問題を紹介します。 陣痛促進剤と…

精神無痛分娩とは?キャサリン妃もやった痛くない自然の出産方法

精神無痛分娩って?精神的に作用するのみで、麻酔は一切使用しないためより自然な出産をすることができます。最近ではキャサリン妃、ジェシカ・アルパもやったとして話題となっています。この方法を具体的に紹介します。 精神無痛分娩とは? 精神的な苦痛を和らげる分娩方法のことです。どんなやり方でも良いので…

産婦人科は闇だらけ?!もしかしたら都合のよい出産方法にされているかもしれない現実

現代医療は一種のビジネスとして利用されていることが多くなっています。どんな病院でも利益を優先し、点数を稼ぐための医薬品の処方から処置まで、日本では不要な治療までされてしまうこともあるようです。これは普通の病院だけでなく、子どもを産む際の産婦人科も同じような状態に変わってきています。 産婦人科にとっ…

若者の妊娠しやすさの確率!妊娠適齢期を考えてみた

妊娠適齢期は若ければ若いほどいいんでしょ?という感じがしますが、現代社会は女性の仕事の問題なども絡んでくるためそう簡単にはいきません。いったい何歳が適切なのか考えてみました。 昔は10代や20代前半が普通だった 昔は平均寿命も短い関係もあり、10代や20代前半で結婚するのが当たり前の時代もあ…

母乳育児は妊娠中から?できる対策4つ

最近は母乳育児で育てようと考えているママさんが増えているそうです。赤ちゃんにとっては母乳こそが完全栄養食で、添加物も少なく安全性が高いといえますね。母乳とミルクで育てた場合では、色々と異なることもあるそうです。 実はそんな母乳育児ですが、妊娠中に既に始まっているのです。産後に慌てても既に遅し、母乳…

妊婦のための病院選び!子供を産んだ私だから分かる注意したい6つのこと

一生の内に女性が子供を産む人数は、現在では平均で1.4人程度になっています。つまり2人産む人もいれば、まったく子供を産まない人も出てくるのでしょうね。女性が生涯で産む子供の人数は減ってきているため、満足できる病院選びを行ってみましょう。 一生に一度しか利用しないかもしれませんから、リサーチがとても…

若い年齢での出産は実際どうなのか?

近年では30歳以降に初出産を迎える人が増加しているそうですが、実際に若い年齢で出産した人というのはどうなのでしょうか? 若い年齢で考えられるメリット、デメリットについてまとめてみました。最近では芸能人の方でも20代前半で出産したという例は少なくなってきていますね。 10代で出産した場合 …

外出先で破水したら?私が破水した時にやったこと

臨月の妊婦さんにとって、外出先で破水したら?というのがちょっと不安ですよね。でも初産の場合では破水が見られてもすぐにお産が始まるのはまれ。慌てず対処する事で病院に移動することができます。実際に私が破水した時の対処方法や、経験談、破水しちゃったときに便利な方法などを紹介します。 臨月の人の外出は…

出産費用って節約できる?実体験から導き出してみた!

出産費用を節約したい!と考えている人も多いですよね。出産費用とは主に病院に入院した際の金額のこと、大体40万円~50万円くらいが平均なのですが、それ以外にも育児用品や検診代など総額では100万円近くかかるともいわれています。できるだけ費用を抑えたいなら、出産に関わる病院代を減らすのが一番です。 で…

最近の投稿

  1. ソロストーブを自作
  2. 月経前症候群
  3. 大人が着るカットソー
  4. ADSLからフレッツ光に乗り換え
  5. トランポリンの効果
  6. ニトリグラスセット
  7. 更年期と動悸
  8. 冷えとり健康法
  9. グルタチオン
  10. 漏水の返金