これからママになる人のための情報サイト「ママ104」

病気

乳児栄養失調症の症状と治療!どのくらい体重が減るとダメなのか?

乳幼児がいる家庭では、赤ちゃんの体の成長は気になるはず。栄養状態が悪いと成長に支障が発生してしまいます。赤ちゃんが生まれたら「乳児栄養失調症」に注意してみましょう。 乳児栄養失調症とは? 栄養状態が悪いために赤ちゃんの成長がわるいものをいいます。標準体重と比べて80%以下なら栄養失調症と診断…

自家中毒症の症状と治療!強い吐き気がある際に注意

何度も嘔吐を繰り返すと「自家中毒症」と診断されます。神経質な子どもに多いとされていますが、原因がはっきりとしていない部分もあります。症状や治療方法などを詳しく解説していきましょう。 自家中毒症とは? 周期性嘔吐症、アセトン血性嘔吐症とも呼ばれている病気です。何度も繰り返し嘔吐をする病気で、血…

小児の先天性心臓病の症状と治療!妊娠中の影響とは?

先天性の心臓病にはいろいろな種類があります。多くの場合は妊娠時の影響があるといわれているため、これから赤ちゃんを産む予定の人も知っておきたい病気です。先天性の心臓病は40以上も見られ、軽いものから重症化するものまでわけることができます。 先天性の心臓病の原因とは? 原因がハッキリしていないも…

小児肺結核の症状と治療!大人も感染に注意したい

既に根絶したように感じられて、大人でも稀にかかる人を見ることがあるのが「肺結核」です。小児の場合では進行が早く急性症状を出しやすいため注意しましょう。肺結核は大人にも感染するため、家族みんなが注意する必要がある病気です。 小児肺結核とは? 子どもと大人の肺結核に明確な違いはありませんが、小児…

百日咳の症状と治療!長期的な咳に注意

予防接種で防ぐことができる子どもの病気に「百日咳」があります。子どもを持っている方なら、名前くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。乳幼児に多い感染症のひとつで、予防接種の確立により減少傾向となっています。 百日咳とは? 激しい咳をするのが特徴です。長い間症状が出ることからこの名前が付…

小児ぜんそくの症状と治療!民間療法について

風邪をひくとすぐにゼーゼーしてしまう子どもが増えているようです。この症状は小児ぜんそくと呼び、大人がかかる喘息と似たようなものと、気管支炎のようなものにわけられます。単にゼーゼーいうだけでは将来喘息に移行するかはわかりません。 小児ぜんそくとは? 小児ぜんそくといわれるものは主に2種類にわけ…

ジフテリアの症状と治療!ママが知っておきたい予防接種での感染対策

近年は予防接種の効果により発症例がかなり減っている病気に「ジフテリア」があります。咽頭と扁桃に炎症が起こる感染症です。小児が発症しやすく、致死率が10%前後あることから法定伝染病に指定されています。 ジフテリアとは? ジフテリア菌の感染により起こる病気です。潜伏期間は2日~5日程度で、多少感…

慢性扁桃炎の症状と治療、手術すべきか?

急性の扁桃炎を何度も繰り返していると、次第に慢性化してきます。風邪をひくと喉が痛くなるような子どもは、徐々に慢性化することもあります。 慢性扁桃炎とは? 急性の扁桃炎を何度も繰り返し、徐々に慢性化するもので、急性症状と異なり熱が出たり喉が痛くなるという症状を感じないことがあります。何度も起こ…

アデノイド「慢性咽頭扁桃炎」の症状と治療について

子どもにとって見逃せない喉の病気に「アデノイド」があります。喉のような局所的な症状だけに留まらず、生活にまで影響を及ぼす可能性もある病気です。喉の炎症を繰り返す子どもは注意しましょう。 アデノイドとは? アデノイドとは腺様増殖症または、慢性咽頭扁桃炎という名前が付いています。子どもが急性咽頭…

流行性耳下腺炎「おたふくかぜ」の症状と治療

流行性耳下腺炎は一般的にいわれる「おたふくかぜ」です。子どもの多くが感染する病気ですから、子どもを持つ親なら知識として持っておきましょう。子どもの頃にかかると比較的軽い症状で済み、重症化することはないようです。 流行性耳下腺炎とは? 顔の下の部分が腫れる症状が出る感染症です。おたふくかぜは誰…

子どもに多い中耳炎の症状と治療!耳が痛い場合に注意

子どもがよくかかる耳の病気としては「中耳炎」があります。一度かかると再発することがあります。体質なども関係があるようで、中耳炎になりやすい要素を持っていると何度もかかります。初期に治療すれば問題ない病気ですが、稀に放置されて何度も再発していると耳が聞こえなくなるなどの症状が出ることがあります。 …

目のガンともいわれる「網膜膠腫」の症状と治療について

目が失明する可能性もある原因不明の病気に、「網膜膠腫」もうまくこうしゅがあります。子どもの目にできるおできのようなものですが、次第に大きくなることもあるため注意が必要です。具体的にどんな病気なのか紹介します。 網膜膠腫(もうまくこうしゅ)とは? 眼底にできるおできのようなものです。1歳から3…

ダウン症候群(蒙古症)の症状と治療方法について

染色体に異常が見られる病気として、「ダウン症候群」があります。高齢出産などで発症しやすいともいわれているため、名前くらいは聞いたことがある方が多いのではないでしょうか。現代社会では30代や40代での出産は珍しくなくなってきていますから、知識として取り入れておきましょう。 ダウン症候群とは? …

小頭症とは?生後頭が小さいと言われたら対処したいこと

脳が小さい病気に「小頭症」というものがあります。脳に発育の問題が見られているようなら、この病気を疑いましょう。先天的な問題や遺伝の影響などが考えられます。知能が遅れている場合では、脳を詳しく診断するとわかります。詳しい病気の詳細や治療方法、予防について紹介します。 小頭症とは? 脳の発育が悪…

水頭症の原因と、治療方法とは?妊娠中の感染症にも注意

水頭症という病気は小児のころに起こる可能性があります。子どもの場合注意したいのが妊娠中に問題が起こることで発症する先天性、そして後天的に起こる問題です。何らかの原因で髄液が増加した病気となります。具体的な病気の内容、治療方法や予防について紹介します。 水頭症とは? 脳と呼ばれる部分はとても柔…