35過ぎると妊娠しにくい?その理由と最高齢出産について

35歳をすぎると妊娠しにくくなるといいますが、現実的には何歳まで妊娠が可能なのかは女性としては気になりますよね。芸能人の方でも40代になって自然妊娠している人もいるため、35歳をすぎれば確かに卵子は劣化しやすいのでしょうが、45歳くらいまでなら可能かもしれませんね。
具体的に高齢出産となる年齢の人が、何歳くらいまで妊娠が可能か調べてみました。

40代でも自然妊娠している人はいる!

35歳以降になると妊娠しにくくなるとはいいますが、現実的に見てみると40代で妊娠や出産をしている人もいますよね。なかには50歳近い人もいたります。

世界のなかではどのくらいの人が妊娠しているのか調べてみたら、50代になってからの自然妊娠は日本で年間数名、最高齢では60代という方もいます。世界になるともっとすごいようで65歳という年齢で自然妊娠されたかたもいます。

そして自然妊娠でない状況ならもっと高齢者も存在しています。男性では90代で子供を作った人もいるのだとか。インド人のオンカリ・パンワさんのケースは70歳での出産となったようですが、体外受精によって子供を授かっています。

NHKクローズアップ現代でも卵子の劣化を特集

2b4af64e357453fecab0b4474e9fa0bf_s
以前NHKのクローズアップ現代という番組でも、卵子が劣化し子供ができにくくなる特集を組んでいました。

番組内では年齢と共に卵子は老化しやすく、年を取ればとるほど染色体異常がでやすいと指摘していました。染色体はDNAですからその部分に異常があれば、正しい情報が細胞にコピーされず流産したり、生まれた子供に障害が出てしまう可能性があります。

今は20代でバリバリ働く女性も多いため、30代になって結婚しようやく子供を作ろうとおもっても、なかなかできず自分の卵子の劣化に始めて気が付くのだとか。卵子は生まれたときに既に数が決まっており、年々減っているため老化は防ぎようが有りません。

この番組をみて、卵子って老化するんだ!と初めて認識した方も多いかもしれませんね。

スポンサーリンク

じゃ現代女性はどうすればいいの?

仕事もしたい、結婚もしたい、子供も産みたい、いろんなことに興味を持つ女性が増えている現代人は、どうしたら良いのでしょうか。仕事より子供を優先させるとキャリアを捨てることにもなりかねませんし、逆に仕事を取れば卵子が劣化して産みにくくなる・・・

いつか妊娠したいと思っている方は、妊娠できるからだかは知っておくと良いですね。病院で健康な体であるか調べてもらい、排卵がきちんと起きているか知っておくことも必要です。

昔の女性は妊娠能力がなければ離婚されても当然という時代もあったそうです。赤ちゃんができる体か調べてもらい、受精能力がなければ結婚できない人もいたのです。今は結婚=子供作りという考え方は無くなって来ているため、自分の体や相手の子供を作る能力は調べる事は少ないですよね。

もしかしたら自分が問題なくても、男性側に数が少ないなど問題があるケースも見られています。今はストレス社会で男性にも問題が出やすいですし、環境ホルモンなど有害な物質の影響も受けやすいですから、夫婦になる方は結婚と同時にブライダルチェックを受けるのもよいでしょう。

いつごろ不妊治療を受ける?

35過ぎると 妊娠しにくい
35歳になって妊娠しにくい事がわかっても、いつ不妊治療に踏み切るかは問題が多いようです。女性側が治療しても意味が無い場合もあり、男性の協力も不可欠だからです。

女性は卵子を採取する苦痛を長い期間味わう可能性もありますし、男性も細胞を取り出す作業が必要になって精神的な苦痛もありますよね。なかでも女性は毎回毎回内診されるのに違和感を覚える人も多いのでは無いでしょうか。次のような目安で不妊治療を受けることをおすすめします。

・公的補助が受けられる43歳までに
・治療期間は平均2年のため逆算した年齢から
・2年間自然な状態で妊娠しない場合

でも不妊治療といってもいきなり体外受精を試みるわけではないため、原因を特定する事からはじめ、自然妊娠できるようにタイミングを計ったり、やれることからはじめるといいですよ。また不妊治療が逆にストレスとなって、止めたとたん授かる人も多いと言います。

まとめ

35歳以上になるとやっぱり赤ちゃんはできにくくはなるみたい。でもそれは卵子が劣化したからですが、まだ受精可能な卵子が残っていれば諦める必要はありません。40代で自然妊娠した芸能人の方もいるため、気になる方はその経緯を調べてみるといいですね。


関連記事

珍しい出産法を選んでみる?こんな出産やりたい!という方法

分娩台に乗る前にする処置!浣腸も?

後産出ない

後産が出ないときどのくらいで出る?痛いという声もある後産について

若い年齢での出産は実際どうなのか?

陣痛促進剤のリスクとは?「安全に出産するため」に覚えておきたいこと

自宅出産で必要な道具と心構え