これからママになる人のための情報サイト「ママ104」

分娩台に乗る前にする処置!浣腸も?

陣痛が来て分娩台に登る前には色々な措置があります。あの浣腸もされるという噂ですから、何をされるのかドキドキしている方も多いかもしれませんね。どれも赤ちゃんを産むためには必要なことのため、事前に知っておくと良いでしょう。
私が体験した出産前の措置や、一般的に行なわれる浣腸・点滴・導尿・下の毛を剃るなどの方法を紹介しますね。

分娩台に乗る前に浣腸が必要

これは陣痛が始まって病院にいったら処置されます。分娩台に上ってからだと遅いことも多いようで、事前に対処されるそうです。

これは腸に便が溜まっていると産道が狭くなってしまう事や、分娩中に出てしまっても困りますよね。また、浣腸をすると陣痛も促すといわれていて、陣痛が始まったらされる事が多いようです。

実は私はこの浣腸は未経験です。病院に着いた時には既に子宮口が開いていて、自宅で破水もしていました。すぐに分娩台に登り、浣腸は省いてお産となったわけです。病院に行く前にすでにお腹を壊しぎみで、便はすっきりと出ていたようで幸い分娩中に出てしまうことは無かったみたいです。

点滴は万が一の時のために

a0006_000849
点滴は必要ないものなのですが、万が一の際にすぐに薬を入れられるよう血管を確保する意味があります。恐らく点滴はブドウ糖など殆どが水なのでしょうね。分娩中だと血管を確保するのが難しいこともあるため、事前に行われています。

陣痛が来て病院にいったら、とりあえず血管を確保されることも多いようです。病院によっても異なりますが、分娩台に乗る前からという所もあります。

スポンサードリンク

ちなみに私は分娩台に乗ったらすぐに血管確保されました。輸血が必要な時、麻酔が必要な時などでもすぐに対処できるそうです。

導尿という尿道に管を入れる

分娩中に膀胱にオシッコが溜まるのを防ぐための処置です。分娩台に上ってから付けられるケースが多いと思いますが、陣痛が酷くトイレに行きにくいなら早めに付けてもらう方法もあります。

尿道に管を入れるときくと、抵抗がある方も多いのでしょうね。これはわずかに痛みを感じる人もいるそうです。私は陣痛の痛みのほうが強かったため、まったく違和感も無ければ痛みも感じませんでした。痛みで無我夢中なら尿道に管を入れたくないなんてこだわっている暇はありません。

下の毛を剃る

05597b9ae246dc33302b54adfcfc018d_s
場合によっては下の毛をそることもあるそうです。会陰切開をしやすくしたり、縫いやすくするための目的や、感染症を防ぐなど意味があります。

これも私は未経験なのでわかりません。すぐに分娩台に上がらなければならない人の場合では、毛を剃る暇もないため措置はしないようです。陣痛が長引く人だったら事前に剃られるのでしょうね。

まとめ

いざ出産というときには看護師の方に色々と処置をされますが、陣痛があるから恥ずかしいとか痛いなど行っていられません。どれも赤ちゃんを産むために必要なことですから、ちゃんと受けてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事