これからママになる人のための情報サイト「ママ104」

珍しい出産法を選んでみる?こんな出産やりたい!という方法

珍しい出産方法を選択したい!という方も多いのでは?日本ではありきたりな決まった分娩方法しかないのがデメリットですよね。海外では自由なスタイルで産む方法もあるそうですが、日本でも少ないですがフリースタイルは徐々に広まってきました。
水中出産、座位分娩、フリースタイル、自宅出産、LDRなどが一般的でしょうか。どの分娩方法がいいか迷っている方は参考にしてみて下さいね。

日本の一般的な分娩方法

日本では寝たスタイルで分娩する方法が多いようです。これは医師がすぐに措置しやすいようにできていて、リクライニングなどがついた分娩台もあります。

イメージとしては婦人科検診などで乗るあの分娩台のようなタイプです。医師は子宮口の様子、赤ちゃんの様子などを見ながら対応ができ、胎盤の処理や会陰切開や縫ったりする作業がしやすくなります。ただし母体にとっては自然ではなく、よりスムーズな分娩方法を選ぶなら座ったスタイルのほうが良いといわれています。

座位分娩

a0027_001862
これは座った形で分娩ができる台を利用します。赤ちゃんは重力の力で自然に降りてきますし、母体にとってもいきみやすい姿勢だといわれています。でもこの分娩台は医師にとっては処置しにくいようで、採用している所は少なめです。

フリースタイル分娩

分娩台を使わず好きな姿勢でお産ができます。うつ伏せになったり、四つんばいになったり、何かに寄りかかったり、赤ちゃんが生まれやすいスタイルで産むことができます。

このタイプのお産は助産師さんが赤ちゃんを取り上げてくれる所で多いようで、自宅出産でもこのお産が利用できます。病院ではあまり少ないためフリースタイルし分娩をしたいなら助産院の手を借りることになります。

水中分娩

a0800_001283
やはり病院では施設が限られているため、選ぶことはなかなか難しいようです。プールのような場所で出産したり、お風呂を利用したりします。

病院以外では自宅出産でも利用できますが、ある程度浴室が広くないと難しいかもしれません。

水中出産はお湯による血流促進効果で痛みを和らげやすく、赤ちゃんもするっと出てきます。赤ちゃんは羊水の中にいたため水中の中に産み落としても大丈夫です。母体にも赤ちゃんにも負担がないそうですが、医師としてはすぐに処置しにくいのでしょうね。

自宅出産

これは助産師の方の手を借りて出産する方法です。自宅でリラックスしながらお産ができますが、母子と共に問題が無いと判断された方でなければ利用できません。また初産だと問題がおきやすいため、2回目や3回目などで利用する人が多いようです。

もちろん万が一母子どちらかに問題がでれば、救急車を呼んで病院に運んでもらいます。病院で赤ちゃんを産めばすぐに助けられる問題でも、自宅だと時間がかかるリスクが生じています。

スポンサードリンク

昔は自宅で産むのが当たり前だったのですが、今は自宅出産を選ぶ人は減りましたよね。

LDR

dc7ca2120ecde335cdddc1d3240406d0_s
病院の個室でそのまま分娩と回復の両方を過ごすことができます。専用のベッドが導入されていて、分娩時にはベットが分娩台に変わります。産後はその台がベッドになり移動が少なく妊婦さんがリラックスしながら産むことができます。

ただし費用が一般の病院より高くなりやすく、扱っているところも限られており、人気がある病院なら予約が取れない場合もあります。個室のため下の子供や家族が宿泊してもOKの所もあります。

海外の変わった分娩方法

海外では痛みを和らげる無痛分娩が多いそうです。イギリスのキャサリン妃で有名になったのが催眠出産、痛みを和らげる効果があり薬などを使って痛みを取り除く方法ではないようです。

海外では日本のように長期的に入院しない事が殆どなのだとか。特にアメリカは医療費がかなり高額となるため、1日や2日など短期間で退院し、自宅で過ごす人が多いのです。

私が次に行ってみたい出産方法

珍しい出産
もし私が次に出産するなら、水中出産をやってみたいですね。海外セレブの間でも人気のようで、アンジェリーナ・ジョリーも経験したのだとか。水中なら座って出産ができて自然体でいられますし、体が温められるためストレスも軽減できます。

日本では長谷川潤さんが水中出産を経験したそうです。調べてみると水中出産の様子を動画でアップしている人もいてビックリしました。水中出産・動画で検索するとヒットします。

自宅のお風呂場が広い人、水中出産ができる病院が近くにある人などにはおすすめです。

日本人が昔に行っていた分娩方法

よく大河ドラマや時代劇などでも見かける出産方法。普通の部屋で、上から吊り下げた紐をつかみ、座ったまま分娩している様子を見たことがあるでしょう。

日本人の分娩方法は昔は座位だったようです。このスタイルはとても自然でしゃがむ姿勢はより自然なんだそうですよ。その結果トイレで産み落としてしまう人も本当にいたりします。トイレで座るスタイルが本来分娩には適しているのでしょうね。

まとめ

変わった出産方法は少なめですが、利用することができるものもあります。今の病院での出産方法は医師が処置しやうしよう変わったためで、昔から利用されている座位が本来は自然だといわれています。どの方法を選ぶか迷っていた方は参考にしてみて下さいね。

スポンサードリンク

関連記事