これからママになる人のための情報サイト「ママ104」

新生児用品だいたいの費用の内訳

新生児用品の相場は5万円~20万円ほどだといわれています。何を買ってレンタルするのか、最低限揃えるのかによっても異なってくるため、家庭によっても幅が出て来てしまいます。次に紹介する金額はあくまでも相場で、必要ないものはどんどんカットして、節約に努めるのも良いでしょう。赤ちゃんが生まれると色々と手当てがもらえますが、実は意外と新生児のころはお金がかからないものなんですよ。
では、新生児用品について具体的な内訳を紹介します。

退院する際に最低限必要なもの

お金がないという場合や、できるだけ節約したという方は退院に必要なベビー用品だけを用意してもしばらくは過ごせます。内祝いなどでも色々と頂いたり、お祝い金をもらうこともありますから、当面は最低限の用品で過ごすのもありでしょう。

・赤ちゃん用の肌着
退院後は入院中に着ていた肌着でも問題はありませんが、洗い変えに数枚は用意しておきたいもの。赤ちゃんは汗をかいたりミルクを吐いたりして汚すこともあるため、5枚くらいは用意してみましょう。1枚1,000円前後と考えても5,000円は必要です。しばらくはこの肌着さえあれば過ごす事はでき、赤ちゃん用の衣類はしばらく外出しないため必要はありません。

・赤ちゃんのおむつ
おむつは必須アイテムです。紙おむつにするのか、布おむつにするのかによっても値段は異なります。新生児用の紙おむつは1,000円~5,000円くらい。退院後は買い物にいけないためまとめ買いがおすすめです。布おむつは初期費用が少し高めでおむつカバーは1つ1,000円くらい、おむつ1,000円~5,000円と量によって値段も違います。どちらの場合でも最低で5,000円~1万円は必要です。

・退院ようのおくるみ
大きめのバスタオルでも良いのですが、おくるみを買う人が多いですね。その後ベビー布団としても使えますし、お宮参りの際に使うこともあるため買う人が多いようです。2,000円~5,000円前後、自分で手作りしておけば1,000円程度でも済ませられます。

退院に必要な値段は肌着で5,000円、おむつで1万円、おくるみで5,000円とすると2万円になります。

スポンサードリンク

その他産後に必要になる育児用品

9b94ca13f943cbeacd26f2d996e9b994_s
・ベビー用つなぎ 1,000円~
・よだれかけ 数百円~
・靴下 数百円~
・哺乳瓶 数種類を用意するため2,000円~3,000円
・おしゃぶり 数百円~
・粉ミルク 2,000円程度
・お尻拭き 数百円~
・ベビーバス 新生児の頃に必要で2,000円程度
・赤ちゃん用つめきり(小さなはさみ) 数百円から

必要に応じて買うもの

・ベビーベット レンタルでもあるため買わなくてもOK、川の字になって寝てもいいですよ。
・ベビー布団 ベッドがあるなら買ったほうがベター。親と一緒なら無くてOK。
・ベビーチェア レンタルアリ
・ベビーカー 車での移動が多いなら無しでもOK、電車で移動ならあったほうがよいですね。
・チャイルドシート 車を持っているなら必須です。数万円~

ベビー用品で高い物

妊娠
ベビー用品で高いのはベッド、布団、ベビーカー、チャイルドシートです。この当たりを節約すればかなり費用は安くなります。レンタルもあるため節約したい方はチェックしてみて下さいね。私は退院する際に一緒にパンフレットも貰いました。

また、抱っこひもも以前は高かったのですが、今はベビースリングという横向き抱っこができる商品があり、数千円で買えるため1つ用意すると良いですよ。普通の抱っこひもで良いものだと1万円程度します。

こうやって見てみると産後は2万円程度、その後は数万円程度の出費がありますが、お祝いで結構まかなえます。必要なのは粉ミルク、おむつ、お尻拭きシートくらいでしょうか。20万円くらいかけている人は高額なベッドなどを買っている人です。

まとめ

新生児用品のだいたいの費用は2万円~です。産後すぐに用意せずお祝いでまかなったり、おいおい揃えていくのもおすすめです。赤ちゃんは肌着さえあればしばらくは洋服も要らないため、徐々に揃えてみてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事