これからママになる人のための情報サイト「ママ104」

新出生前診断を受ける人の割合

新出生前診断を受ける人の割合、最近ニュースでも取り上げられていました。その記事の内容ではこの検査を受けて染色体異常が分かった人の大部分が、中絶を選んでしまったという内容でした。これからも受けようか迷っている人は参考にしてみて下さいね。

新出生前診断のニュースの内容

妊婦の血液から胎児のダウン症などの染色体異常を調べる新型出生前診断が昨年4月に導入されてから1年間のデータを、検査を行う病院でつくる研究チームが27日発表した。検査を受けた7740人中、142人(1.8%)が染色体異常の疑いがある陽性と判定され、113人が羊水検査などで確定。うち97%に当たる110人が人工妊娠中絶を選んだ。

妊婦は平均38.3歳。検査を受けた理由は、高齢妊娠が95%を占めた。確定した染色体異常の内訳はダウン症が70人、重い心疾患や発達の遅れを伴う「18トリソミー」が34人、「13トリソミー」が9人。
陽性判定を受けたが実際には異常がなかった人は13人いた。陽性と判定された人が実際にダウン症だった確率は約95%。他の2種類の染色体異常では約80%だった。一方で検査結果は陰性だったが、この検査では分からない心奇形や水頭症などが後に判明した人は4%。妊婦の年齢から考えれば通常の割合だという。
出展http://www.jiji.com/jc/zc?k=201406/2014062700581

以前の方法とどう変わったのか?

0556261d0b052972513790f9ae4e3413_s
新出生前診断という名前が付いていますが、実は以前からダウン症になるリスクがあるかは調べる方法がありました。検査の方法が変わったため、新出生前診断となっています。では、どのような点について変更されたのか見ていきましょう。

・ 羊水検査という従来の方法
これは胎盤の中にある羊水を取り出し、検査をする方法です。お腹に注射の針をさし、羊水の一部を抜き取って詳しい検査をします。羊水には赤ちゃんの細胞の一部が含まれているため、100%の確立でダウン症か判断できます。ただし羊水を取り出すことはわずかですが流産のリスクを抱えています。

・ 新出生前診断という新しい方法
これは母体の血液から検査する方法で、羊水を調べる方法と比べると100%確実な検査とはいえません。そのかわり90%以上の診断はでき、母体に負担が少ないというメリットがあります。

新出生前診断にはリスクも

ニュースの記事でも分かるように、陽性反応が出た人でも実際には検査結果が間違いであったケースもあったというのです。90%以上の確立でダウン症が分かるとはいっても、その一部には間違った検査内容となるリスクも隠れています。

また、ニュース内容では殆どの方が中絶を希望したとありますが、もし検査結果が間違いだったとしたら?問題なく生まれてくる子供だったのにも関わらず、もしかしたら中絶を選んでしまうのかもしれません。

もし新出生前診断の検査内容で迷ったら、従来の羊水検査もすることをおすすめします。そのほうが100%確実な検査内容が渡されることになるのですから・・・

新出生前診断の費用

a1180_011767
では費用について次は見ていきましょう。

スポンサードリンク

・ 羊水検査の費用
羊水検査は保険が適用されないため全て実費となります。病院によっても異なりますが、7万円~20万円前後が相場です。

・ 新出生前診断の費用
次いで新出生前診断御費用は従来の方法と比べて8分の1ほどの費用になると言われています。つまり費用は2万円~3万円程度です。

価格の違いから考えると気軽に受けられるのが新出生前診断です。羊水検査は費用がかなり高額となるため、出産や育児などにもお金がかかる可能性があるのに、受けられるかが問題となるでしょう。

そのほかの診断方法

ダウン症を診断する方法は新出生前診断や羊水検査だけではありません。超音波検査で胎児の特徴をみることでも、ダウン症のリスクがあるかはわかります。まずは医師に超音波検査をしてもらい、ダウン症のリスクがあると指摘されたときのみ、新出生前診断や羊水検査を行うと良いのではないでしょうか。

超音波検査では胎児のある特徴でわかります。ダウン症の子供には首の後ろ側にむくみができる事が多いのです。ただしこれは妊娠9週目から11週目とわずかな期間のみのため見逃すと分かりません。

新出生前診断には賛成ですか?反対ですか?

a0002_006954
今でも命の重要さを唱える人がいて、反対する人がいます。陽性となってしまうと、中絶を選んでしまう人が必ずいるため、本当に実施して良いものかは考えさせられますね。

高齢出産が増加すると考えられる今の世の中では、必要ともいえますし、女性としてはなかなか結論が出せない問題でしょう。

私だったら出生前に子供がダウン症だと分かったら?高齢出産になればなるほど、今後育てていける自信が持てないように感じます。経済的な余裕はあっても年齢的な問題はどうなのでしょうか。だからといって若い人だと経済的にも不安ですよね。

どちらにしてもダウン症の確立があると診断された人たちは、悩んだ上の結果だったのでしょう。

まとめ

新出生前診断については便利ではあるのですが、問題点も多いようです。医師とよく話し合い情報を得ながら受けるか考えてみてください。今後は費用の面や、高齢出産でダウン症のリスクがある人の増加などから検査を受ける人は増えていくのではないかと思われます。

スポンサードリンク

関連記事