これからママになる人のための情報サイト「ママ104」

妊娠中に活用したい弛緩法のメリット!陣痛時にも役立ちます

妊婦さんにメリットが一杯の弛緩法のメリットを紹介します。これは心の緊張がある人の治療法としても利用されていることなのですが、妊娠中のストレスや出産中の体の硬直をほぐすのにもよいため、覚えておくと良いですよ。体の調子を整えたり、リラックス効果を得るなど良い面が一杯です。
妊婦さんも是非覚えておきたい弛緩法のメリットについて紹介します。

アメリカで開発されたリラックス法

この弛緩法というのはアメリカで開発された方法です。実際に精神科や心療内科でも使われているもので、自律神経を整えてリラックス効果をもたらしたり、緊張による身体の影響を取り除くとされています。

人は緊張している時には交感神経が優位になってしまいます。このときに血圧が上がりすぎたり、心拍数の上昇などがおこります。これが長期間続いていれば不眠症が起きたり、うつ病になるなど体や心にも影響を及ぼします。

弛緩法のメリット

a0027_001862
弛緩法は自律神経のスイッチを切り替える助けをしてくれます。現代人はストレスを様々な箇所で受けており、常に交感神経が働いている傾向が見られています。それを上手く副交感神経も働けるようにするわけですね。

・ 血圧が下がり妊娠中毒症の予防に
・ 不眠症の改善
・ 不安感やイライラが改善しやすい

弛緩法のやり方

最初は手足から順に行っていくとやり易いです。弛緩法は力をぎゅっと入れてから、一気に力を抜きリラックスさせることで意識的に自律神経を刺激することができます。慣れてくると上手くコントロールができるようになり、リラックス効果が得られるためおすすめです。

まずは手足の弛緩法法からです。
・ 手をギュッとにぎります。
・ 一気に力を抜いてリラックス
・ つま先にギュッと力を入れます。
・ 一気に力を抜いてリラックス。

スポンサードリンク

慣れてきたら顔、おなか、肩など全身をやっていきましょう。力を入れてぱっと抜くと思わぬ場所に力が入っていたことに機が付かされます。

弛緩法を利用した分娩方法

c2207037a011e694663395652d71b653_s
この弛緩法は分娩中にも利用することができます。ただし普段から行っていないと、いきなりやってもリラックス効果は弱いため、妊娠中からやることをおすすめします。

陣痛が起こったらどうしても体は固くなりがちです。それをほぐす目的があるのが弛緩法というわけです。

この弛緩法は分娩台に乗った際に利用するというよりは、陣痛が始まって分娩台に乗るまで実践するのがおすすめです。私の経験上では分娩台に上ったら無我夢中で産むことしか考えられず、弛緩法やらラマーズ法やらは考えられませんでした。

結果的に行ったのは深呼吸のみ。息を吸って吐いてを繰り返すしかできなかったのです。そのため弛緩法は陣痛がまだ弱いときに緊張をほぐすために行ってみてくださいね。陣痛が始まってから分娩台に乗るまでは大抵初産なら時間がかかるようです。

まとめ

弛緩法はリラックス効果も得られやすいため、妊婦さんになってから、そして産後も行ってみたいですね。産後のストレスで眠れないときにも役立つ方法です。

スポンサードリンク

関連記事