これからママになる人のための情報サイト「ママ104」

妊婦の食事制限生活は危険が一杯!胎児に影響も

妊娠中に食事制限を医師から指導された場合では、ある程度食事を抑える工夫が必要となります。母体の元々の体重にもよりますが、12キログラム増加くらいが許容範囲です。これ以上増えると当然胎児への影響も考えられるため、医師から食事制限の指導が入ります。ただし妊婦のダイエットについては危険なこともあるため、必ず医師から必要だといわれた人のみにしてください。
それでは、妊婦の食事制限のコツや、妊娠中にダイエットするとどんな危険性があるのか紹介します。

妊娠中の食事制限は食べながら

妊娠中の食事制限といっても、全く食べないダイエットみたいなものはNGです。カロリーを押さえながらも、必要な栄養素を摂るという考え方です。体重が増えすぎてしまった方は食べる量が多すぎて、2人食べていたのではないでしょうか。これでは体重が増えて当たり前なんですね。

妊娠中の食事制限は和食を心掛けたり、野菜を多くしてカロリーと脂を減らすのがおすすめです。土屋アンナさんは妊娠中に鍋を多く活用していて、産後もウォーキングなどもやりながら今の体型を維持されているそうですよ。

鍋だったらたっぷり食べてもOK、野菜も多くたんぱく質も含まれていて、ポン酢で食べれば塩分が減らせます。

妊婦のダイエットはどんな危険性が?

a1180_010795
最近は妊婦さんがあまり太りたくない人が増えているともいわれています。体重を減らしすぎて、産後の体型を気にするお母さんが多いのだとか。

妊娠中にダイエットをすると次のような栄養が出てしまう恐れがあります。
・低体重の赤ちゃんが生まれる
・合併症のリスク
・赤ちゃんが将来生活習慣病になるリスク

イギリスの研究者によるものでは、妊娠中に栄養が不足していると、将来その子供が生活習慣病にかかるリスクが高まるとされているのです。

胎児の時期に栄養が不足するために低血糖になって将来糖尿病にかかりやすくなったり、高血圧など生活習慣病への影響も指摘されています。まさか胎児の頃に栄養が不足していたばかりに、将来子供が病気になりやすいとは考えもしませんよね。でもこれは統計的にも出ているデータのため、注意するに越したことはありません。

栄養不足は胎児の脳に影響が?

ほかにも栄養が不足している親から生まれた子供は、脳にも影響があるという研究データもあります。動物実験で栄養を減らしたグループでは細胞分裂が少なく、将来脳に影響が出る可能性があることがわかっています。
特に脳が形成されるのは妊娠初期のころですから、早期の頃からダイエットに取り組むというのは避けたほうが良いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

ある程度からだが大きく育ってくれば、脳や神経系、内臓などは既に形成されているため多少カロリー制限しても良いと考えられます。もしダイエットが必要なら重要な器官がつくられる初期には避けて、医師の許可を得て妊娠後期にヘルシーな食事に切り替える方法がおすすめです。

胎児の目安は2500グラム以上

4fc1e438213613ade368ffb937459556_s
痩せ型の女性から生まれた胎児が2500グラム以下だと、将来生活習慣病にかかるリスクがあるとされています。生まれた子供がこれより少ない場合は、妊娠中に無理な食事制限をしていなかったか考える必要があるでしょう。

胎児の大きさは超音波検査にて調べる事ができます。医師は母体の体重だけでなく、赤ちゃんが順調に育っているかも診断しています。あまりにも赤ちゃんが小さい場合はもう少し栄養を摂った方が良いでしょう。

もし母体の体重が増えすぎるといわれたり、赤ちゃんが大きすぎるといわれた場合では妊娠中に食事制限が必要となって来ます。

・主食をしっかりと食べる
・野菜や果物をバランスよく
・たんぱく質は手のひらくらいの大きさを
・乳製品や魚などカルシウムを摂取する
・甘い物を控える
・揚げ物は避けてゆでや焼くなどシンプルな調理に

私の妊娠中食事制限の体験談

妊娠 食べたものいつから影響
私は医師にダイエットが必要と言われたわけではありませんが、妊娠後期に体重の増加が少し多かったため、食事の内容には気をつけました。それまでは2人分食べても良いと考えていたり、妊娠中にお腹が空いたら食べていた感じがありました。

体重が増えるペースが大きくなった時に、1人分食べることと、カロリーが高い物は減らしました。これだけで許容範囲に収まったため、妊娠中は無理なダイエットは必要ないのでは無いかと思います。健康的な食事をして、2人分食べるのを止めるだけでも効果アリでしたよ。

まとめ

妊娠中の食事制限は必ずしも必要ではありません。目安は体重が最終的に12キログラム増量以内に収まる程度で、医師の許可を得た人が必要となります。逆に妊娠中に極端なダイエットをしてしまうと、胎児が将来生活習慣病にかかりやすいなどのデメリットもあるため注意してみて下さい。

スポンサードリンク

関連記事