妊娠中はおなかの毛が濃くなる人が多い!その理由

妊娠中にはおなかの毛が濃くなる人が多いようです。これはホルモンのバランスが変わるためで、胎内に赤ちゃんがいるわけですからより守ろうという本能があってもおかしくはないでしょう。しかし明確なメカニズムははっきりとしていないため、神秘的なものと考える人が多いようです。なぜ妊娠中に体毛が変わってしまうのが紹介しますね。

お腹の毛が濃くなるのはホルモンバランスのため

妊娠中におなかの毛が濃くなったという人は、出産後にはちゃんと戻っています。これはホルモンバランスが変化するためで、産後ホルモンが元に戻れば同じような体毛に戻ります。

人によってはバストトップ周りの色が変化したり、毛が濃くなったと感じられる人もいます。そのほか手足などの毛も濃くなったとか、顔の産毛が濃くなったなどいろいろな場所に変化が見られるようです。

男の子だから体毛が濃くなる?

4fc1e438213613ade368ffb937459556_s
胎内に男の子がいるとその男性ホルモンの影響によって毛が濃くなると考える人もいるようです。実はこれは間違いで、赤ちゃんのわずかな男性ホルモンくらいでは影響は受けません。それよりも妊娠を継続させるために増えている女性ホルモンのほうが影響は強くなっています。

同時に色素沈着もできやすくなる

妊娠中のホルモンの変化によって、同じように色素沈着も起こりやすくなります。シミが増えた、クスミができたなど、肌の色が濃くなったと感じられる妊婦さんも多いのです。

明確に違うと感じられるのはやっぱりバストトップですかね。妊娠するとバストトップまわりが黒く変化し、出産後もこのままだったらどうしよう?と考える女性も多いのですが、産後はちゃんと元に戻るから大丈夫です。

スポンサーリンク

私もこのが黒くなるのはちょっと心配だったのですが、産後ちゃんと回復したようで安心したのを覚えています。

妊娠するとエストロゲンやプロゲステロンという女性ホルモンが増えるのですが、これらはメラノサイトを刺激する働きがあるため、体全体に色素沈着が起こるわけです。おなかの毛が濃くなったと感じられるのも同じ原理で、毛が実際に増えているのではなく、毛1本1本が濃く感じられたからです。

このホルモンは分娩後に低下するため、産後しばらくすると改善してきます。シミやソバカスが増えたと感じた人も、産後は元に戻ることも多いためあまり気にしないほうが良いですよ。妊娠中は赤ちゃんを受け入れるため免疫力が低下し肌が過敏になりやすく、今まで使っていた美白ケアなどもかぶれたりするので、産後ケアをしっかりとするくらいのほうがおすすめです。

妊娠中の脱毛は?

妊娠中の脱毛
もちろん脱毛も肌が過敏になることから避けたほうが良いのです。お腹の毛が濃くなっても剃ったり脱毛したりは際ないほうが良いでしょう。赤ちゃんを守るために毛がフサフサになっているんだ!位に思うと良いですね。

赤ちゃんを温かく守るため、毛を増やして体を防御している母体の自然な反応だと思えば、いとおしくなるものです。

脱毛サロンでも妊娠中は避けるよういわれます。大抵は妊娠したといえばチケットの期限を延ばしてくれることが多いため、無理して通おうとせずサロンに相談してみて下さいね。

まとめ

妊娠中におなかの毛が濃くなったと感じられる人は意外と多いようです。それ以外にもバストトップ周りが色素沈着したり、シミやソバカス、脇の下などが気になる人も。ホルモンの影響のため産後は回復しやすいため気にしないのが一番です。それよりも妊娠中という何度も経験できないことを楽しむほうが良いですよね。


続けやすい葉酸サプリとは?

葉酸サプリ妊娠中に必要な葉酸サプリは1,800円で買えて、定期購入の縛りがない商品を選びました。

詳細はこちらから
AFC葉酸サプリ

関連記事

妊娠中のトラブル

妊婦の腰周りのトラブル!便秘・頻尿・尿漏れ・痔の解消法10選

妊娠中に高熱が出たら危険?何度まで大丈夫か?対処方法6つ

妊娠と白髪

妊娠すると白髪が増える?その原因と対策方法のまとめ

妊娠線の基礎知識!予防するために必要な5つのこと

妊娠中の口臭は意外なところから?!通常の対策と見逃される問題の対策

妊娠初期に飲んではいけない薬