これからママになる人のための情報サイト「ママ104」

妊娠のカフェインの影響よりも怖い事って?

妊娠中にカフェインを摂取することの影響は、結論からいうと胎児の成長が阻害されてしまうことがありますよ!ということのようです。しかし、カフェインが胎児に影響を及ぼす可能性があるとはいっても、1日に1杯程度ならあまり心配する必要はないといわれています。その根拠やなぜ1日に1杯程度なら胎児の成長に影響が少ないのか解説していきます。

妊婦の許容範囲は1日多くても3杯まで

コーヒーが大好きという人でも、1日3杯以上飲むでしょうか?私もコーヒーは好きで毎日欠かさず飲んでいますが、多くて3杯、少ない時では朝の1杯のみということもよくあります。コーヒーを毎日飲む理由は幾つかあります。

・朝温かい飲み物を飲んで体を温めたい
・カフェインで目覚めをすっきりさせたい
・コーヒーの苦味が好き
・コーヒーを朝飲むと排便が促される
・リラックスできるから

このような理由から私は毎日コーヒーを飲んでいます。では妊娠中はどうだったかというと、確か同じくらいは飲んでいましたね。ということは1日3杯以内に留めていたわけで、許容量に満たされていました。

仕事を持っている女性でストレスが強いなら別ですが、大抵は1日3杯程度の量ではないでしょうか。その程度なら妊婦さんでも問題が無いとされている量です。

カフェインが胎児に影響を与える理由

a0001_017437
胎児の影響とカフェインは胎内の血流を減少させる可能性があります。大量にカフェインを摂取している人から生まれた子供は、低体重の傾向もあるのだとか。

そのほか、カフェインが血液を通し赤ちゃんにも伝わってしまうため、赤ちゃんの精神にも影響があると言われています。イライラしやすい、興奮しやすい、夜泣きをするなど・・・

また、カフェインによって母体の栄養吸収が悪くなると言う説もあります。カフェインは鉄分、亜鉛、カルシウムの吸収を阻害するともいわれているため、赤ちゃんへの栄養も必要となる妊娠中は過剰摂取は避けたほうが良いでしょう。

スポンサードリンク

カフェインはそもそも冷えやすいからダメ

妊娠中はお腹を冷やさないようにといわれますが、陰性の食事を摂らないように気をつけていますか?カフェインも体を冷やす飲み物のひとつで、大量に摂取するとお腹を冷やす可能性があります。
妊娠中の食事は根野菜、北国でとれたフルーツ、生姜やニンニクなどの薬味などを摂取してください。そもそもコーヒーを毎日大量に飲んでいた人は、それだけでお腹が冷えている可能性も。赤ちゃんが育つためにはフカフカで温かいベッドが必要ですから、食べ物には気をつけたいですね。

やっぱり妊娠中は絶対にカフェインはダメ?

a0011_000322
1日に1杯程度ならなんら問題はありません。その理由はカフェインによる影響は考えられるが、メリットも幾つかあるからです。

・リラックス効果が高い
・ホットで飲めば体を冷やしすぎない
・利尿作用があるため妊娠中のむくみ対策になる

ストレスは万病の元といわれるくらい、一番体には悪影響が強くなっています。もしコーヒーが好きな人がまったく飲まないようにして我慢しているなら、それによって大きなストレスを受けている可能性があります。それだったらストレスを解消する目的で1日1杯飲んだほうがマシです。

ストレスは体を冷やしたり、錆びさせる大きな原因となるため、どんな悪影響よりも毒性が強いとも言われています。妊娠中は赤ちゃんの不安感もありますし、イライラを解消する意味で飲むのは悪いことではありません。

カフェインの悪影響を考えるより、ストレスの影響のほうが怖いかもしれません。

また、コーヒーにはポリフェノールも含まれていて、必ずしも体に悪いものとはいえなくなってきています。もしカフェインの影響が気になる場合や、胎児の成長が実際に悪い場合はカフェインレスコーヒーをおすすめします。ドリップ式の抽出時間を短くするなど対処してみて下さいね。

まとめ

妊娠中のコーヒーは1日1杯までなら大丈夫。まったく飲まないでイライラするくらいなら、ストレスを軽減させる意味で1日1杯飲む位は良いでしょう。もし赤ちゃんへの影響が気になるなら、カフェインレスコーヒー・タンポポコーヒーなど良い商品も売られていますよ。

スポンサードリンク

関連記事