これからママになる人のための情報サイト「ママ104」

妊婦の塩分とりすぎの影響は重大な問題にも繋がりかねない!妊娠高血圧症候群の原因に

妊婦の塩分の摂り過ぎによる影響について紹介します。簡単にいうと妊婦はむくみや高血圧などの症状も起こりやすいため、塩分は控えたほうが良いのです。妊娠中毒症とも関係があるともいわれているため、妊娠中の食事は薄味が基本となります。
それでは、妊娠中にどうして塩分を控えたほうが良いのか、どのくらいの塩分を摂ったら良いのか解説していきます。

塩分の摂りすぎは妊娠中毒症に

妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)の原因にもいろいろなものがありますが、そのひとつが塩分の摂りすぎともいわれています。1日の摂取量としては8g~10gていど。小さじ2杯分の量に相当します。

普段から味噌汁、焼き魚、佃煮などを食べているとすぐに許容量を超えてしまいます。妊婦さんはそれでなくても、血圧が高くなりやすいため、日々の食事によってコントロールすることが重要です。

もし血圧が高いといわれてしまうと、赤ちゃんに栄養が届きにくくなり、赤ちゃんの成長に影響します。

実は私も妊娠中に血圧が高いといわれたことがありました。しかし1回くらい血圧が高いのは問題はなく、少し休んでからもう一度測って大丈夫ならOKとされていました。歩いて病院まで行った直後だと、心拍数が上昇し許容量を超えてしまうこともあるようです。

結果的に休んでもう一度測ると問題がなく、むくみはあったものの、妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)と診断されずに済みました。1度や2度くらい血圧が高いといわれても、きちんと食生活などに気をつけていれば大丈夫なこともあります。

血圧の上昇と共に起こるのがむくみ

a1180_009502
妊婦さんはむくみが起こりやすくなっています。私も足がパンパンになったり、指が太くなって指輪が抜けなくなったりもしました。

むくみチェックをするにはむこうすねを押して、指が凹むようならむくみがある証拠です。ただし妊婦さんは多少のむくみは見られるため、症状が酷く長期化しなければ大丈夫です。入浴して足をよく温めたり、マッサージして水分を排出するようにすると良いでしょう。

めやすはくるぶしがパンパンに張れて足首が見えなくなるくらいになると、むくみが酷いといえます。

妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)が起こるしくみ

実は妊娠中に血圧が上がったり、むくみや尿たんぱくが起こるメカニズムはよくわかっていません。原因のひとつとされているのは、胎盤が形成される際に血管が不十分に形成され、赤ちゃんへ届けられる血液が少ないからと考えられています。
特にこの症状が現れるのは赤ちゃんが大きくなってからで、妊娠後期に見られています。この症状が出やすい人は特徴があり、関連性が指摘されています。

スポンサードリンク

・高齢出産の方
・妊娠前から肥満の方
・生活習慣病にかかっている方
・初めて出産する方
・歯周病を持っている方なども指摘されています

妊娠中に塩分を控えるポイント

妊婦 塩分 影響
醤油や味噌など和食は意外と多くの塩分が使われています。調味料にも塩分が多いものがあるため、できるだけシンプルな調理にしましょう。

醤油の代わりとしてはポン酢がとても良いです。サッパリしていて調味料が少なくてすみ、しょっぱくなくても味が濃く感じられます。

焼き魚、たらこ、カップラーメンなどは塩分量が多く、1回分でも許容量を超えることもあります。魚はすり身やお刺身などにすると塩分を減らしやすく、加工食品よりも手作り食品のほうが塩分が制限できます。

ラーメンもスープに塩分が多くなっているため、外食の際にはスープを飲まず残す工夫も必要でしょう。

しかし、塩分を控えることばかり考えるとそれがストレスとなってしまうため、塩分を排出しやすいカリウムを積極的に摂取するのもおすすめです。野菜や果物に多く含まれるカリウムは、体内にあるナトリウムとのバランスを調節する役割を持っており、塩分を排出してくれる働きがあります。塩分がちょっと多いなと思ったら、野菜の量を調節したりおやつにフルーツを加えましょう。

塩分は人にはなくてはならない栄養素のため、極端な減塩は必要ありません。加工された食事を避け、バランスの良い食事を心掛けて野菜中心にすれば、上手くコントロールできます。しかし、意外とヘルシーなイメージが高い和食にも塩分が多い食品は多いため色々なメニューを組み合わせてみてくださいね。

まとめ

妊娠中の塩分は10g前後に抑えるよう指導されることが多いようです。理由は妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)になる恐れがあるためで、尿たんぱく・むくみ・高血圧がある場合は食事療法が必要となります。このままの症状が続くと赤ちゃんが育たないだけでなく、赤ちゃんや母体にも影響を及ぼす可能性があるため注意しなければなりません。また、帝王切開になるケースも多く見逃せません。

スポンサードリンク

関連記事