これからママになる人のための情報サイト「ママ104」

4ヶ月胎児の様子!そろそろつわりも終わり時

妊娠4ヶ月頃の胎児はそろそろ胎盤も作られ始め、安定期に入ってきます。母体もつわりが収まってくる時期のため、マタニティライフを満喫する事ができます。まだお腹はほんのり出ている程度ですから、妊娠中にやっておきたいこと、お腹が出たらやりにくいことなどに挑戦してみましょう。
それでは、妊娠4ヶ月目の胎児の様子を詳しく紹介していきます。

妊娠4ヶ月目で胎盤が完成

赤ちゃんは胎盤から影響を補給し始めます。胎盤はへその緒と繋がっており、母体から酸素や栄養などを受け取り、胎盤の中には羊水が満たされていてこの中で羊水を飲んだり排泄したりしています。

胎盤って一体なあに?と思うかもしれませんが、受精卵ができた段階から準備はもう始まっています。受精卵が着床するとじゅうもう(絨毛)と呼ばれる細い繊維が母体へと伸びていき、これが子宮の壁とくっつくことで栄養を受け取っています。つまりこのじゅうもうが胎盤へと変化していくわけです。

この胎盤の中には赤ちゃんがいますが、赤ちゃんと胎盤は臍帯と呼ばれるもので繋がっており、母体から栄養や酸素を受け取っています。また、母体側はおへそと胎盤が繋がっているわけではありません。子宮の壁に張り付いた胎盤は出産を終えると自然と剥がれ落ちる仕組みとなっています。

意外と胎盤がどのように母体と赤ちゃん側と繋がっているかは知らない方も多いようです。赤ちゃんのおへそと、母体のおへそが繋がっているような錯覚を起こしてしまいますよね。

妊娠4ヶ月目の赤ちゃんの大きさ


妊娠4ヶ月目の赤ちゃんは多少固体差がありますが、レモン1個分くらいと覚えておくと良いでしょう。こぶし1個分くらいまで大きくなっている赤ちゃんもいます。

スポンサードリンク

また内臓や手足などもほとんど出来上がっているため、超音波検査にて赤ちゃんの様子も確認できるようになります。この頃から性器も発達してきて、早ければ性別がわかることもあります。手足を動かしたり、羊水を飲んだりいろんな動きをはじめます。

母体はつわりが収まってくる

母体の大きな変化としては、つわりが収まってくるのが特徴です。私もたしか妊娠4ヶ月目に納まったと思いますが、朝起きたらすっきりしていたのに感動を覚えています。毎日つわり中は起きるたびに憂うつだったのですが、つわりが収まった日はとても晴れ晴れとしていました。

つわりは一気に治るというわけではないのでしょうが、私の場合は昨日まであった気持ち悪さが朝起きたら無かったため、短い間に終わったという感覚がありました。

胎児のダウン症が分かってくる

4ヶ月胎児
妊娠4ヶ月目の胎児は体もしっかりと形成されてきますから、そろそろダウン症という診断が下されることもあります。この頃の赤ちゃんに首の浮腫がみられると、ダウン症の確立が高まるからです。しかし、この浮腫は短期間のうちになくなってしまうため見逃さないためにも定期検査をきちんと受けましょう。

また確実にダウン症か判断するためには、羊水検査をおすすめします。ダウン症は染色体異常によるものが原因のため、将来生まれてくると免疫力が低い、内蔵機能の問題などが起こる事もあるようです。ただし妊娠4ヶ月頃に疑いがあるといわれたとしても、出産後血液検査をすれば正確な判断が付けられます。多少要素があっても問題なく育っている子供たちもたくさんいますから、あまり落ち込まないで下さいね。

まとめ

妊娠4ヶ月目の胎児はレモン1個分くらいの大きさに成長し、胎盤も形成されて流産しにくくなります。母体もつわりが収まって一番体調も良い時期ですから、色々なことに挑戦してみましょう。

スポンサードリンク

関連記事