これからママになる人のための情報サイト「ママ104」

更年期障害が40代で出る理由とは?更年期障害の仕組みをおさらい

40代更年期

40代になり急に動悸息切れがひどくなり、ホットフラッシュが気になったら、更年期障害の始まりかもしれません。更年期障害はその原因をしっかりと理解し、それに関する対処法を理解しておけば怖いものではありません。実態がわからないからこそ、不安が強くなってしまうのです。40代からおこりやすい更年期障害の仕組みを紹介します。

更年期とは?

更年期は閉経を基準に考えられています。一般的には50歳くらいが閉経となるため、その前後5年間合計10年間が閉経の目安です。具体的には次のような症状が出たら、更年期だといえます。

・生理が不規則になる
・生理の量が減ってくる
・基礎体温を測ると排卵がない

更年期とは閉経前から始まる、卵巣機能が衰える時期です。基礎体温を毎日測ると、低温期と高温期の境目がなくなり、排卵がない生理がきていることがわかります。卵巣機能が低下していても、まだ生理をおこさせる程度のエストロゲン分泌はあるのが特徴です。

つまり卵巣からエストロゲンが分泌しているうちは更年期で、1年以上生理が止まった状態が閉経だといえます。更年期には個人差がありますが、40~60歳くらいまでの幅です。早い人では30代から更年期障害が始まる人もいます。

更年期障害とは

更年期障害とは、卵巣機能が低下してエストロゲン減少によりおこる不定愁訴のことです。ホットフラッシュ、めまい、耳鳴り、動悸息切れ、抑うつ、イライラ、記憶力低下、不眠症、頭痛、腰痛などの症状があります。大きくわけると血管運動神経症状と、精神症状の2種類です。

更年期障害の原因とは、エストロゲンの減少によるものです。なぜエストロゲンが減少するのか、エストロゲンが少なくなると体はどうなるのか説明していきましょう。

女性の生理がおこるメカニズム

40代更年期
更年期障害を理解する前に、女性の生理がおきる仕組みを見直しておく必要があります。生理とは28日周期前後で繰り返すものです。脳の視床下部からの指令から見ていくとわかりやすいでしょう。

脳の視床下部

脳の視床下部は自律神経を司る部分です。ホルモン調節をする役割を持っており、女性ホルモンの血中濃度が高いときには抑えて、少なくなると分泌するよう指令を出しています。その指令は脳下垂体に対して「性腺刺激ホルモンの分泌」という指令です。

脳下垂体が視床下部から指令を受けると、「卵胞刺激ホルモン」や「黄体化ホルモン」を分泌します。それに対し卵巣はエストロゲンやプロゲステロンを分泌します。

ホルモンの受容体の働き

神経から指令が送られると、卵巣からはホルモンが分泌されます。神経はメッセージを伝える役割で、ホルモンが分泌すると各器官に存在する受容体と結合し、はじめてホルモンの働きがおこる仕組みです。

卵巣からエストロゲンを分泌

卵巣の中には卵胞が入っており、脳下垂体から卵胞刺激ホルモンが分泌されると、そのひとつが生育します。するとエストロゲンも卵巣から分泌されるようになり、血中濃度がたかまるのです。

生理周期のエストロゲンは、卵胞の生育と、妊娠にそなえて子宮内膜を増殖させる働きがあります。脳下垂体からの指令によって正しく卵巣からエストロゲンが分泌されると、血中濃度が高まり、それを視床下部が感知する仕組みです。

卵巣からプロゲステロンを分泌

エストロゲンの血中濃度が高まると、次に視床下部は「黄体化ホルモンを分泌」という指令を送ります。それをキャッチした脳下垂体が、「黄体化ホルモン」を分泌させ、卵巣からプロゲステロンが分泌する仕組みです。

このときの刺激によって卵胞から卵が飛び出し排卵します。残った卵胞は黄体へと変化し、プロゲステロンが分泌されるようになるのです。生理周期の後半ではエストロゲンとプロゲステロンの両方が分泌されています。プロゲステロンは子宮内膜の成熟に関わるホルモンで、エストロゲンの細胞増殖作用を抑える作用もあるホルモンです。

生理がおきる

受精がないと黄体はしぼんでしまい、エストロゲンとプロゲステロンの分泌が減少します。これにより厚くなった子宮内膜が剥がれおち、生理がくるのです。血中のエストロゲンとプロゲステロン濃度が低くなったことを、視床下部が感知してまた生理サイクルが始まります。

更年期になると出る体の変化

40代更年期
人は生まれたときには25万個もの卵胞を持って生まれてきます。しかし毎年卵胞は消失してしまい、40歳になったころには50個くらいに減ってしまうのです。排卵の回数とは異なり、年齢を重ねると卵胞は失われていきます。

卵巣も年齢を重ねるごと機能が低下していき、脳下垂体からの卵胞刺激ホルモンや黄体化ホルモンの指令に答えることはできなくなり、エストロゲンやプロゲステロンの分泌量が減少していくのです。

視床下部がうなりを上げる

視床下部は血中濃度によって、正しくエストロゲンやプロゲステロンが分泌されているか判断します。卵巣機能が低下する40代は、脳下垂体の指令に答えられなくなるのです。最初はがんばってエストロゲンを分泌しますが、ときどき答えらなくなり、40代の女性のエストロゲンは上昇したり減少したりを繰り返しゆらぎが生じます。

エストロゲン濃度が少ないと、視床下部はさらに過剰な指令を送り出します。そのような状況では排卵ができないときも増えてきて、排卵がなければ黄体がつくられないため、プロゲステロンは分泌できません。40代のエストロゲン量は生理をおこさせるくらい、子宮内膜を厚くすることはできています。

生理不順になる

40代の女性はエストロゲンの分泌量が増えたり減ったりしているため、子宮内膜の増殖が少ないときは生理が止まり、生理周期の間隔があきます。ときどき一気に経血が出るのは、溜まっていた子宮内膜が一度に排出されたためです。

エストロゲンとプロゲステロンのバランスが崩れる

ついに卵胞がなくなってしまうと、排卵さえもおこらなくなります。排卵しなければ黄体ができず、プロゲステロンは分泌しません。40代の女性はエストロゲンがわずかにあるのですが、プロゲステロンの分泌量は低下している状態です。両方のホルモンは片方のホルモンの働きを低下せる作用があります。

40代女性は全体的にみるとエストロゲンは減っていますが、プロゲステロンがほとんどない状態で、バランスが悪くなります。エストロゲンは細胞増殖の作用があり、プロゲステロンはエストロゲンの作用を抑えるのです。だからこそ40代女性は乳がんになりやすく、子宮内膜症や子宮筋腫などの病気も増えていきます。

自律神経が乱れる仕組み

40代更年期
卵巣機能が低下すればエストロゲンやプロゲステロンが分泌できません。しかし、視床下部は卵巣機能の低下にすぐ気が付くことはなく、何が何でも分泌量を促そうとします。すると脳下垂体からは、卵胞刺激ホルモンや黄体化ホルモンが過剰に分泌され、血管運動神経が同時に刺激されて、自律神経失調症になります。

全身に作用するエストロゲン

エストロゲンの減少は脳をパニックにさせるだけではありません。エストロゲン受容体は脳、骨、肌にも存在しています。そのため脳に作用する神経伝達物質のセロトニン分泌にも影響を及ぼし、イライラ、抑うつ、不安感などがおこるのです。

スポンサードリンク

骨の受容体へ影響を及ぼすと、骨粗しょう症を促します。皮膚のコラーゲン生成にもエストロゲンが作用しており、更年期になるとシワが増えて肌が乾燥しやすくなってしまうのです。エストロゲンの減少は女性らしさを失い、骨がもろくなって、血栓症もまねくため脳梗塞や心筋梗塞もおきやすくなります。

視床下部の自律神経作用

視床下部には血圧や体温を調節する神経があります。更年期障害でホットフラシュがおこり、下半身が冷えるのも、血管運動神経の乱れからくることです。大量の発汗がおこり、勝手に心拍数や血圧が上がり動悸や息切れをもたらします。

更年期症状はずっと続かない

卵巣機能の低下によって視床下部がずっとうなりを上げているわけではありません。体には機能を失えば、他の部分がそれを補う作用がおこります。卵巣機能が低下していることに視床下部が気づけば、卵巣に対し過剰な指令を送りません。

卵巣の代わりにエストロゲン生成として役立ってくれるのが、副腎です。副腎はDHEAを原料にさまざまなホルモンを生成しており、エストロゲンへの変換もできます。ホルモンのすごいところは、1つのホルモンで他のホルモンへと変換できることです。エストロゲン生成経路には、卵巣からプロゲステロン→エストロゲンと、副腎からDHEA→エストロゲンの2つの経路があります。

副腎のサポートが重要なわけ

閉経しても副腎からはエストロゲンが生成できますから、更年期障害がおきない人もいます。生理をおこさせるほど子宮内膜は厚くならなくても、更年期障害にならない程度には生成できます。副腎はDHEAを原料にさまざまなホルモンを生成しており、ストレスホルモンも分泌しているため、更年期にストレスは大敵です。

大豆イソフラボンを摂取すると更年期障害がやわらぐ

更年期障害といえばもともとは欧米人女性がなるものでした。日本人女性は更年期障害になる年齢が遅いか、更年期障害になっても症状が軽い特徴があります。その違いとは、大豆イソフラボンの摂取量だともいわれています。

大豆イソフラボンはエストロゲン様作用があることがわかっており、更年期障害の緩和にも使われています。近年の女性で更年期障害の発症年齢が早くなり、症状が強くなったのは、大豆食品の摂取量が減っているからともいえるのです。さらに女性の社会進出によって、ストレスの影響で副腎によってエストロゲン生成ができていないといえます。

更年期障害になったらどうするか

40代更年期
更年期障害の治療には多数の方法があります。

・ホルモン補充療法
・漢方療法
・プラセンタ療法
・サプリメント療法

医療機関で利用できるのはホルモン補充療法と漢方療法です。ホルモン補充療法とは、足りなくなったエストロゲンを補う考え方です。エストロゲン単体だと子宮がんのリスクが高まるため、子宮が残されている方にはエストロゲンとプロゲステロンの2種類を投与します。

ホルモン補充療法にはたしかにホットフラッシュのような自律神経失調症には効果があります。しかし、乳がんや子宮がんの発症リスクや、血栓症の問題などもあるため、副作用と更年期障害の緩和効果を天秤にかけなければなりません。

漢方療法

漢方とはホルモン剤を直接補うのではなく、血、気、水のバランスを整える方法です。
ホルモン補充療法のようにエストロゲンが過剰になってしまうリスクがありません。漢方では証(体質)を見極めてから必要な漢方薬を処方する方法です。虚証、中間証、実証喉の体質かによって、同じ更年期障害でも漢方薬が異なります。

証を見極めることが重要ですが、婦人科の医師が漢方医学に詳しくないことも少なくありません。その場合は「婦人科三大処方」と呼ばれる、当帰芍薬散、加味逍遙散、桂枝茯苓丸が用いられています。この漢方薬で多くに対応できるため、まずはこの3つの漢方薬から試すとよいでしょう。

プラセンタ療法

更年期障害の治療としてプラセンタ注射が認可されており、保険が使えます。ホルモンバランスの調節や、自律神経を整える作用などが得られる方法です。プラセンタの成長因子が役立っています。ただし、週に1回は注射を受けなければならず、毎回通うのが大変なため、更年期障害の治療として一般的ではありません。

サプリメント療法

吸収率を高めたアグリコン型イソフラボン、エストロゲン様作用が高いエクオール、ドイツで生理前症候群の治療薬として使われているチェストツリー(チェストベリー)、ブラックコホシュ、ワイルドヤムなどの成分があります。

どれにもエストロゲン様作用が確認されており、健康食品として入手します。ホルモン補充療法の副作用リスクを軽減したい人や、漢方薬では服用量が多いと感じる方に向いている方法です。

一生ホルモン補充に頼るわけにもいかない

ホルモン補充療法は確かに効くのですが、人工的なホルモンを長期間投与し続けるリスクがあります。ホルモンは外部から十分な量があると、自分でつくらなくなる性質があります。アトピーの治療でステロイド薬が問題とされるのは、こういった理由があるからで、外部からホルモン剤を投与し続けることはリスクが伴うのです。

更年期になってからは副腎からのエストロゲン生成にも頼らなければならず、外部から十分な量があれば、副腎がエストロゲンをつくらなくなってしまうでしょう。エストロゲンが極端に低下すれば、骨粗しょう症や血栓症のリスクもあります。そのため外部からの補充に頼らず、自分で生成される力を利用しなければなりません。

植物性エストロゲンならリスクが少ない

大豆イソフラボンなどの植物性エストロゲンが高く評価されているのは、天然のホルモンの1000分の1など、作用が低いからです。大量に外部から補いすぎれば、自分で生成する力がなくなります。イソフラボンなら作用が少なく、副作用のリスクは少ないといえます。

さらにイソフラボンには、エストロゲン様作用とプロゲステロン様作用の両方があるため、ホルモンバランス調整がしやすくなります。体内のエストロゲンが過剰なら抑えて、少なければ補う働きがある成分です。

エストロゲンとプロゲステロンはバランスが保たれて健康な状態にできます。環境ホルモンによってエストロゲンが過剰になるリスクや、更年期になり排卵がないためにプロゲステロンが減少するリスクからも、イソフラボンは対応できるといえます。

更年期かな?と思ったら病院で検査を受けること

40代更年期
更年期障害と同時に発症しやすいのが、甲状腺機能低下症です。甲状腺の機能が低下すると、更年期障害と似た症状が出るため、他の病気が原因でないか病院で検査してもらう必要があります。動悸息切れも心臓病の問題も考えられるため、一度内科で検査を受けましょう。合わせて婦人科の病気が隠れていないかチェックしてもらうと安心です。

子宮内膜症

エストロゲンは細胞増殖作用があるため、エストロゲンが過剰になり過ぎると発症します。環境ホルモンの影響が考えられます。このような方には、天然のプロゲステロンクリームを肌に塗り、皮膚から吸収させるとホルモンバランスが整います。プロゲステロンクリームはiHerbなど、海外の個人輸入サイトを利用しましょう。

子宮筋腫

同じようにエストロゲン過剰によってもたらされる婦人科の疾患です。良性の腫瘍のため放置していても問題はないのですが、大きくなると出血量が多くなりやすいため、切除手術を利用することが多いようです。エストロゲン過剰にはプロゲステロンクリームを使うことができます。

まとめ

40代になったら更年期障害がおこるメカニズムを理解しておきましょう。原因を知っていれば、自分でも対処しようがあります。医薬品での治療では副作用のリスクもあるため、できるだけ自分で体を整える方法を試してみましょう。

スポンサードリンク

関連記事