これからママになる人のための情報サイト「ママ104」

妊娠初期症状で腰痛がおきる原因と対処法、リラキシンがポイントの理由とは?

妊婦初期症状の腰痛

妊娠の初期症状として腰痛がおきることがあります。
「でも生理痛とどう違うの?」
「いつもより重い腰痛になると妊娠?」

などの疑問も出てくると思います。
今回は、妊娠初期症状のひとつ「腰痛」と、生理前の腰痛との違いを紹介します。

妊娠初期症状で腰痛がおきる理由は?

その理由とは、妊娠すると分泌される「リラキシン」の影響からです。
リラキシンとは「子宮弛緩因子」とも呼ばれ、妊娠初期に分泌量が多くなり、骨盤を弛緩させる働きがあります。
リラキシンが妊娠初期に分泌される理由は、妊娠の継続の目的からです。
また、リラキシンは分娩時にも分泌され、骨盤を弛緩させて出産しやすいよう補助の役割ももっています。

実はこのリラキシン、生理時にも分泌量が増えて、生理中の経血の排出を促すホルモンでもあるのです。
妊娠初期症状の腰痛と、生理時の腰痛は、同じリラキシンの影響を受けていたのです。
だからこそ、妊娠初期症状の腰痛と生理による腰痛は区別がつきにくく、「腰痛が出てきたらもうすぐ生理」と思っていたら、実は妊娠していたということもあります。

骨盤は左右分かれており、それをつなぐのが恥骨結合や仙腸関節です。
リラキシンが分泌されるとこれらの結合が緩むため、骨盤が開いて妊娠を継続させたり、お産をしやすくしたり、生理時の経血排出を促したりします。
これはある意味自然なことなのですが、骨盤がゆるむことで、骨盤周辺の筋肉に負担がかかり、その影響で腰の筋肉に痛みが出てしまうのです。

腰痛がおこりやすい人とおこりにくい人がいる

生理時の腰痛は誰でもおきているわけではありません。
生理中にリラキシンが分泌されて、経血の排出を促す働きは誰でもおきています。
ところが、骨盤のゆるみに対し、筋肉の負担が強く出てしまう人がいます。
その理由とは、猫背の方、左右の骨盤がゆがんでいる方などです。
もともと筋肉に負担がかかりやすい状態で、生理時のリラキシンの分泌で負担が増し、腰痛がおきやすくなってしまいます。

リラキシンの分泌で生理時や妊娠初期に腰痛がおきやすいのは、運動不足で腰の筋肉が弱い方や、姿勢が乱れていて筋肉に負担をかけている方です。
腰痛がおきやすい方は、普段から姿勢を正しくするように心がけ、運動不足の方は適度に腰回りの筋肉を鍛えましょう。
このようなちょっとした対策で、生理時に腰痛がおきやすい方でも、妊娠初期に腰痛を感じにくくなります。

妊娠初期症状の腰痛とはどんな痛み?

妊娠初期でリラキシンが分泌され、腰痛がおこりやすくなるのは、排卵~生理予定日くらいまでです。
この期間に「何となく腰がだるい」「腰に鈍い痛みを感じる」などの症状がおこります。
腰痛の度合いは個人差があるため一概にいうことはできませんが、普段の生理より症状が重く感じる方が多いようです。

生理時との違い

いつもより腰痛がひどいから妊娠しているかも?と思っても生理前症候群ということもあれば、生理前の痛みと変わらない腰痛だからもうすぐ生理と思っていたら、妊娠していたということもあります。
どちらもリラキシンというホルモンの影響を受けているため、非常に区別をつけるのが難しくなっています。
ではどのように区別したらよいのかというと、ほかの妊娠初期症状がないかチェックするしかありません。

・いつもよりお腹の痛みはひどくないか?

受精時に受精痛と呼ばれる痛みを感じる人がいます。
お腹がチクチクするような痛みを感じ、いつもの生理前とは痛みの重さがあると感じた場合、もしかしたら妊娠しているのかもしれません。

・高温期が2週間以上続いていないか?

排卵日~次の生理までの期間は、一般的に2週間です。
この時期のことを高温期と呼び、前半2週間と比べて体温が上がります。
ところが受精がおこなわれなければ妊娠のためのプロゲステロンやエストロゲンが不要となるため、ホルモン分泌が一気に低下し、同時に体温も下がってくるのです。
このときに生理が始まっています。
妊娠すると妊娠を継続させるホルモン分泌が続くため、2週間以上高温期がおこるのです。

・胸の張りやつわり

妊娠初期症状は腰痛だけではありません。
胸の張り、気持ち悪く吐き気がするなどの症状も出ます。
これらの症状は生理予定日以降に症状が強くなることが多いのですが、体の変化に敏感な方は、生理予定日前から感じているようです。
生理予定日前のつわりは、吐くほど強くはありません。

妊娠初期症状の腰痛はいつまで続く?

妊娠初期症状として腰痛がある場合、一番症状が重くなりやすいのが、排卵日~生理予定日くらいまでです。
腰痛の原因となるリラキシンの分泌の目的は、妊娠初期なら受精を促すことにあります。
そのため長く続かないのが普通なのですが、人によっては妊娠初期症状として長く腰痛を感じる人もいるため注意が必要です。
その場合でも、骨盤が完成する安定期までに腰痛が改善することが多いでしょう。
リラキシンの分泌自体は、妊娠が成立してから出産までずっと分泌するもののため、安定期に入っても多少影響は続いています。

しかし、安定期に腰痛が改善できていても、妊娠週数が進みお腹が大きくなって腰に負担がかかり、再び腰痛になる方もいます。
また、出産時にもまた骨盤をゆるめる目的でリラキシンが分泌されるため、出産時~産後も腰痛を感じやすいのです。
産後の骨盤のゆるみは、多い方で1~2cmにも及ぶため、骨盤ベルトなどをして締めるとゆるみが改善しやすくなります。
骨盤のゆるみの際には、靭帯が伸びてしまうため、回復には2~3か月は必要です。

妊娠初期症状で腰痛がおきたときの対処法

リラキシンの分泌で腰痛がおきやすいのは、姿勢が悪く腰の筋肉に負担がかかっている方です。
そのため、ストレッチを行って血流をよくし、腰への負担を軽くしましょう。
腰回りを冷やすのもよくありませんから、妊娠初期に腰痛を感じたら入浴をして温めるのがおすすめです。
無理せずに横になって休み、リラックスさせるようにしましょう。
排卵日~生理予定日まででは、まだ市販の妊娠検査薬では結果がはっきりしません。
妊娠の可能性がある場合は、仕事をお休みすることも必要かもしれませんね。

痛み止めは飲んでいい?

妊娠初期には、赤ちゃんの重要な器官が形成される時期ですから、市販の薬を飲まないことが大切です。
妊娠だと気が付かず1回や2回鎮痛剤を飲んだからといって、赤ちゃんに悪影響を与えることは少ないのですが、やはり飲まないことに越したことはありません。
妊娠の可能性が高く、生理前とは異なる腰痛と、妊娠超初期症状があるようなら、市販の薬は使用しないのが一番です。
心配な時は病院を受診して、「妊娠している可能性がある」といえば、妊娠中でも飲むことができる薬を処方してくれます。

シップ薬は使っていい?

シップ薬は皮膚から成分が吸収され体に取り込まれます。
血液を通して赤ちゃんに成分が伝わる恐れがあるため、妊娠中の使用を禁止しているものがあるのです。
妊娠している可能性があるなら、市販のシップ薬の使用は避けて、病院に相談しましょう。

リラキシンについてもう一度おさらい

リラキシン
妊娠初期症状のひとつ腰痛は、リラキシンというホルモンが分泌されることが影響だとお話しました。
リラキシンは骨盤をゆるめる働きがあるため、出産時に分泌されるのは理解できると思います。
でも、なぜ妊娠初期に分泌されるのか疑問を持つ方もいるのではないでしょうか?
リラキシンについて、もう一度おさらいしてみたいと思います。

リラキシンとは?

リラキシンとは複数のアミノ酸からなる、ペプチドホルモンのことです。
リラキシンを分泌させるのは、卵巣の中にある黄体です。
妊娠初期にリラキシンの分泌量が増加するのには、幾つかの理由があります。

スポンサードリンク

・卵胞が破裂するのを促進する役割
・卵胞の成熟にリラキシンが必要
・正常な妊娠に必要なホルモン

これらの働きがあると考えられています。

リラキシンとは卵胞の成熟や破裂にも必要で、排卵を促すためにも必要なホルモンだということがわかってきました。
リラキシンは卵胞の成熟にも関わっているからこそ、生理中の腰痛にも影響されているわけですね。

生理前に腰痛がなければ妊娠中も腰痛がない?

腰痛の原因となるのはリラキシンの分泌による影響だけではありません。
なんと妊娠中に腰痛を感じる人の割合は、50~70%もあるといわれています。
妊娠中に腰痛を感じた方は、出産時にも約45%の人が腰痛を感じたというデータがあります。
さらに出産後3年を経過しても17%の人は腰痛が改善されない状況があるのです。

妊娠中の腰痛の原因には様々なものがあります。

・妊娠初期と分娩時のリラキシン分泌
・姿勢が変化し重心が前に移動する

これらが腰痛の原因となります。
妊娠初期にリラキシンの影響で腰痛がなかったとしても、お腹が大きくなり姿勢が変わることで腰痛になる方もいます。
普段生理時にリラキシンの影響を受けないからといって、妊娠中も腰痛がおきないとはいえないのです。

妊娠中の腰痛は放っておくと、産後長期間響く恐れもあるため、ストレッチや温める対策などを行い、腰痛を防ぐようにしましょう。
普段から腰痛がおこりやすい方は、骨盤のゆがみを改善させるストレッチがおすすめです。

妊娠初期から骨盤ベルトは必要?

妊娠中の腰痛予防として広く利用されているのが、トコちゃんベルトです。
市販の商品にはほかにもたくさんの骨盤ベルトが売られており、骨盤を支え筋肉の負担を軽くすることができます。
一般的に骨盤ベルトをする時期とは、早くて妊娠4か月から、週数でいうと妊娠14週からです。
文献によっては妊娠中期からというものもあれば、妊娠後期からというもの、犬の日にあやかり妊娠5か月からと説明しているものがあります。
妊娠超初期から骨盤ベルトを巻くことは少ないようです。

しかし、リラキシンの分泌は妊娠が成立してから出産まで続くため、腰痛予防の意味では妊娠初期から骨盤ベルトを巻くのが適しているといえます。
骨盤ベルトは産後2~3ヵ月くらいまで使用するもののため、使いやすいものを用意しましょう。

・付けるのが面倒
・暑くて骨盤ベルトが付けられない

などの問題もあるため、1つの商品にこだわらず、複数用意してニーズに合わせて使い分けるのが最適とだといえるでしょう。

普段から腰痛がひどい方は婦人科の疾患かも?

腰痛と婦人科系の疾患
生理中にもリラキシンは分泌されるため、多少の腰痛は異常ではありません。
しかし、生理中がかなり重い症状で、寝込むほど腰痛がひどくなるなら、リラキシンの影響だけではないかもしれません。
そのような場合は婦人科の疾患も考慮に入れる必要があります。

子宮筋腫

子宮の筋肉の部分が腫瘍になった病気です。
良性の腫瘍のため心配する必要はありません。
しかし、腫瘍が大きくなったり、数が増えたりして、生理痛中の出血量が多くなると問題が出てきます。
放置しても命に別状はありませんが、切除したほうが生理中の症状は軽くなります。

子宮内膜症

子宮内膜が剥がれると生理がきます。
ところが子宮以外のところに膜ができてしまうものを、子宮内膜症といいます。
強い生理痛があるのが特徴です。

卵巣嚢腫

卵巣内に液体状のものや、こぶ状のものができてしまいます。
卵巣が腫れていると言われたら、注意が必要な病気です。
良性の腫瘍がほとんどで問題はありませんが、悪性となっていることもあるため、除去したものを病理診断に出し詳しく診察してもらう必要があります。
大きくなった卵巣がねじれると、激痛を伴うため、その前に処置したほうがよいでしょう。

内臓下垂

生理痛が重くて婦人科で詳しい検査をしてもらったのに、異常がないと言われた場合は、もしかしたら内臓下垂が原因かもしれません。
お腹周りにはたくさんの臓器が詰まっていて、筋肉が弱くなると下垂します。
するとその下にある卵巣や子宮が圧迫される形となり、生理痛が重くなりやすいのです。

まとめ

妊娠初期症状として腰痛がおきると、不安を感じてしまうものですよね。
その原因の正体はリラキシンというホルモンのことが多いため、影響を受けないよう対処することが大切です。
個人的な感想としては、妊娠中の腰痛は初期の頃よりも、お腹が大きくなる後期のほうがひどかったように思います。
腰痛が気になる方は、早い段階から骨盤ベルトをしたほうがよいかもしれません。
ゆっくり休んでリラックスすることも大切んため、妊娠初期に腰痛がある場合は仕事を休むようにしましょう。

スポンサードリンク

関連記事