これからママになる人のための情報サイト「ママ104」

妊婦必見!マタニティーブルーの症状とは?

妊婦さんが気になるのが、マタニティブルーの症状ではないでしょうか?これは経験したものしか分からないのですが、突然悲しくなったり落ち込んでしまったり、とにかく普段とはなにやら気分の落ち込み方が違っていたりするんです。私も妊娠中に酷いマタニティブルーを経験した1人で、なんでこんな風な気持ちになるんだろう?と悩んだりもしましたが、出産後はホルモンのバランスも改善しすっきり改善しましたよ!
妊婦さんがかかえやすいマタニティブルーの症状の種類について解説したいと思います。

マタニティブルーって?

マタニティブルーとは妊娠中の方や、産後の女性が精神的に不安定になってしまうことをいいます。イライラしたり、悲しくなったり、落ち込んだり・・・

それが行き過ぎてしまうと産後うつにも発展してしまうので、妊婦さんは見逃せません。ただし、殆どの方は一時的なもので、長期的に気分の落ち込みやイライラが続く事はないようです。実際に私も産後は解消されたため、ホント一時的なんだなと思います。

原因はホルモンの変化によるものです。女性なら生理前にイライラしたり、気分が落ち込む経験は一度くらいはしたことがあると思います。妊娠中はホルモンの変化がそれ以上に大きく、そして長く続くから精神的に不安定になりやすい人は影響を受けてしまうのでしょう。

でも、元々強いと思っていた人でも、ホルモンの変化には太刀打ちできないこともあります。

マタニティブルーは産後だけじゃない!

a0001_012480
マタニティブルーと聞くと産後うつと考えられやすいのですが、実は妊娠中もホルモンの変化があって起こりやすいのです。妊娠すれば妊娠を継続させるためのホルモンが分泌され、出産近くなれば産むための変化も起こる。産後はまた授乳のためのホルモンバランスになったり、次の妊娠のための体の変化も起こりますよね。

これだけ短期間のうちにホルモンバランスが乱れれば、誰だって精神的に不安定になるものです。

マタニティブルーの具体的な症状

・眠気が強くなる
・イライラしやすい
・急に悲しくなる
・落ち込みやすい
・怒りっぽくなる
・不眠症

これらの症状はマタニティブルーのひとつだといわれています。もちろんホルモン変化だけでなく、初めての出産や育児への不安、緊張なども重なってそれが精神的に影響を及ぼすことも考えられます。ちゃんと赤ちゃんが生まれてくるのか、陣痛の痛みは?おっぱいを飲んでくれないなど心労も重なります。

マタニティブルーになりやすい人

a0002_006288
几帳面で完ぺき主義の方などがなりやすいとされています。妊娠しても家事をしっかりこなそうと頑張りすぎる方、産後も育児や家事、夫婦への気配りなど色々と考えすぎてしまうと、マタニティブルーになりやすくなります。

スポンサードリンク

どちらかというとA型の人がなりやすいですかね。心配性できちんとやらないとすまないのに、自分で全部抱え込んでしまう人は普段からストレスを溜めやすいとされています。そんな方が色々な心配事などが重なっても人に頼る事ができなければ、イライラしやすくなって当たり前です。

私もA型で几帳面、完ぺき主義のところがあるため、妊娠中にイライラや不安感が溜まりやすかったみたいです。一見O型みたいで大雑把だね!といわれるのですが、苦労を人に見せず内側に溜め込みやすいため心労も抱え込みがちなんです。

でもそんな私でもマタニティブルーは妊娠初期~産後まで全ての期間があったわけではありませんでした。比較的妊娠初期は症状が強くなかったのですが、中期~後期にかけては症状が合ったように思います。恐らく出産への不安、陣痛への恐怖感などもあったのかもしれません。

マタニティブルーがあった芸能人

39070a51d8b63635663a179b8eeb418d_s
くわばたりえさんも妊娠中は不安感が強く、思いっきり泣いたそうです。そのほかスザンヌさん、市井紗耶香さんなど多くの方が体験しているのです。

マタニティブルーで芸能人の方でも多い症状が、急に泣き出して涙が止まらなくなったとか、気持ちが落ち込んでしまうという人は多いみたいです。なぜか妊娠中は普段絶対に悲しくならないことでも、泣きたくなってしまうから不思議です。

今は誰でも1人で不安を抱えやすい時代ですから、マタニティブルーになりやすいのかもしれません。でも泣くということは一種のストレス発散ともいわれているため、泣けない人のほうが心配だったりします。私も妊娠中に不安になると泣けたからこそ産後うつには発展しなかったのかもしれません。

私は普段からストレスを溜め込みやすい体質でも、すぐに泣く事ができるためうつ病になった経験はありません。涙活という言葉があるくらい、最近の女性はストレス発散のために泣くことを利用しているようです。

妊娠中や産後も上手く泣く方法を実践してみると良いですね。

まとめ

マタニティブルーの症状は主なものでは急に泣きたくなる、気分の落ち込み、イライラなどです。これらは全てホルモンの変化によるもので、一時的なことがほとんどです。あの有名な芸能人も経験したことですから、普通の女性なら誰でも起こりえることなんですよ。

関連記事

Sponsored Link

最近の投稿

  1. ソロストーブを自作
  2. 月経前症候群
  3. 大人が着るカットソー
  4. ADSLからフレッツ光に乗り換え
  5. トランポリンの効果
  6. ニトリグラスセット
  7. 更年期と動悸
  8. 冷えとり健康法
  9. グルタチオン
  10. 漏水の返金