マタニティ費用の内訳と節約方法!意外と見逃しな公的補助も

マタニティ費用って意外と高額な金額がかかるって知っていましたか?一説によると1人産むだけで100万円近く総額でかかるとも言われているのです。後で公的援助から補助金を受け取れるのですが、それは自分で支払った後のため費用はある程度自分で用意しなければならないのです。日本ももっと子供を産みやすくするために事前に補助金の適用が認められればいいんですけどね。
マタニティ費用の内訳、節約方法、公的援助の受け方などを紹介します。めい一杯利用すれば100万円のマタニティ費用を0円にまで近づけることも可能ですから挑戦してみて下さいね。

出産にかかる費用

これは病院の種類によっても異なっています。大学病院や総合病院だと高額費用になりやすく、個人病院や産院など小さな病院だと費用が割安となります。出産費用だけを考えると最低でも30万円はかかるため、それプラス毎月の検診代などをあわせると50万円ほどは総額として用意する必要があります。

・大学病院 50万円前後
・個人病院 30万円前後
・個室や病室で分娩可能な部屋 1日当たりプラス1万円程度
・総合病院 40万円前後
・所産院 30万円前後

あくまでも目安となりますが、所産院や個人病院のほうが安い傾向があります。ただし個人病院でも個室で料理に凝っているとか、部屋でそのまま分娩できるシステムなどが導入されていると費用が高くなりがちです。

マタニティ用品や育児用品

a0055_000168
これは5万円~10万円程度が相場のようです。しかし手持ちの服で代用しほとんど費用をかけない方法もありますし、育児用品はお友達や親戚から貰うプレゼントで済ます方法もありますね。かぶらないように事前にお願いしておくと貰う商品だけでまかなうことも可能です。ちなみに北欧などでは育児用品キットを国から支給してもらえる国もあるのだとか。

マタニティウエアはカットソーワンピースで済まばOKです。しかし下着類はマタニティ用を揃えなければ、サイズがかなり変わるため間に合いません。ショーツは前が開くタイプで産院でも使えるタイプを、ブラは授乳機能も付いているものを買うと長く使えます。

また、マタニティ用のパジャマは必須みたいです。パンツとロングタイプのワンピースがセットになっている物だと、産後のケアもしやすいため選ばれているようです。私は普通のパジャマをもっていったら、ちょっと違うのにと言われてしまいました。事前に病院でも案内してくれれば良いのですが・・・

最低限必要な育児用品

育児用品は産後すぐに使えるベビー用の下着、おむつ、哺乳瓶、粉ミルクさえあれば過ごせます。新生児のころは下着だけでもよく、しばらくは外に出られませんからすぐに用意する必要はありません。目安は1万円~2万円程度で、お祝いに貰った洋服などは数枚あると思いますから、後で洋服を揃えてもOKです。産後外出できないなら通販という手もありますしね。また、親戚やお友達から貰うお祝いは現金というケースも多いため、その費用を当てにするという方法もあります。

出産したらもらえる育児補助金

a1180_011767
国からもらえる補助金などは出産した後でなければもらうことはできません。そのため出産費用などは自分持ちのため、費用はある程度用意しましょう。30万円の出産費用がかかって後で出産一時金で0円にすることもできますが、後払いのため注意しましょう。

出産費用一時金

1人につき42万円健康保険から支払われます。保険の種類によっては多少費用が異なっています。

スポンサーリンク

出産手当金

産休を取っていた場合では、会社から出産手当金が報酬の3分の2もらえます。

高額療養費制度

一般の人では月額8万円前後の費用を越えると、高額療養費として後で戻ってきます。これは出産費用にも適用していることはあまり知られていません。私もこれが利用できることを知らずに翌年の申請をせず、費用が戻ってきませんでした。

高額医療費控除

これは年間の医療費が10万円以上になると翌年に税金が戻ってくるシステムです。自分で手続きして税務署に申請する必要があります。年間にかかった医療費の領収書と申告書を税務署に提出すると、支払った税金の一部が戻ってきます。既に所得税が0円の人はこのメリットが得られません。

意外と高い毎月の検診費用

子宮外妊娠
検診代は出産にかかわることは全て自己負担となります。異常出産などの場合は保険が適用されるケースもあるのですが、通常は殆どが自己負担であることは避けられません。そのため1回ごとの検診の費用も意外と高額になってしまいます。

血液検査など検査が加わると1回当たり1万円前後、検診だけでも3,000円~5,000円と意外と高額です。つまり毎月検診を受けるとすると10万円くらい総額で必要となるわけです。

ベビー用品は病院でもらえるケースも

最低限必要となるベビー用品、産褥後のケア用品などは病院のセットについてくることがあります。これは個人で用意する手間がかからないよう病院側で配慮しているようです。私も粉ミルクやT字帯、母乳パッドなどがついてきていました。これは事前に聞かないと教えてくれない病院もあるため確認してくださいね。

私の場合はコレは用意しておいて下さいねという物だけ知らされて、もらえる物は具体定期に提示されていたわけではありませんでした。でもアルバムなど豪華なセットだったため、退院のプレゼントみたいな形でとても嬉しかったのを覚えています。恐らく分娩費用に含まれているのでしょうが、それでもちょっとしたプレゼント感覚でした。

所産院や自宅出産を選ぶ

3f10520b4e06d557353e83ba1058ee67_s
所産院は比較的費用がやすい傾向があるようで、30万円前後です。医師がいなく助産師さんだけでケアしてくれるため、費用は割安になっている所が多いようです。

また、自宅出産の場合も助産師さんが家まで来てくれ、お産を手伝ってくれます。入院しなくて良い分費用は安くなるのではないでしょうか。ただし、助産師さんは産後のケアで何日か来ますし、自宅での生活のお世話はやってくれないため、祖母などの手伝いは必須ですけどね。

まとめ

出産の費用を安くする方法はいくらでもあります。出産費用を30万円前後に押さえ出産一時金でまかなったり、検診費用は高額療養費でまかなう、マタニティ費用は最低限にしてお祝い金でまかなうなど・・・
費用をかけようとすれば総額100万円以上にもなりますから、色々と節約を実行してみて下さいね。


続けやすい葉酸サプリとは?

葉酸サプリ妊娠中に必要な葉酸サプリは1,800円で買えて、定期購入の縛りがない商品を選びました。

詳細はこちらから
AFC葉酸サプリ

関連記事

産婦人科は闇だらけ?!もしかしたら都合のよい出産方法にされているかもしれない現実

精神無痛分娩とは?キャサリン妃もやった痛くない自然の出産方法

ラマーズ法

「ラマーズ法」これを読むだけですべてわかる!自宅でマスターする方法

妊娠中の内診後の出血!内診グリグリって?

後産出ない

後産が出ないときどのくらいで出る?痛いという声もある後産について

出産準備で洗浄綿の必要性は?と思ったら見るまとめ