これからママになる人のための情報サイト「ママ104」

生理前の寒気の正体はアノホルモンが原因!でもひどい場合は治療が必要なことも?

生理前の寒気

人によっては生理前になると、寒気がして寒くてたまらない!そんな人もいます。生理は毎月くるものですから、1ヶ月のうち半分くらいは寒気が起きていることになり、夏でも長袖長ズボンが欠かせなかったり・・・
生理前の寒気の正体は、アノホルモンのせいだったのです。でも、あまりにも症状がひどい場合は、治療や体質改善などが必要となることも。

生理前の寒気の正体とは?

生理前の寒気
それはプロゲステロン(黄体ホルモン)のせいです。

排卵してからはプロゲステロンの分泌量が徐々に増えていき、このホルモン影響を受け、人によっては生理前症候群になったりします。
そして、生理前になるとエストロゲン、プロゲステロンの2つのホルモンが減少しだし、プロゲステロンの影響が一番強くなります。生理前の寒気がひどくなるとは、生理1週間~2週間くらいまえから症状を実感する人が多いようです。

・ むくみやすい
・ 便秘がちになる
・ 乳房が張る
・ お腹が痛む
・ 肩こりや腰痛が起こりやすい
・ 眠気が強くなる
・ 食欲が増す
・ イライラしやすい
・ 不安感が強くなる
・ 肌もトラブルがおこりがち
・ 甘い物が食べたくなる

生理前はこのようにからだにも心にも変化が起こります。

プロゲステロンがなぜ寒気を起こす?

生理前になるとプロゲステロンの影響が受けやすくなり、それにより生理前に寒気が起こると説明しましたが、なぜプロゲステロンは体温の変化を起こすのでしょうか?

その理由は、受精卵が子宮に着床するのに備えており、体温が上昇するためです。

高温期・・・高い人で37度くらい
低温期・・・36.5度くらい
排卵期・・・36.3度くらい

このように体温は変化しています。生理前のプロゲステロンの影響が出る時期とは、高温期のことですから、人によっては37度くらいの体温となることがあります。

37度といったらやや微熱?でしょうか。人によっては寒気を感じることもあるわけです。

生理前症候群の微熱について

生理前の寒気
生理前の高温期には体温が上昇するのは普通のことです。受精卵が着床しやすい環境をつくりだし、妊娠に備えているわけです。からだは毎月受精卵を迎え入れるための体温変化となっており、これが微熱と感じる原因です。

スポンサードリンク

37度くらいの体温上昇であれば一般的に正常だといえます。高温期の目安は36.7度くらいで、普段から基礎体温が高い人の場合は37度くらいになることもあります。

普段から基礎体温を測定していると、低温期と比べて0.3~0.5度くらいの体温の差があることがわかります。体温の差で見ると比較的小さなもので、熱っぽいと感じたり、寒気を実感することは、体温の変化に敏感な人が感じるくらいです。

月経困難症も考慮しよう

生理前の寒気
毎回生理前になると発熱していることがわかるくらいの熱が出て、寒気も強くなるようなら、月経困難症も疑う必要もあります。

月経困難症とは生理前症候群とは区別していて、生理前や生理中になると強い症状が出るのが特徴です。腹痛や吐き気、発熱、頭痛などの症状で、人によっては普通の生活に支障が出るほど思い症状が出ます。生理前に毎回このような症状がある方は、きちんと産婦人科を受診して治療しましょう。

原因はなにか
生理のときに子宮内膜でつくられるプロスタグランジンの影響が考えられます。この物質は全身の平滑筋の収縮を起こすため、吐き気や頭痛などが起こります。子宮収縮も強く、生理になると寝込むほどの痛みがある方は注意しましょう。子宮内膜症や子宮筋腫などを起こしている可能性があります。

治療方法
病気がみつかればその治療をすることで改善できます。自己判断で鎮痛薬を使用している女性もいますが、子宮内膜症や子宮筋腫など器質的疾患がある場合は、その病気を改善しなければいつまでも続くことになります。親が子宮筋腫をやっているという方は、注意してみてください。ほかにも低用量ピルで症状を抑える治療方法もあります。

子宮内膜症

生理前の寒気
子宮内膜症とは、子宮内膜にしか存在しない無い組織が、子宮以外の部分で発生する病気です。ほかの部分にできた子宮内膜も同じように月経が起こり、生理がくると子宮内膜が剥がれていきます。しかし、卵巣内などにできれば排出することができず、チョコレート嚢胞ができたりします。

子宮内膜症は妊娠経験が無い女性に多く発症し、原因は不明です。婦人科で卵巣が腫れていると言われたことがある方は、子宮内膜症によりチョコレート嚢胞になっているのかもしれません。

子宮筋腫

生理前の寒気
子宮にある筋肉から発生する良性の腫瘍です。次第に大きくなる性質を持ち、女性ホルモンの影響を受けています。閉経すると縮小することがあり、妊娠が可能な女性に多くみられる病気です。女性ホルモンのエストロゲン、プロゲステロンの両方に関与しており、今後どのように成長するかは個人差があります。

無症状なら治療は不要ですが、大きくなったり数が増えるようなら除去手術が必要となります。お腹を切らない処置もあるため、入院期間が少なく回復が早い治療方法が選択できます。

まとめ

生理前にかならず寒気が出ている方は、まず基礎体温を測ってみることからはじめてみましょう。あまりにも高温期の体温上昇が高く、合わせて月経困難症の症状があるようなら、病院を受診したほうがよいといえます。単なる高温期の体温変化であることも少なくありませんから、深刻に考えずまずは基礎体温を測ってみましょう。

スポンサードリンク

関連記事