これからママになる人のための情報サイト「ママ104」

黄体依存症とは?生理周期で高温期が長い人は注意が必要

黄体依存症

生理の高温期が長く続いていると、もしかしたら妊娠?とも考えてしまいますが、長く高温期が続いていても、妊娠検査薬で陰性であれば妊娠しているわけではありません。誰でも高温期は14日くらいといわれているため、20日くらい高温期が続くと体調が悪いのか不安になってしまいますね。
高温期が長く続いてしまうのは、黄体機能依存症と呼びます。

黄体依存症とは?

黄体依存症
生理周期が28日だった場合、低温期が14日、高温期が14日程度になります。一般的な女性の生理周期は28日ですから、理想的だといえるのは高温期が14日前後となります。これよりも高温期の日数が長い場合は、黄体依存症である可能性があります。

しかし、高温期が長く続いている場合は黄体依存症だけでなく、妊娠している可能性もあるわけです。妊娠は高温期を経てもまだ体温が高い状態が続き、生理予定日から1週間くらいしても生理がこない場合、妊娠している可能性が高いともいわれています。このくらいになると妊娠検査薬も使用できるようになりますから、ドラッグストアなどで購入し自分でチェックしてみることをおすすめします。

21日以上高温期が続いている場合、まずは妊娠しているのかを確かめてください。妊娠検査薬で陰性反応が出たら、黄体依存症も疑いましょう。

黄体依存症とは、高温期が長く続く症状のことで、黄体の寿命が通常より長くなっています。明確な治療方法などは見つかっておらず、黄体が消滅すれば次の生理がきます。

本当に高温期が長く続いてる?

黄体依存症
もしかしたら黄体依存症かも?と思ったら、まずは基礎体温をチェックしましょう。黄体依存症の可能性があるということは、高温期の日数を具体的に理解していることになり、基礎体温を測っていることと思います。

まずは高温期が本当に21日以上続いているのかを調べる必要があります。なぜなら、排卵していなければ、生理周期はいくらでも長くなってしまうからです。

低温期と高温期の区別が付かず、排卵日もはっきりとしていない場合は、黄体依存症ではなく、排卵していないために生理周期が長くなっていると予想できます。生理周期が長くなるとは、低温期が長くなることをいいますから、明確には高温期が長いのではなく、低温期が長くなってしまったということです。

排卵日から14日以上経過しているか?

排卵しておらず生理周期が長くなったかは、排卵日を特定するようにしてください。次の生理はおよそ排卵日から14日後です。低温期の周期は人により前後することがありますが、高温期は人による変化はあまり見られず、多くの場合は14日前後となります。

排卵日が明確にわれば、本当に高温期が長くなっているのかがわかります。

黄体依存症になった場合の治療方法

黄体依存症
基礎体温を読み取り、排卵日から数えて高温期が長期間続いているようなら、黄体依存症の可能性があります。病院に数か月分の基礎体温表を持っていくと、正しく診断することができます。

もし黄体依存症だと診断されても、治療方法はありません。黄体が消滅するのを待ち、次の生理がくるのを待つだけです。

スポンサードリンク

しかし、黄体依存症の場合は、次の生理日の予測が難しく、生活に支障がくるという方もいるでしょう。また、毎回妊娠しているかも?と調べるのも大変ですね。基本的には薬での治療方法はないので、生活習慣を整えてホルモンバランスを整えることになります。

・ ストレスを溜めない
・ 適度な睡眠をとる
・ バランスのよい食事をとる
・ 極端なダイエットはしない
・ 女性ホルモンと似た大豆のイソフラボンを摂取

などの対策があります。基本的には、自律神経を乱すストレスを避けて、ホルモン生成に必要な食生活や生活習慣に変えるしかありません。

黄体依存症によいサプリメント

黄体依存症
ホルモンバランスを整える作用があるサプリメントを頼るという方法もあります。

・ プラセンタ

豚や馬などの胎盤から抽出したエキスを配合したサプリメントです。自律神経を整える働きや、ホルモンバランスを整える働きがあるといわれています。胎盤に含まれる成長因子により、体調を整えると考えられます。

・ イソフラボン

女性ホルモンと似た働きをすることで有名な成分です。食品で食べてもよく、納豆や豆腐、豆乳でも代用できます。エストロゲンを補ったり、過剰な人は抑える働きが得られるといわれています。

・ ボロン

バストアップサプリにも配合されているボロン。エストロゲンを活性させる働きがあるといわれています。骨の形成にも必要となる成分です。

サプリメントに含まれている成分は、女性ホルモンが含まれているわけではなく、薬と違い副作用が無いのがポイントです。しかし、過剰摂取で健康被害を引き起こす成分もありますから、長く服用を続けて様子をみることをおすすめします。

ルトラールを飲んでいる場合は医師に相談

ルトラールとは、黄体ホルモン(プロゲステロン)の代わりになる薬のことです。黄体機能不全による不妊症、無月経、生理不順、更年期障害の薬としても使用しています。この薬には黄体ホルモンが含まれ、服用している間は高温期と同じ状態になります。

ルトラールは一定期間服用し、子宮内膜を充実させてから、服用を中止して生理を起こさせるものです。この薬を飲んでいて高温期が長期間になっている場合は、薬の影響を受けています。医師に相談してみましょう。

まとめ

黄体依存症は体質として片付けられたり、たまたま黄体期が長くなっただけ、という風にとらえられていることが多いようです。治療を受けるケースは少なく、自然に黄体が消滅するのを待ち、生理がくるのを待ちます。高温期が長い場合はストレスなどで、女性ホルモンのバランスが乱れていないかもチェックしてみましょう。

関連記事

Sponsored Link

最近の投稿

  1. ソロストーブを自作
  2. 月経前症候群
  3. 大人が着るカットソー
  4. ADSLからフレッツ光に乗り換え
  5. トランポリンの効果
  6. ニトリグラスセット
  7. 更年期と動悸
  8. 冷えとり健康法
  9. グルタチオン
  10. 漏水の返金