金縛りでお経を唱えると酷くなる!本当の解消法教えます

金縛りとお経

金縛りにあったら、お経を唱えると解けるという話をよく聞きます。金縛り=お経と結びつけるのは、金縛りが霊のしわざだというイメージが高いからですよね。
でも、金縛りにあったときにお経を唱えても、解けるどころか症状がどんどんひどくなり、体が硬直して、耳鳴りも酷くなってしまうことあります。いったいその原因は何なのでしょうか?

金縛りでお経を唱えると体が緊張してしまう

金縛りとお経
金縛りでお経を唱えると、逆に金縛りの症状がどんどん酷くなってしまうのは、体が緊張してしまうからです。

金縛りが起きている状態はどのような状態かご存知でしょうか?体は眠っているのに、意識だけが覚醒した状態で起こることが科学的にも証明されています。明け方など深い眠りより浅い眠りの時間のほうが長くなったときにみられやすく、ぐっすりと深い眠りに入って脳が休んでいるときには金縛りは起きません。

本来は浅い眠りになれば、脳は起きているような状態となり、目覚めるための準備をしています。それが体と脳とのバランスが崩れてしまったのが、金縛りです。

お経でよけいに体が緊張してしまう

明け方に増える浅い眠りのときには、脳が起きていて夢をよく見ます。このときは体の力が完全に抜けてリラックスしていなければならないのですが、バランスが乱れて金縛りにあう際に、お経を唱えるとリラックスしなければならない体がさらに緊張してしまいます。

一番の対策は体をリラックスさせて、弛緩させることです。金縛り=霊のしわざと思ってしまうと、お経を唱えて解消しようと体はますます硬直してしまいます。こんなときには、楽しいことを思い浮かべたり、飼っているペットのかわいい様子を思い浮かべることをおすすめします。

金縛りにあうことが多いレム睡眠とは?

レム睡眠
金縛りの仕組みを理解するためには、脳が起きていて体がリラックスした状態の、レム睡眠を理解しなければなりません。

睡眠は約90分周期となっており、これが1晩で4~5回ほど繰り返されています。90分のなかにはレム睡眠とノンレム睡眠の2つの睡眠のタイプが交互に繰り返されています。

○ノンレム睡眠

ノンレム睡眠は寝た直後に多くでやすく、深い眠りとなり入眠後に脳を休ませるために起こります。

・ 寝た直後に多い
・ 夢はあまり見ない
・ 脳は休んでいる状態
・ 体を支える筋肉は活動できる状態
・ 呼吸数や脈拍は少ない
・ 居眠りはほとんどがレム睡眠

○ レム睡眠

明け方に時間が多くなります。脳は起きている状態で、体は深く眠り筋肉は活動を停止しています。この睡眠のときに金縛りは多く発生しています。脳は覚醒しているのに体が動かず、金縛りの症状とよく似ています。レム睡眠は覚醒のための準備をしている状態で、レム睡眠のときに起きるようにすると、目覚めがよくなります。

スポンサーリンク

・ 夢を見ている
・ 眼球が動く
・ 体の力は完全に抜けている

金縛りの正体は睡眠障害の一種?

金縛りとナルコレプシー
金縛りはレム睡眠時に起こりやすく、脳が起きているのに体が動かない、このようにバランスが取れないときに出ています。つまり金縛りは睡眠障害の一種なのです。

金縛りが起きたときの状況をよく考えてみると、疲れていた、病気がちだった、子どものころだった。などの理由が無いでしょうか?睡眠障害を抱えていなくても、これらの原因があると睡眠のリズムが乱れて、金縛りの症状が出ることがあります。

ナルコレプシーかも?

もしかしたら金縛りを何度も繰り返す方は、原因はナルコレプシーという睡眠障害かもしれません。ナルコレプシーとは昼間に強い眠気が生じ突然眠ってしまう睡眠障害のひとつです。昼間に短時間の睡眠を繰り返す場合は疑う必要があります。

ナルコレプシー

ナルコレプシー
通常の睡眠のリズムと、ナルコレプシーの睡眠のリズムは異なります。通常は寝てからすぐにくるのはノンレム睡眠で、1時間たってからレム睡眠が現われます。しかし、ナルコレプシーの場合は睡眠直後にレム睡眠が出てくるのが特徴で、入眠と同時に金縛りにあうといった症状を実感することもあります。

画像出典:http://suimin-shougai.net/%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%81%AE%E7%97%87%E7%8A%B6%E3%81%A8%E7%89%B9%E5%BE%B4/

金縛りを解く方法とは?

金縛りを解く方法
金縛りがあるときに、お経を唱えるのはますます体の緊張を高めてしまい逆効果だと説明しましたが、ではどのような解消方法があるのでしょうか?

金縛りにあったときはレム睡眠時ですから、脳は起きていて体は動かない状態です。しかし、レム睡眠中でも目は動かすことができるのです。金縛りの体験では、目を動かすことができて布団の隣に霊が座っていた、という話をよく聞きますね。

その通りで目は動かすことができるのですから、自分は起きている意識を強く持ち、体を覚醒しようと努力してみましょう。体をリラックスさせることも大切なので、金縛り=霊というルールを破り、霊現象ではなく単なる体が疲れているだけと考えましょう。

もし金縛りが睡眠のリズムが乱れているが原因であるなら、規則正しい生活を心掛けてみましょう。ナルコレプシーの原因がある場合、治療が必要なことも多くなっていますから、病院を受診することをおすすめします。

まとめ

金縛りにあったら、お経と唱えるとよい。これってテレビ番組にもよくある怖い話の影響があるのかもしれません。金縛りは霊のしわざという認識ができあがってしまっているため、金縛りを唱えれば唱えるほど、金縛りを解くための条件が揃わなくなります。
金縛りにあうのはレム睡眠時ということは、科学的にも証明されていることなのですから、怖がらず体をリラックスするようにしましょう。
私も小さい頃に金縛りにあったことがありますが、確かに体調が優れなかったのを覚えています。子どものころの体験で、1度きりのみでしたが、睡眠障害は10代に多いといいますから、若い方はあまり気にしないほうが良いのではないでしょうか!


関連記事

ジカ熱

小頭症とも関連が?感染症の「ジカ熱」が今後爆発的に増える可能性?

栗の美味しい茹で方

美味しい栗の茹で方&熟成方法!子どもと栗拾いを楽しんだ方に

洗剤を1種類にする

洗剤を1種類のみに節約する!もう合成洗剤は要らない掃除のやり方

新しい洗濯表示

2016年12月1日から洗濯表示か変わる!新しいマークを確認してみよう

新聞を束ねる

新聞紙を簡単に束ねる方法!力が無い女性でもOK!不器用な人でもできるやり方

夫婦別の寝室

夫婦で寝室を別にするメリットとは?逆に仲が良くなるかも!